« 雷ゴロゴロ | トップページ | 長野旅行一日目 奥裾花自然園~野沢温泉 »

2012年5月11日 (金)

国際バラとガーデニングショウ

002今年も国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
今年は初日が週末で超混雑が予想されたので、限定販売された内覧会のチケットを買って開催前日に行きました。

このチケット、発売価格は2,000円の定価ですが、発売直前にサイトにUPされた上に発売場所も池袋と高田馬場だけだったので限られた人しか買えなかったと思うのですが、良かったです。

一部準備中で、お店もOPENしていない所もありましたが目的は展示の方ですし、人が少ないので見やすい・撮影もしやすい・有名育種家やガーデナーも直近に、とミーハー心も満足できますw
絶対おすすめです。

069今年のテーマガーデンは「Cath Kidstonの秘密の庭」、バラをモチーフにしたデザイナーのキャス・キッドソンのコッツウォルズにある実際の庭を再現したもの。

黄色い壁に明るい色のバラが映えています。

059庭に干してある洗濯物もキャス・キッドソン製。

268食卓の設えも、もちろんキャス・キッドソン。
柄と柄が戦っていますが、不思議とマッチしているんですよね。

私もカウボーイ柄のバッグを持っています^^(あとユニクロコラボTもw)

035オープニングイベントにはキャス・キッドソンご自身も登場。
開会式のセレモニーにも出席していました。

122今年の目玉の一つは新品種「ベルサイユのばら」。
もちろん池田理代子さんの作品がきっかけに作られた品種です。

116花のアップはこんな感じ。
赤いビロード色といった感じです。

ベルばら的には赤はアントワネット、白はオスカル、ピンクはロザリー、黄色はポリニャック夫人、黒はジャンヌだったと思うのですが、白じゃ何となくインパクト不足だし、作品イメージとしてはこんなシックな赤は有りだなと思いました。
シリーズ化して色々出すと良いのですけど。

115展示されていた宝塚のベルばら衣装の色と似ていますね。
見に行きましたよー中学生の時に、宝塚大劇場へ。

202この新品種の贈呈式には池田理代子さんも登場。
この度の事に敬意を表してフランスから贈られたレジオン・ドヌール勲章を胸にして初めて外に出たそうです。

188フランスでは新品種の命名式では人間の洗礼式になぞらえてバラにシャンパンをかけて洗礼するそうです。
う~ん素敵。

とにかく往年のベルばらファンとしては萌えましたw

100あとは展示作品を隅から隅まで見学。
空いているのでじっくり見れました^^

142ガーデニングショウならではの展示を堪能したり、色遣いに感心したり参考にしたりと楽しいひと時でした。

297今回のお土産は、いつも買っている英国小物屋さんで厩舎+馬のセット。
(いつも馬小物を売っているのでチェックしています)
新品種ベルサイユのばらは記念買いするかどうか本当に悩みましたが、株姿からして何となく難しそうなので今回はパスして、色に惹かれたパープル・スプレンダーの大株を購入しました。
たっぷり水を含んだ6号ポットは重かったですー(^^;)

|

« 雷ゴロゴロ | トップページ | 長野旅行一日目 奥裾花自然園~野沢温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雷ゴロゴロ | トップページ | 長野旅行一日目 奥裾花自然園~野沢温泉 »