2021年1月17日 (日)

二度目の緊急事態宣言

1月8日から2月7日まで二度目の緊急事態宣言が発布されました。
元より可能な自粛生活は継続中ですが、個人的に影響が大きいのは余暇。
中でも美術館関係とイベントウォークは自粛生活でも継続していたので影響大です。

美術館関係は前回の緊急事態宣言の時とは違い開業中の所が殆ど。
一部の公立系が休業になってしまいましたが、殆どは営業時間が短縮になる程度。そこは有り難いです。
そもそも美術展も以前とは違って(面倒くさいけど)予約制が多いし、無くても入場者数制限などでコントロールしているし。
それよりもコロナの影響で作品が海外から輸入しづらいので大型展が当面見込めない、国内の作品で展覧会を回している状況なのが残念です。
そして、様々な状況から開催予定が中止になることも散見されるので前売りやチケットショップでの購入がし難くなりました。
入場者激減と諸経費が上乗せされている為か展覧会の価格も上昇傾向な所も頭が痛いところです。

イベントウォークは開催数のあるJR東日本駅からハイキングは宣言中は中止に。
これは痛い、屋外でのウォーキングは自粛中でも寧ろ推奨なのでは?と思うのですがJR東日本はお堅いなぁ。
往復に電車を利用はするけど、マスクして喋らなければ電車は大丈夫なのでは?と思うのですよね、もし電車で感染しているなら利用者数からいって今頃感染爆発していると思います。
私鉄ウォーキング界の雄、西武ウォーキング&ハイキングは今のところ開催中。
有り難いけど個人的には千葉から西武方面は遠いのでなかなか参加できません。
仕方が無いので前回同様自宅まわりをウォーキングしていますが、飽きるので駅ハイには早く再開してほしいものです。

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

香りの器 高砂コレクション展

Img_2341
パナソニック汐留美術館で開催中の「香りの器 高砂コレクション展」に行ってきました。
古今東西の香りに関する器や道具の展覧会で、高砂香料工業(株)のコレクションを中心に国内の美術館から特別出展が加えられています。

Img_2348_20210117133001
展示の一部が撮影可になっていました。
ボヘミアンガラスの香水瓶たち。

Img_2351_20210117133101
サムソンの香水瓶。

Img_2353
こちらはわかりやすいウエッジウッド。

Img_2355_20210117133001
香水瓶と言うには大きめなセーブル。

Img_2359
ドーム兄弟。

Img_2361
ガレの香水瓶。

Img_2363
アールデコな香水瓶

Img_2364
ラリックの香水瓶。

撮影可の物は近代のものが多かったのですが、他にも古代オリエントのものや日本の香道の道具類、源頼政由来の蘭奢待のかけらも展示してあったり、少数ですが絵画もあり香りに関する幅広い展示内容でした。
小さいながらも様々な香りに関する美しいアイテムを堪能できました。

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

福袋2021

今年はコロナ感染予防の自粛のため毎年恒例の初売りには行きませんでした。
年内の食材買いだしついでに購入の福袋のみです。
ネット販売の福袋もありますが、何となく燃えませんね~。

Img_2071 
【イオン・リフレッシュタイム福袋 1,080円】

日東紅茶とトワイニングなどホットドリンク色々。
毎年購入しています。

Img_2070
【イオン・バラエティードリンク福袋 1,080円】

上の別バージョン、日東紅茶とヴァンホーテンのココア色々。
これで冬中の飲み物はバッチリ。

Img_2086
【イオン・銀座カリーお楽しみ袋 1,080円】

銀座カリーなど色々、おまけでレシピブック入り。

Img_2069
【イオン・クリニカ歯磨きセット 1,100円】

定番で購入している歯磨きなので。
歯ブラシ分がお得なのかな。

Img_2139 
【果物屋・福袋 2021円】

晩白柚好きなので購入してみました。

来年は平常に戻っていと良いのですが。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

千葉県立中央博物館

Img_1872 
千葉県立中央博物館に行ってきました。

Img_1884
目的はコレ、習志野隕石です。
今年の7月2日に関東・東海地方を中心に観測された大火球から飛行経路を解析して見事に発見されたものです。
色の違いは落下から発見までの日数経過の影響。
上野の科博と半々で展示している模様。

Img_1882
2号隕石が落下して破損した屋根瓦も展示されていました。
凄い衝撃ですね。(所有は科博なのですね~)

Img_1928 
千葉県内地学の大ニュースとしてはチバニアン正式決定ですね。
手前の襖状の展示物は地磁気逆転地層のはぎ取り標本です。
て、どうやってはぎ取ったのだろう?

Img_1920 
中央の白い横向きプレートの辺りの帯が火山灰層でその上と下で地磁気が逆転しているそうです。
地磁気の逆転の時代が露頭して見た目にわかるというのが貴重なのかな。

千葉は他にも銚子の屏風ヶ浦や南房総の鋸山など地学的に面白いです。

Img_1908 
他にも近年発見された千葉石。
矢印の先にある結晶が千葉石で、水晶と同じ成分ですが内部に炭化水素ガス分子が含まれていて結晶の形が水晶とは違うそうです。

Img_1911 
千葉にナウマン象がいたとは知らなかった。

Img_1949
アカニシという貝殻の成分が溶け出して貝殻中に方解石の結晶ができたもの。
こういうのミネラルショーで展示して欲しい(^^)

Img_1933
展示は前半は地学・生物学的なものが多くミニ科博とう感じでテンション上がりました。
因みに後半は歴史(撮影不可)、自然と人間の関わり。

Img_1874
来年は丑年ということで牛に関する展示も。
しかしバッファローの頭部の展示って…シュール(^^;)

予想外に楽しめた中央博物館でした。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

ミネラルショー2020

Img_1747
今年も行ってきました東京ミネラルショー。
新型コロナの影響で大手の海外業者が殆ど来ていないという寂しさ、そして密を避けるために入場制限も有り、例年4日間通し券で800円ですが今年は日時指定で一コマ4時間の完全入れ替え制で900円(システム手数料220円込みですが)と高額です。
もちろん初日の最初の時間を予約。

Img_1725
となると当然入場開始の時間に来場者は集中します。
開場前から長蛇の列、そして入場すると一斉に回遊、買物と行動パターンが同じになるので実にやりにくい…。

Img_1737 
初日は平日なのでそもそも熱心な人が多いのですが、今年は更に本気率が高いというか。
人出は初日としては例年並み。
年配の来場者が例年より少なかったかな。

Img_1729
今年はコロナの影響で世界中のミネラルショーが中止だそうで業者さんも仕入れ不十分だったかと。
お馴染み海外業者もいない、と言うことでお買い得商品不足です。
それでも東京ショーは年に一度のお祭りなので頑張って仕入れた商品や在庫品を大放出だったのだろうと思われます。

海外業者の隙間を埋めるためでしょうか?宝石ルースやアクセサリー屋さんが例年よりも非常に多かったです。

Img_1751
因みに、東京ショーお馴染みの特別展示は今年は無し。
いつも無くてもいいやと思っていたけど、それはそれで寂しいですね。

Img_1749
お馴染みの海外業者さんたちからメッセージも来ていました。
来年は正常な形だと良いなぁ。

Img_1780_20201213142901
本日のお買い物

そんなわけでテンションがあがらずちょっとだけ。

クラスター(感染じゃ無くて鉱石)1個と馬の彫刻と今更なんとなく買ったルチルクォーツのブレスレット。
毎年買っていた鳥の彫刻も買い尽くしたし卒業、小さいけど馬の彫刻が見つかって良かった。

Img_1774
クラスターはアポフィライト(魚眼石)です。
ギラギラの輝きが魚の眼に似ているとか。

Img_1772
こちらは夫のお買い物。
アンモナイトの化石入り石(中央上)と三葉虫入りの石(右下)、スライス瑪瑙と本。

アンモナイトの石は1.5kgあるし、恐竜の本は2kg以上と重いのばっかり!(^^;)

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

さわやかウォーク 京成大和田駅~八千代台駅

Img_1365
こちらも復活なった京成電鉄のさわやかウォークです。
普段は日時指定で受付がありますが、今回は新京成方式の期間設定でスタート駅にMAPがある形。
今回は午前中に用事がありそれを済ませてから参加、京成・新京成は時間が緩いので助かります。
京成大和田駅でMAPを受け取りスタートです。

駅のすぐ横に保線車両用の引き込み線があり、車庫も目の前。

Img_1370
駅自体のシャッターとは別に夜間に手前の引き込み線に入れないようにか家庭用の門扉がついています。
色々と京成はアットホームな感じ(^^)
門扉のデザインはアールヌーボー風。

Img_1375
しばらく住宅街を歩きます。

Img_1378
八千代総合運動公園に到着。
川沿いに広がる大きな公園です。
遊具は木製で、アスレチックがあったり

Img_1398
テニスコートやサッカー場があります。

Img_1405 
公園の中央にある八千代市民体育館で曲がり公園を出ます。

Img_1411 
更に進み八千代中央駅を過ぎます。

Img_1414
京成のウォーキングですが、暫く東葉高速鉄道の高架沿いに歩きます。

Img_1421
今回のコースのメインであろう京成バラ園に到着。
そろそろオフシーズンですが、12月に入ると入場料300円とお手軽。

Img_1429
クリスマスシーズンらしくハート型のピラカンサ(かな?)が出迎えます。

Img_1439
オフシーズン入りとはいえ、まだまだバラがかなり咲いています。

Img_1446
今の時期のバラは色合いがこっくりしていて趣深いですね。

Img_1479
色々なローズヒップもあちこちに。

Img_1510
紅葉も丁度見頃。

Img_1544 
様々な紅葉や枯れ穂が良い感じでした。

Img_1567
温室ではバラとガラスのインスタレーションというイベント開催中。
インスタ映え用の(?)沢山の記念撮影スポットがありました。

Img_1603
すっかりバラと紅葉を満喫。
これで300円はお得すぎます(^^)

Img_1615
ランチは園内のラ・ローズで、バラのオンシーズンだといつも凄い待ち時間で入れないのです。
オフシーズンは狙い目ですね。

Img_1629
バラ園を出て再びウォーキングコースに。
住宅街を進みます。

Img_1643
観音寺です。
八千代市七福神巡りの布袋尊のお寺です。
門前の箒を持つ小僧さんの像が可愛い。

Img_1653
紅葉の並木沿いに進み

Img_1657
広大な防衛省宿舎を横目に進みます。
宿舎の奥は更に広大な習志野駐屯部隊演習場。

Img_1662
途中で住宅街側に折れて

Img_1667 
八千代台駅に向かい

Img_1669_20201205133601
八千代台駅構内のファミマで完歩賞と完歩記念バッジとドリンクを頂きゴール。
新京成はセブンイレブン、京成はファミマと組んでいるのですね。

door to doorで21,033歩、13.67kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

木の葉も色づく晩秋に、五香から柏市逆井へ、さらに南下して元山まで

Img_1145
新京成のウォーキングイベントもめでたく復活!
新京成は期間設定で駅に設置されたラックから各自MAPを取る方式なので予算の付く限り(^^;)大丈夫だと思っていました。

ということで「木の葉も色づく晩秋に、五香から柏市逆井へ、さらに南下して元山まで」という実に説明的なタイトルのコースに参加しました。
五香駅からスタートです。

Img_1146
スタートしてすぐに住宅街へ曲がって

Img_1153
右側に見えるのは野馬除土手です。
千葉北西部の広大な台地上に江戸幕府が軍馬育成の為に小金牧と言われる放牧場を設置。
放牧された馬が逃げたり周辺の畑を荒らすのを防ぐために築かれた土手で、総延長150kmとも160kmともあったといいます。
現在でも遺構が断片的に残っています。

Img_1165
松戸市から柏市に入り並木第二公園の中を抜け

Img_1169
住宅街を通り

Img_1173
最初のポイント、柏市南部近隣センター体育館です。

Img_1175
更に進み

Img_1176
今度は南部近隣センターです。

Img_1189
隣接して南部公園があります。
黄葉と落ち葉が良い感じ。

Img_1191
更に住宅街を抜けて

Img_1199
八幡神社と

Img_1206  
南増尾小鳥の森です。

Img_1225
そして今回のチェックポイントのリフレッシュプラザ柏です。
廃熱を利用した温水プールなどがある公共施設です。

Img_1228
エントランスに設置されたスタンプをMAPに押します。

Img_1230
広い敷地内を紅葉を見ながら進みます。

Img_1233
更に進んでタイトルにある逆井へ向かいます。

Img_1235
今回のコースのメインであろう観音寺です。
紅葉が見頃!

Img_1268  
秋は紅葉が見事ですが、初夏の牡丹を始め四季折々の花が見られるようです。

Img_1254
開基は1595年と言うことです。

Img_1247
紅葉が陽に映えて見事でした。

Img_1280
冨士浅間神社を過ぎて

Img_1294
京成ウォーク名物?町外れゾーンを歩きます。

Img_1295
ボーイスカウトの野営場もありました。

Img_1299
再び住宅街に復帰して進み

Img_1310_20201129145801
しいの木台公園にあった車止めは馬、ですよね。
小金牧の由縁か周辺には馬のオブジェや白馬公園、たてがみ公園、ひづめ公園、野馬公園などと馬に関するものが散見されます。

Img_1319
再び松戸市に入り、くすのき通りを歩いてひたすら南下。

Img_1321
元山駅でゴールです。

Img_1323
元山駅の中にあるセブンイレブンでペットボトルと完歩記念のバッジを頂きます。

Img_1328
お疲れご飯はインドカレーにしました。

door to doorで23,591歩、15.33kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

東京の歴史と未来に触れよう!~神田to千駄ヶ谷~

Img_0838
JR東日本の駅ハイ「東京の歴史と未来に触れよう!~神田to千駄ヶ谷~」に参加しました。
所用があったので一駅前の秋葉原駅から歩いて神田駅に。
神田駅で受付後、MAPを受け取りスタートです。

Img_0846_20201127145701
中央通りに出て日本橋に向かい、三越前で右折します。

Img_0849
最初のスポット貨幣博物館ですが、ここは駅ハイで良く来るのでもう少し忘れるまでパス(^^;)

Img_0860
山手線の反対側に出て東京駅です。
ビジネスマンはそこそこいますが観光客がいないのでやはり人が少ない印象。

Img_0871 
行幸通りを進みます。
銀杏の黄葉が青空に映えて綺麗~。

Img_0880
皇居に到着。
本来ならここを左に折れますが、せっかくなので右に折れて東御苑に寄り道します。

Img_0897
まずは三の丸尚蔵館へ。
「名作を伝える-明治天皇と美術」。
こちらには随分来ていると思うのですが、まだまだ初めて見る作品ばかり。
保存状態と内容が流石のレベル、明治の超絶技巧揃いでした。

Img_0904_20201127145701
更に現在は江戸城天守の1/30模型が展示されています。
確かな時代考証ができる寛永期の天守と言うことですが、それならこれを再現して本丸尚蔵館にしましょうよ~。
消防法とか文化財法とか色々あるのでしょうが、東京の象徴になりますよ~。
(徳川の城だから宮内庁的に問題あるかな(^^;))

Img_0931 
色づく二の丸庭園と

Img_0952 
二の丸雑木林を散策。
ここは一年素晴らしいところ、京都御苑とはまた違った良さです。

Img_0967
駅ハイのコースに復帰して皇居外苑を歩き出しますが

Img_0977
またもや寄り道。
楠木正成像を見に行きます。
お城に騎馬像はつきものですが、この騎馬像は皇室献上品だけあって流石の出来映え。
躍動感と力強さが漲っています。

Img_0986
楠木正成像のそばにある楠公レストハウスで早くもランチ。(箸も菊の御紋)
このレストハウスは観光客が喜びそうなお土産が充実していますね~。お勧め。

Img_0997 
再び駅ハイコースに復帰。
桜田門こと警視庁です。
光が既に陰ってる(^^;)

Img_1002
落ち葉の舞い散る国会議事堂前庭を進みます。
今日は警備が厳しい~。

Img_1005
国会議事堂です。

Img_1015
更に警備の厳しい道を進みます。
撮影もしづらい(^^;)

Img_1018 
総理官邸前を右折して

Img_1020
国会議事堂裏に位置する衆議院会館前を通ります。
この辺りまではずっと物々しい雰囲気でした。

Img_1026
山王坂を下って

Img_1036_20201127145701
今度は階段を登って日枝神社です。
元は江戸城の、現在は皇居の鎮守だそうです。
神猿にはバナナが供えられていましたw

Img_1044
日枝神社を出て赤坂に向かいます。
赤坂って案外生活感があるのですね。

Img_1052
赤坂見附で左折し青山通りを進み、今度は豊川稲荷東京別院です。
現在では芸能人の信仰を集めているそう。

Img_1063
赤坂御用地沿いに進みます。

Img_1090
明治神宮外苑です。
銀杏の黄葉真っ盛り。

Img_1103_20201127145701
平日ですが、結構な人出です。

Img_1105
国立競技場の前を過ぎて

Img_1114
毎度お馴染み鳩守八幡宮です。
富士塚も登ります。

Img_1123
千駄ヶ谷駅でゴール!
今日は寄り道が多くて疲れました(^^;)

Img_1131
本日のお土産

1126a
途中でバッグ屋さんのファミリーセールに遭遇し、うっかり(?)購入。
遊び心のあるものを選んでみました(^^)

door to doorで30,765歩、19.99kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

まるでタイムスリップ!?~Go for the future~

Img_0595
JR東日本の駅ハイ「まるでタイムスリップ!?~Go for the future~」に参加しました。
田町駅でMAPを受け取りスタートです。

Img_0606
一旦駅を出た後すぐにガード下を潜って駅の反対側(陸地側)へ。

Img_0611
ガードを潜ると最初のスポット本芝公園です。
この辺りはかつて海岸で雑魚場と呼ばれていたそう。
それ故遊具は船とか貝など海らしいものです。

Img_0617
次は薩摩藩中屋敷跡。
幕末に起きた薩摩屋敷焼討事件の舞台になった所ですが面影は無く、今はNEC本社が建っています。

Img_0628
三田通りを東京タワーを見ながら歩き

Img_0633
途中で折れて坂を登り山の手方面へ。
今日のコースはUp、Downが多い。

Img_0635
三井グループの倶楽部の三井倶楽部。

Img_0648
慶応義塾大学の前を過ぎ

Img_0656
坂を登ってクェート大使館の前を通ります。
ユニークな建物ですね。

Img_0681
亀塚公園です。
上野沼田藩の下屋敷が明治維新後には皇族の華頂宮家の屋敷となり、空襲で破壊された跡は公園になりました。
奥の緑の小山は亀塚と呼ばれ平安時代の「更級日記」で紹介されているといいます。

Img_0674
公園内のサザンカと紅葉。

Img_0690
更に進むとこんもりした緑が。
守衛さんに聞くとこの春に上皇上皇后陛下が移られてきた仙洞仮御所でした!
公園かと思って入ろうかと思ってしまった(((^^;)

Img_0701
坂を下って今度は覚林寺です。
加藤清正の位牌や像が祀られていることから清正公さまと呼ばれているそう。

Img_0704
今度は坂を登って白金へ

Img_0715
港区郷土歴史館です。
1938年竣工の旧公衆衛生院の建物を保存・改修して活用しています。

Img_0719
重厚な建物内は見学できます。

Img_0739
隣接して東大医科学研究所があります。
こちらにも上記の建物と同じ設計者の病院棟があり、今も現役で使われているようです。

Img_0743
再び高輪方面へ。
明治学院大学の前を通り

Img_0749
坂を下って海の方角へ。

Img_0758
高輪神社です。
1500年前後に創建。

Img_0760
今度は高輪大木戸跡です。
江戸府内の出入り口として設置されたもので伊能忠敬はここを全国測量の基点としているそうです。
この近くの山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の名称の由来となったもの。
江戸の出入り口だからゲートウェイとつけたのでしょうが、普通に高輪駅または高輪大木戸駅で良かったのでは?

Img_0774 
その高輪ゲートウェイ駅でゴールです。
大変大きな駅ですが

Img_0789 
内部はあっさり、スタバ位しかありません。
駅ナカでお疲れランチをしようと思って途中のお店をいくつも見送ったのにガッカリ。

Img_0787
列車の往来を展望できる場所があり鉄ちゃんには嬉しいかも知れません。

Img_0780
駅の反対側は目下大規模再開発中。

Img_0790
仕方が無いので東京駅の駅ナカでランチをしました。

Img_0797
本日のお土産

door to doorで24,011歩、15.6kmのウォーキングでした。
こまめにUp、Downがあってちょっと疲れました~。

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

ぴいたの一周忌

1118c
早いものでぴいたがいなくなってから一年が経ちました。
花では無く今回はベランダのカラーリーフを飾っています。

1118a
一年を機に某所にぴいたのお骨を埋葬しました。
静かな木の下で目印に石を置いて球根を植えています。

| | コメント (2)

«京都・山口旅行三日目