« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

わしゃわしゃ

1030a食べている音が聞こえそうな画像です(^^)

014根っこまで丸ごと食べますよ~!

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

ニューオータニ美術館~スポーツ博物館~五島美術館

178ハウスファミリーウォークの最中にぐるっとパスでルート上にあるニューオータニ美術館へ。

今回は始まったばかりの「セキ美術館名品展 加山又造と近代絵画の巨匠たち」です。
愛媛県にあるセキ美術館からの作品で日本の自然や生物を描いた日本画が中心でした。
色んな巨匠の絵が並んでいましたが、やはり上村松園の美人画が良かったです。

202ウォーキングのゴール後、国立競技場の中にある秩父宮記念スポーツ博物館へ。

ありとあらゆるスポーツの資料が展示されていました。
現在の企画展は「SAYONARA国立競技場」で1964年の東京オリンピックの資料から国立競技場の55年の歴史を振り返るというもの。

205東京オリンピックの表彰式の際に使われた振袖も展示されていました。
紋が五輪のマーク、当たり前ですが特注なのですね。

212国立競技場は2020年のオリンピックのメインスタジアムに建て替えが決まっていますが、この博物館も新装なるのかな?
しかし計画されているメインスタジアムは大きすぎ~費用もかかり過ぎ~。
もっとコンパクトになるといいけど。

213この後新宿方面を予定していましたが、日曜休みの施設があったので計画変更、電車を乗り継ぎ上野毛に移動して五島美術館へ。

244こちらは庭園も見どころなので日が陰る前にまずは庭園を散策。
国分寺崖線の傾斜地を利用したアップダウンのある庭園です。
ベストシーズンは紅葉の頃と思われますが、落ち着いた良い庭園です。

企画展は「光悦 桃山の古典」で、桃山時代から江戸時代にかけて活躍した本阿弥光悦の多才ぶりを検証する展示です。
三英傑を扱った時代劇や大河でおなじみの人物ですが、確かに多才。
茶碗から書、工芸品までジャンルの違うものまで一級の作品を生み出す才能には驚かされます。

267上野毛駅近くで夕食を取って帰宅しました。
いやー朝からウォーキング大会に参加してあちこち鑑賞して、充実感たっぷり&疲れました~。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料はニューオータニ美術館が800円、スポーツ博物館が300円、五島美術館が1,200円で合計2,300円。
累計で9,600円です。

| | コメント (0)

ハウスファミリーウォーク神宮大会2013

005今年もハウスファミリーウォーク神宮大会に当選し参加してきました。
実は前日に予定されていた板橋大会にも当選していたのですが、残念ながら台風の為に開催中止。
二日連続で歩く気マンマンだったのですが~(涙

因みに当選メールは両大会とも11日前に、板橋大会の中止メールは2日前に来ました。

007いつもの様に神宮外苑の絵画館前で受付、開会式後に順次スタートです。
皆さん早い到着で、程よい時間に着くと後ろの方のスタートになります(^^;)

017この大会はやはりファミリー参加がとても多いです。
ベビーカー参加の方も多く見ました。
10kmベビーカーを押すって凄いかも…。

025原宿駅を過ぎて明治神宮へ到着。
参道では今年も菊花展が開催中、まだ始まったばかりなので見頃はこれからです。

050境内には全国の特産物が奉納されていました。
本殿で参拝。

066秋の大祭の期間中で、この日は本殿前で雅楽の舞が奉納されていたので鑑賞。
そうと知っていたらデジ一を持ってきたのに~!

天地の神々と先霊を祀るという「振鉾」。

090武神の舞という「散手」。
動きが勇ましいです。

137佳日に奏されるという「林歌」。
装束の模様はネズミです。

141締めくくりは源博雅が作曲したという「長慶子」。
これは以前から聞きたかったので感激!

1時間余り鑑賞していたので終了後に急いでウォーキングを再開します。

171ブレイクポイントに着くと人もまばら(^^;)
アンカーさんが今にも出発するとの事、ペットボトルを受け取り早足で先を急ぎます。
ゆっくりし過ぎました(汗
でも、生で雅楽を観賞できるなんてなかなかないし~。

172四谷駅を過ぎて上智大学の前を通過。

175スポーンサーのハウス食品様本社前を通過。
この辺りでやっと多くの人に追いつきます。

タイム的には大丈夫そうなのでここでぐるっとパスでルート上にある「ニューオータニ美術館」へ寄り道。

187豊川稲荷で参拝。
ここで休憩をしている人も多かったです。

196赤坂御用地の横を通り

200再び神宮外苑の絵画館前に戻りゴールです。
有り難くお土産を頂きました^^

201ビンゴも達成!
賞品は後日郵送されるそうです。楽しみ^^

269今回のお土産です。
これで一人分、四人家族で参加だったら暫くカレーですね♪

本日はドアtoドア(この後の寄り道含む)で26,244歩、15.746km歩きました。

270_2※追記です。

一週間後にビンゴの商品が宅急便で送られてきました。
折りたたみのクーラーバッグです。
軽いのでウォーキングやハイキングに使えそう。

例年以上にビンゴの当選が出たので商品の手配が整わなかったそう。
メール便じゃないし送料が余計にかかっちゃいましたね(^^;)

| | コメント (2)

2013年10月24日 (木)

換毛ふたたび

1023a_2換毛は落ち着いたはずでしたが、先週の台風後の冷え冷えした気候で再び始まったようです。

1023b今回の毛の段差は小規模。
換毛のメカニズムはどういう風になっているのでしょう?気温差とか?

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

紅葉狩り-水上篇

002今年も紅葉狩り&温泉をと水上へ行ってきました。

冴えないお天気ですが、関越は7時ごろでも渋滞寸前、あと30分遅い出発だったらハマっていましたね。

010最初に月夜野びーどろパークへ行って体験工房でサンドブラスト体験。
その後は工場見学&ショッピングです。

207今回作ったのは奥の大きめのサラダボウル。
行く度に同じ柄で色んな種類を作っているのでシリーズもののようになってきました。
体験用に用意されている素材も手作りなので一つ一つ風合いが違っているのも良い処。

手前はお土産の馬と青いのはおまけでもらったガラスの粒のマグネットです。綺麗ですよ。

022北上して水上に到着。

最初にお昼を食べて~

076奥利根水源の森へ来ました。
600haのブナ林が広がっています。

129ここは狭い一方通行の道を車で回り時々降りて散策するというスタイル。
徒歩の散策コースはいくつかあるようです。

105奥利根水源の森の紅葉はそろそろ終盤な感じでした。

169その後県道63号沿いに照葉峡を散策。
こちらはツアーバスも寄る所なので多くの人が来ていました。

186照葉峡は長くて高低差があるのですが、今は上流部が見頃です。

040そして温泉はいつものとおり宝川温泉汪泉閣へ。
何度も行っているのでアウトラインは省略。

海外のガイドブックで日本一の温泉と評価されたらしく外国人が多かったですね~。
確かに海外の人が想像する「ザ・日本の温泉」という感じです。

038宝川温泉の紅葉は来週位から見頃な感じ。

059帰りは関越の渋滞名所で25kmの渋滞、とあったのでSAで夕食をたべつつ時間調整。
再び出発すると渋滞は綺麗に解消していました。(^^)v

今年の紅葉は9月の冷え込みで高所の色付きが早く進んだものの、高温の復活で紅葉前線はストップ、その後また冷え込んだので紅葉が始まった…という二段階な様子です。
本格的な紅葉はこれから、去年の様に鮮やかな紅葉が見られるでしょうか?

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

今日はブロッコリー

1016a今日の献立は、間引きのブロッコリー。

1016bやはり一番ブロッコリーが好きなようです。
味に違いがあるんだ~。

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

三井記念美術館~ブリジストン美術館~近代美術館フィルムセンター~相田みつを美術館

015本日のぐるっとパスは日本橋から有楽町へと廻ります。

最初は三井記念美術館で「国宝『卯花墻』と桃山の名陶」。
国宝の茶椀『卯花墻』をメインに桃山時代の美濃地方で焼かれた志野、黄瀬戸、瀬戸黒、織部の陶器を大量に展示。
織部はわかりやすいのですが、正直他は良くわからない分野で目の保養と勉強と思って拝観しました。

020その後は千疋屋総本店で10,000円のマスカット・オブ・アレキサンドリアや2,000円のリンゴ(1個ですよ)にビビりながら冷やかし見、お隣の三越をぶらぶらして「たいめいけん」でランチ。

026無料循環バスのメトロリンク日本橋で移動します。
ありがたいですね~。

031八重洲に移動しブリジストン美術館の「カイユボット展-都市の印象派」です。
ブリジストン美術館もぐるっとパス対象施設ですが、今回の展覧会は前売りペア券の方がお得なのでぐるっとパスは使いません。

カイユボットはモネやルノワールと親しく彼らの作品を購入して経済的に支えたり、印象派展の開催に尽力する他に、自身が画家としても活躍も、裕福ゆえに絵を売る事が無かったために画業が広く知られることが無かった人物で近年になって再評価されているそうです。

確かにモネやルノワールの影響の見られるタッチ、そして印象派の画家たちが郊外の絵が多いのに比べてカイユボットは彼の暮らしたパリ近郊の風景や彼の暮らした屋敷内の絵が多かったという事、そういう訳で都市の印象派と銘打たれている様です。

カイユボットは生活の為に絵を描いていないからか絵に情念が篭っていないというか上品で癒し系な印象を持ちました。
展示室に同時代のカメラやピアノを置いたり、絵の描かれた場所を地図上で示したりと展示にも工夫があって良かったです。

034グッズショップはこんな感じ。
使われている絵が少ないと思いましたが、種類は揃っていた感じです。

064お土産はいつものクリアファイルにチケットホルダーにしました。

040ちょっと疲れたのでコーヒーを飲んで休憩、やはり一日に連荘で鑑賞するには一息入れないと(^^;)

041ブリジストン美術館から歩いてすぐの東京国立近代美術館フィルムセンターへ。
今は「チェコの映画ポスター」の展示です。

今まで知りませんでしたが、チェコの映画ポスターは個性的というかアートポスターの様で、良く知っているお馴染みの映画のポスターもチェコ版ポスターだと「こんなことになっちゃうの?」という位アーティスティック。
オリジナルポスターに引きずられず独自の解釈が面白かったし見ごたえがありました。
バラ売りのポストカードやクリアファイルがあったらお土産に欲しかったなぁ。

047最後に東京国際フォーラムに到着。
花壇はハロウィンのアレンジ。

056相田みつを美術館でみつをのお言葉のシャワーを浴びます。
館内もグッズショップも相変わらず人が多い~。

065お土産は日めくりのPartⅡと東京国際フォーラム内の他のお店で馬のハンガーを見つけて買いました。

3連休だからかどの施設も人が多かったですね~。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は三井記念美術館が1,200円、東京国立近代美術館フィルムセンターが200円、相田みつを美術館が800円で合計2,200円。
累計で7,300円です。

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

間引き菜の季節

1007h秋になりベランダではプランター栽培の野菜の季節になりました。
今は二十日大根、チンゲンサイ、ブロッコリー、半分はうさぎ用で多目にまいているので間引き菜も良く出ます。

1007a久しぶりの野菜だと最初は激しく腰が引けていますが…。

1007bすぐに怪しいものでは無いと納得して完食。
間引き菜も枯れた下葉も無駄なく食べてくれるので有り難いです。

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

下町風俗資料館~西洋美術館~科博~上野動物園

001朝から雨が降ったりやんだりといううっとおしいお天気ですが、貴重な休日なので当然ぐるっとパス巡りです。
本日は上野公園一周の旅。

最初は懐かしの昭和の暮らしを展示している下町風俗資料館。

018展示は微妙に変わっていました。
訪れる度に一個づつパズルを解こうかな。
これはアニメーションの祖先という道具、右の取っ手を回しながら黒い円盤の隙間から覗くと馬が速歩して見えます。

021次は国立西洋美術館で開催中のミケランジェロ展へ。
ここもぐるっとパスの対象施設ですが割引率が低いので、ぐるっとパスは使わずお得な前売りペア券で入場しました。

ラファエロ展、ダヴィンチ展と同じく日本におけるイタリア年の一環での開催。

ミケランジェロ展といってもヴァチカンの壁画や大彫刻を持ってこれるはずはなく、今回はミケランジェロ15歳の作品の階段の聖母と最晩年の作品のキリストの磔刑(↑の画像の左右)をメインに素描の佳品であるクレオパトラとレダの頭部習作が主なところ。

ミケランジェロの手によるスケッチや手紙などの資料が沢山で確かに貴重ですが、ちょっと物足りない感じ(^^;)
日本でミケランジェロの作品を目の当たりにできるのは確かに貴重ですが…常設展の方で物足りなさ感を補完しました。
これができるのが西洋美術館のいいところですね。

そうそう、こちらにも4K映像がありました。
確かに美しい…でも先日Panasonic汐留ミュージアムで見た画像に比べるとクリアー感が劣ったように見えたのはモニターが投影だったからかサイズが大きすぎたからか。
それでも今までの映像に比べたら素晴らしくクリアーです。

031グッズショップはこんな感じ。
お決まりのグッズ類とイタリア関係の製品とダヴィンチ展に続いて惣領冬実の「チェーザレ・ボルジア」グッズがありました。
グッズ関係は元になる素材が彫刻と壁画とデッサンというのがちょっと苦しかった感じがします。

231お土産はいつもの西洋絵画の巨匠(常設ショップで)とクレオパトラのクリアファイルにしました。
ちょっと普段に比べるとテンションが低いです(^^;)

036お次はお隣の国立科学博物館へ。

042まずは日本館の企画展の「教授を魅了した大地の結晶」展から。
広島大学の故北川教授の鉱物コレクションです。
石好きにはたまりませーん^^

069次は先日から常設に加わった、はやぶさが持ち帰ったイトカワの微粒子を見に行きます。
これは地球館の2F、直に顕微鏡で微粒子を観察できます。制限時間は1分/1人。
実際はもっとクリアーに見えました。
ちっちゃいけど感激!
因みにこの日は30分並んで待ちました。

その後は地球館をぐるっと一周、雨の日なのに(だから?)結構混んでいました。

085_2外に出たら「深海展」の長い行列が~(^^;)
科博の前の林をぐるーっと大回りする行列になっていました。
雨の中何時間待ちなんだろう…。

089次は上野動物園です。
雨だから貸切か?と思ったらそこそこ人が来ていました。びっくり。
でも普段よりは空いているのて楽々です。

114西洋美術館も科博もお店が混んで食べそこなっていたので動物園のレストランでしばし休憩。

108いつも夏の動物園が多いのですが、雨の日だからか涼しかったからか動物たちが妙にアクティブ。
普段見る姿とちょっと違う感じで新鮮です。
雨の日の動物園も面白いね。

122ライオンは普段通りまったりw

134一番テンションが高かったのはアシカとアザラシ。
ご機嫌で遊んでいました。

148クマ三連発。

ノーブルな雰囲気の漂うシロクマ。

149筋骨隆々のヒグマ。

196模様と仕草で勝利のパンダ。
熊とは思えませんね~。
雨で普段より人が少ないからじっくり観れてパンダだけで100枚位撮ってしまった(笑)

229夕食にキャンプがモチーフのカレー屋さんで〆ました。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、下町風俗資料館が300円、国立科学博物館が600円、上野動物園が600円で合計1,500円。
累計で5,100円です。

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

爪切り

1002a気が付けば爪切りの季節がやってきました。
換毛シーズンなのでブラッシングをして

1002b今日は抱えて爪切り。
憮然とした表情をご覧ください(笑)

1002c完了!お疲れ様でした~^^

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »