« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月27日 (土)

柳瀬荘アート・教育プロジェクト+久々に映画

Img_1385 東京国立博物館が所管する柳瀬荘で開かれているアートプロジェクトに行って来ました。
日芸の教職員による展示会で通常は週に一度木曜日しか公開していない柳瀬荘が会期中は週末も開いています。

Img_1357 江戸時代の建物と現代アートが同居しています。

Img_1365 眺めの良い場所に置かれたり

Img_1372 これは裏口から進入してくるイメージ?

Img_1367 これは「それいけ女の子」という題だったかと

Img_1428 歴史ある建物とアートの共演が興味深いイベントでした。
敷地内の紅葉もまっさかりでそちらも満喫。

Wallpaperhermione1280x102 その後はハリーポッターと死の秘宝Ⅰを見に行きました。
めっきり映画を見に行かなくなったので劇場に行くのは一年ぶり位かも。
以前は月一位で行っていたのに最近は劇場に足を運んで迄見たいと思う作品が減りました。

映画の方の感想は完結編の前編なので中途半端感が強いです。
絵的にも冬の景色の中をハリー達が旅したり戦ったりお馴染みの登場人物がどんどん死んでいくしと暗い。
少しでも明るい場面は結婚式位でしょうか。

主役三人が大きくなったと新作が公開される度に思います。
同じ子役を使い続けたのは本当に良かったと。
ハーマイオニー役の子は美少女から素直に美人になりましたねぇ。
但し三人とも17歳に見えないのは惜しいです。

とりあえず今までハリーポッターを見に行ってこんなに満足感が無かったのは初めて、完結編では大いなるカタルシスを味わいたいものです。

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

換毛再び

1125a ぴいたの換毛は既に終了したかと思ったら再び換毛の様です。
二段階なのかな?
ぼっこぼこになっていますw

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

紅葉狩り-国分寺編

Img_2939 国分寺には日立製作所の中央研究所があって年に二回その庭園を一般に開放しています。
創業者の意向を守り敷地内の自然を残す様に建物を建てたそうで、武蔵野の自然が良く残っています。

国分寺駅を降り、地図を見ようかと思ったら凄い数の人がゾロゾロ歩いていて場所を探す必要はありませんでした。
旅行会社のツアーなどで来ている人も沢山いてここの庭園開放は結構有名な様子です。

Img_3061 受付で散策マップを貰います。
紅葉は丁度良い感じでした。

Img_3005 庭園内には湧水ポイントが何箇所かあってそれは野川の源流となっています。
この池も野川の水が集まったもの。

Img_3048 枝が面白い枝垂紅葉。

Img_3107 軽食を扱う店も臨時に出展、ゴザも貸してくれます。
のんびり秋の一日を過ごしている人々が多くいました。
…でも社員の人達は案内で大変そう(^^;)

Img_2862 ついでに駅の反対側にある殿ヶ谷戸庭園にも行ってみました。
こちらの紅葉は見ごろになったばかりという感じです。

Img_2914 こちらも湧水があり野川の源流の一部になっているそうです。
この辺りは湧水が多いですね。
両方とも紅葉が見ごろでタイミングが良かったです。

Img_3114 お土産に国分寺名物という輪島の団子を。
タレが香ばしくて美味でした^^

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

紅葉狩り-冬桜編

Img_1193 見ごろという事で群馬・埼玉県境付近に冬桜を見に行きました。
出発は7時に近かったのでちょこちょこと渋滞、これ以上遅くはできませんね。

Img_2509 最初に群馬県側にある桜山公園へ。
天然記念物で名勝指定の冬桜が自生する桜山を中心にした公園です。
ここに至る道が長い道で花見の時期には渋滞で大変そうでした。
(逃げ場の無い一本道で渋滞の場合ここから2時間とか1時間という看板があったsweat01

入り口付近にある日本庭園。
ここの紅葉は鮮やかで見ごたえがありました。

Img_2581 紅葉と冬桜。
秋の桜は春の桜のように密集しては咲きません。
紅葉を背景に撮るのはお約束ですねw

Img_2628 冬桜と紅葉の風景。
秋と春が同居しています。

Img_2570 結構な坂を登って桜山へ。
この辺りは丁度紅葉が盛り、紅葉の中を散策します。
野鳥が多くてバードウォッチングも。
紅葉の林にキツツキが木を打つ音が響いていました。

Img_2548  紅葉と冬桜と山茶花。

Img_2622 天気が良いので山も良く見えます。

Img_2751 次は通りがかりに見つけた三波石峡谷へ寄りました。
こちらも天然記念物で名勝だそう。

当地の名産という三波石という青白い石がゴロゴロ転がる峡谷です。
川の色が不思議な色をしていますが、これは石の成分でしょうか。
紅葉がとても映えます。

Img_2699 川岸には名をつけられた個性的な石が数多くあります。
そのまま庭石になりそう。
(天然記念物なのでもちろん小石ひとつ動かせません)
この辺りは県境なので道を走っていると群馬に入ったり埼玉に入ったりを繰り返します。

Img_2829 次は埼玉側の城峯公園へ。
こちらも冬桜の名所です。

Img_2804 城峯公園もアップダウンのある公園でした。
今日は行く所行く所坂路があってきつい~sweat01

Img_2789 同じ冬桜の公園ですが、桜の数が多くて自然を生かしてるのは桜山公園、密集度では神峯公園という感じがしました。

Img_1198 紅葉狩りは以上で終了。
公園でパンフレットを配っていた近所にあるお醤油のヤマキ醸造へ。
工場見学や食事が出来るようです。

Img_1204 これは有機野菜を使用したカレー。

Img_1209 豆乳入りのうどん。
右の野菜たっぷりのタレにつけて頂きます。モチモチ~。
他に自家製の豆腐セットも食べました。

Img_1214 続いて工場見学。
一瞬味噌(味噌も製造している)?と思いましたが醤油でした。
国産の有機農法で栽培された大豆を使用し秩父の天然水で仕込むそうです。
一つの樽に10,000リットル仕込めるそう。
醤油10,000リットルって想像がつきませんが、一人で消費すると2,600年かかると説明されていました。
見学後売店で早速醤油と豆腐を購入♪

Img_1237 本日の温泉はこれも県境に建つ温泉、温泉通の間では有名だそうです。

【神流川温泉 白寿】

成分の濃い温泉で床に温泉成分が千枚田状に堆積しています。
歩くとちょっと痛い(笑)
成分が濃いだけあって風呂から上がっても長時間ぽかぽかしています。
共同湯チックな佇まいですが更衣室にロデオボーイ有り。

入湯料:700円
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:源泉かけ流し、ケロリン、シャンプー・ボディーソープ完備

Img_2851 本日のお土産

右側はヤマキ醸造で桜豆腐と醤油、上州名物おっきりこみのセットと農場直売のリンゴやみかん。
群馬あたりでもみかんの栽培をするんですね。

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

冷え込んで来ました

1118c 窓の外の桜が紅葉しています。多分来週がピーク。

1118a_2 最近冷えこんで着ましたね~モグモグ。

| | コメント (2)

2010年11月13日 (土)

紅葉狩り-名栗編

Img_2421 奥多摩に隣接する名栗方面へ紅葉を見に行ってきました。
名栗渓谷も色づいています。

Img_2436 渓谷を流れる名栗川(入間川)の水はとても綺麗です。
夏は水遊びで賑わうそう。

Img_2367_2 鳥居観音に到着。
紅葉の名所ですが、見所一杯の面白いお寺です。
(割とこういうのを見るのが好きですw)
関東では余り見ない龍宮門。

Img_2292 一山全体がお寺なのでプチトレッキングばりの参道です。
しかし車でもアプローチ出来るので我々は車で。

Img_2275 紅葉の中に様々の建造物が建っています。

Img_2334 色とりどりの紅葉が美しいです。

Img_2379 次は名栗湖へ。
エメラルドグリーンの湖水(ダムですが)に紅葉が映えています。
今日は釣り客や名栗湖を経て峠方面にトレッキングに出向く人達が大勢いました。

Img_2397 名栗湖や有馬渓谷を回って夫のみさわらびの湯へ。(ほんっと温泉好きだね~)
周辺でレジャー客御用達の温泉の様子。
この辺りは林業が盛んなのでさわらびの湯も木材をふんだんに使用して建てられた様です。

Img_2412 さわらびの湯の近くで咲いていた十月桜。
紅葉と良い取り合わせですね。

Img_2415 小腹が空いたので農産物直売所で販売していた焼きたての味噌付まんじゅうを。
中のあんと甘味噌がマッチして美味しい。

Img_2466 次はこれも紅葉名所能任寺へ。
ここの紅葉は来週辺りがピークかな?

Img_2496 庭園は桃山時代の作庭と言う事で日本の名園百選だそうです。
名園百選…あるんですね。リストが知りたいかも。

Img_2502 またカマキリを見つけました。
単に生き物好きなだけで決してカマキリマニアではありませんw
紅葉とカマキリ~。

Img_1137 本日の温泉は何度か来ている宮沢湖喜楽里別邸へ。
宮沢湖も紅葉が進んでいて露天から見る景色が綺麗でした。

Img_1133 食事は喜楽里のバイキング。
こちらのバイキングは地場産など拘りが合って美味しいので気に入っています。
しかしバイキングはつい食べ過ぎてしまうのが難点。

紅葉も来週は街中かな。

| | コメント (2)

2010年11月11日 (木)

爪切り

1111a 恒例の爪切りをしました。
大変迷惑そうですw

1111b は、早く済ませろ~!いや済ませて下さい…down

| | コメント (4)

2010年11月 6日 (土)

南魚沼で紅葉狩り

Img_1022 やっと予定とお天気が合ったので紅葉狩りへ、今回は南魚沼に行って来ました。
南魚沼というと昨年の大河ドラマ「天地人」で直江兼続の生誕の地とされていた所で米どころですね。

朝6時過ぎに高速に乗ると既に渋滞の始まりかけ、流石好天の紅葉シーズンです。
渋滞名所でちょっとノロノロしましたが、この位の時間なら楽勝です。

Img_1035 長ーい関越トンネルを抜けると新潟県、山は紅葉まっさかりです。

Img_1955 最初に紅葉が見ごろという清津峡へ。ここは日本三大峡谷なんだそうです。(初めて知った)
ここの観賞は独特で、峡谷に並行してトンネルが貫通しており数箇所で開口部があり、そこから峡谷の岩肌を見るというもの。
以前落石事故があった事からこういうスタイルになったらしいのですが、岩肌を観賞するだけならそれも良いのかも知れませんが、ちょっと違和感がありますね(^^;)

Img_1947 見事な柱状節理に紅葉が映えています。
名勝で天然記念物。

Img_1990 しかし、岩肌はともかく紅葉自体はトンネル外の方が華やかです(^^;)

Img_1051 次は魚沼スカイラインへ。
景色の良い尾根道を走る道路で紅葉が見事です。

Img_2011 里山の秋の風景を見下ろしたり。

Img_2028 展望台からは越後の山々を見渡せます。

Img_2033 周辺は紅葉まっさかり。

Img_2043 魚沼スカイラインから塩沢方面に下りて来ました。
塩沢は江戸時代に宿場町があったところで、町の中心部はここ7~8年で景観に配慮した町並み造りを進めて来たと言う事で、趣のある建物に雁木が連なる通りとなって観光名所になっています。

…と書いていますが、実はお土産にお米を購入した付近の米殻店で「寄って行かれては?」とお薦めされたので知った次第です(笑)

Img_2042 信用金庫もこの通り。
倉敷や川越に似た感じの町並みですね。
こちらは新しい建物ばかりですが、その分工夫されています。

Img_2050_2 流石、米どころとあって大きな米殻店が多いです。
小腹が空いたので、その内の一つでおにぎりを、注文してから握るので暖かくて柔らかい。
美味しかったです^^

Img_2108 次は直江兼続が主君と一緒に学んだという雲洞庵へ。

Img_2154 ここは由緒あるお寺ですが、紅葉も見事。
タイミングもばっちりでした。

Img_1065  ちょっと遅いお昼は名物のへぎそばを。
「へぎ」というのはそばを乗せている入れ物の事でそれでへぎそばの名があります。
そば自体も布海苔をつなぎに使っていてツルツルとした独特の歯応えが面白いです。

Img_2167 一旦高速に乗って関越トンネルを越えて群馬県側の水上に来ました。
水上はここ3年で数度来ていますが、谷川岳(画像上側中央右寄り)の山頂が全て見えたのは初めて。

Img_2176_2 水上辺りも紅葉まっさかりです。

Img_1079 水上に来たのは宝川温泉汪泉閣の入浴無料券があったため。先日来た時にくじ引きで当てたものです。
こちらは一年中人気の温泉ですが、やはり紅葉シーズンは賑わっていてツアー客も来ていました。
普段は貸切に近い女性専用風呂も混んでいました。といってもこちらは広いのでイモ洗い感は全くないです。

Img_1092 紅葉も見事な所なのですが、場所柄余り撮影出来ないのがもどかしいです。
ここはあとは桜のシーズンに来れば四季をコンプリートですね。
メインが混浴というのが気に入りませんがw女性専用風呂+内風呂だけでも満足です。

帰路は事故渋滞に嵌ってなんと1時間30分のロス、渋滞回避に命をかける我が家としては久々に味わうビタ停まり渋滞で車内のムードは一時最悪になりましたw
事故渋滞に嵌っている間にいつもの渋滞名所(花園とか高坂とか東松山とか)の渋滞は緩和されて、それだけは怪我の功名。

Img_2180 本日のお土産

南魚沼ではやっぱりコシヒカリや米どころなので米菓、そして八海山。

Img_2186 水上では直売所でりんごを。
この季節はりんごのお土産は欠かしません(^^)

| | コメント (4)

2010年11月 4日 (木)

そろそろかな…

1104a camera2010年11月4日

そろそろ爪切りの季節かな~。

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »