2018年6月13日 (水)

たまには違うアングルで

0613a
じっとしている瞬間は餌をねだる時と食べる時なので、だいたいいつも同じようなアングルになってしまいます。
たまには違うパターンで…。

0613b
おしりも。
餌をねだってケージの中をクルクル回っているぴいたでした。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

新橋駅久しぶりに駅ハイ復活!~新橋周辺の今と昔をめぐる~

008
JR東日本の駅からハイキング「新橋駅久しぶりに駅ハイ復活!~新橋周辺の今と昔をめぐる~」に参加しました。

昼までもつかと思ったのですが、新橋駅を出たとたんに雨が落ちてきて結局一日中降ったりやんだりの渋いお天気。
最初のポイントは新橋駅をでてすぐの黄色い看板の下にある鉄道唱歌の碑、隣の車輪はD51のもの、鉄道発祥の地である新橋駅に据えられています。

021
暫く歩くと旧新橋停車場。
1872年に日本最初の鉄道の起点として開業した新橋駅の跡地に再現されています。

062
築地方面に歩いていると御神輿の列が。
どうやら築地の波除稲荷神社の祭礼の様です。

068
山車もあります。
これは上に桃太郎が乗っていました。

107
お祭りの波を抜けて築地場外市場へ。
御馴染み丸武の卵焼きに

124
大トロ中トロの握りなどを食べ歩き。
流石にネタが新鮮!

137
そこへ祭礼の列がやってきました。
只でさえ観光客で混み混みのところなのでえらいことに(^^;)
外国人観光客が撮影しまくり。

181
場外市場を抜けて歌舞伎座です。
世界唯一の歌舞伎専門劇場なのだそうです。
いつかは行ってみたい。

198
銀座四丁目の和光、銀座のシンボルです。
銀座もビルが色々建て替わっていますが、和光には変わらず頑張ってほしい。

205
木村屋でアンパンを購入して食べ歩き。

213
銀座四丁目から一丁目まで歩いて左折

240
一旦東京駅八重洲口前を通り今度は右折

266
日本橋を通ります。
頭上をふさぐ首都高を日本橋川の下に通すようですが、完成まで生きているかなぁ?

277
日本橋の袂にある日本国道路源標。
日本橋は江戸時代の五街道の起点で、現在の日本の道路の起点です。

279
日銀本店前にある貨幣博物館です。
ここは以前見学したことがあるので今回はパス。

294
大手町方面へ行き、読売新聞本社前の箱根駅伝「絆」の像。
箱根駅伝のゴール地点です。

306
今度は東京駅の丸の内口前を通り

321
美術館めぐりでも良く来る三菱一号館です。

330
小腹がすいたのでここでロブションのパンを購入してブリックスクエアで一休み。

349
次は1934年築の明治生命館です。
公開されているので入館します。

367
重厚な建物です。
戦後はGHQに接収されて対日理事会の会場として使用されたそうです。

356
ディティールまで素晴らしいです。

454
本来のコースは皇居脇を歩くことになっていますが、ちょっと入って今まで見そびれていた楠木正成像をチェック。
これまた重厚な騎馬像ですねぇ!

493
いつも何かしらイベント会場になっている日比谷公園に行くと阿波踊りや

556
御神輿で賑やかでした。
日比谷大江戸まつりだそうです。

他にアイドルグループのライブなどもありました。
(こちらは撮影不可)

571
再び新橋駅に戻ってSL広場でゴール。
ニュースでよく見る新橋のシンボルですが、初めて来ました(^^;)

575
ゴール後は新橋のお店で栄養補給です(^^)

door to doorで26,636歩、17.31kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

公津の杜から宗吾霊堂の紫陽花祭りと近隣の公園巡り

010
京成電鉄の「公津の杜から宗吾霊堂の紫陽花祭りと近隣の公園巡り」に参加しました。
先日新京成のウォーキングに参加しましたが、京成のウォーキングは初参加。
公津の杜駅で降りるのも初めてです。
今回は丘陵地に点在するニュータウンの公園と田園風景の緑を辿るコースです。

公津の杜駅で受け付け後、MAPを受けとりスタートです。

015
駅を出て歩き初めます。

023
最初の公園は公津の杜公園。
紫陽花は成田市の市の花だそうです。

032
いかにもニュータウンな街並みを抜けて

037
切通しの緩い坂道を登ります。

050
宗吾霊堂に到着。
江戸時代の義民、佐倉惣五郎が祀られているお寺です。

054
あちこちで義民を祀る場所は見ましたが、宗吾霊堂ほど立派でまた観光地になっている場所は知りません。
宗吾霊堂は今や花の名所で宗吾参道という駅もあります。
惣五郎親子の墓もそんじょそこらの大名のお墓よりも立派という…。
このパターンは余程祟りを恐れたとか?

078
今は紫陽花祭りの期間で本堂には紫陽花の鉢植えが並べられて華やか。
いずれにせよ、元刑場であり義民を祀る場所が忘れられずに賑々しく慰霊されているのは良いことだと思います。

119
奥の院の裏には紫陽花園があります。
今は柏葉紫陽花が盛り。

165
7,000株という紫陽花が咲いています。

196
宗吾霊堂を出て義民ロードを歩き

211
丘を降りて田園地帯を辿ります。

223
宗吾旧宅です。
佐倉惣五郎の住まいを子孫の方が400年間維持しているそうです。

229
外壁には新旧の名刺が挟まれていました。
願いを叶えたいという事か千社札代わり?

252
更に田園地帯を抜けます。

265
田んぼにはザリガニがたくさん。

268
ニュータウンスポーツ広場です。
コースの1/3程ですが既にキツイ(^^;)
気温と湿度が高くアップダウンの連続なのが効いています。

276
ニュータウンな街並みを抜けて

309
赤坂公園です。
こまめに水分補給をしながら歩きます。

320
続いて中台運動公園、野球場やプール、陸上競技場やテニスコートなどがあります。
成田駅の近くらしい。

337
ラベンダーの香りが爽やか。

343
住宅地の谷間の緑道を進みます。

346
車道沿いを進み。

355
国際医療福祉大学の前を過ぎて

359
再び公津の杜駅に戻ってゴールです。

368
ゴールで頂いたもの。

door to doorで23,855歩、15.5kmのウォーキングでした。
湿度の為か丘陵地の連続だったからか歩数の割にはきつかったです。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

梅雨入り

036
関東地方も本日梅雨入りしました。
しとしと雨が降っています。

0606a_2
ぴいたはいつも通り、もぐもぐ中。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

岡本神草の時代展

040
千葉市美術館に「岡本神草の時代展」を見に行きました。
京都から始まった巡回展で千葉が最後で東日本唯一の展示です。

岡本神草を中心に同じ時代の京都画壇の作品を展示、モチーフは殆ど舞妓・芸妓です。(ある意味凄い)
はんなりとして鮮やか、妖しくも神秘的な作品が並びます。

岡本神草は寡作で完成品が少ない作家ですが、その殆どを展示。
また完成品に至る習作や未完成品も展示されています。
大きな作品が多いのに習作に至るまで良く残っていたと思っていたら、同門の妻・若松緑の実家関係者が保存していたそうです。
夫婦とも早世してしまい、たった2年ほどの結婚生活だったのに習作に至るまで大切に保存していたというのは京都という土地柄でしょうか。胸を打たれます。

未完の作品群の中でも特に「花見小路の春宵」は完成品をみてみたかったという可愛らしい作品でした。
それにしても、未完の作品数が多いというのは、描き込みの細やかさもさることながら飽きっぽい方だったのでしょうか(^^;)
しかし、一つの作品に至る試行錯誤や描写の濃密さ、着物や簪など印刷では表現できない部分なども素晴らしかったです。

088
本日のお土産

チケットフォルダーも良いのですが、クリアファイルが欲しかったです。

079
食事はお肉をガッツリ。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

東京まちさんぽ 京橋駅~京橋駅

021
東京メトロの「東京まちさんぽ 京橋駅~京橋駅」に参加しました。
京橋駅から出発して皇居周辺をざっくり一周して再び京橋駅に戻るコースです。
東京まちさんぽで同じ駅がスタートとゴールなのは珍しい。

京橋駅直結の京橋エドグラン地下で受付、MAPとヘルシア緑茶などを受けとりスタートです。
しかしハガキからQRコード式になってから受付に時間がかかるようになりました。

050
有楽町を横目に歩き

052
銀座のアンテナショップ街を歩きます。
割引特典がありますが、まだ開店していません(汗

058
途中にアルマーニの制服で話題になった小学校がありました。
この立地は確かに凄い、でも日本のメーカーじゃいけなかったのかなぁ?
銀座はブランドショップストリートではありますが、公立小学校なのに最初からアルマーニ一択というのは問題だったかも。

071
帝国ホテルを過ぎて

074
着飾ったお姉さま方が各々プラカードを掲げて集まっている、と思ったら東京宝塚劇場でした。
各自ファンクラブのチケット受け渡しや茶話会のお誘いの様です。

084
日生劇場を過ぎて日比谷公園の中を歩きます。

102
霞が関の官庁街を過ぎて

108
国会議事堂です。
集まっている人は見学の観光客。

112
最高裁判所の横を通り

118
国立劇場前を過ぎて

137
イギリス大使館です。
とても威圧的なアメリカ大使館と違ってフレンドリーな雰囲気。
外から事務所がチラ見えしているしw
皇居すぐ横なので場所も良いかも。

153
皇居に来たので二の丸庭園に入ります。
江戸城天守台はいつ見ても大きい、天守閣を復元してほしい~、無理なら博物館を建ててほしい。

237
今の季節は菖蒲が見ごろ。
素晴らしいの一言です。

182
流石に、という管理の良さ。

215
バラエティに富んだ白~紫の花が咲いています。

247
三の丸尚蔵館は「明治の御慶事」。
明治時代の即位の礼関連の展示でした。
来年の御世代わりにあたってということですね。

252
皇居を出て大手町を歩き

265
日本橋で折れて中央通りを歩きます。

274
対岸のビルの前で段ボールを抱えた黒服の集団が、すわ強制捜査か?と思ったら映画かドラマの撮影の様です。

294
再び京橋エドグラン地下に戻ってゴールです。
まちさんぽも完歩記念バッジを出すようになったのですね。

door to doorで24,081歩、15.65kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

シャキッと

0530a
ぼんやり気味だったぴいたが復活しました。
この2~3週間、反応が薄くて動作ものろのろしていたので心配していたのです。

0530b
シャキッと元通りに。
思い当たる節はありませんが、高齢うさなのでこういう事もだんだん増えていくのかもしれません。

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

サーフタウン「いすみ」潮騒と古刹巡りハイキング→御宿

001
JR東日本の駅からハイキング「サーフタウン『いすみ』潮騒と古刹巡りハイキング」に参加しました。
外房線の太東駅からほど近いスーパーの前で受付です。
難読漢字の多い千葉ですが、いすみは夷隅、駅名はたいとうです。

027
スタート早々に駅ハイ特典のあるパン屋さんでパンを購入して食べ歩き。

032
苗が成長し始めた田んぼの横を通り

046
梨畑の横を抜けます。
いすみ市は梨も名産の様です。

056
玉崎神社です。
807年に物部氏が創建の古刹でパワースポットなのだそうです。
茅の輪があったのでちょっと早い気もしますがぐるぐると潜りました。

069
鷺のコロニーのある池を過ぎて

073
太東ビーチに至ります。
近づくにつれ軒先にウエットスーツをかけた家やアパートがちらほら。
太東ビーチのすぐ北の釣ヶ崎海岸は2020年東京オリンピックのサーフィンの会場なので、サーファーが借りる家や民宿、別荘などが増えているようです。
今日のコース上ではこじゃれたペンションや別荘があちこちに建っているのを見かけました。

110
海岸まで行くとサーフィンの競技会が行われていました。

131
太東ビーチの横は太東漁港。

140
港の横にある崖を登ります。

162
展望台からは太東ビーチが一望。
画面の上部右側が釣ヶ崎海岸でオリンピック会場になるようです。

因みにこの展望台周辺は広場になっていて津波など有事の際の避難先になるようですね。

170
国道沿いを歩きます。
サーフショップも目につきます。

191
再び海沿いを歩いて津々ヶ浦の夫婦岩(雀島)。
妻が小さい…。

205
飯縄寺です。
808年の創建、このお寺には源義経が京都から奥州に向かう際に立ち寄ったという話です。

221
このお寺の見どころは波の伊八と言われる彫刻家が残した数々の彫刻。
本堂内部は撮影禁止ですが、天狗と牛若丸など素晴らしい彫刻や天井の墨絵の龍など見どころが多かったです。

228
JR東日本も境内の修復に協力しているそうで、駅ハイ参加者は拝観料無料で瓦煎餅など特典がありました。

264
再度海沿いに向かって太東海浜植物群落です。
日本で最初の国の天然記念物に指定された場所で海浜独特の植生が残っています。

325
咲いていたのはハマヒルガオ、スカシユリ、ハマエンドウ、チガヤなど。

343
目の前には青い空と海が広がっています。

379
その太東海浜植物群落のすぐ横にあるガレージを改装したカフェのランス・ヤードでランチを。
オーナーさんの数々の本気の趣味が凄い。

384
お店を辞してゴールに向かう途中でキジに遭遇。

402
芦原の広がる湿原もあり色々な鳥の声が聞こえていました。

411
国道と夷隅川を渡って

420
住宅街を抜けて

423
ゴールの長者町駅です。

428
ついでと言ってはなんですが、ここまで来たので御宿にある夫の両親のお墓にお参りしてきました。
というか、本当はこちらがメインでちょうど近くのウォーキングがあったので参加した次第です。

door to doorで31,102歩、20.21kmのウォーキングでした。
今回も寄り道・延長しまくりで距離が伸びました。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

騎馬武者行列

030
この週末は千葉ではレッドブルエアレース(これは家からも見えて音が凄い)やファンタジー・オン・アイスなどビッグイベントが行われていますが、私は馬を見に行きます(^^)

今年は千葉を築いた千葉氏一族の千葉常胤公生誕900年という事で、それを記念して千葉市の中心部で騎馬武者行列が行われました。

千葉氏は守護大名・戦国大名となった一族で、係累は全国に広がっています。
今回の騎馬武者行列には縁の一つの相馬氏から相馬野馬追の12騎が人馬と共に参加です。

046
千葉市の中心街を騎馬武者が進みます。

084
沢山の観客が集まっていました。

097
進行の関係で行列が止まるとこんなシーンもありましたが、そこは人馬とも熟練しているので大丈夫。

119
甲冑も馬具も流石に本格派。
特に兜の前立てが一人一人違って凝っていました。

148
ひと時の戦国絵巻です。

161
続いてメイン(?)の千葉氏縁の自治体の首長の行列です。
みなさんびしっと乗ってらして感心しました。
どこから集めたか馬も皆良かったです。

岩手県から一関市市長

163
前は宮城県から湧谷町町長
後ろは福島県から南相馬市副市長

172
岐阜県から郡上市市長

173
佐賀県から小城市市長

175
千葉県から酒々井町町長

179
千葉県から多古町町長

182
千葉県から東庄町町長

184
大トリは地元の千葉市市長でした。
踵下げて手を振って余裕、馬に慣れているのかな?
31歳で市長に当選、三選目のお若い市長です。

193
首長の行列はこのまま千葉神社に参拝へと向かいました。
ミニ時代祭の様ですね。

225
騎馬武者一行は中央公園で相馬野馬追の紹介と展示。

275
最後は馬運車に乗り込んで去ってゆきました。
お疲れ様~。

289
本日の頂き物

相馬野馬追のパンフレットと手ぬぐいです。
いつか泊りがけで相馬野馬追に行きたい!

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

Happy Birthday!

0521a
ちょっと遅れましたが、5月20日はぴいたの10回目の誕生日です。
プレゼントに好物のブロッコリーを謹呈。

うさぎの10歳は人間だと諸説ありますが76歳~92歳だそうです。
幅がありすぎますが80歳くらいで何れにせよ御長寿うさぎです。
最近は随分おっとりしてきました。

転勤もいつも一緒で環境もコロコロ変わるのに体調を崩さないぴいたには感謝です。
本当に手がかからない飼い主孝行なうさぎなのです。

0521b
ついでにわらまっとと巣箱も交換しました。

| | コメント (4)

«豊島区の文化と歴史にふれながらバラを満喫!よくばりハイキングコース