« たれうさぎ | トップページ | 今年の人間ドックは »

2012年7月21日 (土)

アクセサリー・ミュージアム~戸栗美術館~NHKスタジオパーク

007北東気流が入って猛暑も一服、しとしと雨が降ったりやんだりと美術館日和。
ということで今週もぐるっとパス巡りです。

最初は祐天寺にある「アクセサリー・ミュージアム」です。
ここは前から気になっていたのですが今まで行く機会が無く、今回ぐるっとパスに入っているので背中を押されました。

アクセサリーの輸入・販売をしていたオーナーが2年前に設立したというアクセサリー専門の博物館で、ヴィクトリア時代から現代(バブル時代位)までのクチュールアクセサリーの変遷を年代を追って展示されています。

膨大で美しいアクセサリーも見ごたえたっぷりですが、ラリック・ミュッシャ・リキテンシュタインなどその時代の美術品や調度品も一緒に展示してあって充実の内容でした。
展示は1階・B1階に分かれていて、1階は美術品ともいえる前時代のアクセサリー、B1階は現代に近いので懐かしいものがあったりとそれぞれに楽しめます。
じっくり見て結構長居してしまいました。

中でもアールデコスタイルが豊富、そしてアールヌーボーは調度品や絵画は良く見ますが、アクセサリーは余り見られず珍しいと思います。
馬アクセサリーも多くて萌えました(笑)

105ミュージアムショップには既製品のアクセサリーやアクセサリー作りの材料も豊富に揃っていてもうクラクラ(笑)
決めきれなくてお勧めされたものをお土産にしました。
これはチャームがじゃらじゃらのブレスですが、ばらして天然石と繋げてみようと思います。
こういうパーツを使ってアクセサリー作りの教室も開かれているようです。

アクセサリーの好きな人や美しいものが好きな人にはお勧め、意外と男の人も楽しめるようです。

010お昼は祐天寺の駅前のお店でおそばを。
そういえば祐天寺駅で降りたのって凄い久しぶりかも。

011東横線で渋谷に移動。
Bunkamuraの裏手にある「戸栗美術館」です。
こちらは実業家の戸栗氏が収集した陶磁器を中心とする美術館です。
ロビーから見えるお庭の緑が美しい。

今は「初期伊万里展~日本磁器のはじまり~」という展示でした。
こういう所もぐるっとパスに入っているからこそ行くところですねぇ。

023次はぐるっとパスとは関係ありませんが、すぐ近くにあるNHK「スタジオ・パーク」へ行ってみます。
学生時代にここのお土産屋さんでバイトをしていたのは良い思い出ですw

因みに普段は入場料がかかりますが7/21~8/15は無料になっているそうです。
夏休みで稼ぎ時なのに太っ腹!
だからか結構な賑わいでした。

038スタジオパークはNHKの撮影セットの見学コースを中心とした施設でその他にはNHKの番組の紹介や体験コーナーもあります。

039NHKに関する質問コーナーや過去の作品の紹介コーナーがあったり

056アニメのアフレコ体験ができたり(予想外に楽しいw)

057これはニュース番組の制作体験。
この時はお子様がキャスターでパパはカメラマンでした。

059随所にどーも君がいます。

063定番、大河・朝ドラセット撮影見学コース。
ここは昔から余り変わりません。

「土曜スタジオパーク」の日ですが、生放送は既に終わっていてスタジオでは録画分を収録していました。
結構真近で見られるんですね~。

しかし案内スタッフが多くて至れり尽くせり、道に悩む隙もない(^^;)

075見学コース最後にあるカフェで休憩。
ちゃんとアルコールもありますよ~。

お土産コーナーも広い、海外ドラマ関連は「glee」しかなかったのは残念無念。
「ヤングライダーズ」等の大過去ものはともかくとして、長く放送している「デスパレートな妻たち」とかならブリーのエプロンやガーデニングセットとかリネットの開襟ブラウスとかスーザンの絵本とかガブリエルのトレーニングウエアとかあったら買っちゃうのに(笑)

084スタジオパークのお土産

「梅ちゃん先生」だけど苺味(笑)
美味しいです。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料はアクセサリー・ミュージアムが1,000円、戸栗美術館が1,000円。
累計で3,950円です。

|

« たれうさぎ | トップページ | 今年の人間ドックは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たれうさぎ | トップページ | 今年の人間ドックは »