« 只今活動低下中 | トップページ | 控えめ爪切り »

2010年4月24日 (土)

マネとモダン・パリ展

Img_4781 好天の休日で本当は遠出で花を見に行ったり、外乗をしたいところですが、只今企画力ゼロ(^^;)の為美術展に行ってきました。
といってもどのみちこれは近く行ってみようと思っていたものです。

復元された三菱一号館美術館で開催中の「マネとモダン・パリ」展です。

マネの代表作がいくつかとマネが制作活動をしていた時代のパリの主に建築関係の作品が展示されています。

展示内容では何と言っても運命の女(ファムファタール)ベルト・モリゾですね。
今回は代表作の「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」始め5点のベルト・モリゾが各地から集められており、一同に会しています。
格調高い室内で逆光に浮かび上がる美しいベルト・モリゾに遭える、それが今回の目的の全てと言っても良いものでした。

パリの建築関係と言うのは、丸の内周辺が大規模再開発中でこの三菱一号館美術館自体が復元された建築物という拘りからなんでしょうね。
それはそれでなかなか興味深いものでした。

Img_4788 三菱一号館美術館は昔の建物を復元したと言う事で素晴らしい建物なのですが、スケールサイズが小さいのが難点、こういう大きな展覧会にはちょっと向かないと思います。
スタッフが多く配置されて交通整理をしてくれますが、もうすこし小さな展示会の方が合う気がしました。
建物は良いのですが、元々銀行だった建物なので多くの人が回遊する構造になっていないのです。
あまり人が集まらない企画の方が良いのでは(^^;)

Img_4785 美術館とブリックスクエアに囲まれた空間、パリの街角風でオフィス街の一角とは思えません。

バリバリのオフィス街だった丸の内の変貌は凄いですね、日本のオフィス街とは思えない綺麗さです。
まだ工事中のところばかりですがあと五年位経った姿が楽しみです。

Img_4799 本日のお土産

・マネ展クリアファイル 全てベルト・モリゾで構成されています。
・いつもの西洋絵画の巨匠 マネの分厚い画集は持っていますが(^^;)

|

« 只今活動低下中 | トップページ | 控えめ爪切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 只今活動低下中 | トップページ | 控えめ爪切り »