« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

マウリッツハイス美術館展

004東京都美術館で開催中の「マウリッツハイス美術館展」へ行ってきました。
東京都美術館に行くのはは久しぶり。

008話題の展覧会ですし開催前日にNHKニュースでも取り上げられていたのも手伝ってか混んでいます。
入場までに20分くらいかかりました。
館内での行列だったのは救い(^^;)

030入場制限されていましたが、細かい描写の絵が多く近くでじっくり見ることになるので絵の前は当然混み混み。
展示作品数は48点と少ないのですが、ルーベンス、ブリューゲル、ヴァン・ダイク、レンブラントと名品揃いで満足。

そしてメインの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」は一室に単独で展示。
ここの部屋は再び列に並んで見る事になりますが、この時は待ち時間は10分弱。
そして立ち止まれませんが目の前で見る事ができるのでこの展示方式は納得です。
目の前で見た後に一歩後ろに下がれば立ち止まって好きなだけ見る事もできました。
色の美しさもさることながら目に引き付けられます。黒の背景も効いています。
フェルメールは「真珠の耳飾りの少女」以外に「ディアナとニンフたち」も展示されていますが、これは他の作品と一緒の扱いでした。

010グッズ売り場も広くて商品の種類も多かったです。
真珠の耳飾りの少女なミッフィーが飛ぶように売れていました。
他にはお決まりのグッズ(クリアファイル、マグネット、メモetc.)やTシャツやシュウウエムラのコラボ化粧品まで!
今回はグッズ類も気合が入っています(笑)

014_2
今回の展覧会の為に作られたミキモトのイヤリング(これはグッズ売り場)や真珠の耳飾りの少女のドレスも展示されていました。

034企画展とは別の常設ショップにもフェルメール関連のお土産が。
企画展のショップとはまた違った品揃えです。
価格はこちらの方がお手頃。

031_2こんなクッキーも売っていましたよ。
少女の耳にちゃんと真珠がある^^

079本日のお土産

毎度買うクリアファイルは今回はダブルファイルに、内側はマウリッツハイス美術館での展示の様子、FEILERのコラボタオルは使いやすいのは小さい方なのですが実際に見ると絵柄は大きい方が綺麗なので大きい方に。
アエラの展覧会公式ブックと「誰も知らない名画の見方」、絵が多くて読みやすいのですが、誰も知らないって程では無かったです(^^;)

103これは入場した時に無料で配られたもの。
展覧会の目録がカラーの冊子形式と豪華版、先着1万名に配られた絵ハガキ、前売りはローチケのピンズ付きだったのでそのピンズ。

101ピンズのアップ
無料だったので期待していませんでしたが、ちゃんと真珠の耳飾りの少女だったのが嬉しい^^

帰宅後は撮り溜めておいた映画の「真珠の耳飾りの少女」を観ました。
これはフェルメールの絵の世界がちゃんと再現されていて面白いですね、少女のエピソードはフィクションですがこういう説もありという事で。
絵の中に描かれる構図が映されたり「牛乳を注ぐ女」とか「首飾りの女」とか「青衣の女」などのキャラが生きて動いていて絵のイメージとの違いなども面白かったです。

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

顔だけは…

0628aいつもの様におねだり。
態度も中身もオッサン兎ですが、顔(だけ)は可愛いんですよね~。

0628b「なんだって~punch

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

バーン=ジョーンズ展から皇居東御苑

010三菱一号館美術館へ「バーン=ジョーンズ展」を観に行ってきました。

象徴派を代表する画家のバーン=ジョーンズの日本初の個展という事です。
バーン=ジョーンズの夢見る様な画風、神話・伝説に基づいた画題は好みのど真ん中、画布に描かれる登場人物は美形しかいません。クリーチャーまで美形揃い(笑)

という事はともかくとして、油絵とは思えない繊細なタッチには驚き、これは印刷やネット画像で見るよりも実際に目にするのがお勧め。感動します。
大型の代表作やステンドグラスなどの為の秀作もどれも美しかったです。
モリス工房によるタペストリーも素晴らしい。

018
展示は「聖ゲオルギウス」「ペルセウス」「ピグマリオン」「いばら姫」「アーサー王伝説」などをテーマ毎に。
今回の展覧会は三菱一号館美術館の建物に大変合っていました。

024アーツ・アンド・クラフト運動(手仕事による生活と芸術の統一)の協力者らしくバーン=ジョーンズの作品はお土産品にも相性が良くて購買欲をそそる品物が…厳選するのに苦労しました。
他にウイリアム・モリスの製品や英国小物を合わせて販売されていました。
相変わらずここはショップのセンスが良いです。

369本日のお土産

クリアファイルと絵ハガキ、多分今回の展覧会に合わせて発売されたばかりのアート・ビギナーズ・コレクション「バーン=ジョーンズ」
オールカラーで80P、画集としても見れますが内容も充実していて読みごたえがありました。
衛兵柄の英国製トートバッグも馬柄なので購入。

032ブリックスクエアでランチを食べながら休憩~。

052次は皇居東御苑へ行くのですが、その前に二重橋前に。
長く首都圏に住んでいますが、二重橋って初めて来ました。
外国人観光客が沢山、そして流石に警備も厳しいですねぇ。

087皇居は思っていたよりも江戸城の雰囲気が残っていますね。
広い~。

379皇居東御苑へ到着。
花菖蒲はピークを過ぎていましたが、まだまだ綺麗です。

173流石に植物の状態は完璧!
こんなに状態の良い菖蒲が揃った所はなかなかありません。

164
色とりどり綺麗でした。

271更に江戸城遺構を求めて散策。
天守台も巨大。
天守があれば場所も良いし日本のシンボルとしてさぞや観光客が…と思いますがやっぱり復元は難しいですよね(^^;)

305天守台付近から松の廊下までの紫陽花が正に見頃でした。

356夕食は沖縄料理店で
シークァーサーのサワーにオリオンビールをお供に

359沖縄そばとソーキそばを、見た目は余り違いがありません。

今日は良く歩きました~。

| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

暑くなったり涼しかったり

0621a台風一過で爽やかに晴れるかと思ったら蒸し暑かったり、今日は涼しかったりとコロコロ変わりますね~。
うさぎも人間も体調管理に気をつけなきゃ。

幸いぴいたは鈍いタイプなのかいつも通り食欲旺盛です。

| | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

ベルリン国立美術館展

003_2雨降りなので上野の国立西洋美術館で開かれている「ベルリン国立美術館展」に行った来ました。
こんなお天気なのに結構な混み具合、やはり初来日の「真珠の首飾りの少女」人気でしょうか。

ドイツのベルリン国立美術館・博物館から15世紀~18世紀のヨーロッパ美術品が来日し公開されています。
副題が~学べるヨーロッパ美術の400年~という名の通りの内容で、テーマも時代も幅広いもの、これはちょっと焦点ボケだなぁと思いました。
もう少し内容か時代を絞っても良かったのでは?

とはいうものの、フェルメールの「真珠の首飾りの少女」やミケランジェロの素描始め繊細なタッチの名品の数々を見る事が出来るのはやっぱり魅力的。
いくつもあった聖ゲオルグ(セント・ジョージ)像も流石に美しく満足。
行って損なしの内容だと思います。
(例え少しくらい不満足でもここは常設展で補完できますしw)

004グッズ売り場も充実、コラボ商品も豊富でしたが、いつもの通りここは高めですね~。
…の割に「真珠の首飾りの少女」の関連商品一色なのはちょっと。
もう少し元作品のバラエティを豊かにしてくれればいいのに、聖ゲオルグとか(笑)

026ベルリン展のお土産

いつもの様にクリアファイル。それからドイツビールです。
オレンジ色のはグレープフレーツの入ったビールでドイツで人気とか、味が楽しみ。

010館内の連ストラン「すいれん」で今回の企画展コラボの前菜とここでもドイツビールを頼んで一休み。
ビールはフルーティな味わいでした。

015休憩後、常設展へ。
何度も見ていますが、久しぶりだし内容も微妙に違うしギャラリーの配置が変わっていました。
ここの常設は充実しすぎているのでお腹一杯になります(^^;)

016
同じチケットで観る事が出来る「クラインマイスター」展も鑑賞。
これは16世紀のクライン=小さい 版画のマイスターによる作品の展覧会。
一つ一つが小さくって虫眼鏡を片手に観ます。
素晴らしくも細かい作品群でした。

022その後はアメ横へ寄ってお買い物をして帰宅しました。

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

ちょっとづつ

0614a一度に沢山牧草を出すと、食べきるのに時間がかかるので香りが抜けるからか残してしまいます。
なので牧草を出す時はこの程度に小出しにします。
最近は特にその傾向が…、なんだかんだで食べてくれるから良いのだけど、ずっと同じ牧草だから味に飽きたかな?

ところで、このブログのカウンターは別の所から借りて貼っているのですが、最近どうも変。
一時は一月位表示できなかったり、それが復活したら累計カウントが1万位減っていたり、増えなかったり…と謎です。
あまり数字は気にしていないけど大きく数字が減るとか謎すぎ。
全然目安にならないので、ニフティのアクセス解析の方の数字を参照しています。
もう一つのブログのカウンターはちゃんと動いているんですが(^^;)

| | コメント (0)

2012年6月10日 (日)

紫陽花の季節のとしまえん

005「としまえん」の一日乗り放題優待券が会社の福利厚生でもらえるので、そろそろ紫陽花がきれいだろうと行ってきました。
豊島園駅を降りた所。

026この日はコスプレイベントが開催されていましたw
コスプレイヤーがあちこちにいて、断られなければ撮影OKという趣旨みたいです。

018最初はフライングカーペット、これは結構来ます、というか結果的に一番きつかった(笑)

024次はフライングパイレーツ。
としまえんの顔かな?
高くあがった時の高度感がありますねー(^^;)
遠くを見渡せて眺めが良いです。

036としまえんといえばコレ、カルーセルエルドラド。
100年以上前に作られたアールヌーボーの手彫り木馬が良い味を出しています。
こういうお子様向きのアトラクションは並びます。

038お次はサイクロン。
絶叫系はいくつかあるのですが、一番人気はサイクロンじゃないかなぁ?
これも古いんですよね。

キャーキャー叫んでスッキリします。
木々の間を抜けるので桜の時期は良いでしょうね~。

044三半規管を休ませつつ一杯♪

046良いお天気のせいか予想外に混雑していました。
小さいお子さん連れのファミリー客が多いです、都民憩いの遊園地といったところ。
緑が多いのも良いですね。
としまえんはあと十数年経つと開園百周年じゃないでしょうか?

047あとはまったり系にしようと思ったら、こういう小さい子もOKなアトラクションの方が待ち時間が長い…。

ミステリーゾーンは洋風な外見ですが、中身は和~な幽霊屋敷をライドに乗って進みます。
カップル向けという感じですが、もう一ひねり怖がらせてもいいかも。
この手のアトラクションで今まで一番怖(エグ)かったのは、今は無き倉敷チボリ公園の「グレンデルの伝説」ですね~。

068次はあじさい園を違った角度から見ようと模型列車に。
これまたお子様&お犬様もOKな乗り物なので待ち時間がかかりました。
そうそう、制限付きながら最近は犬も乗れるアトラクションもあるんですねー。

あじさいの眺めは満足ですが、余りに待って力尽きました…。

052あじさい園へ向かいます。
今年はとしまえんの親会社の西武鉄道が創立百周年という事で色とりどりのあじさいの株百個を使ってツリーが作られていました。

139あじさいは丁度見頃が始まったところ。

088都内では有数のあじさい名所です。

150こういう珍しい色のものや

135山あじさいが多いのも特徴です。
山あじさいは、今まさに見頃。

128あじさいのトンネルもありました。

162としまえんの後は隣にある系列の温泉「庭の湯」へ、一日乗り放題券に300円引きのクーポンがついていました。
元が2,250円と高いので割引されても1,950円ですがバーデゾーン始め施設が充実しているので納得です。

168温泉の後は軽くbeer飲んで帰宅しました。
次はプールの季節かな~。

| | コメント (2)

2012年6月 7日 (木)

畳LOVE

0606bお掃除の後、ぴいた愛用の畳こと藁マットをケージに敷いたところです。
最近は余り齧らなくなったので長持ちして使い込まれていますが、時々洗って日光で乾燥させています。

| | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

栃木旅行二日目 奥鬼怒~塩原

437目覚ましをかけて5時過ぎに起床、朝食前に朝風呂を堪能です。
早朝なのでお風呂は貸切かと思ったら、みなさん同じ考えの様で早朝から混んでいました~(笑)
画像は露天から見える柱状節理、この下に滝が流れています。
ピンクはトウゴクミツバツツジかな?

因みにお天気は…晴れ間も覗くまずまずのお天気、たまに雨がぱらつきましたが全て移動中でラッキーでした。
今回は天気予報が大外れ(^^;)

1062朝食もボリュームたっぷり。
岩魚の一夜干しが予想外に美味しかったです。

444女夫淵行き送迎バスの時間は9時の出発なのでその前にチェックアウト、ちょっと慌ただしいです。
このバスに揺られて車を置いている女夫淵駐車場へ送ってもらいました。
バスだと20分程、結構なダートで冬は相当厳しそうな道でした。

加仁湯は山奥にありながら「ザ・日本の温泉旅館」の佇まいと最高の温泉が良い味を出してます。
紅葉や雪見風呂も良さそう。

508女夫淵駐車場で車をピックアップ、天気が良いのでまずは花歩き、上三依水生植物園へ向かいます。

515ここは色んな珍しい植物がありました。
ヒマラヤの青いケシに

1075青いケシのピンク花

647ヒメサユリも初めて見ました。

584色んな花が色とりどりに咲いていました。

1085_2塩原方面へ向かい、自遊人の温泉手形を使って大出館で入浴。
といっても手形は一人分しかないのでもう一人分はちゃんと支払います。
駐車場が満杯で日帰り客も沢山来ていました。人気の様子です。

これは女性専用露天、有名な墨湯は入った夫によるとこの日はやや薄墨状態だったようです。
記念に入浴剤も買ってきました^^
良いお湯でマッタリ~。

1095_3遅めのお昼は塩原名物スープ焼きそばを釜彦食堂で。
一見チャンポンの様なラーメンの様な見かけですが、確かに焼きそば味のスープです。
不思議な味わいが病み付きになりそう(・o・)

714_2次は塩原温泉街にある牡丹の名所、妙雲寺です。
最初は本堂の周りだけかと思っていたら、裏側に広い牡丹園が続いていました。

807牡丹はピークは過ぎていましたが、まだまだ綺麗でした。

750ここではニホンリスに遭遇。
シマリスやタイワンリスの野生は見たことがありますが、ニホンリスは初めて見ました。
可愛い~。

826次は夫と私は別行動、私は「湯っぽの里」で落としてもらい夫はお気に入りの温泉、不動の湯へGO!
戻ってくるまでここで時間をつぶします。

足湯ながらドエライ立派な施設で有料(200円)、温泉街で200円といえばちょっとした共同湯に入れてしまう値段なのですが、これ絶対ペイしていませんよね?
凄い施設をつくりましたね~。

829こんな感じで半円の足湯が向かい合うように二つあります。
雨の日や小さいお子さんがいるファミリーや待ち合わせ場所にはいいかもしれません。
いい建物なんですが、足湯にしては立派過ぎる…道の駅的な施設が併設だったらもっといいのに、と思いました。

1132不動の湯から戻ってきた夫と合流して仕舞湯に向かいます。
本日最後の温泉は湯守田中屋、日帰りだと渓谷露天風呂か内湯の展望風呂のどちらかになります。
夫は露天、私は内湯をチョイス。

ここの展望風呂は痒いところに手が届く設備で気に入っています。
特に寝湯が秀逸、温度と言い深さと言い絶妙で更に寝湯のまま渓谷上部を見る事ができます。

1203こちらは渓谷露天。
最初は貸切状態だったらしく沢山画像を撮って来ていました。
箒川のまさしく横に湯船があります。増水すると水没してしまう事もあるらしいです。
夫は調子に乗って水風呂代わりに川でも泳いじゃったらしいw

1153渋滞情報を見ると若干詰まっている部分があったので上河内SAで時間調整を兼ねて夕食。
もちろん宇都宮餃子です^^

調整の甲斐あって渋滞は解消されていて、順調に帰宅できました。

836本日のお土産

大笹牧場でお菓子類と日光名物たまり漬け、加仁湯印のお菓子、釜彦のスープ焼きそば、栃木に来たのでもちろんレモン牛乳。
割引が受けられる「栃木にごり湯の会」の公式ガイドブックと大出館で温泉の素。

悪い予報のお天気も良い方に外れたし、沢山野生動物は見れたし、温泉三昧を楽しめました(^^)

| | コメント (0)

2012年6月 2日 (土)

栃木旅行一日目 日光~奥鬼怒

いつもの様に突然週末に旅行することになりました。
天気予報を見ると雨勝ちな渋~いお天気との事。
ならば雨でもOKな温泉三昧にして当日のお天気次第で花でも見ようか~とユルイ計画を立ててみました。
関東とはいいつつ泊りじゃなきゃ行けそうもない奥鬼怒温泉の予約が取れたので日光in~奥鬼怒~塩原outでぐるっと温泉巡りの旅程に。

848_2当日起きると快晴じゃありませんかー、雨の予報だったのに(^^;)
東北道は岩舟JC辺りまでずーっと渋滞一歩手前の状態、経済走行になったので燃費は購入後最高の13.5km/lが出ましたw

020日光到着。良いお天気なのでまずは観光です。
最初は霧降の滝。落差75m、日光三名瀑のひとつで日本の滝百選です。
日光は名瀑が多いですねー、紅葉の時期はさぞ…と思いますが渋滞が怖くて来れません(^^;)
この日も我々が引き上げる頃、朝8:00だというのにもう観光バスが到着…何時に出発してきたのでしょうか?

058快晴の霧降高原をドライブ。
今はヤマツツジが満開です!

086車を停めて遊歩道を散策、新緑にヤマツツジが映えて美しい~^^
雨予報はどこへ…(笑)

130再び車に乗り六方沢大橋です。
山々を見渡せる眺めの良い橋ですが、警察と消防の車と人が沢山!
…何事かあったようです。
レスキュー隊が橋の下の沢を捜索していました。

165つぎは大笹牧場です。
362万㎡の土地に300頭の牛が飼育されている観光牧場で広くて気持ちの良い牧場です。
羊や馬(ポニー)もいました。
ここでマッタリ。

858お昼もここで名物のジンギスカンを。
半量は塩麹漬けにしてみました。
柔らかくておいしー♪

191霧降高原を後にして奥鬼怒へ向かいます。
途中の道で猿の群れに遭遇。これは親子連れですね。
この日も翌日も何度も猿の群れに遭遇しました。
流石日光、猿が多いですね~、しかも昼間からウロウロしているし。

196奥鬼怒へ向かう道沿いにも滝は沢山。
これは唐滝。落差50m。

201蛇王の滝。落差30m。
紅葉したらさぞや…という眺めが続きます。

260女夫淵駐車場に到着。
ここまでしか一般車は入れません。
奥鬼怒温泉までは徒歩で1時間30分程、宿泊客は宿の車が送迎してくれます。

でも天気も良いし、せっかくなので迎えの運転手さんに荷物を預けて歩いてみることに。

289最初は何度かアップダウンがきつくて歩いたのを後悔しましたが(笑)、しばらく行くとほぼ平坦な道が続きました。
新緑が美しい~。

341丁度トウゴクミツバツツジが見頃。
足元にもいろんな花が咲いていて励まされながら歩きました。
ここも紅葉の頃はさぞや…(しつこい)

417丁度1時間30分歩いて本日の宿、加仁湯に到着。
疲れました~!
早速チェックインします。

396チェックイン後再び外へ出て近くにある八丁の湯に日帰り入浴に行きました。
日帰り入浴の受付時間にギリギリセーフ!
ここは秘湯を守る会の宿です。

888八丁の湯は目の前にある滝を眺めながらお湯に浸かる事ができます。
メインの広い風呂からは正面に滝が見れますが、女性専用の風呂からはこんな感じ。
まぁどこもそうですね…。
でも最初は貸切状態だったのであちこち移動して存分に滝を見てデジカメで撮影できました^^
ちょっと熱めのお湯は湯の花が一杯で良いお湯でした。

913八丁の湯は本館とお風呂は和な渋い作りですが、増築部分は洋風なログハウスです。
山奥ながら洗練された雰囲気で、湯上りもこんな感じです。

遊歩道のトレッキングの疲れも取れてさっぱり!

987加仁湯へ戻り、夕食前に再び温泉へ。
これは女性専用の第一露天風呂。
白濁のお湯が良いですね~硫黄の臭いとピリピリとした刺激もあります。
これぞ温泉!というお湯です。
そして、カモシカを見る事が出来ました!栃木では初カモシカです^^

温泉画像は他の場所も全て夕食の直後、無人の時に回って撮りました。
それ以外の時間は常に人がいて撮影は無理(^^;)
そして第一露天はいつも混んでいました。

962夕食は大広間で。時間は18:00からと早めです。
メニューは魚と山菜、茸尽くしです。
食前酒もついていました。

969後からきた山菜のグラタンなど、これにご飯がつきます。
材料はヘルシーですが満腹になりました。

981食後は再び温泉へ。
有名な第三露天は人が少ないのを見計らって入ってみました。
こちらは目の前の崖の柱状節理から流れる滝を見ながら入ります。

カモシカに続いて今度はニホンジカが崖に!
温泉に浸かりながら見られるなんて素晴らしい^^

他の風呂や内湯にも回ってさんざん温泉を楽しんで就寝。
床に就くと雨音がします。
明日の予報をチェックすると雨時々曇りな予報ですが…。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »