« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

シャガール展+新大久保

Img_0238 上野の東京芸術大学美術館で開かれている「シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展に行ってきました。

東京芸大の前、久し振りに来ましたが意外と和な建物だったんですね。

Img_0240 シャガールの代表作を年代を追って展示、同時にシャガールの故郷白ロシアの前衛芸術家の作品も並んで展示されています。

大学の美術館なのに入場料が普通(1,500円)なの?と最初は思ったのですが、質量共に充実したシャガール展でした。
流石、芸大だけあって展示方法も上手い。
下手な大型展覧会よりも充実していました。

昼を描いても夜のイメージのあるシャガールは暑いこの時期にはピッタリ。
シャガールの好きな方には一押しの展覧会です。

Img_0242 展覧会の後、館内にあるカフェテリアでお茶を。
カフェテリアは2種類あって、2Fにオークラの経営するセレブな(?)カフェが、1Fには学食兼用のカフェテリアがあります。
もちろん、1Fでお茶しました。

Img_0275 お土産はいつものパターン。
ハーフサイズのクリアファイルはバッグに入れやすいので意外と重宝します。

Img_0262 山手線で上野から新大久保へ移動してお昼にサムギョプサル等々を食べました。
…念のためお断りしておきますが、新大久保は私のリクエストじゃないですよ(^^;)
でも暑い日に元気の出る食べ物ですね~。おまけに安くて美味しい。

それにしてもコリアンタウンでは女性の多さに圧倒されました!

Img_0271_2 例によって韓国食材をちょこちょこと。
スナックと韓国海苔は先日買って美味しかったので同じものを。
辛ラーメンは最近CMを見るけどどれほど辛いのかな~。
他にCD等も買いましたが、晒すのは自粛(^^;)

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

御岳山のレンゲショウマ

Img_1434 レンゲショウマの名所である御岳山へ行きました。
最初はケーブルカーであがります。

Img_1436 快晴で周りの山もよく見えます。
条件がよければスカイツリーも見えるそうですが、今日はちょっと遠くは霞んでダメですね。

Img_1445 レンゲショウマの自生地へはこんな階段を登って行きます。
階段嫌いの私には試練orz

Img_1466 傾斜地に俯くようにレンゲショウマが咲いています。
御岳山はレンゲショウマの日本一の自生地とか。

Img_1462 こんな感じでポツポツ咲いています。

Img_1468 清楚な花ですね。

Img_1483 レンゲショウマを観終わった後は御嶽神社に行ってみます。
途中には山の中ですが宿坊街があります。

Img_1508 階段と坂の連続…、暑いしへこたれそうになりました(笑)

Img_1532 御嶽神社に到着!

Img_1514 眷属は狼だそうで、狛犬が狼。
修験道だったり眷属が狼だったりと比較的近い位置にある秩父の三峯神社と似ていますね。
帰りは普通の参道を通ったので楽に戻れました。

Img_1565 下界へ戻ってお昼ご飯は茅葺屋根のお蕎麦屋さん玉川屋で。
ざるそばのざるが可愛い、というか小さい(笑)
でも底があったので量的には普通でした。

Img_1563 鮎の炭火焼、炭火なので時間がかかりますと言われたのに蕎麦より先に来ました(^^;)
ここは人気があるらしく凄く並んでいます。

Img_1573 せっかくなので御岳渓谷へ。
ラフティングやカヌーや川遊びetc.楽しんでいる人が沢山。
一応東京だし近いからレジャーで来る人が多いのですね。

Img_1602 暑いので川で足を冷やしました。
流れはかなり速いです。

Img_1617 ちょっと移動して澤乃井園へ。
御岳渓谷沿いにある酒造の澤乃井によるレストハウス等々多目的なスポットです。

Img_1620 お酒を買って一杯やっている人も多いのですが、車なのでお酒はお土産にしました。
豆腐は酒の仕込みに使う水で造るそうです。
良く冷えて美味しかった~。
お土産は蔵元限定販売ラベルの蒼天。

Img_0237 本日の温泉はちょっと戻ったところにあるもえぎの湯。
タイミングよく入場制限に引っかからずに入れました。

【奥多摩温泉 もえぎの湯】

露天からは渓谷が見えます。
周辺からのレジャー帰りに来る人が多くてこまめに入場制限していますが、足湯もあるので時間はつぶせます。

入湯料:750円
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:シャンプー&リンス、ボディソープ完備

御岳山は比較的近場で楽しめるのが良いですね。
但し首都圏近郊の為、どこに行っても人多いのが欠点といえば欠点(^^;)

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

イイコでした

0826a 4日間のお留守番も無事乗り切りぴいたは元気にしています。

水もペレットも牧草もまだ残っていたので多分一週間位は大丈夫な感じ。
去年の夏のお留守番の時は雨の日が多くて涼しかったけど、今年は猛暑とあって室内温度が心配でしたが飼育部屋が内側の部屋だった為か普通にデレデレ過ごして大丈夫だったみたいです。

唯、不在の間に飼い主を忘れるようで、帰宅すると半日位は愛想が悪いです(^^;)

| | コメント (2)

2010年8月25日 (水)

修学旅行再現 お土産

Img_1408 まず馬グッズからです。
全ての場所で馬グッズを買えたのは幸いでした(^^)

Tシャツは白馬のホテルのオリジナルでスノボで回転して馬に変身して降りるデザイン。
袖のワンポイント刺繍も効いています。
上は高山の朝市で買った馬ぼぼ、同じく白馬のホテルオリジナルのストラップ(白馬に乗ったキティちゃん)、兼六園近くの九谷焼専門店で発見した馬柄のお猪口。

Img_1422 お猪口アップ。
九谷焼で内側は金色に塗られています。
九谷焼の馬柄はなかなか無いのでよくぞ見つかった(^^)

Img_1416 高山のさんまちのお店で購入した、松倉絵馬。

家内安全etcの御守りで名を入れてもらっています。
これを家の入り口の壁に馬が中に入る方向で張ります。
「福が入る」という意味ですかね。
これもさんまちを歩いていて偶然お店を見つけました。
普通は絵馬市の時に購入できるようです。

個人的には芦毛が良かったけど黒い方が映えるという意見でこちらに。

Img_1403 伊那のSA・犬山城・下呂・郡上八幡でのお土産。

Img_1400 これは高山で、朝市とさんまちで購入。

Img_1404 金沢駅構内で、名物の麩や金箔菓子。
真ん中はお湯に入れて溶かすお茶漬けです。

Img_1397 北陸道移動中のSAで購入した富山名物たち。
ます寿司は常温でOKでした。

Img_1406 最終日に白馬で購入した生鮮品、熱せられた車内で心配しましたが無事持ち帰れました。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

修学旅行再現四日目 白馬

Img_1246 朝食の後、ホテルの周辺をお散歩。
宿泊したホテルは山の中に忽然と建つリリカルなホテルでした。
街中に出て行くには時間がかかるのでホテル内で何でも済ます事ができるよう施設やイベントが充実していました。

Img_1276 修学旅行では白馬は宿泊のみ(その後佐渡へ移動)だったので特にチェックポイントはありません。
宿泊したホテルも特定できなかったし。

午後から乗馬の予約を入れているので、午前中は白馬五竜高山植物園へ。
テレキャビンとリフトを乗り継いで登ります。
しかし、山の上はガスっていますね…。

Img_1310 暫く歩いているとガスが引いて山が見えてきました。

Img_1289 足元には花が沢山。

Img_1314 極小サイズのカエル発見!
ちゃんと跳ねるしカエルです。体長7mm位?

Img_1361_2 植物園にはかろうじてコマクサが咲き残っていました。

Img_1376 カライトソウの群生。

Img_1388 テレキャビンで下に降ります。
実は、乗馬で再びここを訪れる事に。

Img_0204_2 乗馬の予約時間まで時間調整を兼ねて昼食。
蕎麦処とはいえ、毎日の様に蕎麦を食べている気が…。
でもそれぞれ趣が違うので飽きません。
このお店は白馬のジャンプ台を見ながら食べられました。

Img_4357 外乗に出る前に馬場で下乗り。
白馬で白馬(芦毛だけど)に乗る図w
外乗前なのに鐙上げ~駈歩までフルセットで乗っていた(^^;)
私はデジカメの操作の方に熱中~。

Img_4395 外乗に出発!
良く晴れて外乗日和です。

Img_4412 川に入ったり。

Img_4445 スキー場に登ったり。
上を通っているのは午前中に乗ったテレキャビン。

Img_4452_2 カモシカと遭遇したりしました。
カモシカを見るのは人生三度目なのですが、全てこの二年間です。
カモシカってレアな生き物だと思っていましたが最近増えているのでしょうか?
遭遇したのは全て長野県内なので長野に多く生息しているのかな?

Img_4434 旅行の最後の最後に外乗はちょっときつかったけど白馬の自然を満喫できて楽しかったです。
いつもの外乗記はこれから書きまーす。

Img_0206 外乗の後、〆はいつものように温泉で。

【倉下の湯】

白馬三山を眺めながら浸かれる温泉。
露天風呂のみというシンプルな設備ですが、お湯は濃いです。

入湯料:500円
ロッカー:有り(有料100円)
ドライヤー:有り(無料)
備考:源泉かけ流し、シャンプー、リンス、ボディソープ完備

この後、オリンピック道路で長野インターへ向かい一気に帰宅しました。
渋滞は全くありませんでしたが、猛暑で移動が多くて結構ハードだったのでちょっと疲れました。
でも修学旅行の再現もできたしポイントもほぼ完璧にチェックできたしおまけに馬にも乗れて充実していて楽しかったです。

残りの佐渡は別の機会に、そしてまた10年後位に再現してみたいですね(^^)
お土産は別記事で。

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

修学旅行再現三日目 金沢~白馬

Img_1041 今日も早めに朝食を済ませ、チェックアウト後車をホテルに置いたまま観光に出かけます。
金沢は観光スポットが比較的纏まっているので徒歩でも回れるんですよね…暑いけど。

最初はチェックポイントの兼六園です。
写真は撮っていませんが流石に覚えていて、ここに限らず金沢は結構記憶に残っています。
修学旅行の時のお昼も兼六園の前にある店で食べた記憶が…。

Img_1055 兼六園は大名庭園らしい、曲水と松が印象的な所でした。

Img_1028 次は隣接している金沢城です。
ここももちろんチェックポイントで、橋が架け替えられたりしていますが、流石に現存の石川門は変りありません。
石川門は修復工事に入るらしく枠を組み立てるクレーンが激しく邪魔です(--)

Img_1095 当時は城内に金沢大学がありましたが、今は移転して城の復元が進んでいます。
思っていたよりも石垣が壮大でスケールの大きいお城でした。
また、近年になって復元工事が進んでいるのでバリアフリーや見学者用施設などが充実していますね。

Img_1153 金沢城を抜けて次は金沢21世紀美術館です。
もちろん修学旅行には関係ありませんが金沢に来るなら是非行ってみたい場所でした。

Img_1164 金沢21世紀美術館といえばこのプールですね。
もちろんアートです。

Img_1179 これは加賀友禅がモチーフかな。

建物も常設も素敵な美術館でそれは満足でしたが、企画展がちょっと微妙(^^;)
「新たなる精神のかたち:ヤン・ファーブル × 舟越 桂」という展覧会だったのですが、舟越氏の展覧会は実はあちこちで見たので作品が被りまくり…というのはともかくとして、ファーブル氏の作品は来館者に子供が多いこの時期には如何なものかと。
大人向きの結構痛グロい内容でした(^^;)

Img_1187 ホテルで車をピックアップして次のチェックポイントの忍者寺(妙立寺)です。

ここも写真がありませんが、実は2人とも修学旅行で一番記憶に残っている所です。
…それってどーなのよ?という事はともかくとして隠し扉や隠し階段隠し部屋の数々の細工が凄い!
この匠の技は実に日本的で見ごたえがあります。
因みに見学は完全予約制で建物内撮影不可です。

Img_1213 長町武家屋敷跡に向かいます。
土塀と石畳が続き風情がある所です。
が、昔の町並みなので車で来ると難儀します、そして駐車場探しに四苦八苦sweat01

Img_1201 千二百石の藩士野村家屋敷、アメリカの日本庭園専門誌でベスト10に入ったと言う事です。
そんなに大きくない屋敷ですが、凝った作りで風情があります。

Img_1204 この屋敷で暫し涼を取ります。
昔の家はクーラーが無くても涼しいですねぇ。

Img_1205 長町武家屋敷街を散策している内にチェックポイントを見つけました(^^)

この写真もどこだかわからなかったもの。
民家なので若干改築等で変っていますが、背景や全体の様子からここだとわかります。
…しかし、他の写真もそうですが、何故この場所でこの角度で撮ったんだろう?
長町武家屋敷街も2人とも記憶にありませんsweat01

Img_1220 遅めのお昼を食べに近江町市場へ。
日本三大市場の一つと言う事ですが、他って築地と何処かな?
日本海なのでやはりカニとのどくろですね~。
最終日だったらお買い物できるのに残念ながら冷やかすだけ。

Img_0188_2 市場内の回転寿司屋でお昼にします。
流石、市場内だけあってネタが新鮮、因みに一番手前がのどくろです。

Img_0194 最後に金沢駅に向かいます。
金沢駅内はお土産屋さんが充実していて便利です。
しかし斬新で力の入ったデザインの駅ですねぇ。

Img_1230 北陸道を通って白馬へ向かいます。
快適な高速ですが、単調すぎるのが難点。
修学旅行当時は北陸道は全通していなくて下道を延々走った記憶があるのですが、凄く長い移動だったのを覚えています。運転手さん大変だっただろうな~。
金沢から新潟への移動で白馬宿泊って無理がある様な…(^^;)

高速を糸魚川で降りてフォッサマグナの糸魚川静岡構造線を車窓から観察しようと思っていたら、スノーシェッドの連続で殆ど見れませんでした。
夕暮れ時のスノーシェッドはトンネルよりも暗いしおまけに結構クネクネ道の連続で疲れてホテルに到着~。

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

修学旅行再現二日目 高山~金沢

Img_0608_2 二日目も快晴、というか今日も猛暑の悪寒(^^;)
朝食を済ませて7:00頃にはホテルを出て高山の町並みを散策します。
車は午前中一杯置いていていいそうなので後でピックアップ。

Img_0634 本日最初のチェックポイント、宮川朝市です。
ここは写真は残っていませんが覚えています。

売っている物は野菜や民芸品、名物赤カブ漬けなど。
本当は野菜を買いたかったけどまだ旅が続くので生鮮品はダメですね。
ということで赤カブ漬けと馬ぼぼ(藁馬にさるぼぼが乗っている)を買いました。

Img_0645 チェックポイントの高山市郷土館。
こちらは只今リニューアル工事で休館中。
でも写真は正門前なので無事確認できました。
こちらもあまり変っていませんね。(でも敷地内は大工事中…)

Img_0672 次は高山陣屋へ向かい、陣屋朝市をひやかしながら陣屋の開館を待ちます。
こちらも果物が多くて買いたかったけど残念~。

Img_0723 高山陣屋です。
今まで沢山の陣屋跡を見ましたが、江戸時代からの現存の建物がある陣屋は初めてです。
と思ったら、高山陣屋が全国唯一の現存だそう。
何となく陣屋だから狭いのかと思ったら思いのほか広くて見ごたえがありました。
ついでに言えば、こんなに訪れる人が多い陣屋は初めて。
因みに修学旅行当時は公開していなかったと思います。

Img_0729 次のチェックポイント、さんまちの古い町並みです。
写真は残っていませんが何か食べ歩いた記憶があります(^^)

Img_0752 という事で、飛騨牛コロッケを食べ歩き。
揚げたてで美味しかった♪

Img_0763 ホテルで車をピックアップして高山市街を離れてお次は飛騨の里に向かいます。
ここは飛騨地方の伝統的建物を移築復元し展示している施設です。
お城と同様にいかにも修学旅行で訪れそうw
これは休憩所の風鈴、馬だったので。

Img_0794 チェックポイントです。
これは何処を写したのか良くわからなくて検索の鬼と化して飛騨の里と判明した場所。
ヒントは後ろの鳥居と円形の車田でした。
ここも変わっていませんね~。
当時は9月末に訪れたので既に稲が色づいていますね。

Img_0773 飛騨の里内を歩いてふと振り返ったら別のチェックポイントがあったflair
この写真はどこで撮ったのか全然わからなかったので見つかってラッキーでした。
何だかオリエンテーリング気分になってきた♪
しかし、飛騨の里の記憶も2人ともありません(^^;)

Img_0073 本来の次の目的地は金沢ですが、寄り道をして白川郷に向かいます。
この高山~白川郷を結ぶ高速がトンネルの連続で単調で疲れる(^^;)
散々トンネルが続いた後、最後に10kmの飛騨トンネルがあって気が遠くなりました。
対面2車線だから余計に疲れますね…。(私は運転しないけど)

Img_0805 最初に白川郷を俯瞰できる城山展望台へ車で登ります。
白川郷撮影の定番スポットですね。
先に白川郷の駐車場に駐車すると徒歩で来る破目になってしまうので、町に入る前にこちらに車で登るのがお薦め。

Img_0882 白川郷の中心部にある駐車場に車を停めて散策します。
しかし、猛暑で暑い~でも観光なので外を歩くしかない~sweat01
ペットボトルが手放せません。

Img_0875 用水路が生簀がわりになっていました。
泳いでいたのはマスかな?
涼しげで羨ましい~。

Img_0858 合掌造りの家の中には内部を公開している建物も沢山あります。
どこも大きくて必ず囲炉裏が焚かれています。(防虫・防腐の為だそう)
ちょっといがらっぽいけど風通しが良くて快適そう。

Img_0861 屋根の先端部の裏側です。
がっしりした木が組まれていて、総重量はどの位だろう?

Img_0910_2 お昼は合掌造りのお店で蕎麦と朴葉味噌焼きを。
炎天下で歩き続けたのでここでちょっと休憩~。

Img_0923 次は金沢に向かいますが、高速ではなくてまたまた寄り道をして白山スーパー林道を通ってみます。
林道と言っても全線舗装済ですが、荒々しい渓谷を眼下にアップダウンの激しい山道を通ります。
因みに夜間通行止め・11月10日~6月初旬まで通行止めという道路で通行料は3,150円!
今はキャンペーン中とかで2,500円とちょっとお得だけどETC1,000円特割の時代には凄く高く感じます(^^;)

Img_0932 林道脇には大小の滝が幾つもあります。
これはふくべの大滝、落差86mです。

Img_0137 姥ヶ滝、落差76mで日本の滝100選。
この滝の目の前には温泉があります。

Img_0122 滝の目の前にある親谷の湯、秘湯で有名な無料の温泉です。
しかし、駐車場から急階段を谷底まで降りる(往復40分)必要があるのと、滝見の観光客がいる場合があるのでなかなか敷居の高い温泉です。
この時は人がいなかったので入れたとか。
もちろん坂道嫌いな私は車で待っていて夫の報告画像です。

この後、滝や谷を観賞しつつ林道を抜けて一路金沢へ。

Img_0977 ホテルにチェックイン後、夕食にでかけます。
今夜はホテルの従業員さんに紹介してもらった主計町茶屋街にある「空海」という居酒屋へ。
ここは人気があるらしく予約がないとダメとか、予約もホテルの方が入れてくれました。
夜の主計町茶屋街は雰囲気があります。

Img_0179 色々食べましたが、これは金沢名物の治部煮。
美味しくてリーズナブル、しかもロケーションも良いのでここはお薦めです。

Img_1014 酔い覚ましにひがし茶屋街へ、ここも金沢を代表する観光スポットの一つです。
でも先の主計町茶屋街もひがし茶屋街も元花街なので修学旅行で訪れたとは思えませんね(笑)
今でもお茶屋さんが軒を連ねています。

ホテルに戻って温泉に入って就寝、最近のホテルは温泉を引いているところが増えて良いです。

| | コメント (2)

2010年8月17日 (火)

修学旅行再現一日目 犬山城~高山

Img_0009 いよいよ修学旅行の再現ツアーにでかけます。

初日は移動距離があるので朝は2時に起きる予定でしたが、見事に寝坊して高速に乗ったのはタッチの差で深夜時間にならない4時10分でした(^^;)
車に修学旅行の年の洋楽・邦楽ヒット曲集CDを乗せて出発!気分を盛り上げまーす。

平日の早朝なので中央道も快適、八ヶ岳が見えた頃に夜明けを迎えました。

Img_0485 休憩を挟みつつ8時過ぎに最初の目的地、犬山城に到着しました。
木曽川を臨む風光明媚かつ要衝の地に立つ国宝のお城です。

Img_0439 最初のチェックポイントを確認w
植栽が育っていますが、流石に現存のお城は変りありません。
今でこそお城めぐりが趣味になっていますが、2人とも犬山城の記憶が無いんですね(^^;)
写真が残っているから来ているのは確かなんですが。

Img_0460 天守からの眺め。
遠くまで見渡せるいい場所に建っています。
最初のミッションをこなして愛知県を離れ岐阜県に移動します。
しかし酷暑処の東海地方、流石に暑い!

Img_0488 高速に乗り、次は郡上八幡に来ました。
ここは修学旅行とは関係ありませんがルート上にあるので立ち寄って観光します。

郡上八幡城下にある山内一豊とご当地出身という千代の像、背景に建つのが郡上八幡城。
…馬が小さい(笑)

Img_0515 郡上八幡は水が豊かな所です。
余りに暑いので水辺で足を冷やします。
水が綺麗なので子供だけじゃなく大人も水遊びする人多数。

Img_0501  全国名水百選で最初に選ばれたと言う宗祗水。
ペットボトルで湧き水を汲んでいる人もいました。

Img_0535 やなか水のこみち、皆さん足をつけて涼を取っています。

Img_0543 やなか水のこみちの近くのお店で売っている名物の水まんじゅう。
お猪口位の大きさなので一口でぺろりと食べられます。
郡上八幡の名水で良く冷えていて美味し~い!

Img_0554_2 いがわこみち、野菜を洗ったりと生活用水に使われているそう。
鯉やイワナが気持ち良さそうに泳いでいます。

Img_0562 川で釣りをする人、涼しいだろうな~。
水が綺麗ですねぇ。

Img_0024  「平甚」というお蕎麦屋さんで昼食。
並ばずに入れたけど、食べ終わって出る頃には外には行列が…。

Img_0049 くねくね山道を越えてお次は下呂温泉です。
猛暑なのに温泉めぐりとは罰ゲームの様ですが(^^;)

Img_0578 下呂温泉は足湯めぐりが楽しみでもあります。
その一つの足湯で食べた温卵ソフトとほんわかプリン。
こくがあって美味しい。

Img_0594 足湯めぐりの途中で買った、地ビールの下呂麦酒。
味は普通と思いますがネーミングに惹かれました(笑)

Img_0037 せっかく日本三名泉に来たのだから足湯だけじゃ勿体無い。立ち寄り湯を浴びます。

Img_0044

【水明館】

下呂を代表する大型旅館、施設が充実しています。
お湯は無色透明でつるつるの美人湯。

入湯料:1,000円(バスタオルレンタル、小タオルつき)
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:シャンプー・コンディショナー・ボディソープ完備

Img_0601 温泉でまったりしたら下呂を後にして宿泊地の高山へ。
ホテルにチェックインをして車を置いて夕食にでかけます。
高山と言えば飛騨牛でしょうと言う事で、「キッチン飛騨」でA-4のステーキを食べました。
二人用で400gを注文したら、大きい(^^;)
でも流石に柔らかくて美味しかったです。

食後夜の高山の街をそぞろ歩いて腹ごなし。
高山は欧米人の観光客が凄く多くてビックリ、確かに外人好みの町ではありますが。

ホテルに戻ってもう一回温泉に入ってハードだった一日目は終了。
朝市に行くから明日も朝が早いよ~。

| | コメント (0)

お留守番

0817a 旅行の間、ぴいたはいつものようにお留守番をしてもらいます。
今回は3泊4日、いつものように容器一杯のペレットと牧草を沢山、真夏ですがクーラーつけっぱなしは抵抗があるので換気扇を回しておきます。

0817b 水もたっぷり用意しました。
ちょっと心配ですが、いいこでお留守番していてね~。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

修学旅行再現・まえがき

Img_1426 我が家は高校の同級生同士の夫婦なのですが、今年は修学旅行から○十周年(○にはお好きな数字を入れて下さいw)と言う事に先日気がつきまして、今年の夏の旅行はコレを再現しようという事になりました。
面白いコースなので実は以前からいつか再現してみようとは思っていました。

当時の母校の修学旅行の行き先は例年北海道か九州だったのが我々の代は予算不足の為飛行機は使わない海は越えないというルールができました(^^;)
その代わり生徒達の希望でコースを3通り作り、クラス毎にコースを選択する事になったわけです。

で、我がクラスのコースは 横浜発→名古屋→高山(泊)→金沢(泊)→白馬(泊)→佐渡→横浜着 となりました。(佐渡は海越えてるじゃん、と今更突っ込み)

これ、3泊4日なのに移動距離が大きくて結構大変(^^;)
電車とバスと船を乗り継いで移動時間が長かった事を良く覚えています。
という事で、佐渡は又の機会にして今回は名古屋~白馬までのルートに決定。

2人分のかなりぁゃιぃ記憶と、数少ない当時の写真を手がかりに訪問先を推定、それだけじゃ芸がないのでルート上で+αを加える事にしました。
修学旅行の写真は20枚くらい残っていますが、半分は移動中と宿の中のものなので残りの数少ないものの中で訪問先の手がかりを探りました。
風景写真なんて一枚もないし、業者の撮った集合写真しか場所の名前が記録されていないし(^^;)

それでも記憶と検索で推定して、当時の写真と同じ場所に行って見るのを目標にしてみました。
時間が経っているから変っているだろうし全部は無理だと思うけど…。

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

隅っこが好き

0812d ハムスターもそうでしたが、うさぎも隅っこが好きですね~。
特に角にお尻を向けていると落ち着くみたい。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

日帰りで尾瀬

Img_0163 日帰りで尾瀬に行ってきました。
例によって決めたのが前日夜(^^;)それからアプローチ方法とか調べたので前夜は2時間しか寝てないしsweat01

早朝出発で高速には4:30頃には乗っていました。
流石夏休みで1,000円の日だけあってこんな時間でもそこそこ交通量があったのは驚きです。

交通規制の日なので、尾瀬戸倉の駐車場に車を置き、そこから乗り合いバスやタクシーで鳩待峠まで行きます。料金は片道1人900円。

鳩待峠から7:00頃尾瀬に向かって歩き出しました。
尾瀬は山に囲まれた盆地状の湿原なので最初の3.3kmはどんどん下って行きます。
…と言う事は散策して疲れた状態で3.3km登るのですね~sweat01

Img_0265 湿原手前の山ノ鼻にあるビジターセンターで情報収集をしていよいよ尾瀬の探索です。
快晴で良かった~。

Img_0333 足元には季節の花々が咲いています。
これはコオニユリかな。

Img_0243_2 手前はキンコウカ、池糖にはヒツジグサが浮いています。

Img_0273 朝早いと人も少ないのでのんびり観察できます。
帰りの昼ごろにはツアー客も到着していたので木道は人で一杯になっていました。

Img_0284 至仏山と尾瀬

Img_0290 尾瀬はもう秋の気配

Img_0330 山小屋の集まる見晴付近。この辺りは福島県です。
山小屋のある所では食事もできます。

Img_0347 再び探索再開。
湿原内にはいくつもの川や流れがありますが、魚も沢山住んでいます。
これはイワナかな、全然逃げません。

Img_0360 クマもいるようです。
これは木道脇のミズバショウの実をクマが食べた跡。
クマ鈴必須です(^^;)

Img_0364 緑の中の東電小屋。
この辺りは新潟県。

Img_0375 池糖に映る夏空。

Img_0376 背負子に荷物を乗せて運ぶボッカさん。
何十キロ背負っているんでしょう?あの道を降りてここまで来たのか~。
尾瀬の物価は高めですが、仕方が無いですよね。

Img_0393 朝は開いていなかったヒツジグサ(ヒツジの刻-昼ごろに咲く)が足元で咲いています。

Img_0408 再び山ノ鼻に戻って山荘で昼食を取って休憩~。
これからの登りに備えます(^^;)

Img_0413 鳩待峠まで3.3km1:30の登りです。
既に夏空の中、歩き回った末の登りですからねー…。
舌鼓を使われながらヒイコラ登りましたとも。

14:30に鳩待峠に到着、7:00から歩き出したので休憩を挟みながら約20km7時間半の探索でした。
ここからまた乗り合いバスに乗って尾瀬戸倉まで戻ります。

Img_0426 本日の温泉は老神温泉にしました。
ここは紅葉の時期も良さそうですね。

Img_6155 【湯元 華亭】

老神温泉街にある日帰り施設。
露天風呂は川沿いに二つあって一つは薔薇の花が沢山浮かんでいました。
手足を伸ばしてのんびり(^^)

入湯料:550円
ロッカー:有り(有料100円)
ドライヤー:有り(無料)
備考:シャンプー・リンス・ボディーソープ完備

Img_6167 本日のお土産

毎度お馴染み直売所で生鮮野菜と名産物を買って来ました。

帰りは高速が渋滞していて20km通過するのに2時間(!)と表示されていたので渋滞手前のSAで途中から下道から帰ろうかと検討していたら20kmを40分になったのでそのまま高速で、家には21:00頃帰宅しました。

日帰り尾瀬満喫!でも流石に疲れました~。
また季節を変えて行ってみたいです。

| | コメント (4)

2010年8月 6日 (金)

夏空ですね

0805d 毎日暑い日が続きますね。
2007年以来の夏らしい夏だと思います。

0805c_2 うさぎもだるだるです。

| | コメント (4)

2010年8月 5日 (木)

馬ばかりのお買い物

0805a バーゲン中のアウトレットでお買い物してきました。
全部馬柄でーすw

元々安くなっている上に配布されていたクーポンで更に30%OFFでした♪
二つとも狙っていた色とタイプで柄出も吟味してばっちり。

0805b こちらも馬柄というかポロ柄です。
バーゲン期間なので掘り出し物もありました。

0805e ネクタイはお馴染みのキツネ狩り柄で、実は同じブランドで同じ柄のスカートを持っています。
密かにペアルックになったw

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »