« ターナーから印象派へ展 | トップページ | またまた雪~ »

2010年2月14日 (日)

蝋梅と福寿草

Img_2035 ちょっと時期が遅めですが、蝋梅を見に秩父へ行ってきました。
ロープウェイを使って蝋梅園のある宝登山に登ります。
といっても、低山なので歩いても登れますが残雪があって大変そうなので…。

Img_2046 頂上に着くとお天気に恵まれて遠くまで見渡せます。
南斜面なので日差しを受けてポカポカ。

Img_2053 蝋細工でできている梅の花のようということで蝋梅の名があります。
とても香り高い花です。
宝登山には2000本の蝋梅の木があって関東一の規模だそうで、沢山の人で賑わっていました。

Img_2095 蝋梅園に隣接して梅園もあって、梅の花も咲き出していました。

Img_2113 下界へ降りて、龍勢会館という道の駅へ向かいます。
ここは映画撮影の為に作られたセットの跡を道の駅にしているユニークな所です。

Img_2121 お目当ては裏庭で育てられている秩父紅というオレンジ色の福寿草です。
オレンジ色の福寿草は初めて見ましたが、秩父地方の固有種ということです。

Img_2144 お次はちょっと荒川の上流の方へ向かって三十槌の氷柱を見に行きました。
岩の間から染み出る水が凍って出来たものですが、ちょっとピークは越えて氷の量は最盛期の6~7割位です。

Img_2140 全景はこんな感じ。
水滴が凍るだけあって、周囲は冷え込んでいます~!

Img_2158 冷え冷えになったので火にあたって味噌こんにゃくで暖をとります。

Img_2159 本日の温泉は三十槌の氷柱からほど近い場所にあります。

【大滝温泉 遊湯館】

上下階に分かれた内湯が2種類あるユニークな施設。
上階は大きな檜風呂、下階は半分位の大きさの岩風呂で両方とも窓から荒川が良く見えます。(荒川といってもこの辺りでは渓谷です)
温泉はとろとろつるつるの美肌の湯でなかなか良いお湯でした。

入湯料:温泉博士にて無料(600円)
ロッカー:有り(100円)
ドライヤー:有り(無料)
備考:ケロリン、シャンプー&リンス、ボディーソープ完備

Img_2168_2 夕食は秩父名物の豚肉を。
このお店は豚みそ丼一本で勝負しているお店です。
豚が炭火焼で香ばしく美味しかった!

Img_2173 本日のお土産

・しゃくしな漬
・おっきりこみ生麺
・こんにゃく
・しいたけ
・赤かぶ漬

秩父の名産品ばかりです(^^)

|

« ターナーから印象派へ展 | トップページ | またまた雪~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ターナーから印象派へ展 | トップページ | またまた雪~ »