2021年9月27日 (月)

今年の梨

0924q
千葉県は梨の産地で内陸部へ車を走らせると梨園と季節になると直売所が開いています。
今年はコロナ禍の自粛で余り遠出出来ないので梨を買いに行く機会が増えました。
直売所なので朝採り新鮮でちょっと傷あり不揃いなどの流通に乗らないアウトレット物が狙い目です(^^)
みてくれがちょっと悪いだけで味は同じく美味しいですよ。

0812m
8月中旬

幸水

0827i
8月下旬になると梨はピーク、ブドウも出てきます。
もちろんブドウもアウトレット品。

巨峰と豊水

0910i
9月上旬はブドウがピーク

巨峰・藤稔と新興

0924t
9月下旬になると直売所はそろそろ終了

巨峰と新高・白鳥

今年も色々な梨を味わえました(^^)

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス

Img_0791_20210926133401
Bunkamuraザ・ミュージアムで始まったポーラ美術館コレクション展「甘美なるフランス」に行ってきました。
箱根のポーラ美術館には行ったことはもちろんあるのですが、暫く訪れていないのでと。
しかし東京でポーラ美術館展って近すぎ、関西ならわかりますが。

ポーラ美術館は印象派のコレクションが日本最大級ということで、今回はその印象派をメインに近代までフランスで活躍した画家の作品を展示。
有名処は一通り押えられています。
合わせて描かれた時代(19~20世紀)の美しい化粧道具も展示。

絵のテーマも展示内容も女性好みに仕上がっています。
従って客層も女性がメインでした。

美しい見やすいサイズの絵が多く、癒やし系の展覧会でした。
Bunkamuraや三菱一号館にぴったりな内容。
入場は30分刻みの予約制です。

Img_0833
本日のお土産

ルノワールは良くグッズを買っているしポーラには既訪なので手持ちのグッズを前日に確認(^^;)
案の定ルノワールのクリアファイルは購入済みだったので今回はポストカードとタオルハンカチです。

グッズは通常のものと今回はスヌーピーのコラボグッズもありました。

Img_0812
ランチはブラッスリーで。
行列ができていたので予約して良かったです(汗

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

ゴッホ展

Img_0562
台風接近の雨の中、東京都美術館で始まったゴッホ展に行ってきました。
もう何度目のゴッホ展でしょう?(^^;)
フェルメール展、ゴッホ展、ルノワール展、印象派展多過ぎ。

これも30分刻みの日時予約制、画期的なのはこちらの日時指定は2度迄予約を変更できること。
台風が来たので翌日に予約変更しようとしたら既に一杯でした。人気がある様子。

オランダのクレラー=ミュラー美術館のコレクションと一部ファン・ゴッホ美術館からも来ています。
コロナ禍で現状の美術展は国内所蔵作品で手を替え品を替え回している物が殆どで、海外からの美術展は延期や中止が多い中、久々の大型展です。
料金2,000円と高めですが、納得の内容です。

メインは「夜のプロヴァンスの田舎道」、他にもゴッホの良作が多数展示。
クレラー=ミュラー美術館は「夜のカフェテラス」や「アルルのはね橋」も所蔵されていますが、これは交渉が纏まらなかったのでしょうかグッズ展開のみでした。
この2点が来ていたら鑑賞料金が3,000円くらいになりそう(^^;)

いずれにせよゴッホの油絵28点、素描・版画など20点と初期から最盛期まで大量展示。
他にもゴッホが影響を受けたと見られる印象派の作品や、ゴッホと関係は余り無いですが怖い絵でお馴染み、ルドンのキュプロクスも展示されています。
久々に充実の展覧会でした。
ゴッホの作品に惚れ込んでコレクションをしたへレーネ・クレラー=ミュラーの乗馬写真も展示されていましたが大変素敵!(^^)

ところで日時予約制の展覧会は空いていて楽々鑑賞、という印象がありますがこのゴッホ展は割と枠内に人数を入れているようでかなり混んでいました(^^;)

Img_0597
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカード

大型展らしくグッズ展開はかなり豊富。
コラボキャラはサンリオのシナモンロール。ビックリマンチョコも(^^;)
音声ガイドもそうですが、新しい層を美術鑑賞に誘う狙いなのでしょうか。
とりあえずグッズコーナーも盛況でした。

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

彼岸花

Img_0485_20210917171001
今年も彼岸花を見に行ってきました。

Img_0500
タイミング的にはあと3~4日後がピークな感じですが、台風が来るのでその前にと。

Img_0504
この辺りは一見巾着田の様に見事。
(巾着田は今年もコロナ対策で刈り取っちゃうみたいですね…)
住宅街の中にある緑地公園内ですが木陰の彼岸花の群生を手入れして広げているそうです。

Img_0525
赤一色の中に所々白や黄色のものも咲いてアクセントになっています。

Img_0516
彼岸花を満喫しました(^^)

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

免許更新

0913a
免許更新に運転免許センターに行ってきました。
前回は京都、その前は埼玉だったので海浜幕張の免許センターは15年ぶりになります。
オリパラの会場だった幕張メッセが近いので一応終了するのを待ちました。

ところで千葉県の免許センターは海浜幕張と流山の二箇所、流山は近年開設されたとのことですが何故最北端の流山?真ん中辺りの茂原にでも作った方が良かったのでは?
というのは千葉県の免許更新は警察署だと即日交付ではない(講習が後日)ので余程近所に警察署があるか時間がある人以外は免許センターで更新する事になります。
なので広い千葉県内の県民は恐らく8割方海浜幕張の免許センターに行くはず、ということでいつも混んでいます。
更に今はコロナ禍で建物内にはすぐには入れず整理券を受け取って指定の時間まで屋外で待ち数十人毎に入場という手はずに。
なので超混雑する週末は避けて雨が降っていない平日に行きましたが案の定営業開始前から人びとが詰めかけていました(^^;)

入場してしまえばサクサクと更新手続きは進み無事に新しい免許証をゲット。
運転はしないので免許証は身分証明代わり、ポイントの為マイナンバーカードは作成済みですが免許証の方が使いやすいのですよね。
マイナンバーカードは今のところ使ったことがありません。
各種行政書類も区役所が近いので直接行っているし。

それにしても何故千葉県は免許更新が不便なのか、埼玉(免許センターが僻地)は警察署で即日交付で楽だったし、京都は京都駅前に免許更新センターがあって便利でした。
免許を取った神奈川県も免許センターは僻地だったけど、即日更新できる警察署が少ないけどあるし。(人口多いから不便そうではある)

千葉県も免許更新専門のセンターを別途作るか警察署で即日交付出来るようになれば良いのにと思います。

さて、次回の免許更新はどこになるのかな~。

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

ホキ美術館「永遠の人物画展」

Img_0391
相変わらずの自粛生活継続中ですが、秋になりそろそろ…と美術館へ。
土気にあるホキ美術館です。
ご多分に漏れずこちらも事前予約制、でも1時間刻みなので気が楽です。

企画展は「永遠の人物画展」。
ホキ美術館は精密な写実絵画のコレクションで知られていますが、今回は人物画が中心の展示です。
こちらの写実絵画は写真よりも本物らしい作品揃いで、あまりにも精密でどうやって描いたのだろうと考え込んでしまう作品も多いのです。
ひたすら写実的な作品があったり、写実的であっても「絵画」であったり、アートとは絵画とは表現力とはと考えながら鑑賞します。

Img_0392_20210912145601
美術鑑賞の後は付属のレストランでランチ。
いつもながらコスパの良い美しい料理に満足です。

こちらのホキ美術館と川村美術館はもっとポピュラーになって欲しい(ある程度有名ですが場所が厳しいので多くの人が訪れる動機付けに)割引で良いのでぐるっとパスに加入して欲しいですね。

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

ワクチン二回目接種完了

ワクチン不足でやきもきしましたが、我が家は二人とも新型コロナのワクチン二回接種完了しました。

接種一回目は目立った副反応はありませんでしたが、二回目は二人ともそれなりにあり。
 夫(職域でモデルナ):接種二日後に発熱、解熱剤で翌日回復。
 私(個人病院でファイザー):接種翌日に強い倦怠感と発熱、解熱剤で当日に回復。筋肉痛は残っていますが数日で回復するでしょう。

今までワクチン接種でこんなはっきりした副反応は経験がありませんが、開発中だからか出来たてで洗練されていないのか(^^;)、ともあれこれで一安心です。

| | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

ぐるっとパス2021 総括

Img_9854
ぐるっとパス2021の総括をします。
いつもスタンプラリーのページを開いて撮っていましたが、今年度からスタンプラリーが無くなったので(コロナの影響?)右側のチケットの減り具合を視覚的に。
聞くとスタンプラリー廃止を残念がる人は多いみたいです。
押すのは面倒ですが、毎年スタンプのデザインを変える施設もあったりで私も結構楽しみにしていました。

・訪問先   39ヶ所
・累計金額 24,400円

今年も予定が狂いまくりの企画展と予約制に苦しみましたが、まぁまぁ健闘したと思います。
前半はウォーキングイベントのついでに訪れた所も多く、後半は緊急事態宣言でサドンデスになる前に行こうと頑張りました。
未訪問の対象施設はまだまだ残っていますが、時間的にも気力的にもだいたいこの辺りが限界かなぁと思います。
次回は今年度にぐるっとパス施設で気になる企画展が複数あれば購入するかも知れませんが、来年かなぁ?
ぐるっとパスの前に去年から持ち越している東京駅周辺美術館共通券の消化が課題です(^^;)
(2冊×2人分購入したのですが、企画展を選んだり出光美術館がコロナ禍で閉館しまくりでなかなか…)

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

東京都現代美術館→長谷川町子美術館→馬事公苑

Img_9598
本日のぐるっとパスは東京都現代美術館から。
こちらは都立の施設なのでオリンピック期間中は手荷物検査があります。

Img_9622
まずはぐるっとパスとは別の展示の「もしも東京」展。
完全予約制ですが無料、撮影可という有り難い展示。
1時間刻みの予約で、通常だと予約した時間以内に入場すれば退出時間は任意が多いのですが、この「もしも東京」展は予約した1時間以内が観覧可となります。

漫画家20名が描く20の東京というテーマ。
もし東京がこうだったら、という話があったり作家自身の東京の思い出だったりと色々、イラストが展示というものもありますが、ストーリーのある小作品があったりとバラエティに富んでいます。
ごく一部をご紹介。

Img_9600
まずは目的はこれ、萩尾望都の「江戸~東京300年マーチ」。
エドガーとアランがこてこての東京見物をしています。
このイラストが描かれたタイミングがわかりませんが、東京タワーが虹色だったり、歌舞伎の暫が描かれたりとTOKYO2020の開会式を予知?(^^)

他の作家さんもそうですが生原稿って美しい…。

Img_9609
浅野いにおの「TP」
変わり果てた渋谷の町での恋、当事者二人は実は…という話。
最後まで読み進めて愕然とします。

Img_9619
松井優征の「東京の脅威とギンギンの未来」
いやぁ馬鹿馬鹿しいけど確かに変形しそう(^^)
東京都は安泰ですw

Img_9641
黒田硫黄の「天狗跳梁聖橋下」
御茶ノ水の聖橋の下を天狗が舞う作品ですが、これが大きな屏風なのです。
素晴らしい描画力!

Img_9646
太田垣康男の「the next day」
アシスタントとして上京して漫画家の師と出会った作者自身の話。

Img_9667
岩本ナオの「海が見える大井町」
京都の藤森神社と伏見稲荷の若い神達が修行の為に東京へ来て恋を語らう話。

個人的にはこの作品が一番印象に残りました。
ちゃんと競馬の神である藤森神社の特性を活かしているし。
この作品、藤森神社に奉納したら喜ぶかも?それとも伏見稲荷とは「土地を返せ」というのがお約束の仲なので恋をするのは微妙かな?(^^)

他の作家の作品も見応えあって、無料なのは有り難すぎます!
お勧めです。

Img_9802
グッズはクリアファイルとポストカードを。
展示は無料でしたが、グッズは通常の二倍と高価だったので絞りました(^^;)

Img_9696
続いてぐるっとパスの対象展へ。
MOTコレクション「Journals 日々、記す」

Img_9698
タイミング的には当然?オリンピックに関係する作品が多い。
これは大きすぎて画像だとディティールが分かりにくいのですが、リオ、東京、パリのオリンピックがテーマ。

Img_9705
これはオリンピックマーク入りのマクドナルドの紙袋をカットして作った木立。凄い。

Img_9720_20210808143001
3階は特別展示マーク・マンダース「保管と展示」でした。
コロナ禍で開催期間短縮になったマーク・マンダースの作品展が、作家や所蔵者の好意で作品返却まで展示するというまさに「保管と展示」。
大きくて脆そうな作品なので保管と展示に気を遣いそう(汗

Img_9744
深川めしでランチして

Img_9750
桜新町に移動。
今年度からぐるっとパスに新規対象になった長谷川町子美術館です。
「サザエさん」で有名な長谷川町子は姉妹で美術品コレクターでそのコレクションの美術館。
美術館として本格的でビックリしました。
企画展は「深く息を吸って-緑の世界」

Img_9749
美術館鑑賞後は道路を挟んだ対面にある長谷川町子記念館。

Img_9752
サザエさんの世界が再現、紹介されています。
懐かしいですね。

Img_9762
作品のデータベースも。
企画展は「いじわるばあさん」でした。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、東京都現代美術館が500円、長谷川町子美術館が900円で計1,400円。
累計で24,400円。

桜新町に来たので駅の反対側の馬事公苑に行ってみます。
というか、本当はオリンピック観戦のついでに長谷川町子美術館に来る予定でした。

Img_9774
無観客なので馬事公苑周辺は警備の警察官とボランティアや関係者たちのみ。
ぐるっとバリケードで覆われていて内部は殆ど見えません。
一番見えたのが弦巻門から。(今も同じ名前かな)
右に見える観客席はオリ・パラ終了後に解体されるそう。

ここからオリンピック馬術観たかったな~。(未練がましい)
日本人選手の登場するジャンプオフが観られる筈だったのに…。

Img_9781
正門に回るとこちらはガードが堅くてよく見えず。

Img_9794
けやき広場には馬術のピクトグラムがあったので記念撮影しました。

無観客になったのでグリーンチャンネルで馬術競技を、観覧予定にはありませんでしたがJ:COMで近代五種(馬術が結構スリリング)をバッチリ録画出来たのは怪我の功名かな。
というか、総合馬術も障害馬術もバロン西の金メダル以来89年振りの入賞という快挙なのに和~な障害のニュースばかりで入賞のニュースをもっとして欲しい!そしてJRAは資金力で馬術を地上波放送してほしい!

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

東京都美術館→上野動物園→旧岩崎邸庭園→下町風俗資料館

Img_9152_20210725164801
本日のぐるっとパスは上野へ。
現在上野動物園は日時予約制なのですが、その予約がなかなか熾烈。
運良く予約できたので、上野動物園の予約時間に合わせて周辺のぐるっとパス施設の訪問ルートを決めます。

最初に東京都美術館です。
オリンピック期間は都立施設は手荷物検査があるそうで入館前にバッグの口を開けて見せます。
それ以前にも上野駅に着いたら大量の警察官がいてオリンピック期間中の都内は厳戒態勢ですね。

Img_9133_20210725164801
ぐるっとパスの対象展は「Walls & Bridges 壁は橋になる」。
芸術家として生きてきたという訳ではなく、様々な障害や困難の傍ら作品を積み上げてきた5人のアーチストのコラボ展です。

イタリア生まれで日本の主婦として生きてきたシルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田の作品。

Img_9113
ダム建設によって消滅する岐阜県旧徳山村と村民を還暦を過ぎて撮り続けた増山たづ子の写真達。
同じ村の住民同士ということもあって村人の自然な表情が良い。
貴重な村の思い出アルバムとなっています。

Img_9136
木こりを引退後、老人ホームで暮らす83歳から絵を描き始めて99歳で亡くなるまで風景画を描き続けた東勝吉の作品。

様々な人生と作品達に共通するのは表現への情熱、ちょっと感動しました。

Img_9138
2階の展示室ではオリンピック・パラリンピックの公式ポスター展示があったので時間調整がてら鑑賞。

Img_9151
予約時間になったので上野動物園へ。
30分刻みの予約制です。
しかし先にも述べましたが、予約がかなり熾烈(^^;)

Img_9153_20210725164801
その分便利なこともあって、パンダ舎は入場して1回目は並ばずにすぐに見学できます。
シャンシャンが元気に動き回っていました。(密を避けるため?パンダは撮影不可)

Img_9180
早い時間だからか真夏でも動物たちは活動的でした。
水浴びするトラ。

Img_9221_20210725164801
仲良く遊ぶホッキョクグマ。

Img_9254_20210725164801
西園に新設されたパンダのもりは双子の子育て中の為閉鎖中。
来年は入って双子パンダ見ることができるかな?

Img_9272
動かない鳥で知られるハシビロコウはせっせと動いていました(^^)

Img_9291
上野動物園にいる間に次の旧岩崎邸庭園の日時予約を取ります。
こちらも30分刻みの予約制ですが、比較的余裕で当日でも可。

Img_9293
先に敷地内にある国立近代建築資料館の「丹下健三 戦前からオリンピック・万博まで」を鑑賞。
代々木競技場を始めとする数々の有名建築の設計図と模型・写真を展示。

Img_9301
続いて旧岩崎邸へ。
庭園は往時の姿に復元するための工事中で芝が剥がされています。
完成は令和4年1月だそう。
そういえばこちらは旧岩崎邸庭園という名ですが今のところ主役は旧岩崎邸ですね。

Img_9308
和館で冷たい甘味で一息。

Img_9314
不忍池の反対側に行って下町風俗資料館です。

Img_9317
2階の企画展示は「スポーツを楽しむ!昭和30年代の出来事とともに」。
聖火ランナーとして登場したあの方たちの全盛期も。

Img_9322
もちろん1964年のオリンピック展示も。
地元台東区の当時の聖火リレーの様子も紹介されていました。
1964年のオリンピックデザインは完璧ですね~。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、東京都美術館が800円、上野動物園が600円、旧岩崎邸庭園が400円、下町風俗資料館が300円の合計2,100円。累計で23,000円です。

| | コメント (0)

«残念無念