« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

群馬~長野温泉ツアー 二日目

Img_2874_2 二日目も早起きして、朝食前に「極楽の湯」と「長寿の湯」をはしご。

そう思う人は多いのか、早朝から結構な人でした。

朝食後は腹ごなしに硫黄の臭いの漂う源泉地帯を散歩。

日進館はなかなかサービス精神の旺盛なお宿でした。

が、何よりお湯が素晴らしかったです!

Img_2903_2 志賀草津高原ルートを通って長野県側へ。

この季節でも雪渓があちこちに残っていて涼しい。

Img_2913_2 絶景ポイントは続きますが、中でも日本国道最高地点というところはビューポイント。

でも風が寒い!

Img_2980_3 【田ノ原湿原】

深呼吸をしながら散策。

レンゲツツジとワタスゲが綺麗でした。

Img_2958_2 食虫植物のモウセンゴケ。

周辺にはこの他にもたくさん湿原がありました。

Img_3048_2 【蓮池】

志賀高原の中心部にありアップダウンも無く気軽に散策できますが、ちょっと整備されすぎなのが気になるかなぁ。

志賀高原は見所が沢山あって今回は道沿いにかいつまんで観光しました。

次はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに載って外国人観光客が増えているという地獄谷温泉へ。

渋温泉を抜けて林道を登り有料駐車場に車を停めて更に徒歩で15分ほど登ると地獄谷温泉があります。秘境感たっぷり!

Img_3073_3 【地獄谷温泉 後楽館】

猿が来る宿で有名です。

Img_3091_2 日帰りは木造が風情のある内湯と天然記念物の噴泉が見える露天です。

猿が至近距離をウロウロ~。

運が良ければ(?)冬はお猿と混浴できるそうですw

熱いさっぱりとしたお湯は茶色い湯の花が舞っていました。

入湯料:500円

ロッカー:無し

ドライヤー:無し

備考:源泉かけ流し、シャンプー&リンス、ボディソープ完備、ケロリン

Img_3130_3 温泉でふかした名物のちまきで寛ぎます。

Img_3152_3 一息ついた後は更に登って地獄谷野猿公苑へ。

途中の道から見ると後楽館はこんな感じ。

露天は丸見えで観光客がいる時間は男子でもキツいかも?

夫はサクッと入っていましたが(^^;)

Img_3174_2 【地獄谷野猿公苑】

有名な猿の入る温泉があります。

こちらは猿専用。

人を全く恐れず思い思いに寛いでいます。

猿って見飽きないですね~。

Img_3193_2 この日はニホンカモシカも三頭斜面に現れました。

ニホンカモシカを見たのは初めてだったので感激!

周囲のカメラファンはバズーカの様なレンズで狙っていました(^^;)

こんなに不便な場所なのに意外と観光客が訪れていてちょっとびっくり。

Img_3311_2 次は高速で100km移動して松本へ。

【松本城】

現存十二天守閣の内の一つ。

門や櫓はあまり残っていませんが、山々を背景に建つ天守閣は無骨ながらも素晴らしい!

Img_3259_2 現存天守閣の醍醐味(?)急な階段は松本城の場合は一味違います。

狭くて急な上に天井も際どくて更に観光客も多いし。

しかし、お城は素晴らしいしお庭も美しく見ごたえがあって、わざわざ松本まで見に来たかいがありました(^^)

Img_3318_2 早めの夕食は老舗の「女鳥羽そば」で。

Img_3327_2 【浅間温泉 枇杷の湯】

松本城からそう遠くない浅間温泉にある松本城主の湯殿御殿があったという謂れのある温泉施設。

建物と庭園に風格があります。

人気があって駐車場待ちまで起きる程。

Img_3349_2 湯殿は本館と離れの二箇所あって一旦着衣して移動します。

良い雰囲気で寛げました♪

入湯料:800円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(無料)

備考:シャンプー&リンス、ボディーソープ完備

Img_3358_3 帰路は関越で少々渋滞に巻き込まれて3時間位。

温泉三昧で硫黄の臭いが身体に染み込みました(笑)

本日のお土産

・ちちやの温泉饅頭

・わさび漬

・のざわな漬

| | コメント (2)

2009年6月27日 (土)

群馬~長野温泉ツアー 一日目

週末はまずまずのお天気らしいので、乗馬!と思いましたが、こんな時に夫がじん帯を痛めてしまって暫く馬はお預けorz

ということで、治療?も兼ねて群馬~長野温泉ツアーに行って来ました。

しかし、いつもの事ながら決めたのが金曜日の帰宅後、せめて一日前に言ってくれれば入念に下調べができるのにー。でも今はネットで宿が取れるから便利です。

Img_2533 いつものように早朝に出発、渋川伊香保ICまでは関越もスイスイで楽勝です。

ICを降りた所の中央分離帯のアナベルが満開!

「脇見運転防止」の看板があるけど、アナベルを見て脇見しちゃうじゃん…(^^;)

Img_2550 ICを降りてからが長くて下道を延々2時間、漸く一浴目の温泉に到着です。

因みにいつもこの手の温泉は夫のみ、神経質な私は野天に入る度胸はありませーん!

【尻焼温泉 露天風呂】

温泉の沸く川をせき止めて天然の露天風呂にしています。

…が、特に掃除もしていないようですし本当に川!水着に浮き輪のファミリーも来るし温水プール状態かな。

温泉の中でカジカガエルとおたまじゃくしも泳いでいますw

川岸に小さな露天風呂も造ってあってこちらは水着不可。

入湯料:無料

ロッカー:無し

カラン:無し

備考:源泉かけながし、カラン・石鹸類無し

Img_2603 【野反湖】

温泉の後、更に高度を上げて県境にある野反湖へ。

実は人造ダム湖なのですが、綺麗な所で観光バスも来ていました。

Img_2586_2 岸辺にはレンゲツツジが満開!

Img_2643_2 ガレ場ではコマクサも満開でした。

Img_2685_2 お次は草津温泉へ。

草津はまたゆっくり来たいので今回はサラッと観光。

Img_2699【白旗の湯】

湯畑の前にある無料の共同浴場。

観光客に大人気!それでいて地元常連さんも親切です。

無料でこんな綺麗な浴場があるのは太っ腹ですね~。

熱目のお湯はやや白濁です。

入湯料:無料

ロッカー:無し

ドライヤー:無し

備考:源泉かけながし、カラン無し、石鹸類無し

Img_2695 お昼はお店を調べていなかったので、湯畑の前にあったお店「一乃澤」で。

ぶっかけうどんとざるそば。

Img_2718 西の河原へ、源泉があちこちに沸いています。

こういうところの観光は暑い時期はちょっと辛い(^^;)

Img_2712 【西の河原露天風呂】

西の河原公園の最奥にある有名な露天風呂。

文字通り滝のように注がれる源泉はツルスベ。

広くて開放感たっぷりな浴槽は日当たりが良いからかコケが気になる…(^^;)それもあって水はやや緑がかって見えます。

入湯料:500円

ロッカー:有り(100円)

ドライヤー:無し

備考:源泉かけながし、カラン無し、石鹸類無し

Img_2757 【湯釜】

草津温泉から白根山へと向かいます。

レストハウスの駐車場へ車を停めて登るのですが、以前の遊歩道は閉鎖されていて、キツイ階段の坂を登ります~ゼイゼイ。

世界で一番酸性度の高い火山湖だそうで不思議な色をしています。

水の中に落ちたら溶けてしまうそうな…。

Img_2783_2 【弓池公園湿原】

レストハウスの対岸に小さな湿原があります。

ワタスゲが盛り。

Img_2801 赤い花をつけた松の群落がありました。

Img_2768_2 レストハウス駐車場を歩いていたカルガモ。

対岸の湿原の住民のようですが、どうして飛ばずに歩くんでしょう?

Img_2819 とりあえず、観光地名物ソフトクリームチェック。

白根山はぶどうソフトでした。

Img_2844 今夜の宿は万座温泉です。

玄関ではウサギの親子が飼われていました。

放し飼いだけど逃げないものなんですねぇ。

急遽取った宿ですが、何と言っても温泉が素晴らしいです!

食事がバイキングなのも偏食の私にはありがたい。

Img_2832 【万座温泉 日進館】

風呂は広い館内の三箇所にあって露天風呂のみの「極楽の湯」、メインの「長寿の湯」、宿の最上部に新しく出来た内湯のみの「万天の湯」があります。

敷地が広すぎて一気に温泉めぐりをしようとするとかなりきついのですが、食事を挟んだりして素晴らしいお湯を堪能。

お湯は白濁の酸性湯(すっぱい!)それぞれの風呂も風情があって素晴らしい温泉でした。ボディーソープ類も無添加の自然志向です。

入湯料:宿泊者は勿論無料、日帰りなら1,000円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:「極楽の湯」以外有り(無料)

備考:源泉かけながし、シャンプー&リンス、ボディーソープ完備(ミヨシ油脂)

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

無事に育てよ~

出先の駅前ロータリーにある噴水池にカルガモの親子が住み着いているのに気がついたのは先月の事。

0528_3 camera2009年5月28日

母鴨が10羽位の雛を連れていました。

素朴な疑問ですが、どこで営巣・抱卵していたんでしょ?

普通にバスやタクシーが並んでいる駅前です。

0613 camera2009年6月13日

約半月後、雛は4羽に減っていました…。

何でもカラスに次々攫われてしまったとか。

この時も近くの電線の上からカラスが狙っていて、母鴨は警戒しています。

0625c camera2009年6月25日

そして今日。

雛達はあれから減る事無く4羽共すっかり大きくなりました!

母鴨も離れた所で寛いでいます。

ここまで大きくなればカラスは大丈夫でしょう。

この池はカルガモ親子のお蔭でいつも人が集まっています。

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

クーラーの季節

0624a 梅雨となると気温が大したことがなくても湿度が高いーsweat01

湿気に弱いぴいたの為に今年もクーラーが活躍する季節になりました。

うさぎの適温は人間にはちょっと寒いです(^^;)

| | コメント (2)

2009年6月20日 (土)

あぁユネスコ村

かつて日本のユネスコ加入を記念して出来たユネスコ村という世界の建物を集めたテーマパークがありました。

遠足で訪れた人も多いでしょう。

時は流れて今は季節営業の「ゆり園」と「狭山不動尊」のみが残っています。

Img_2053_3 【ゆり園】

ユリの開花期間のみの季節営業ですが、首都圏でこれ程のゆり園は他に無いでしょう。

Img_1962 丘陵地である元の地形を生かして、ユリの姿を上から見たり下から見たりできます。

というのは早咲きのスカシユリは上から見るのに適し、遅咲きのハイブリッド系は下から見るのに適しているからです。

Img_2048 今はスカシユリの見ごろでした。

オリエンタル系はこれから7月中旬までが見ごろとのこと。

Img_2020 お昼はゆり根のてんぷらとそばのセット。

揚げたてのゆり根はほくほく甘くて美味。

次はお隣にある同じくユネスコ村遺産である「狭山不動尊」へ。

Img_2084 【狭山不動尊】

ユネスコ村に西武によって建てられたお寺ですが、実は芝増上寺にあった徳川家霊廟から戦災で焼け残った文化財などが移されて保護されたものです。

画像は山門になっている台徳院(徳川二代将軍秀忠)霊廟勅額門(国重文)

額は後水尾天皇(秀忠の娘婿にあたる)の筆によるそうです。

Img_2112 これも同じく増上寺から移された崇源院(秀忠正室)霊廟丁子門(国重文)

Img_2134 お堂は寄贈された羅漢堂ですが、周囲に配置された唐金灯篭はやはり増上寺の徳川家霊廟に全国の大名から競って献納されたもの。

この一角は非公開だからか草ぼうぼう…。

保護の為に集められた文化財で形成されていますし、もう少しメンテを真面目にやって(^^;)同じく文化財を集めた横浜三渓園のように花の名所っぽくすれば場所も悪くないし、もっといいのでは?と思うのですが国指定重文の高札もどこにも立てていないしやる気が感じられないなぁ。

徳川家霊廟が残っていれば世界遺産級だったというし、2011年の大河ドラマの主人公は崇源院であるお江に決まった事からいってもここも注目されると思うのですが…。

一応季節の花は咲きますし、春は桜とツツジの名所ではあるのですけど、メンテがね。

Img_2187 【山口観音】

狭山不動尊のお隣にあってユネスコ村よりはるか以前からある由緒あるお寺です。しかし…(^^;)

迎えてくれる新田義貞公霊馬。

先日新田荘を訪れましたがhttp://riders.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-9f58.html

新田義貞の鎌倉攻めに従い余生をここで送ったと言う馬の像で

「私は新田義貞公の霊馬です。新田公の御供を仕り、鎌倉入りをして忠誠を尽くしました。(中略)私を参拝する人に勝運と商売繁盛を授けます。」と語ってくれます。

勝運はともかく、商売繁盛は?(^^;)と思いますが、人参と新鮮な水が供えられていて数ある神馬(お寺だから霊馬だけど)の像を見ましたが、この霊馬の待遇は抜群です。

お堂の中には絵馬はもちろん馬の彫刻があって嬉しい♪

Img_2210 本堂には何故かチベット仏教のマニ車が108個あって「プレイグベル」と説明が…プレイングベルですよね(^^;)

真言宗のお寺なんですがマニ車ってあり?

一応108個クルクル回してきました(^ー^)

Img_2226 境内には龍が何体ものたくっていて中華な雰囲気も漂います。

多国籍な仏教寺院といえば良く聞こえるかも?

こちらにも徳川霊廟にあった石灯篭が何基かありました。

ユニークなお寺ですが、割と人が来ていますし観光地として「るるぶ」にも載っていますw

Img_2412_2ちょっと移動して

【高幡不動】

都内有数の紫陽花の名所です。

新撰組の土方歳三の菩提寺だそうで顕彰碑もあります。

あじさい祭りの期間で境内に屋台も出て沢山の人が訪れていました。

Img_2302 境内には中世高幡城址があり、その周りを囲むように八十八ヶ所巡りをするようになっており、そこに紫陽花の花が沢山植えられています。

Img_2317 これが結構なアップダウンの連続、紫陽花の花に励まされ無ければ一通り見て回るのは無理(^^;)

中盤からはオリエンテーリングの気分になって、良い運動になりました。

こちらの紫陽花は状態も良くてとても美しいです。

Img_2431 一汗かいた後は当然温泉です。

【村山温泉 かたくりの湯】

公共の温泉施設でデザインは円がテーマになっているようです。

プールも併設されていて料金に含まれているので泳ぐ人にはお得。

入湯料:800円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(無料)

備考:石鹸、リンスインシャンプー、ボディーソープ有り

Img_2437 夕食は焼肉、チェーン店ですが、ヘルシーな感じでした。

Img_2443 本日のお土産

・高幡まんじゅう

・歳三まんじゅう(土方歳三の人形焼)

・護摩煎餅(普通の胡麻煎餅ですがアイディア商品ですねー)

・紫陽花煎餅(あじさい祭り期間限定)

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

成長?

0617c 大根葉を久し振りにあげました。

昔はびびっていたのにもう大根葉では怖がらなくなりました。

(怖がらせる目的で入れたわけではありませーんっ(^^;))

これは成長というべきか?ズブくなったのか?

| | コメント (6)

2009年6月13日 (土)

菖蒲巡り

Img_1641 菖蒲が見ごろとなったので菖蒲巡りツアーをしてきました。

最初は東村山にある菖蒲園。

【北山公園】

八国山を背景にした菖蒲園で無料解放だからか?地元が盛り上げているからか?凄い人出でした。

丁度菖蒲祭りを開催中で、屋台も沢山、人力車も来てるしお琴の演奏もありました。

Img_1657 梅雨時らしく蒸し暑かったのですが、菖蒲がピークで綺麗でした。

Img_1704 例によって屋台で買い食い。

このあたりも名物はうどんと団子の様でした。

Img_1742 菖蒲園の入り口でアンケートに答えたら貰った2016年オリンピックの東京誘致グッズ。

手ぬぐいとハーブの種まきセットです。

手ぬぐいは東村山市オリジナルでした。

こんな所でも誘致活動をしているんですねぇ。

次は菖蒲園の目の前にあるお寺へ。Img_1710_2

【正福寺】

境内の千体地蔵堂は何と東京都内唯一の国宝建築物だそうです。

首都圏は目ぼしいものが地震と空襲で焼けちゃったんですねぇ。

地蔵堂の周囲にはセンサーが張り巡らしているとかで柵の中に物を入れないように注意書きがありました。

セコムはよく見ますが、センサー付の建築物は初めて見たかも?でも最近は不届き者も多いしこの位してもいいかもしれません。

Img_1717 こちらは紫陽花が見ごろでした。

境内は色んな花がありましたが、一番は牡丹の季節だそうです。

Img_1744 近所の製麺所で昼食を…と思ったら、菖蒲祭り帰りの人で混雑していて結局一時間待ちになってしまいました。というか店外で待っていたのは20分位、注文してから更に40分かかりました!どうしてそんなに時間がかかるの?

因みに左はスタミナうどん(大盛り)1,000円、右はぶっかっけうどん(並)500円です。

いつも岡山ではうどん屋でぶっかけけうどんを注文していましたが、一番シンプルな物でも左位はありましたよぉ…。

右は「ぶっかけ」じゃなくて所謂「ひやひや」ですよね。こんなに高価な素うどんは初めてかも(^^;)

Img_1747 お店は半セルフで麺に好みでおでんや天ぷらをトッピングします。そこは本場讃岐うどんを思い出します。

うどんの粉は香川から直送で手打ちなのでとてもコシが強くて美味しいのは美味しいです。

しかしー、とにかく注文から時間がかかったのは閉口しました。

Img_1818 新青梅街道を通って青梅まで移動。

ところで新青梅街道の渋滞と道の狭さは酷い(--)

二車線なのですが、道幅が狭すぎて大型車同士が並ぶとスピードを出しにくい…。

これも渋滞の一要因では?

【吹上しょうぶ公園】

周辺環境を保全する為に出来た菖蒲園。

安価ですが有料だけあって品種の分類がキッチリされており解説のボランティアもいます。

Img_1836 こちらはピークを数日過ぎた感じですが、まだまだ綺麗でした。

Img_1850 【河辺温泉 梅の湯】

梅の湯という名前からは昔ながらの銭湯をイメージしますが、こちらは駅前ビルの5.6階にある端正なスーパー銭湯です。

特筆すべきは露天にある源泉かけ流し風呂、狭いながらも湯の花が大量に舞い、つるつるすべすべの良い温泉でした!

入湯料:840円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(無料)

備考:源泉かけ流し、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ完備(POLA)

Img_1856 夕食は北関東名物(?)のチェーン店へ。

一見パスタ屋さんっぽいけどハンバーグがメインです。

Img_1858これが噂の(?)爆弾ハンバーグ。

目の前で店員さんが二つに割って仕上げてくれます。

熱々でジューシー!

Img_1860 本日のお土産

・草加せんべい3種

(本場草加で買え、と言う感じなのですが(^^;))

・菖蒲のさわらぎ

・さしみこんにゃく

菖蒲は綺麗だったけど渋滞で心が折れそうになりましたー(^^;)

| | コメント (2)

2009年6月 8日 (月)

湯楽の里

0608c 今日も温泉に行って来ました。

【湯楽の里 所沢】

北関東を中心にチェーン展開をするスパ銭で、所沢店は天然温泉です。

元々地元の有力者の土地だったらしく長屋門があったり(今は駐輪場に)

0608d 蔵もあったりします。

駐車場に残る蔵は今は1,000円カットのお店になっています(笑)

また、庭園もあったりと普通のスパ銭とはちょっと違った雰囲気もあります。

0608e しかし、スーパー銭湯として建てられた建物内に入るとごくごく普通の和なスパ銭です。

温泉は煎茶色をしたかけ流しでした。

平日は会員向けセットプランが大変お得なので会員になりました!(何回行くかわからないけどsweat01

この値段で食事つきなのでどんなだろうと思いましたが、案外(失礼)まともでびっくり、温泉も良いし岩盤浴もお手ごろでなかなか気に入りました。

入湯料:1,100円(温泉+岩盤浴+夕食セット)

ロッカー:有り(100円バック式)

ドライヤー:有り(無料)

備考:かけ流し、シャンプー&リンス、ボディソープ

| | コメント (2)

2009年6月 6日 (土)

トレーニングの成果?

0606a だっこ嫌いのぴいたに飼い主である夫は毎日だっこトレーニングをしている訳ですが、最近は効果があったのか慣れてきたようです。

膝に乗せて、ひたすらなでなで攻撃orおやつで懐柔。

0606c 昨日は私が爪切りで怯えさせた(^^;)のでどうかと思いましたが、人の違いをわかっているのか?大丈夫だったようです。

でもトイレ掃除とか爪切りとか日常のお世話は私なのにな~(--)

| | コメント (4)

2009年6月 5日 (金)

爪切りイヤー!

0605b 引越しで久々になってしまった爪切りの儀です。

前回から日が空いて気持ちが初期化されたのか?ハァハァして微かに震えながら耐えてる~(^^;)

そんなに嫌なのねdown

うさぎの為に爪を切っているのに苛めている気分になりますーshock

Img_1552 爪切りが終わってごほうびを貰うと途端に表情が変わります。

なるべく切りたくないけど怪我防止には小まめに切った方が良いしなぁ…。

| | コメント (2)

2009年6月 3日 (水)

アンディ&ウィリアムス・ボタニックガーデンなど

Img_1087 予てから行きたいと思っていた「アンディ&ウイリアムス・ボタニックガーデン」へ行って来ました!

で、何故冒頭がこの画像かといいますと、「アンディ&ウイリアムス…」はジョイフル本田の中にありましてジョイフル本田で5,000円以上購入したレシートを持参すれば入場料が550円から200円に割り引かれます。

微々たる金額ですが、長年ジョイフル本田濃度wの高い地に居住していながらこの2.3年ご縁の無い生活が続いていたので久し振りのジョイフル本田に興奮してあれこれお買い物してもちろん5,000円は軽くクリア。

そして、「何も買うものが無い!」と言う場合にはジョイフル本田でお薦めはガソリンです。この日ハイオクの相場はセルフで128円/1Lだったので安い(^^)

唯一の欠点は敷地が広い事、そしてホームセンターのお買い物は重量物が多く長い距離を歩けないのでホームセンター・ガソリンスタンド・ガーデンセンターと敷地内駐車場をを三回も車を移動しなくてはなりませんでした。(笑)

Img_1160 【アンディ&ウイリアムス・ボタニックガーデン】

ジョイフル本田によりプロデュースされた本格的な英国式庭園です。

Img_1146 ジョイフル本田らしく(?)敷地面積が広くその中に数々の庭園が散りばめられています。

Img_1232 イングリッシュガーデンは数あれど、充実度と規模では日本有数だと思います。

おまけに門を出ればすぐにガーデンセンターがあるので気になった植物もすぐ手に入りますし。(笑)

Img_1208 ベジタブルガーデンンにはこんな案山子が。

Img_1277 じっくり散策した後はティールーム・ウインザーでランチ。

メニューも英国風です。

Img_1336 【金山城跡】

戦国時代の城跡が最近修復されて史跡指定を受けた100名城です。

西日本に石垣の城は多くありますが、土塁の城の多い関東では珍しい中世の城です。

Img_1324 岩盤を削ったと言う掘切。

迫力があります。

Img_1367 大手虎口、この石垣は関東では圧巻です。

普通石垣は勾配をつけている所が多いので金山城は垂直に近いところが珍しいかも。

Img_1375 日ノ池、城には溜池は良くありますが、真円に近い形は初めて見ました。宗教的な意味合いもあったかもしれません。

ところで、今まで100名城スタンプラリーのスタンプは押していませんが、岡山時代に稼いで100名城は随分訪問したので押していればよかったと今更思ったり。

Img_1461 金山城跡の近くに新しく出来たばかりの金山城跡ガイダンスセンター(+地域交流センター)

石垣をモチーフにしたモダンなデザインです。

本丸に歴史上存在しない天守閣を建てたりして資料館にしないのは好感できますが…モダン過ぎやしませんか?(^^;)

Img_1469 二階にあるガイダンスセンター。

こちらも石垣がモチーフです。

こういう展示ははその時の流行があるのでしょうからデザインは気になりませんけれど。

Img_1453 【曹源寺】

ここは珍しいさざえ堂があるお寺です。

花巡りをする内にすっかり神社仏閣のファニーな魅力にはまりましたw

Img_1435 さざえ堂というのは北関東~東北に見られる二重螺旋をもったお堂の事です。

お堂を一周すると巡礼ができるのですが、行きと帰りが違う道を通るようになっています。

因みにこちらは三階建てで途中に太鼓橋があったり凝っています。

Img_1452 曹源寺の石灯篭、何故急須とハートマーク?

Img_1460 曹源寺は群馬のあじさい寺と呼ばれているそうです。

確かにたくさんのあじさいがありましたが、色づき初めで見ごろはあと二週間先位でしょうか。

Img_1514 【大光院】

呑龍様と呼ばれている徳川家康が建立したお寺。

お寺なのに赤い!

さつき祭りが行われていました。

Img_1530_2 【安眠の湯】

イオンモールの敷地内にある温泉ですが、なかなか良かったです。

露天風呂の中に寝湯があるので安眠の湯なのかな?

入湯料:700円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(無料)

備考:かけ流し、シャンプー&リンス&ボディシャンプー完備

夕食はSAで。近距離だし平日なのでETC特割が無く高速代が長野に行くのと大して変わらないのが~(^^;)

太田市は新田氏の城下町という事ですが、スバルの城下町でした。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »