2020年6月27日 (土)

大賀蓮

Img_7352
千葉公園の大賀蓮が最盛期ということで行ってみました。
大賀蓮というのは千葉市内の2,000年前の地層から発掘された蓮の種から育った古代蓮で、発掘栽培を指導した大賀博士の名がつけられています。

Img_7363
古代ロマンあふれる大賀蓮は日本中に寄贈されて育っていますが、発祥の地千葉市の花となっていて千葉公園では大規模に育てられています。
エピソードも姿も魅力的。

Img_7384
多くの人が訪れていましたが、元々蓮池は一方通行な上マスク着用にソーシャルディスタンスが保たれていました。

Img_7378
色々な場所に住んだり訪れたりしましたが、各地で大賀蓮を見る事ができるので嬉しくなります。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

浜辺のコアジサシ

Img_7097 
散策がてら市内の浜辺へ。
週末とあって多くの家族連れが訪れています。
磯遊びや我々と同じく散策組や

Img_7212 
海上はウインドサーフィンで賑わっています。
近年はより手軽なSUPも多いですね。

Img_7112
この浜辺には千葉市の鳥であるコアジサシのコロニーがあります。
ただいま集団営巣真っ最中。

Img_7128
こんな感じであちらこちらで砂の上に直に営巣しています。
保護のかいあって今年は300組位が営巣しているとか。

Img_7155
保護色なので見づらいのですが、親鳥の間と右端に雛がいます。

Img_7239 
雛だけでいるのも。
巣立ちも間近いです。

Img_7163
その様子を撮ろうと多くのカメラマンが訪れています。

Img_7225
青い空に気持ちよさそうにコアジサシの群れが飛んでいました。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

Img_7030
コロナのお陰で延び延びになっていた「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が遂に開幕しました。
準備が完了されたまま展示室で3ヶ月開幕を待っていたのですねぇ。
我が家は12月に前売りを購入したので半年以上待っていました。

Img_7034
開幕4日間は前売り券、招待券、無料鑑賞者のみが鑑賞できます。
人場制限のためにネットかファミマで購入する日時予約制(30分刻みで週末は即完売らしい)、開幕4日間のみは現地で先着順で15分刻みの入場整理券を渡されます。
一日の入場者数に達したところで終了するのでなるべく早い時間に行かなくてはなりません。

Img_7037
雨の日の平日で夜間開館日なので大丈夫だろうと現地に10時着、で2時間半後の整理券をゲット。
15分刻みの指定時間に遅れると入場できないので結構シビア。
2時間半時間を潰します。

Img_7044
建物内には入れるので先に常設展やグッズショップを見てもOK。
因みに入館時に検温されます。

Img_7065
ロセッティの新収蔵品も展示されていました。

Img_7052
ミニ企画展示は「内藤コレクション展Ⅱ中世からルネサンスの写本」。
去年の秋の「内藤コレクション展ゴシック写本の小宇宙」に続いての展示です。

Img_7057
15世紀ごろの色鮮やかな写本の数々が展示されていました。

Img_7070
指定時間になりいよいよ「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に入場します。
これだけ纏まった数の貸し出しは初めてとか。

展示数は61点と多くは無いのですが、大きな作品が多くまた名作の数々が揃っています。
フェルメールの中では余り評価が良くは無いとはいえ「ヴァージナルの前に座る若い女性」もOne of themでさらっと展示。
メインのゴッホのひまわりは、絵の具をベッタリと置くタッチも生々しく美しい。
クリヴェッリの「聖エミディウスを伴う受胎告知」は大きな作品で色合いも豪華で大迫力。
他にも有名作品が揃っていましたが、個人的にはアングルの「アンジェリカを救うルッジェーロ」を見る事ができて満足でした。

Img_7090 
今回のお土産

お決まりのクリアファイルにポストカード、ひまわりのタオルハンカチ。
大判ポストカードは購入しませんでしたが、額はちょうど好みのがあったので購入。

今回グッズに力が入っていてコラボはすみっコぐらし、ひまわりグッズも揃っていて充実していました。
開催できて本当に良かったですね。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

神田日勝展

Img_6859 
再開したばかりの東京ステーションギャラリーに「神田日勝展」を見に行ってきました。
本来は4月18日~6月28日の会期ででしたが、コロナの影響で6月2日から6月28日と会期が短縮に、でも開催されて本当に良かったです。
再開した他の多くの美術館と同じように東京ステーションギャラリーも混雑を避けるために日時指定入場券を買う必要がありますが、東京駅周辺共通券だとその必要は無くいつでも入場できるので何気に楽でした。

神田日勝は北海道で開拓農民として生活しながら独学で絵を描き続けた人で、昨年のNHKの朝ドラ「なつぞら」で山田天陽のモデルになったと言われる人です。

厳しい開拓生活を送りながら身の回りの物を描き続け、既に高校生の頃から独自のタッチが完成していた天才ですが、作品が認められる前に過労で32歳という若さで亡くなってしまいました。
あと10年生きていればもっと楽に絵が描けたのではないか、もっと救われたのではないか、と日勝の苦闘の課程を見ると残念に思います。
しかしながら後生に広く評価されている作品は、世に認められようと変化を試みた作品群では無く、日勝独自のタッチの作品たちなのです。

プロレタリアートな作品群も見応えがありますが、とにもかくにも印象的なのは日勝が飼っていた農耕馬の絵たち。
絶筆といわれるのも「馬」で馬の姿が半分だけ描かれている有名な作品です。
この「馬」で彼の描き方が独特なのがよくわかり、通常油絵を描く時は全体のバランスを見ながら描き込んで行くと思うのですが、日勝はベニヤ板に鉛筆で迷い無く一気に下描きのラインを引き、順に頭から完成させて行くというスタイルでとても独特です。
そして、馬の絵がとても多いので実は馬好きにもお勧めの展覧会では無いかと思いました。

Img_6878
お土産はクリアファイルのみ、実は右の広告の柳月の展覧会コラボのビスキュイかあんバタサンも狙っていたのですが、展覧会が始まって4日目の午前だというのに既に売り切れ欠品!無念です…(^^;)
何故か「馬の絵の描き方」とか馬の書籍も何種類かありました。

Img_6862
ステーションギャラリーは程ほどに人が入っていましたが、外に出ると東京駅前も丸の内も平日日中だというのにほとんど人が歩いていません。
こんな東京駅は初めて見ました。
東京駅近辺は大企業の本社ばかりなのでテレワーク率が高いのでしょう。

Img_6870 
ガラガラの東京駅でランチを頂いて帰宅。
オフィス街にも人影少なく、旅行者もいなくてこんな事態が続いたら、家賃の高い東京駅のレストランやショップがどうなるか心配になってしまいました。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

駅ハイBINGO!2020 当選

0603c_20200603143101
ピンポーンと宅配便が届いて「届く予定の荷物はないし、お中元には早いなあ」と思って受け取ったらJR東日本駅からハイキングの「駅ハイBINGO!2020」の商品でした!

駅ハイBINGO!は毎年1月~3月の対象となるコースを歩くと一個づつスタンプが押せて、参加すればするほどBINGOの確率が高くなる物です。
我が家は例年集めていませんでしたが、今年は1月最初のコースから行けそうだったので積極的に集めて早々にBINGOを達成、2月の時点で3列BINGOに。(遠目のコースに参加するとBINGOが達成しやすくなります)
新型コロナの影響で2月下旬から駅ハイが軒並み中止となり、3列達成した方は少なかっただろうと予想していたので実はちょっと期待していました。

3列BINGOの商品は10名当選で岩手のくずまきワイン2本セットでした(^^)
これからも頑張って駅ハイに参加しますので早く復活開催してくださーい!

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

首都圏の緊急事態宣言が解除

Img_6637
漸く首都圏の緊急事態宣言が解除されました。
とはいうものの特に生活が大きく変ることも無く自粛は継続。
でも今週は、我慢の限界になっていた美容院に久しぶりに行ったり、宣言解除で庭園部分のみ公開が復活した近場の植物園にウォーキングがてら徒歩で行ってきました。

一年で一番華やかな初夏の花やバラは一週間程ピークが過ぎていましたがまだまだ綺麗。
久しぶりに(近所ですが)観光気分を味わえました。

Img_6624
◇各種イベントの中止
緊急事態宣言が解除にはなったものの、各種のイベント関係は中止、延期が決定。
ウォーキングイベントも6月一杯までは全て中止が決定。
夏場は元々殆ど無いので事実上秋までウォーキングイベントは開催されないと言うことになります。

美術展関係もコロナとオリンピック延期もあって展覧会の中止、延期が続々と発表されました。
その中でも国立西洋美術館で展示準備がされたまま開幕されずに会期末を迎えそうになった「ロンドン・ナショナルギャラリー展」は開催期間が変更になって開幕日は未定のままではありますが、秋(10月18日)までの会期に。これなら見られそう。

個人的に他に手持ちがあって気になっているのは東京駅周辺美術館共通券の対象施設。
東京ステーションギャラリーは来週からの再開が決まりましたが、三井記念美術館はオリンピック関係の展覧会を開催延期して7月1日から再開予定、アーティゾン美術館はモネ展を来年に延期して再開未定、三菱一号館美術館も再開未定。
以上の美術館は再開未定でも何とか見られそうな希望がありますが、出光美術館に至っては共通券の対象展覧会が三展全て開催中止になりました。
これはいくら何でも救済措置があるのでは?と思うのですが、出光美術館には問い合わせ用メールが公開されていないので今のところアナウンス待ちです。

当面はウォーキングイベントも未定、ぐるっとパス2020も発売未定、各種美術展も開催未定な物が多く、我が家の二大余暇のウォーキングと美術館めぐりの予定が立たない今年は、再開しつつある庭園系をめぐりながら開催決定の展覧会をボチボチ拾いつつ新しい生活様式とやらを練る必要がありそうです。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

自粛は続くよ

Img_6150
そろそろ緊急事態宣言が解除された地域が多いのですが、こちら千葉はまだ続くようです。
県内の新規感染者も入院中の患者も減ってきたのですが、東京の隣という地域柄、東京と一蓮托生の様子。

緑が濃くなって花も咲き、一年で一番自然が華やかなシーズンで勿体ない、というか各種バラ園や植物園なども一番の稼ぎ時に閉園継続しなくてなはらないのは経営は大丈夫なのかと心配になります。
せめてもと公園の花を散歩中に楽しんでいます。

自粛生活の中でも自宅の周辺の散策と発見は続いていて、新しいコースを見つけるとこんな生活も無駄ではなかったかなと。

Img_6276 
◇父の転院
入院中の実家の父の転院が新型コロナの影響で難航していましたが、感染者の減少に寄ってか転院先の新規入院受け入れも再開された様で3ヶ月ルールギリギリで無事に決まりました。

転院先も同じ神奈川県内の病院で、まずは実家に行き母と合流してから病院へ向かい退院手続きを取り入院費の精算、病院が手配した介護タクシーに乗り込みます。
そこで父と3ヶ月振りに対面、新型コロナの影響で今全国の病院の多くでお見舞い禁止になっていて私たち家族もずっと父に会う事ができませんでした。
介護タクシーで転院先の病院に到着したら、入院手続き、病院薬局に手続き、主治医と面談、父を新しい病室へ移動、医療相談員との面談、病院経理との面談と手続き…と全てを終わらせてから実家に母を送り届けた上で千葉の自宅へ(^^;)

肉体的にも精神的にもハードな一日でしたが、新型コロナの影響で千葉から実家への往復の電車共座ることが出来たのは幸いでした。
(因みに両方の病院とも入り口で検温されましたが、値が随分違っていたのはきっと時間差があったからと思うことにします(^^;))

転院先の病院は綺麗で快適そうな環境でこちらは3ヶ月ルールは適用されないそうで一安心ですが、もちろんまだまだ新型コロナのお陰で面会禁止。
これが早く解除されて自由にお見舞いが出来るようになればと。
とにもかくにも新型コロナが落ち着くのを願うしかないですね。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

ゴールデン・ウィークは例年通り?

Img_5954
ゴールデン・ウィークに突入しましたが、今年は例年とは違って自粛ウィークとなりました。
しかし我が家のゴールデン・ウィークは例年通り(?)、特に連休も無く淡々と週休2日なだけですので普段通りとも言えます。
それでも外出は散歩と週に一度の買物のみで遠出が無いのが違いますが…。

画像はご近所散歩をするようになって存在を初めて知った家から徒歩圏の小さな森。
宅地に向かない傾斜地の森が公園として保存されています。
馬に乗って外乗したくなるような森です。

Img_5980
◇県外ナンバー
自粛生活が続く中、観光地を訪れる県外ナンバーの車に厳しい目が向けられると聞きます。
転勤族の我が家の車はもちろん?県外ナンバー。
本来は転居すると車のナンバーもご当地に変更するものですが、手間もお金もかかるし変えても数年で転居するのでいつも新車登録のままになっています。

ということで先代の車は千葉のナンバーでご当地ナンバーだったのは1年8ヶ月、以後は岡山、神奈川、埼玉と8年弱の県外ナンバー、今の車に至ってはご当地ナンバーだったのはたったの2ヶ月(^^;)、埼玉のナンバーで京都、千葉と移り住んでおります。
関東のナンバーで西日本に住んでいると非常に悪目立ちしてしまうので、近所の観光地に行っても「あんな遠くから来てる」と指さされたり。

今はナンバーの近隣県ですが、こんなご時世なので県外ナンバーの車だと例え公園でも駐車が躊躇われます。
まぁ今では公園の駐車場はほぼ閉鎖されているので車で行くこともないのですが…。
そういうこともあって散歩の場所は自宅から徒歩圏に限っています。

◇買物
我が家は基本は宅配生協と近所のスーパーで買物をしています。
外出自粛や巣ごもり生活になって世間全体が自宅での飲食が増え、生活圏のスーパーは普段とは違う客が増えたり買物が集中したり。
宅配生協も当初はせいぜいマスクが抽選や欠品になっている程度でしたが、徐々に巣ごもり生活の影響が現れて注文が増加、更に生協会員が増えたそうで注文数が急増、徐々に欠品が増えて今週来た欠品報告メールでは全体で300品以上の欠品に。

こうなってしまうと注文したものが当てになりません。
保険として少し余分に注文するようになるので、結果として益々注文集中による欠品が増えるという…。
仕方が無いのでスーパーでの買物が増えていくのですが、回り回って流通が乱れますよねぇ。
恐らく生協側も品数を絞ったりしてコントロールするようになるのではと予想しますが、現状注文が当てにならないのはちょっと困りますね。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

近況

Img_5797  
ご無沙汰しております。
このブログは元はペット(ハムスター→ウサギ)の飼育ブログで今はお出かけ記録の日記となっていますが、昨今は新型コロナによる外出自粛の日々が続いており記録するネタもないのでブログをお休みしていたのですが、状況は良くなるどころか悪化の一途(^^;)
記録するような外出がいつあるかわからなくなってきましたので、時折近況をUPすることにしました。

◇ウォーキング
参加していた鉄道系ウォーキングは2月末頃から中止の嵐、細々開催予定されていたものも4月7日の緊急事態宣言を境に全く無くなりました。
ということで今は週に2日ほど地図を見て目的地を決めて自宅から歩く自主ウォーキングをしています。
自宅の周りに今まで知らなかった場所や新しい発見があったりと思わぬ効果がありますが、欠点はついつい最短距離で目的地に歩いてしまう事。ここいらへんは色々調べて工夫をしたいと思っています。

◇観光
これは暫く(いつまででしょう?)お預けですね~。
季節が良くなって花が綺麗なのに残念。
お城訪問も花の時期に合わせていくつか計画していたのですが無念、連休も何回もあったのですが致し方ありません。
お城も花も無くならないので自分の体調を整えていつかの機会に備えたいと思います。

0419a
◇前売りチケット
新型コロナの影響で美術展も開催延期や中止の嵐。

最初に影響があったのは3月3日~6月14日のロンドン・ナショナルギャラリー展、これは開催延期になり期間限定チケットは全期間鑑賞可能に救済されましたが、未だ開催が未定。
西洋美術館では作品がスタンバっていると思われますが、厳しいかも…。

次は去年の12月に最速チケットを購入した4月16日~7月5日のボストン美術館展、こちらは残念ながら作品自体がコロナの影響で輸送の目途が立たず開催中止に(--;)
チケットは購入場所で払い戻しになりました。
幸いなのは自宅近くのコンビニで前売り券を購入だったこと。
現地の東京都美術館や出先で購入だったら交通費がかかるし、ヤフオクやチケットショップ(よく買います)で購入だと大概招待券なので払い戻し不可になってしまうので、そこは今回はセーフでした。

そしてオリンピック、マイナー競技だから楽勝でしょと思った1度目で見事落選、2度目の敗者復活もかすりもせず、3度目の正直でやっと手に入れた入魂のチケット(障害馬術3日分)、恐らく一生に一度のオリンピック観戦チャンスがパーになってしまうのか!と危ぶみましたが今のところ一年延期。
チケットの権利もそのまま保持、ということで安堵しましたが現状では一年延期程度で大丈夫なのでしょうか、まぁなるようにしかならないですね(^^;)

◇父の入院
実家の父(89歳)が2月に体調を崩して入院(コロナではありません;)、回復したので転院することになったのですがこのコロナ騒動で難航しております。
両親の住む神奈川県も新型コロナ感染者が激増して患者家族の見舞いも不可(容体を聞きに病院には訪問)、いったんは決まった転院先も県内の感染者の増加からか新規の入院を当面停止することに。
家族としては今の病院のままが都合が良いのですが、3ヶ月という期限もあるのでどうなることやら…。
思うように移動がし辛くなってきた中で母(78歳)のフォローなど出来ることをしたいと思っています。

そんなこんなで気持ちは落ち着かないながらも動きの少ない生活を送っておりますが、時折日常をUPしたいと思っております。
皆様もどうかご自愛ください。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

千葉市動物公園

Img_5776 
連休ですが近場で気張らしシリーズ。
本日は千葉市動物公園です。
やはり同じような考えの方が多いのでしょう、駐車場は早い時間から埋まっていました。

Img_5789
千葉市動物公園は15年前に直立するレッサーパンダの風太で一世を風靡(?)しました。

Img_5786
風太は今でもいます(^^)
おじいさんなので寝ている時間が増えたそう。

Img_5806_20200322141001
小動物展示も多いのですが

Img_5793
ライオンやゾウ、キリンもいます。
一種類につき頭数を絞っているのでゆったりした飼育環境ですね。

Img_5850
また、千葉市動物公園にはハシビロコウもいます。
いつも上野動物園に行っているので個人的にはレア感が無いのですが、ハシビロコウを飼育している施設は国内でも少ない(全国で8施設)ようですね。
因みに動かない鳥で有名ですが、このハシビロコウはむちゃくちゃ動いていて撮るのが難しかったです(^^;)

Img_5857
人に興味津々なアシカ

Img_5882
草原ゾーンは色々な動物をゆったり展示。

Img_5874
桜やコブシの花が開花。

Img_5890
園内のあちこちでピクニックの家族連れが

Img_5933
手ぶらでBBQのコーナーがあったのでBBQでお昼に。
何も用意しなくていいので手軽で良いですね。
食材持ち込みも可のようです。

Img_5959
最後はふれあい動物の里コーナへ。
ここは大人気、餌やり体験やふれ合い体験ができます。

Img_5955
馬やポニーも一杯いました。
立派な厩舎もあってびっくり。

Img_5963
定番の引き馬もありますが、こちらは馬が大き目(ポニーもあり)なのが特徴ですね。

Img_5970
ウサギもいっぱい。

Img_5989
アルパカもいました。

身近な動物園でのんびり休日を楽しみました。

| | コメント (0)

«三陽メディアフラワーミュージアム