2018年11月10日 (土)

秋香る 松戸の水辺散策と戸定邸を訪ねて

007
JR東日本の「秋香る 松戸の水辺散策と戸定邸を訪ねて」に参加しました。
松戸駅で受付後、西口からスタートです。
千葉県民ですが、松戸駅に来たのは初めて。

009
駅前通りを歩いて

026
坂川沿いを辿って松戸神社です。
1626年に創建された松戸の総鎮守。
日本武尊が臣下とこの地で待ち合わせたことから
「待つさと=待つ土(松戸)」という地名の由来になったそうです。
七五三の親子連れで賑わっていました。

057
更に坂川を進みます。
この場所は明治時代に最後の将軍だった徳川慶喜が写真撮影をしたアングル。
慶喜は親しかった弟で最後の水戸徳川家藩主だった徳川昭武が住んでいた松戸にしばしば訪れて一緒に写真撮影を楽しんでいたそうです。

070
小山樋門橋(めがね橋)です。
1898年に架けられた千葉県最古のレンガ橋。

074
坂川を離れて陸橋を登り

085
浅間神社です。
1647年創建、丘陵地上の山を富士山に見立てて信仰したそう。
ということで登ります。
今日は丘陵地を歩いて見どころは見晴らしの良い場所が多いので坂を上ったり下りたり(汗

098
階段を下りて暫く進むと今度は神明神社です。
これも小山の上。

111
再び坂川沿いになり坂川親水広場です。
夏は築山から水が流れて水遊びができるそうです。

145
坂川沿いを歩きます。

133
坂川と江戸川に挟まれた土地は矢切耕地という耕作地になっていて延々と畑が続きます。
畑と江戸川の向こうにスカイツリーが見えていましたが、雨上がりで地表近くが霞んでいたのでデジカメだと写りませんね。

161
畑の端では色とりどりに小菊が咲いていました。

158
矢切橋を渡ります。
欄干は矢切の渡しと野菊かな。

162
擁壁でツタの鮮やかな紅葉。

179
またもや高台に登って西蓮寺には野菊の墓文学碑。
伊藤左千夫の「野菊の墓」はこの周辺が舞台だそうです。

そしてこの高台(国府台)周辺は戦国時代の1538年と1564年の二度にわたり北条氏と里見氏による国府台の合戦が起こった史跡とのこと。

185
隣接した野菊苑からは矢切耕地と江戸川越し東京側が見えます。

190
大きな農家の続く道を進み

191
矢喰村庚申塚です。
戦国時代の国府台合戦の悲惨さから弓矢を嫌い「矢喰い」となったとも言われるそうです。
矢切とか矢喰いとか合戦の地らしい名が残っているのですね。

207
対面には矢切神社です。
1704年の江戸川の大洪水後に下矢切の鎮守としたそうです。

210
市街地に戻り県道を進み

230
常磐線沿いの坂道を登ってまたもや高台へ。

306
旧徳川昭武邸の戸定が丘歴史公園です。
その中にある戸定邸は国重文。
1884年築の明治時代の水戸徳川家の屋敷。
明治以降、関東大震災も戦争も東日本大震災でも被災せず完存だそう。

兄の徳川慶喜が何度も訪れ多くの皇族が長期滞在したそうです。
庭には芝生が植えられ日本最古の洋風庭園だそうで名勝です。

351
菊花祭が開催中で屋敷の内外に各種の菊が展示されていました。
庭は洋風ですが建物は和風です。

275
室内にも大菊や盆栽菊など

436
これは江戸菊かな。

445
戸定邸を出て歴史公園内を散策します。

449
東屋からは江戸川越しに富士山が見えるのですが、この日は地表近くが霞んでいて見えませんでした。
関東の富士見百景だそうです。

498
歴史公園内では紅葉が始まっていました。

509
歴史公園を出て戸定みその坂を下り

513
市街地を歩いて

519
松戸駅東口でゴールです。

door to doorで23,470歩、15.25kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

あいも変わらず

1107b
美人立ちで待つぴいた

1107c
今日も元気に食べています。

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

大都会にあふれた自然の代々木巡り

008
JR東日本の学生駅ハイ「大都会にあふれた自然の代々木巡り」に参加しました。
このコースを考えた東京スクール・オブ・ビジネスで受け付けてスタートです。
受付の画像は撮れなかったので最寄の代々木駅。

010
北参道から明治神宮に入ります。

018
大安とお日柄が良いので七五三やお宮参りなどの人で一杯!
その様子を撮影する外国人観光客も一杯(^^;)

038
結婚式も。
明治神宮の結婚式は着物率が高いのですが、このカップルは御両家とも近親者の女性が全員お着物でした(^^)

050
西参道から出るとすぐに代々木ポニー公園です。
選りすぐりのお行儀のよいポニーたちと触れ合えます。
「噛む」とか「蹴る」とか「前かき」とかの単語を知らなさそう~。

074
ニンジンタイムに向けてカワイコちゃんもスタンバイ!
いっぱい触れ合って不足している馬成分を吸収~。

087
お隣にはポニー公園を管理している東京乗馬倶楽部がチラ見え。

118
暫く進み代々木公園です。
もう秋の気配。

147
1964年の東京オリンピックの選手村を再整備したそうです。
そういえば代々木公園に入るのはかなり久しぶりかも。

172
バラ園では名残のバラが咲いていました。

173
坂を下って

181
NHKスタジオパークです。
久しぶりに入場します。

184
朝ドラの「まんぷく」の小道具や記念撮影スポットもあります。

201
体験コーナーなど色々楽しみました。

229
NHKを出て、北谷稲荷神社です。
江戸時代の渋谷村の総鎮守だそうで現在は超モダンな社殿になっています。
この辺りから傘をさすほどではありませんが雨がパラパラ。

241
人でごった返す竹下通りの前を過ぎて

261
鳩森八幡神社です。
ここは代々木辺りのウォーキングでは高い確率で来ることになります。
幸い雨はやみました。

265
こちらの富士塚は1789年築造と都内最古。
富士塚好きなのでもちろん登山します。

290
千駄ヶ谷駅を越えて佐藤美術館です。
美術を通した国際交流を目的に設立されたそうで現在は「奨学生美術展」の開催中。
佐藤美術館の財団が支援した美術系大学の学生の展覧会です。
若い感性の作品たちでした。

こちらでは駅ハイ特典でポストカードが頂けました。

296
新宿御苑の前を通ります。
ウォーキングついでに入るには広すぎる(^^;)

309
原宿駅に戻ってゴールの東京スクール・オブ・ビジネスです。
こちらで完歩賞とミニゲームをして記念品などなどを受けとります。

314
ゴールの後は代々木駅の近くの餃子屋さんで〆。

026
駅ハイの記念品。
今回は学生駅ハイだからか?最終日だからか大盤振る舞い。

029
こちらは立ち寄った各所で購入したり頂いたもの。
NHKのテキストは城あるきだったので買ってみました。

door to doorで25,677歩、16.69kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年11月 1日 (木)

天高く

1031a
秋らしい爽やかな天気が続いています。

1031b
天高くぴいた肥ゆる秋です。

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

横浜線開業110周年記念!菊名沿線ハイキングと寺社仏閣めぐり

005
JR東日本の駅ハイ「横浜線開業110周年記念!菊名沿線ハイキングと寺社仏閣めぐり」に参加しました。タイトル長い…

菊名駅の改札窓口で受付です。
改札で受付は初めてかも?

009
西口から出てスタートです。
菊名駅の出入り口はJRと東横線が共有。

011
ホーム下の細い道を歩きます。

014
更に横浜線沿いを進みます。

018
住宅街の中の坂道を登って

020
八幡山観音寺です。
天正年間(1573~1591年)の開基。
戦争中は川崎大師の本尊が空襲を避けてこちらの境内に避難したそうです。

022
更に進み篠原八幡大神です。
1192年に創建、鎌倉幕府が開かれた年ですね。

023
恐らく篠原八幡の参道だった坂道を下ります。

028
菊名池公園です。
平安時代からの灌漑池だったそう。
水面はコウホネで覆われて木々は紅葉が始まっていました。

036
菊名池公園の半分はプールになっていますが、その畔には菊名池弁財天があります。
千年前から住民の信仰を集めているそうで横浜七福神の一つです。
覆堂が龍の彫刻がなされて凝っています。

039
東横線の妙蓮寺駅前を過ぎて

040
長光山妙蓮寺です。
1350年の開基。
妙蓮寺駅はこのお寺の門前にあることからその名があります。

045
小学校横の坂道を登り

047
綱島街道に沿って歩きます。

058
途中見晴らしの良い場所があります。
富士山から右の円柱は新横浜プリンスホテル。

054
富士山の良く見える季節になって来ました。

066
菊名桜山公園です。
丘陵地に八重桜が植えられた公園で、元は企業の所有で一時はマンション建設の計画がありましたが、住民の努力で横浜市が買い取り公園となったそうです。

070
商店街を進み

071
菊名神社です。
元は五社あった神社が昭和初期に合祀された菊名の総鎮守です。

075
菊の花が飾られていました。

077
菊名駅西口に戻りゴールです。

078
菊名駅には一か月ほど前に新店舗が開店し、2階のデリフランスで駅ハイ特典があります(^^)

089
ハロウィンなパンを購入して駅ハイ特典のジュースでランチに。

door to doorで16,424歩、10.67kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

ルーベンス展

071
国立西洋美術館で開かれている「ルーベンス展」に行ってきました。

バロックの巨匠ルーベンスをメインにその周辺の画家や彫刻などの展覧会です。
ルーベンスは好きな画家ですが、作風もテーマもコッテリ濃厚。
それが延々と並ぶ様は壮観でしたが、連続鑑賞するとやや胸焼け感が…(汗

画題が神話や宗教と日本人には馴染み難く「グエルチーノ展の様にもしやガラガラ?」と危惧しましたが、そこは流石に巨匠ルーベンスということか館内はかなり混んでいました。

155
お土産は定番のクリアファイルやポストカードなど

グッズショップも気合が入っていて種類が豊富でした。

152
今回の展覧会では名作アニメの「フランダースの犬」とコラボ。
美術展のコラボは「コレ誰向け?」という謎コラボが多いと思うのですが、今回は正解かと。

美術展に来る年齢層にとっては「ルーベンス=フランダースの犬」という刷り込みが子供時代にされていますからね~。
ということでまんまと購入、クリアファイルの裏側はネロとパトラッシュが見ながら昇天したルーベンスの絵です。丸い缶はリップクリーム。

007
西美は企画展のチケットで常設展も鑑賞できるので続いて入ります。
常設と言ってもそこらの企画展よりもハイレベルで点数も多いのです。
撮影も一部を除いて可。

フェルメール帰属の「聖プラクセディス」もこちらにあります。
フェルメールかどうかはっきりしていませんが、やはり良い絵だと思います。

009
新収蔵作品もいくつか

クラーナハの「ホロフェルネスの首を持つユディト」

031
ドガの「舞台袖の3人の踊り子」など何点かありました。

041
「ルーベンス展」に続き常設展でも更にお腹一杯になりました(^^)

080
上野公園を歩いていると不忍池の横でシタマチハロウィンが開催。

083
屋台があったり記念撮影コーナーがあったりと賑わっていました。

098
一角ではコンサートも。
珍しく撮影可でした。

111
アメ横もハロウィンな雰囲気。

119
一息入れて帰宅しました。

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

東京まちさんぽ 東池袋駅~西新宿駅

006
東京メトロの「東京まちさんぽ 東池袋駅~西新宿駅」に参加しました。
東池袋駅で受付後、MAPを受け取ってスタートです。

011
地上に登り歩き始めます。
今日は多少雨に降られるかと思いましたが、予想に反して快晴になりました。
寧ろ蒸し暑い(^^;)

015
豊島区役所の前を折れ都電沿いに歩きます。

028
池袋周辺のウォーキングでは必ず来る事になる、雑司ヶ谷鬼子母神堂です。

031
ここの参道は趣があります。

034
目白通りを進み

037
日本女子大の前で曲がり豊坂を下ります。
今日のコースは坂道を何度も上ったり下ったり(汗
都心は細かい坂道が多いです。

045
肥後細川庭園です。
ここは以前来た時は新江戸川公園という名前でしたが、京都に行っている間に名称が変わったようです。
元は細川家の下屋敷だったのでこの名称は正しいですね。

060
池泉回遊式の大名庭園です。

104
早くも紅葉が始まっていました。

134
隣には松尾芭蕉縁の関口芭蕉庵があり、こちらにも寄りました。

121
松尾芭蕉に因んだ石碑や句碑を巡る庭園になっています。

135
今度は胸突坂という急坂を登ります。

154
江戸川公園を過ぎて

157
江戸時代の旗本渡邊家が東側にあった渡邊坂を上り

160
細い道に折れて漱石山房記念館です。
夏目漱石は新宿区の産まれ育ちだそうで、漱石生誕150周年を記念して造られたそうです。
今日は早く帰宅せねばならないので外観撮影のみ。

176
早稲田通りに出て

183
穴八幡宮です。
以前何度か来たことがあったのと時間が厳しくなったのでこれまたパスします。
本当は本日のコースのメインなのですが、序盤にのんびりしすぎました(汗

189
高田馬場駅を過ぎて

195
中央卸売市場の淀橋市場前を通り

200
エスニックな雰囲気の漂う大久保駅前を過ぎて

217
北新宿方面に向かい

222
新宿のビル群が近づいてきました。

225
LOVEのオブジェの前を通って

232
新宿アイランドタワー地下のパティオ広場がゴールです。
坂道の多いコースで後半飛ばしたのでバテました~。

247
本日の頂き物

アイランドタワーで使えるプレミアムクーポンやメトロオリジナルのお弁当箱など。
メトロのウォーキングは気前が良いです。

door to doorで26,726歩、17.37kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

爪切り

1025b
本日は爪切りです。
仰向けで途中まで、後半は抱え込みで切りました。
抱え込むと動かなくて切りやすいのですが、両手を使えないのがネックです。

1025c
「ひどい目にあったよ~」

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

ちばアクアラインマラソン2018

007
夫がちばアクアラインマラソン(ハーフです)に参加したのでその応援に行ってきました。
木更津駅で降りるとマラソン参加者で一杯!
フルはスタートとゴールが同じですが、ハーフは別の場所なので参加者と応援家族は別行動になります。

014
ハーフのゴールは牛込海岸。
最寄りの袖ヶ浦駅から臨時のシャトルバスが出ます。
8時頃と朝早いのでまだ空いています。

045
ハーフのゴールが牛込海岸になった理由はこの眺めですね。
当日は雲一つない快晴で空気も澄んでいてアクアライン越しに対岸の横浜もくっきり。

047
富士山もアクアライン越しにどーん、と。
アクアラインマラソンはこのアクアラインを車ではなく足で走るのがポイントです。

スタートは10時でハーフゴールは早い人でも11時以降。
屋台村などはまだ準備中で時間を持て余したのでアウトレットまで往復したりコンビニに買い物に行ったりとウォーキングで時間をつぶします。

Dsc_3107
これは夫がラン中に撮ったもの。
アクアラインのゲートをくぐり

Dsc_3139
アクアライン上から、左にうっすら富士山、正面に横浜、切れていますが右側にスカイツリーがくっきり。
海上には応援と警備の船、空には羽田から飛び交う飛行機と非日常感を満喫できるようです。
とにかくお天気が良くて良かった。

068
中継映像を見ているとそろそろ早い人が戻ってくるのでゴール地点に移動します。

071
ゴールで待ち構える森田健作知事。

088
ゴールでは千葉のゆるキャラが入れ替わり立ち代わり応援。
地元の高校生の演奏も盛り上げます。

148
次々とランナーが戻ってきます。

196
ゲストランナーの山の神・柏原竜二さんはご自分は暫くゴールせずにハイタッチでランナーたちを迎えます。

199
ボビー・オロゴンさんもゴール。
千葉県内に別荘を持っているとか。

他にも色々なゲストランナーが走った様です。

213
無事ゴールした夫と合流します。
ゴールしたところで色々な物が配布されます。
足を冷やしたり食べたりできる氷やブルーべりーなどなど。

参加費もそこそこしますが、地元のサポートとお金(スポンサー)がかかっている大会ですねぇ。

229
荷物を受け取ってイベントエリアに向かい

233
ぽすくまと完走の記念撮影(結構人気)をして

240
袖ヶ浦駅へ戻りのシャトルバスは1時間待ち~。
ここが一番しんどかった(^^;)
台数は多かったのですが、人間も多かったし一度に駅に行ってもホームから溢れちゃうしね…。

249
いつものように打ち上げ&栄養補給。
無事完走できてヨカッタヨカッタ。

278
本日のお土産

記念に購入したTシャツ以外は頂き物です。

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

バーモントファミリーウォーク板橋大会

006
バーモントファミリーウォーク板橋大会に参加してきました。
ハウス食品のウォーキングでは2016年の大阪大会以来の参加です。
大規模な大阪大会と神宮大会はハウスファミリーウォーク、小規模で他社と共催のローカル大会はバーモントファミリーウォークの名称になるようです。
ローカル大会(東京だけど)参加は初めてです。

飛鳥山公園で受け付け後、MAPとビンゴカードとお土産引き換え券とホルダーを受け取ります。

014
出発前に主催の日本ウォーキング協会、協賛のコモディイイダ、ハウス食品の挨拶と準備運動。
本日は6,200人の応募で500人の当選だったそうです。
それでなかなかローカル大会は当たらないのですね(汗

019
旗を持った先導者と最後尾者に挟まれて出発です。
この係員の方の前にも後にも行けないので今回は自分のペースでは歩けない形ですね。

026
音無橋から降りて

027
石神井川沿いを歩きます。

033
都市型の川なので擁壁が深いですね~。

035
ウォーキング日和の快晴に恵まれました。

041
所々の公園で先導が止まり休憩があります。

056
北区から板橋区に入り商店街ではハロウィンのイベントで賑わい中。
沢山のお子さんが仮装していました。

070
板橋駅を過ぎて近藤勇の墓所です。
新撰組は特に好きという訳ではないのですが、ウォーキングなどで東京と京都(と函館)で随分縁の地に行っています。

074
コモディイイダ滝野川店前を歩き

077
コモディイイダ本社前を過ぎます。
来年の2019年は創業100年で大売出しを計画しているそう。

082
南谷端公園でハウス食品のペットボトルを受け取ってブレイクタイム。

092
豊島区に入り栄螺堂(右)のある大正大学前を通ります。
朝市が開かれていました。

093
コモディイイダ西巣鴨店前を過ぎて

095
「おばあちゃんの原宿」こと巣鴨地蔵通商店街を歩きます。
しかし、マイペースで歩けないので寄り道して食べ歩きなどが出来ないのが残念。

100
住宅街を抜けて

106
再び飛鳥山公園に戻ってゴールです。

115
カレーのルーの箱でできた熊(^^)

118
最後はハウス食品の詰め合わせをお土産に頂きます。
これが人気の秘密。
ビンゴは結構な確率で当たっていましたが私は外れ~。

126
今回のお土産

door to doorで20,299歩、13.19kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

«今日は白菜