« 紅葉狩り-松川渓谷編1 | トップページ | 紅葉狩り-小布施観光編 »

2009年10月24日 (土)

紅葉狩り-松川渓谷編2

Img_0273 引き続き紅葉狩りをしながら松川渓谷沿いを登ります。

Img_0305 温泉に立ち寄る為七味温泉へ向かいます。

紅葉もこの日は五色温泉~七味温泉辺りが一番鮮やかでした。

Img_0345 【七味温泉 紅葉館】

七つの源泉が沸くという七味温泉で紅葉の中に佇むその名も紅葉館です。

Img_0319 内湯の檜風呂

こちらのお湯はやや緑っぽい。

Img_0328 名物の洞窟風呂の中から見た露天風呂

白濁のお湯に浸かりながら紅葉した山々を見る事が出来ます。

露天から紅葉狩り~♪

結構段差があるので手すりがあちこちにあります。

入湯料:500円
ロッカー:無し
ドライヤー:有り(無料)
備考:源泉掛け流し、リンスインシャンプー、ボディソープ完備

Img_0309温泉の後は再び紅葉の道をどんどん上ります。

Img_0400_2 山田牧場に到着。

春から秋は牛・馬の放牧場、冬はスキー場になるそうで、放牧場へは勝手に入っても構わないというおおらかな所です。

この辺りは標高が高いので紅葉は終盤を迎えていました。

Img_0367 放牧されている牛は人なれしていて温和そのもの。

マナーを守れば囲んで記念撮影もOK、おさわりもOK、角を掴んでも撫でてもじっとしていました。

放牧地なので所々地雷(牛の落し物)があるので注意w

ここは夏も気持ちが良さそうですね~。

Img_0387 山田牧場の放牧地を囲むように宿やレストランが建ち並んでいます。

本日のランチはその中のにあるレッドウッドインへ。
建物はアメリカのメタセコイヤナショナルパークから輸入した樹齢1650年という巨木を材料にして建てられているそうです。

この日は入りませんでしたが、温泉があり立ち寄り入浴もできるそうです。
(因みに自転車でランチに来た人は立ち寄り湯無料!)

Img_0410_2 自家製の燻製やソーセージを材料に化学調味料を一切使用しないという拘りの料理が人気です。

「しゃきしゃき野菜が入ったやわらか豚バラごはん」と「自家製 荒挽きソーセージと木の子のパスタ 」

Img_0449 今度は松川渓谷を下ります。

見る方向が違うとまた紅葉の表情も違います♪

Img_0462 次は五色温泉へ。

【五色温泉 五色の湯旅館】

天候や時間によって温泉の色が五色に変わると言う事からその名があります。

旅館の従業員さんがとても親切でした。

内湯は木造りの渋い風呂でお湯の色はエメラルドグリーン、露天はこの日は黒い湯の花が大量に舞っていて薄緑の濁り湯でした。

紅葉した葉やどんぐり(笑)がお湯の中に入ってしまっているのも秋を感じます。
またもや露天から紅葉狩り~♪

入湯料:500円
ロッカー:無し
ドライヤー:無し
備考:源泉掛け流し、シャンプー、ボディソープ完備

Img_0497

午後になって観光バスや渋滞を抜けて到着した車で上りは大変な混雑です。
やはり観光は早出に限りますね(^^;)

またまた温泉がありますが、私は湯疲れしたので夫のみ入湯です。
待つ間、ぶらぶら付近を散策。

【松川渓谷温泉 滝の湯】

松川渓谷のすぐ脇にあるので立ち寄り客がとても多い温泉です。

お湯は透明で松川渓谷の中で露天に入れます。

Img_0494 川沿いにあるお風呂まで下りて行く道も紅葉が綺麗です。

入湯料:500円
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:不明
備考:源泉掛け流し

松川渓谷を抜けて次は小布施に向かいます。

紅葉狩り-小布施編に続く

|

« 紅葉狩り-松川渓谷編1 | トップページ | 紅葉狩り-小布施観光編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉狩り-松川渓谷編1 | トップページ | 紅葉狩り-小布施観光編 »