« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月27日 (水)

花より団子

0326c我が家の隣には桜の木が沢山植わった公園があります。
今の時期は窓が桜一杯で本当にきれいcherryblossom

ケージからも桜が見えて、ぴいた目線だとこんな感じ。

0327aしかしいつもの様に花より団子のぴいたでございます(^^;)

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

爪切り&フリース撤去

0320aまたもや爪切りの季節がやってきました。
前肢を終了して後肢の爪で切る長さを考えてたら逃げられたので後半は抱えて切りました。
本当は仰向けにした方が両手が使えて良いのですが仕方ありません。
爪切り中に考える隙を与えちゃいけませんね。
なんかすんごく不服そうな顔をしてますね(^^;)

0320bご機嫌を損ねたのでブロッコリーの苗で懐柔bud

0320c温かくなってきたのでケージにかけてあったフリースと段ボールも撤去して明るくなりました。
左側の段ボールは壁紙に近いので一年中つけています。

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

奇跡のクラーク・コレクション展-ルノワールとフランス絵画の傑作

013三菱一号館で開かれている「奇跡のクラーク・コレクション-ルノワールとフランス絵画の傑作」展を観に行ってきました。
随分前に前売りを買ったのにやっと行けましたよdash

アメリカの富豪夫妻が集めた美術品のコレクションの内今回はルノワールをはじめとする印象派の傑作絵画を中心に73点の展覧会です。

邸宅内を飾る為に集めたというだけあって小さい作品が多いのですが、そのどれもが傑作、特にルノワールの作品は素晴らしいです。
以前開かれた「バーンズ・コレクション」の小型版という風情ですが、美少女率はこちらの方が上といった感じでしょうか。

ルノワールの「劇場の桟敷席」「鳥と少女」「眠る少女」しょっちゅう来日しているけどやはり良い「団扇を持つ少女」etc.と沢山の少女たち。
そしてなぜか気に入ってしまったのは「タマネギ」、バラ色にキラキラ輝いてタマネギなのに幸せそうです。ポストカードを買えば良かった…(笑)

ルノワール以外にもドレスの表現が美しい「公爵夫人」やピサロやモネなど小粒ながらも傑作揃い。
ちょっと残念なのはクラーク氏は馬術家だったらしいのですが、馬の登場する絵はドガの競走馬一枚だけだったこと、来日しなかったコレクションの中にはもっと馬の絵があったのでしょうか?

宝石箱の様に小粒でも燦然と輝く絵ばかりを集めた展覧会は三菱一号館にぴったり。
しかし、やはり来場者は多いので状況によっては部屋に人がぎっしりという場面も、時間や日にちを選んだ方が良さそうです。

075本日のお土産

クリアファイル(最近はダブルファイルが多いですねえ)とポストカードと控えめに。
ルノワールや印象派絵画のグッズは既に沢山持っているので家を出る前に在庫チェックしましたよ(笑)
いつもグッズ関係が良い三菱一号館ですが、今回はちょっと期待はずれだったかも…。

024三菱一号館の前の早咲きの桜はもう満開でした。

049帰り道に新装なった東京駅を見学。
東京駅もですが、丸の内ビル街は本当に綺麗になりましたね~。
昔は灰色のビルに青い窓の質実剛健なビルが立ち並んでいましたが、今はとってもおしゃれに変身。

035改札も天井が高くなって綺麗。

033上を見上げると復元されたドーム天井が素敵shine

057せっかくなので東京駅でお昼を食べて。

061デザートはやはり東京駅の中のフルーツ屋さんで。
あまおうがギッシリのケーキセットです。
これは昼ごはんよりもカロリーが高そう…。(値段もネー)

美術展は空いた時間にサラッと行けるのが良いですね。

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

風強すぎ

0313d春の強風シーズンを迎えて、本日も風強すぎ!
霞んでるし一歩外に出ると砂埃でザラザラですdash

0313a「家の中は平気だからいいじゃん」

でもねー、バスマットを外干ししちゃったんですよorz

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

ラファエロ展

018展覧会が色々始まっているのに行けなくて焦っていましたが、やっと夫に半日位時間ができたので、まずは国立西洋美術館で先週から始まった「ラファエロ展」へ行って来ました。
これは早めに行かないと混雑しそう。

日本初公開の「大公の聖母」を始めラファエロの作品20作とその周辺の作品工芸品含めた41作を加えての展覧会です。
作品数は少ないのですが、ラファエロのメジャー作品である「大公の聖母」が拝めるし、物足りなければ充実の常設展で補えます。

メインの「大公の聖母」はやはり印象的、これは去年の「真珠の耳飾りの少女」に負けず劣らずの素晴らしさです。
そして、この「大公の聖母」後年背景に手を加えられてしまっているという研究結果も展示されています。
今の状態の聖母も黒背景で強調されていて良いのですが、元々の背景も見たかったですねぇ。

他に気に入ったのは「聖ゲオルギウスと竜」、絵画ではお馴染み馬術の守護聖人セント・ジョージの竜退治がテーマの作品と小作品ながら美しい「エゼキエルの幻視」です。
両方とも動物とクリーチャーが登場するのですが、あれ程人物描写が巧みなラファエロですが、動物・クリーチャーはどの生き物も羊と熊を合わせたような感じでコロコロ可愛らしい(^^;)
馬の鬣もクルクルカールしていて愛らしいです。

それにしてもラファエロは早熟の天才、17歳の時の作品でも素晴らしい完成度でした。
そもそも「大公の聖母」だって20歳そこそこの時の作品ですし。
作品は大小ありますが、ラファエロの作品はタッチが繊細、至近距離で眺めたくなるので絵の前は大渋滞必至、これは会期後半は大変そう~(^^;)

025お土産売り場は「こんな感じ。
今回はクリアファイルと絵葉書の種類が多くて良かったです。
他には食品やイタリアつながりという事でラファエロ展コラボのロディーなど。
ちょっとグッズの種類は少ない感じがしました。

050本日のお土産

いつもの西洋絵画の巨匠とクリアファイル3点。
今回気に入った作品が全てあったのはラッキーでした。
+チケットホルダー。

048そしてラファエロ展コラボのロディーも。

ラムネ入りロディーとラフェアエロ展オリジナルのチケットホルダーです。
紙袋もオリジナル。

030展覧会の後は館内の「すいれん」でラファエロ展特別メニューでランチ。
どの辺がラファエロかはわかりませんが、イタリアっぽいメニューでした。

この後夫は再び仕事へと向かいました、お疲れ様です($・・)/~~~

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

敷料の変更

0306aぴいたのトイレの敷料には引っ越しで使った割れ物緩衝材を使用しています。
今まで使っていた日通さんからもらった紙(引っ越し二回分)がようやく無くなったので、次は福通さんからもらった緩衝材のキムタオルに変更します。
緩衝材として使っていましたが本来はウェスなのでうさぎトイレには最適scissors

0306bこんな感じで畳んで敷いて、上にひのきチップを入れます。
ぴいたはピンポイントで使うのでチップも少量で済みます^^
下に紙を敷いていると掃除が楽なんですよ。

0306c「で、それって美味しいの?」

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »