« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

第14回私鉄リレーウォーク 駅をむすぶ自然・文化をめぐる 第3区

002第14回私鉄リレーウォーク「駅をむすぶ自然・文化をめぐる第3区」に参加してきました。
これからウォーキングイベント参加が増えそうなのでカテゴリー「◆ウォーキング」も新設します。

出発は東大和市駅、私鉄4社合同のウォーキングイベントなので受付開始直後は参加者が多いだろうと遅めに行きましたがまだまだ長蛇の列でびっくり!

008受付で地図を貰って出発です。
今回は東大和市駅から府中駅までの11.5kmのコース、距離数に途中で寄るスポットでの散策距離は入っていません。

地図には途中にあるスポットや休憩可能な場所、トイレなどが書いてあります。

045出発する間もなく最初のスポット東京都薬用植物園です。
ここには薬になったり毒になったりと様々な作用を持つ植物が育てられています。
今は秋の花が沢山咲いていました。

040色んなところに薬用植物園がありますが、こちらの見どころ(?)は厳重に囲まれたフェンスの中で育てられている麻とケシ畑(ケシはシーズンオフ)。
両方とも麻薬の原料で、東京でケシが育てられているのはここだけだそうです。
有刺鉄線と監視カメラで厳重に守られています。

141さて、ウォーキングコースに入りやっと歩き始めます。
暫くすると玉川上水緑道へ。
9月も終わりだというのに、セミも鳴くような暑い日だったので木陰の中のコースは助かります。
緑道沿いに彼岸花が咲いていました。
玉川上水に沿って朝鮮大学校、武蔵野美術大学、白梅学園短大、創価小・中・高校、津田塾大学、一ツ橋大学と多くの教育機関が連続して建っていました。
集中具合がスゴイ。

241緑道から曲がり再び普通の歩道へ入るとほどなく、小平市のふれあい下水道館がありました。
暑いので少し日陰に入ろうとウォーキングの人々の流れにつられて何の気なく見学。

ここはB5まである下水道に関する施設なのですが、一番下のB5階には日本唯一の下水道体験施設がありました。
えーとつまり実際の下水道を真近に見学することができるという大変ディープなところなのです。
びっくり(^^;)、色々と勉強になりました。

264休憩したはずなのに何故か疲労感を覚えて炎天下の中てくてく歩きます。
熊野神社があったので休憩&参拝。
ここで大体半分位です。

269再び緑の中を歩くルートになり恋ヶ窪用水です。
江戸時代に灌漑の為に玉川上水から分水されてできた用水で一時は宅地開発で消滅しかかったものを再び整備したものだそうです。
綺麗な流れの中で魚が泳いだり多くの生き物がいました。

299西国分寺の駅を越えると武蔵国分寺公園です。
緑が気持ちいい!
ここでもちょっと休憩。

317公園を過ぎて一寸下ると名水百選に指定されている真姿の池湧水群です。
ここからは一日1,000㎥という多量の水が湧いています。
手を浸すと冷たい水が気持ちいい。

324隣にある名前の元になっている真姿の池です。
その昔、絶世の美女が病になり、お告げの通りにこの池で身を清めると病が治り元の美しい姿を取り戻したという言い伝えがあります。

351ここから流れ沿いにあるお鷹の道という小道を進みます。
江戸時代に周辺が尾張徳川家の鷹の狩場だったことからの名前らしく、季節には蛍が舞うそうです。

366お鷹の道を進むと武蔵国分寺があります。
元々の武蔵国分寺は鎌倉時代に戦火で焼き払われましたが、ここはその後新田義貞の寄進によって再建された寺院だそうです。
境内に万葉集に歌われた花々を集めた万葉植物園がありました。

403元の武蔵国分寺跡は礎石が残っています。
周辺11haにも及ぶ広大な土地が史跡に指定されて、鋭意発掘作業&史跡公園として整備中です。
東京なのにこんなに広大な区域が史跡公園として残るのは贅沢というかすばらしい。

406府中街道に戻り左に府中刑務所、右に東芝府中を見ながらゴールを目指してひたすら歩きます。
この辺りになってくると足が痛くなってきつくなってきました~。

410府中の街へ入ってきました。
ゲームセンターの入り口には等身大の馬が。
流石、東京競馬場のある町(^^)

429最後のスポット、大國魂神社は武蔵国総社だそうです。
立派な神社でした。
ここでも参拝。
長い参道が足にクル~(汗

436大國魂神社からゴールの府中駅まで欅並木が続いています。
1062年に奥州平定帰途の源頼義・義家父子が1,000本の苗木を寄進したのが始まりということです。
江戸時代にはここで馬市がたっていたとか。
古来の並木の形態が貴重らしく天然記念物に指定されています。

437やっと府中駅のゴールに到着。
スタンプと完歩記念品を受け取ります。
今日は距離が長いし蒸し暑くてきつかった~。

439完歩の記念品は夜のウォーキングの時に腕に巻く蛍光バンドでした。

445お腹が空いたのでとりあえずビールとラーメン&餃子。
滲み渡りますー。

447府中駅からほど近い銭湯で汗を流してから電車で帰宅しました。
こじんまりとしていますが、一応露天風呂もあったし待合スペースもあってゆっくりできました。

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

爪切り

0927a早いものでもう爪切りの時期でした。
ぴいたに怒られたので爪切り画像は無しsweat01
最近急に涼しくなったからか今日のぴいたはちょっと食欲不振、暫く気を付けて観察します。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

塩原旅行二日目

610目覚ましをきっちりかけて朝6:00~の女性専用時間を狙って露天風呂へ。
階段自体が木造の建物になっており、それをどんどん降りてゆきます。

614途中に休憩用のベンチがあるので疲れたら休めるのは便利。

638雨が降っていましたが、屋根があるので大丈夫。
川のせせらぎを聞きながらのんびりしました。
目の前の樋の様なものに源泉が流されて、適温にさましつつ運ばれる仕掛けです。
しかし、お風呂の後の登り階段がキツイ(^^;)

653朝食です。
朝からたっぷりでまたもやお腹一杯~。
お蔭でお昼も食べずに済みましたw

661一応地元の名物のゆばやかんぴょうの料理も入っています。
朝から手が込んでます。

979雨模様なのでチェックアウトの10:00ギリギリまで宿に滞在して温泉三昧^^
今日はもうインドアでお買い物と温泉に徹します。

664と皆さん思いは同じようで(^^;)
道の駅へ行くと人で一杯~。
ここの道の駅は天皇皇后両陛下も訪れたらしいです。

981ここで新鮮野菜を購入。
皆さんカゴ一杯に買っていました。
大根がお買い得でした。

665次は那須のアウトレットへ。
ここも沢山の人が、こんなお天気だから考える事は同じですね。

996
で、ここで思わぬ散財を…(汗
コートは裏地がとても綺麗で一目ぼれ^^
しかしゴルフのセットをまさかここで新調されるとは計算外、ヤラレタ(--)
暫くつつましく生活します。

697お買い物も終わって〆の温泉はということで那須方面へ。
鹿の湯も良かったのですが、いつも混み混みで根性がいるので同じ源泉の「小鹿の湯」へ行きました。

【那須湯元温泉 小鹿の湯】

入湯料:400円
ロッカー:有り(100円と200円戻りません)
ドライヤー:無し
備考:源泉かけ流し、ケロリン、石鹸類無し

681ここはこじんまりとしていますが全て木造でお湯も鹿の湯と同じでいい感じの温泉でした。
しかし人気なので常に人がいて撮れたのは唯一木造じゃない女湯の露天風呂だけです。
男湯の露天は木造だそうです。

一応21:00まで日帰り入浴が可能らしいのですが、この日は16:00で日帰り中止になっていました。
多分宿泊客を優先の為だと思います。
ギリギリセーフで入れてラッキーでした。

405ICへ行く途中にあった「お菓子の城 那須ハートランド」です。
いづみやというお菓子のメーカーの施設でちょっと工場見学ができたり工場直売のお菓子を買えたり食事が出来たりします。
こういう所ってあちこちにありますね、埼玉の花園フォレストとか鳥取のお菓子の壽城とか。
こちらは温泉もあるらしいのでいつか寄ってみたいです。

714帰りは東北道がそこそこ混んでいたのでいつものように上河内SAで餃子とお土産を。
時間調整の甲斐あって、渋滞は緩和されていました。
しかしまぁ天気予報に反して二日目は一日雨でしたね(^^;)

995お土産は往復のSAとお菓子の城で買ったものです。
レモン牛乳は外せません(笑)

急きょ行った旅行でしたが、温泉三昧を楽しめました。

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

塩原旅行一日目

金曜日の夜11時過ぎに帰宅後、夫が「週末塩原に温泉に入りに行こうか~」とか(いつもの様に)突然言いだし例によってワタクシが検索の鬼と化して予約、それから旅の予定を計画しました(^^;)
せめて半日の余裕があればもっと楽なのですが、というかたまには自分で計画してみたらと思う(--)
そりゃ運転はまかせっきりですが~sweat01

425で、朝起きたら前日の天気予報は外れて豪雨(^^;)
ワイパーフルパワーで出発です。
しかし、流石に週末だけあって高速は混んでいます。
外環も東北道も朝からそこそこ交通量がありました。

430SAで休憩を挟みつつ塩原着、現地のお天気はまずまずでした(ほっ
しかしお天気は下り坂らしいので今回は温泉&インドアが中心のプランです。

744最初は奥塩原の新湯温泉へ。
爆裂火口に噴気があがっており硫黄の臭いが立ち込めています。
こういう地獄があると温泉地気分が盛り上がりますね~^^

748爆裂火口直下に寺の湯という共同湯があります。
人が途切れないという人気の温泉らしいのですが、ラッキーにもこの時は入れ替わりで貸切状態に、ここは夫のみ入湯。
木造の湯小屋に白濁の硫黄泉は良いですねぇ!

【新湯温泉 寺の湯】

入湯料:300円
ロッカー:無し
ドライヤー:無し
備考:源泉かけ流し、石鹸類無し

831新湯温泉からほど近くにある大沼園地を散策。
ここは木道が渡してありよく整備されています。
トンボがたくさん飛んでいました。

790紅葉は始まりかけで今は実りの季節でした。

804正面は(塩原の)富士山、あと2週間ぐらいすると紅葉が綺麗でしょうね~。

827時折コーンとかパキーンと打撃音がすると思ったらどんぐりが木道に落ちる音でした。
クマも出るそうなので熊鈴を鳴らしながらのんびり散策しました。

437_2お昼は「釜彦」で塩原名物、スープ焼きそばを。
前回食べてはまりました^^
相変わらず混んでいましたよ。

443今度は塩原元湯温泉へ向かいます。
一応今回の旅の目的は自遊人の温泉パスポートのスタンプを押す事で、元湯温泉には対象温泉が二つあります。

一か所目は6月にも訪れた「大出館」です。
今回は追加で買った温泉パスポートと「とちぎにごり湯の会」のガイドブックで立ち寄り湯が600円の所300円で入れました。
露天は人がいた為画像は内湯(女性専用)のみ。
温泉成分が濃いという事で腐蝕っぷりが凄いですね~。

ここでは温泉ファンの方々との温泉話に花が咲きました。

465次は坂を下ってお隣の「ゑびすや」、こちらもパスポートの対象です。
日帰り最後の客だったので撮影できました。

【塩原元湯温泉 ゑびすや】

入湯料:500円(温泉パスポートで250円に)
ロッカー:無し
ドライヤー:無し
備考:源泉かけ流し、シャンプー&リンス、ボディソープあり

460ここも木造のお風呂が良い感じ。
狭いのが洞窟風の風味になっています。
温泉成分が濃くてプチ棚田の様になっています。
源泉は二本あって、片方が間欠泉でボコッボコッと吹き出るところが面白かったです。
女性専用湯は間欠泉の方のみですが、湯船がちょっと広いです。

ここもパスポートの方がいらして、自遊人の温泉パスポートが出る度にキャンピングカーで三か月くらいかけて全国回るというご夫婦がいました。
いいなぁ~^^

今回の温泉パスポートで無料or割引になった入湯料の累計は2,900円。

972温泉巡りの後は本日の宿「明賀屋本館」へ向かいます。
宿泊した部屋のある太古館は和洋折衷の由緒ある建物で、流石に古さは否めませんが、こういう建物は好きなので作りを興味深く鑑賞しつつ滞在しました。

389部屋に落ち着くと、浴衣に着替えて早速温泉へ。
ここの河原露天風呂が目的ですが、女性専用時間は朝6:00~8:00だけなので、今日の所は夫のみ、これは撮って来てもらった画像です。

88段の階段を下りた河原にある露天風呂で、多分塩原で一番有名な温泉じゃないかと思います。
目の前にある川は温泉成分が混ざっているからか青白い色です。

492こちらは女湯の内湯。
景色は見えませんが、お風呂自体はこちらの方が大きいです。
しかも露天目当ての人が多いので内湯は常時空いているのもイイ。
露天は何もありませんが、内湯はアメニティー類も完備です。
照明などデザインはちょっとアールデコ風かな。

522「明賀屋本館」に宿泊すると姉妹館の「彩つむぎ」の温泉にも入れます。
ということでフロントで連絡してもらってから車に乗って向かいます。
550こちらの温泉は無色透明、内湯はこんな風に大岩が鎮座していて奥の方に湯船から直接上がれる休憩用の座敷があり、そこから塩原渓谷を間近に見ることが出来ます。

542座敷からの景色。
紅葉の時期など綺麗でしょうね~!

569露天風呂もあります。
更衣室に自由に使えるマニキュアが備えてあったりと、こちらの旅館は女性向きな雰囲気でした。
全く違うタイプの温泉を巡れるのが良かった。

600旅館へ戻り、やっと夕食です。
このお膳に後から茶わん蒸しとご飯と汁物、水菓子がつきました。
旅館の夕食らしくお腹一杯です~。
散々温泉を巡ったし&お腹一杯でしたが、夕食後に更にお風呂に入ったところで力尽きて一日目は終了です。

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

カスタマイズ

0919a牧草入れを新調してから一週間、ちゃくちゃくとぴいたによるカスタマイズが進んでおります。

012_2「直線じゃなくて、くぼんでないと」とか?
この調子じゃ早晩元の木阿弥に(^^;)
やっぱり予備をもっと買い足しておこう。。。

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

都会の緑と歴史探訪

002_2西武エンジョイウォーキングの「都会の緑と歴史探訪」に参加しました。
西武新宿駅で受け付け後、MAPを貰って出発です。

今回は西武新宿駅から池袋駅までの7km。
ルート沿いの要所要所に道案内と迷いやすい場所にはスタッフが配置されています。
お天気は快晴、というか猛暑です~(^^;)

009今日のコースは新宿から都会の中の緑と史跡を辿って池袋へ向かうコースです。
まずは歌舞伎町の横を通って新大久保のコリアンタウンへ。
いつも女性であふれているこの辺りも、まだ早い時間なので開いているお店も少なく人通りもあまりありません。

026次は戸山公園、尾張藩の下屋敷跡で戦前には陸軍戸山学校があったそうです。
ここには箱根山という大名庭園だったころの築山が残っていて山手線内では一番標高が高い山だそうです。
ということで登山(笑)

033頂上で休憩、暑いのでこまめに休んで水分をとります。

064次は穴八幡宮。
古墳の上にある八幡宮で徳川歴代将軍が度々参拝し、流鏑馬を奉納したといういわれのある所。
東京大空襲で焼失も、鋭意再建中で往時の姿が戻りつつあります。

085早稲田大学の横を通り

116大学内にあって公開されている大隈庭園を散策。
元は彦根藩下屋敷や高松藩下屋敷の庭園だったところが大隈重信の所有となりその後大学に寄付されたそうです。
ここも戦災で壊滅状態になったものを復元したそう。

130更に進んで新江戸川公園、ここは細川家下屋敷跡がそのまま公園になっています。
隣接して登ったところに永青文庫があったのですが、先があるので今回はパスしました。
また季節が良くなったら来たいです。

158神田川の桜並木沿いを通って

163中世には関所があったという宿坂を上ります。
後半部分で坂道はしんどい…ゼイゼイ

169都電鬼子母神前駅を通り

206雑司が谷鬼子母神へ。
この辺りは下町の雰囲気が色濃く残っています。

202境内にある老舗駄菓子屋さん。
懐かしの駄菓子がいっぱい!

189ラムネで一服。
店番(?)の猫がくつろぎ中。
可愛い~。

213ラストスパート、池袋に向かう途中にあった眼鏡屋さん。
壁も天井もメガネだらけ!
信じられない安さでした~。

217池袋に到着、最後に西武池袋本店の81段の階段を上ってゴールです。

221完歩の記念品はクリップにもなるボールペンと西武池袋店内のショップのサービス券。
食事をするとソフトドリンクやビールがサービスされたりします。

235ということで早速ダイニングパークへ。
いやー疲れました~。
サービスのビールが美味しいです^^

240汗を流しに先週も行った「レスタ池袋」へ、さっぱりしました。

久しぶりのウォーキングイベントは秋だというのに暑い日でかなり疲れましたが、都会の中にある意外な緑や歴史のある場所を辿れて楽しかったです。
都合が合えばまた参加したいです。

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

牧草入れやっと発見

0912bぴいたの牧草入れを更新して2年半、いい加減くたびれてきたので新しい箱をとあちこちの100均で探していましたが、小さかったり薄かったりでいい塩梅の物がなかなか見つかりませんでした。
今の箱はダイソーの210円商品で最後の一個だったんですよね。

先日近所のダイソーに行った時にBOX売り場をいつものようにチェックすると大量に箱が入荷してるじゃありませんかー、しかも大きい箱が数種類!
大きさも程よくしかも今度は105円、早速購入しました。
ああ長かった箱捜索の日々が走馬灯のように…w

0912c_2ぴいたは気に入ってくれるでしょうか?
早速齧って見分。

0912eすぐに入ってくれました。
大きさもちょうどいい感じ、寒くなるとこの中で丸まるので身体にぴったりサイズが良いのです。

無事ぴいたの許可が下りたので在庫がある内に予備の箱を追加で買ってこなきゃ。

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

ちょっと池袋

026埼玉県民が実効支配しているらしい池袋へ行ってきました。
確かに…、神奈川県民時代や千葉県民時代は縁遠かった池袋ですが埼玉県民になってからはしょっちゅう行っています。新宿もそう。

この日は駅前に山車が出ていました。祭礼の様でした。

023デパートやLABIでちょこちょこ買い物してランチは銀兎へ。

016ここは雰囲気も良くて長居もしやすく価格もお手頃なので気に入っています。
兎なお店だし^^

034本日のお風呂はサンシャインの隣にある「レスタ池袋」です。
温泉ではなくスーパー銭湯です。

047【レスタ池袋】

時間貸し駐車場のTimes24が経営する施設で駐車場ビルの10F~12Fがスーパー銭湯になっています。
色々プランはありましたが今回は90分間のスピード利用にしました。
Times24の会員になると割引になるので早速加入しました。時間貸し駐車場は良く使うし。

入湯料:1,320円(90分まで会員価格、タオル&館内着つき)
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:シャンプー等各種アメニティー完備

040綺麗だし設備は整ってるし、リラックスルームに女性専用があるのが良いですね。
よくあるリラックスルームは男女共用で女性的にはあんまりリラックスできないところもあるし。

お客さんは20~30代の女性の二人組という組み合わせがとても多かったです。

056本日のお土産

池袋駅の近くにある紙の専門店で売っていました。
源平~江戸初期の武士のトランプでその1/3位が騎馬像。
本来は外人さん向けのお土産用でしょうね。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

くつろぎのポーズ

0905aスフィンクスのポーズでくつろぐぴいた。
ぴいたはこういう時前肢を組んでいる事が多いのですが、余所のうさぎさんはどうなんでしょう?
微妙に偉そーに見えるのですが(^^;)

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

ぐるっとパス2012 総括

210ぐるっとパス2012の今回の期限(最初の利用日から2か月間有効)が切れるので総括をしてみます。
厳密にはあと数日有りますが週末しか使わないので。

・訪問先   29か所
・累計金額 15,870円

7エリアは全て訪問してスタンプラリーもコンプリート、大変だったのは訪問先が少ない臨海エリアと両国・深川エリアでした。

地図とにらめっこして空いている休日を全て献上して回りましたがこれが精いっぱいsweat01
2か月間という期間は絶妙ですね~、75か所回るには短いのですがこれ以上長くても疲れちゃいそう(^^;)

いや、それにしてもお得な制度です。
価格は2,000円なので入場料が1,000円位の対象先に行く予定があるなら絶対カイ↑です。
これは旅行者にも便利ですよね。

そして、ぐるっとパスに入っているからと訪れた場所が意外に良かったりして新たな発見もあったしなかなか良かったと思います。
次はまた季節を変えて挑戦したいと思います。

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

東京国立近代美術館~工芸館~科学技術館~昭和館~文化学園服飾博物館~刀剣博物館~ICC

015ぐるっとパスもいよいよ最終週、最後なので頑張って回ります!
本日は北の丸公園から攻めます。
竹橋で降りてお馴染みの「東京国立近代美術館」へ、こちらは只今改装中につき、屋外の「夏の家」しか見る事が出来ません(^^;)
わかっていましたが、次の目的地までの途中にあるので寄りました。

019次は「東京国立近代美術館工芸館」、ここは元近衛師団司令部庁舎で内部を改装して近代美術品の中でも工芸品を展示しているところです。
しかしよく戦後に壊されませんでしたね、建物自体が重文です。

今の企画展は「おとな工芸館/こども工芸館 植物図鑑」という展示で、植物や花がテーマになった工芸作品の展示でした。
これが素敵で蒔絵や陶器、彫金、絵画、ガラス工芸、着物etc.と多岐に渡る工芸品にうっとり。
工芸品で植物図鑑とはセンス良い^^
これで入場料200円は安い!と思ったら更にスタンプラリーの記念品でオリジナルのメモ帳を貰いました。
これ200円以上するのでは?

私自身初めて訪れた工芸館でしたが、ここはもっと知られても良い所だと思いました。
北の丸公園でもちょっと目立たない位置にあるんですよね~。

017工芸館の横には北白川宮能久親王銅像があります。
この手の銅像は上野公園の騎馬像もそうだけど目立たないように建っているのがもったいない。

028次の「科学技術館」へ向かう間に急に雨が降ってきました!
大した距離じゃないから傘を差さずに済んだけど、建物に入ったとたんにどしゃぶり。。。

ここはファミリーセールで何度も来た事があります。
その時も思ったんですよね、どうして科学技術館でファミリーセール?って。
で、館内を見学して何となく納得、ここは色々な産業や団体がスポンサーなようです。
「科学技術館」というか「産業技術館」に近い感じ。
もちろん科学な展示もありましたヨ。

047車やバイクの展示があったり

069競輪団体からお金が出ているので自転車関係の展示も多いです。
これは木製の自転車で馬の頭が…!

083原子力発電の説明や核廃棄物の地下処理のコーナーも…。
何となく複雑な思いで見たり。

102プラズマボール、手を当てるとプラズマが手の方に動きます。
こういうのは単純に楽しい。

154実験室みたいなところもあって色々体験ができるようです。
ここは体験型が多いので家族で来ると一日遊べそうです。大人でも結構楽しいw

134お昼は科学技術館の軽食コーナーで、お値段も売っているものもコンビニみたいでした。
地下に食堂があるのに後で気づいたsweat01

158科学技術館にいる間に雨はやんだようです。
武道館の横を通って光るたまねぎを見つつ田安門を抜けて「昭和館」です。

168昭和の生活の展示施設ですが、ほぼ戦中・戦後がメインです。
国民の生活内容(食事や服装、道具)がテーマなようで戦争の悲惨さは抑えた表現に感じました。
戦中の衣服を着て記念写真を撮ってもらったり体験談を聞けたりします。

175九段下から新宿線に乗って新宿へ。
地下鉄に乗っている間にまた雨が降ったようです。
「文化学園服飾博物館」です。
今の展示は「アフリカの染色」、アフリカの伝統的衣装の展示でした。
自然素材による染色にもかかわらず鮮やか、そして日本の藍染に似たものもありました。
男性の衣装が女性に負けず劣らず華やかなのも印象的。

177更に初台方面に歩いて「刀剣博物館」です。
読んで字の通り刀剣が展示されている博物館で、関連する絵画も少し展示してありました。
刀という実用品も日本人にかかると美術品になるんだとしみじみ。
こういう博物館はぐるっとパスならではですねぇ。
ショップで売っている本も面白くて「刀の鑑賞方法」とか興味津々、刀を持つモデルさんも、細身で精悍スポーツ刈りとイメージ通りです(^^;)

179最後はこれまた近くにある東京オペラシティの中にある「ICC(NTTインターコミュニケーションセンター)」です。
ここは色んな施設が入っているのでICCにたどり着くまでにちょっと迷いました。

204今の展示は「ひかり・くうかんじっけんしつ」と「オープンスペース2012」、両方とも無料です。
ここは無料の事が多いみたいです。
なかなか面白かったですね~、無料とは太っ腹です。

206今日は朝から良く歩きました。
移動距離だけじゃなくて展示施設内でも歩き回るし…、夜はパスタ&ビールを食べてちょっと足を休ませます。
普通の展覧会だと1~2か所しか行きませんが、ぐるっとパスだとついつい沢山回りたくなっちゃいます(^^;)

211本日のお土産

刀剣博物館で買った本、有名武将と刀のエピソードなどが書かれた内容で読みやすい。
右は東京国立近代美術館工芸館のスタンプラリーで貰ったメモ帳です。
A5版とかなり大きくて厚いです。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、東京国立近代美術館工芸館が200円、科学技術館が700円、昭和館が300円、文化服飾博物館が500円、刀剣博物館が600円、累計で15,870円です。
東京国立近代美術館は改装中の為無料、ICCも無料でした。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »