« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月26日 (土)

コスモスと外乗

Img_8682 長野へ外乗に行って来ました。
午前中は曇っていましたが、馬に乗る頃には素晴らしいお天気でまさに乗馬日和でした!

日帰りなので早朝出発、最近早朝でも高速は混んでいます。

渋滞というほどでは無いのですが、5時台なのにこんな感じ。

Img_8720 それでも順調に進み、7時過ぎには内山牧場の大コスモス園へ到着。

3ヘクタールの敷地にコスモスがどこまでも満開!
朝霧が晴れれば絶景でしょうけれど、これはこれで幻想的です。

今日はハードな乗馬が控えているので観光はこれだけです。

Img_8785 道を走っていると「クレヨンしんちゃん」の作者が遭難した荒船山が見えました。(右側)

Img_8782 荒船山アップ。
まるでテーブルマウンテンの様。

荒船山登山口の駐車場は満車でしたので登山者が多いのでしょうか。

Img_8797 佐久のコスモス街道です。

黄金色の稲穂とコスモスが秋の色合いです。

Img_8834 ノーサイドのある長門牧場へ到着。

まだ10時ごろと乗馬の予約時間まで余裕があるので休憩がてらのんびり過ごします。
なんたってノーサイドの外乗はハードですから(^^)

Img_8821 長門牧場へは何度も来ていますが、ゆっくり見て回ったのは初めてかも(^^;)

愛想の良いヤギさんと。

Img_8846 そうこうする内に晴れて来ました!

「ノーサイド外乗の日は快晴」という我が家のジンクスは途切れていません(^ー^)

Img_8910 今日は他のグループと御一緒でした。

馬と滝を見に行ったり、カモシカやニホンジカが出てきたり

Img_8927 草原を走ったりとアドベンチャーな外乗を満喫しました。

Img_8944 ノーサイドで放牧から戻る馬たち。

日本離れした風景ですねぇ。

外乗の詳細はいつもの様に外乗記にて。

Img_8962 これは小諸へ向かう途中での日没。

日が沈んだ辺りの横にちょこっと頭が見えているのは富士山かなぁ?

Img_8970 本日のお風呂は小諸IC近くの「あぐりの湯こもろ」です。

【あぐりの湯こもろ】

地元のJAの経営する温泉です。

立派な施設なのに入湯料は元より直売所の野菜や果物が破格の安さ♪

そして露天や展望サウナからの景色が絶景です。

お湯は淡い黄緑の煎茶色のお湯で、よく温まりました。

Img_8973 食事も安くて美味しかったです。

入湯料:500円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(100円/6分)

備考:シャンプー・ボディーソープ完備

復路は快調に飛ばし、小諸から1時間30分で帰宅しました♪

Img_8978 本日のお土産

・果物(りんご・ぶどう)

・野菜(枝豆・ジャガイモ)

・地ビール雷電

| | コメント (10)

2009年9月24日 (木)

恒例の儀式

0924a またまた恒例の爪切りの季節がやってきました!

ひっくり返されてなす術無しのぴいた(^皿^)

0924f 爪切り完了後、しばし放牧。

「人間の手垢が!(´ヘ`;)」

0924h 「綺麗にしなきゃ~」なめなめ

全く感謝されないですねぇ(^^;)

| | コメント (2)

2009年9月19日 (土)

巾着田と高麗の里

Img_8464 彼岸花を見に高麗の巾着田に行ってきました。

ここは以前行った事があるのですが、乗馬の後に行って日没と競争で大急ぎで見たので今回は一日かけて高麗の里をゆっくり見てきました。

Img_8063一面の彼岸花!何となく寂しげな彼岸花もこれだけ群生していると大迫力です。

巾着田は多分日本一の彼岸花の群生地だと思います。

Img_8162 彼岸花の時期は地元農産物の出店がたくさんあるので例によってブラブラ冷やかします。

これはお茶の手もみの実演。

摘み取りから工程の全てを手で行います。

普通のお茶も美味しかったけどせっかくなので手もみ茶を購入、1杯分200円と流石のお値段ですsweat01

Img_8169 お昼は高麗名物の高麗鍋をアレンジした高麗鍋うどん。(単にうどんにキムチが入っているだけ?)

高麗の里は1300年前の奈良時代に高句麗からの移民が移り住んだ場所だそうで至る所に朝鮮の痕跡があるところです。

農産物も新鮮なものが沢山出ていたのでお買い上げ~♪

Img_8487 巾着田の中には牧場がありました!

乗用馬の販売をしているようです。

今日は臨時で子供相手の引き馬をしていました。

Img_8181 ダンナ、早速子馬と戯れていますw

Img_8266_2 巾着田を抜けて高麗の里ふるさと歩道を歩きます。今回は一番スタンダードな10.4kmコース。

アップダウンも殆ど無く歩きやすい道です。

これぞ里山、という田園風景が続きます。

Img_8211 道沿いのあちこちに直販のお店があるので油断できませんw

加藤養鶏場にある直売所で地たまごを購入、これから10km歩くのに~(^^;)

遺伝子組み換えの無いこだわりの飼料で育てているとか。

15個で500円と決して安くはありませんが、美味しいと期待します♪

最初はシンプルに卵かけご飯かな。

Img_8276 ちょっとした所にも彼岸花が綺麗に咲いています。

Img_8286星条旗を着たお地蔵さん。

Img_8316 【高麗神社】

およそ1300年前に高麗の里に移り住んだ際に首長となった高句麗の王族若光を祀る神社ということです。

丁度舞姫による奉納神楽が行われていました。

舞姫さん、若い!多分中学生か高校生?

Img_8300 ここは参拝後総理大臣となった人が何人もいるので別名出世神社と呼ばれているそうです。

おじいさんですね(^^)

李氏朝鮮の王と王妃のお手植えの木もありました。

Img_8312 社務所の掲示板に色々掲示してありました。

韓流ファンがよく訪れてくるそうです。

Img_8339 【聖天院】

高句麗人の菩提寺であるお寺で若光のお墓もあります。

山門と鐘は国重文。

この石灯籠は狭山不動尊にも大量にあった増上寺徳川家墓所の石灯籠でした。しっかり葵の紋章入り。

増上寺の石灯籠、各地に散らばっていますねぇsweat01

Img_8393 こちらは庭園が美しいところです。

Img_8455_2 再び巾着田へ戻ります。何とか卵を割らずに戻れたsweat01

コスモスも咲き出していました。

Img_8449 うさんぽ中のうさぎさん発見!

大人しく抱っこされて記念撮影中。

多分ライオンラビットかな?流石にリードはつけているけど記念撮影の間じっとしていて大人しい~。

Img_8495 高麗の里を満喫したあとは温泉へ。

【宮沢湖温泉 喜楽里別邸】

最近できたばかりの施設で、宮沢湖を臨む温泉です。

Img_8511 展望テラスからのサンセット。

露天や展望サウナなど至る所から宮沢湖を見る事が出来ます。

お湯は薄濁りのつるつるの美人湯。

入湯料:1,000円

ロッカー:有り(無料)

ドライヤー:有り(無料)

備考:源泉かけ流し、料金にタオル含む、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ完備

Img_8518 食事処はバイキングがあります。

1,480円でソフトドリンクも飲み放題なので安い!素材も地場のヘルシー素材を中心に吟味されている様子です。

Img_8524 本日のお土産

・加藤養鶏場の卵

・野菜(ショウガ・ナス・キュウリ・レタス・ピーマン・枝豆・ニンジン)

・高麗名物の大粒の栗

・弓削多醤油の高麗郷おなめ

・手もみ茶

・高麗名物栗まんじゅう

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

久々のうさんぽ

Img_7882 近所の公園へ久々にうさんぽにきました。

昼間は30度位ありましたが、夕方は随分過ごしやすくなりました。

Img_7892 初めての場所だからか、久々の屋外だからか最初の内は全く動かず。

Img_7900 毛づくろいしたり

Img_7904 スフィンクスになったり、こっち(飼い主)もデジカメで撮るしかすることが無い(^^;)

Img_7919 でも暫く経ったらダッシュ!ダッシュ!

Img_7932走っては休み、走っては休みを繰り返して芝刈りの後の枯れ芝溜まりを発見してモグモグ…。

ちゃっかりおやつを食べています。

Img_7929 そんなこんなで1時間位のうさんぽでした。

| | コメント (6)

2009年9月12日 (土)

ベルギー幻想絵画館展とベルギー近代絵画のあゆみ展

お天気も冴えないし…こんな時はインドアに限ります。

ベルギーつながりの美術展が二つ始まったので梯子で見てきました。両方ともベルギーが中心で時代も余り変りませんがテイストはかなり違います。

Img_7775【ベルギー幻想美術館展】

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催

19世紀後半から20世紀前半にかけてのベルギーの空想や現実逃避、シュールレアリズムに傾倒した芸術家たちの作品群がテーマ。(姫路市立美術館のコレクション)

空想やファンタジーに傾いた作品群で新鮮、こういうのも割と好きです。

Bunkamuraという場所柄、買い物や町歩きのついでに肩肘張らずにフラっと鑑賞するのに手ごろだと思いました。

流石に東急百貨店内だけあってミュージアムショップに関連商品が豊富。

展示が耽美な内容なのでショップには澁澤 龍彦の本までありました(^^;)

Img_7781 美術館のお隣にある「ドゥ マゴ パリ」でベルギー幻想美術館特別メニューのランチ。

・ビシソワーズ

・パン

Img_7782 ・地鶏のビール煮 ストゥンプ添え

Img_7788_2 ・デザート

・ドリンク(カフェオレをオーダー)

以上ワインは別で1,785円、メインはベルギー料理だそうです。

Img_7793 次は新宿に来ました。

Img_7797【ベルギー近代絵画のあゆみ展】

損保ジャパン東郷青児美術館にて開催

時代はほぼ同じ19世紀ですが、先程のアバンギャルドな幻想絵画群に対して、こちらはべルギーを中心にした王道絵画の流れです。(ベルギー王立美術館のコレクション)

ベルギー独特の曇り空を背景にした絵画からフランスとは違った表現のベルギーの印象派など充実の内容、どちらかといえば一般受けはこちらだと思います。常設展も重厚ですしこちらは行って損無しです。

Img_7803 美術館は42階にあります。

晴れていたら良い眺めなんですけど(^^;)

この後新宿に来たのでハルクの乗馬洋品店「ステーブル」に寄りました。

最近改装されたようで、またまた「ステーブル」の売り場がお引越し(今度はB1)行く度に売り場が違うんですけど~sweat01

Img_7812 本日のお土産

・ベルギー幻想美術館展のクリアファイル2枚

・ベルギーワッフルクッキー

・西洋絵画の巨匠(ボナール・ルノワール)

・EQUUS 3号

私は遥か昔に(美術部だったので)親に揃えてもらった重厚長大な美術全集をもっているのですが、この手の雑誌本は解説が読みやすいので内容が被っているしペラペラだけど夫が良く買っちゃいます(^^;)

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

うとうと…

0909a 飼い主になでなでされてうとうと…しているのかなぁ?

0909d 耳のリラックス具合が半端です(^^;)

| | コメント (6)

2009年9月 6日 (日)

初秋の草津温泉へ 二日目

Img_7307 温泉街の朝は早くてざわざわする音で早く目覚めました。

6時頃には湯巡りでそぞろ歩く人が行きかい7時にはもうお店も開いています。

早速タオルを持って朝食前に湯巡りへ。

地蔵の湯に向かいましたが、8時からという事で昨日入った白旗の湯へ入湯。

まだ6時台だというのに多くの人で賑わっていました。

Img_7311 白旗の湯の近くにある源泉。

古びた祠は源頼朝に縁があるという頼朝宮。

かなり熱そうで、この中に手を入れたら煮えてしまいそう~。

Img_7312_2 次は「瑠璃の湯」へ。

街中にさり気なく佇んでいます。

Img_7314 丁度先客と入れ替わりだったので独占♪

ここは草津にしては珍しく熱くなくてのんびり。

入湯料:無料

備考:かけ流し

Img_7323 小腹が空いたので再び湯畑に戻って温泉まんじゅうを食べます。

7-11で飲み物を買ったりしている内に朝食の時間が近づいたので宿へ。

Img_7332 朝食を済ませてチェックアウト。

朝食付だと行動が制約されるのがネックかなぁ。

Img_7336 志賀草津高原ルートへ。

お天気は晴れたり曇ったり。

高原ルート沿いは野の花が沢山咲いていました。

Img_7378 白根山レストハウスの駐車場に車を停めて芳ヶ平へ行きます。

リンドウが花盛りです。

Img_7344 周囲にはリンドウ以外にも沢山の花が咲いています。

花を見ながら芳ヶ平湿原を目指します。

Img_7530 芳ヶ平湿原にもリンドウが。

Img_7522 ナナカマドが色づき始めています。

Img_7543 早くも紅葉が始まっています。

今年は秋の訪れが早いかもしれません。

3時間のトレッキングでしたが、起伏が多少あるのでばてましたsweat01

Img_7598 レストハウスに戻って五平餅を食べます。

Img_7615 一汗流しに万座温泉へ。

【湯の花旅館】

リゾート化された万座温泉の中で珍しく湯治場の雰囲気のある旅館です。

今回は温泉博士で利用しました。

露天は混浴らしいです。誰もいない時に撮れました。

青白いお湯が美しい(^^)

Img_7630 内湯は温泉に霊芝(サルノコシカケ)を通して湯船に注いでいます。

鄙びた雰囲気が良いですね~。

Img_7624 飲む事も出来ますが、熱くて無理!でしたsweat01

サルノコシカケって買うと高いんですよね、これだけでいくら分でしょうか?

入湯料:温泉博士で無料(700円)

ロッカー:無し

ドライヤー:無し

備考:かけ流し、シャンプー&リンス、石鹸完備

Img_7639 再び志賀草津高原ルートへ。

雲が増えてきました。

Img_7640 渋峠へ到着。

このホテルは群馬と長野の県境の上に建っています。

Img_7642 雲の多さが気になりますが横手山山頂へロープウェイで登ります。

しかし、寒い~!

Img_7683 寒いけど、ロープウェイの途中も山頂も花で一杯で綺麗でした。

Img_7666 展望台からの眺め。

雲が出てきてこの程度の展望でした。

多分晴れていたら絶景と思われます(^^;)

Img_7675 すっかり冷え切ったので、横手山頂ヒュッテの「雲の上のパン屋さん」でホットカルピスとパンで一服。

もう少し早ければランチが食べられたのですが、既に終了していました。

せっかく温まったのですが、ロープェーで降りたので冷え冷え~。

Img_7694 すっかり冷え切ったので再び草津温泉へ戻ります。

【大滝乃湯】

内湯・露天・合わせ湯と設備の整った日帰り温泉です。

やや白濁の濁り湯でここも熱め。

合わせ湯は男女で時間交代制で温度が違う温泉に交互に入り治療効果があるといいます。

入湯料:730円(湯もみちゃん提示で割引)

ロッカー:有り(100円)

ドライヤー:有り(無料)

備考:かけ流し、シャンプー&リンス、ボディソープ完備

Img_7698 携帯で渋滞情報を確認すると案の定混んでいるので、夕食を食べて時間調整。

湯畑に面した「暖」の名物生姜焼き定食。

生姜焼きというよりは生姜焼きステーキという感じ。

ぶ厚いです!

Img_7704 時間調整をしましたが、更に事故渋滞があり、15分ほどのロスになりました。

動いている渋滞だったのでまだ良かったです。

心残りは湯めぐりで忙しくお土産を買う時間が無かったことかな(^^;)

| | コメント (2)

2009年9月 5日 (土)

初秋の草津温泉へ 一日目

Img_7051 白根山のリンドウが見ごろという事で草津温泉と絡めて行ってきました。

午前中は用事があったので、我が家としては珍しい昼過ぎの出発です。

既に関越は午前中の渋滞は終了した感じで渋川伊香保ICに楽々到着。

Img_7062 伊香保温泉を通過して榛名湖畔にある「ゆうすげの道」を散策。

ゆうすげの名所ですが、今は秋の山野草、特にマツムシソウが盛りです。

Img_7065 榛名富士とマツムシソウ。

ゆうすげの道の隣は榛名湖メロディラインが通っていて車が通るたびに「静かな湖畔」のメロディが鳴ります。

…ちっとも静かな湖畔じゃなーい!ヽ(`Д´)ノ

このメロディライン、草津温泉の入り口にもありました。

あちらは当然?「草津節」です(^^;)

Img_7067 マツムシソウが沢山咲いていました。

ここは木道が整備されているし元は湿原だっと思うのですが、乾燥化が進んでいて湿原だった面影は殆ど残っていません。

Img_7182 草津温泉へ向かいます。

途中の吾妻渓谷を通った時に見えた今話題の八ツ場ダム関連ニュースで良く映る架橋工事の様子。

周りももう随分工事が進んでいるのに、これで中止するなんてどうするつもりでしょう?

大金をかけて工事終了部分を撤去するのか、それともまさかそのまま放置?大量の廃墟が出来上がりそうなんですが…。

施工前に中止だったら良かったのに。

Img_7187 草津温泉に到着。

流石に週末だけあって湯畑の周りは沢山の人が歩いています。

早速宿にチェックインして車を置いて温泉街を散策です。

Img_7200 熱の湯の「湯もみショー」最終回に滑り込みセーフ。

Img_7216 湯もみショーの最後に観客も参加できます。

ダンナが湯もみ体験をしてきて記念品(タオルと賞状)をゲットしました。

グループとか家族とかで参加する人が多く意外と競争率が高いです(^^;)

カメラを渡せば記念写真も撮ってくれます。

Img_7229 湯もみショーの後は共同湯巡り。

手始めに熱の湯の隣にある共同湯「白旗の湯」へ。

【白旗の湯】

湯畑の前にあるのでいつも観光客が絶えません。

湯船は二つありますが、小さい方は物凄く熱くて一瞬しか入れませんでした!

入湯料:無料

備考:かけ流し。板張りに差す明かりが風情あります。

Img_7245 次の共同湯へ行こうかと思いましたが、混雑する前に焼肉「吾妻」で早めの夕食を食べることに。

肉が柔らかくて美味しかったです♪

Img_7256 夜の湯畑を散策。

沢山の人がそぞろ歩いていて賑やか。

Img_7265 温泉卵を食べたりのんびり涼みます。

後ろは手湯

Img_7283引き通き共同湯へ。

【千代の湯】

湯畑から近いのでここも人気です。

Img_7280 丁度夕食の時間帯だったので独占できました。

入湯料:無料

備考:かけ流し。有料で時間湯あり。床が石張り。

Img_7288 【煮川の湯】

ここも人気の共同湯。

かなり熱いです!煮川と言う位ですからね~。

地元の人とご一緒しましたがとってもフレンドリーでした。

入湯料:無料

備考:かけ流し。板張りが良い雰囲気。

草津温泉には共同湯が18箇所あるので、二日間で全部周ろうかと画策していましたが、草津の湯はひとつひとつが熱くて強力なのでとても無理(^^;)

そろそろ宿に戻ります。

Img_7294共同湯は石鹸もシャンプーも使えないので宿の温泉にも入ります。

貸切風呂なのでのんびり。

もちろんかけ流しです。

湯畑の近くの宿なので外は夜中まで賑やかでした。

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

はみ出てます

0903a お腹一杯の昼下がり。

頬がはみ出てます(^皿^)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »