« イースター・バニー | トップページ | バルテュス展 »

2014年4月19日 (土)

芝桜と12年に1度の秩父札所総開帳めぐり

012
5社相互直通運転開始1周年記念ウオークの第2弾「芝桜と12年に1度の秩父札所総開帳めぐり」(長い…w)に参加してきました。
出発は横瀬駅です。

いやぁ週末の西武秩父線の車内はリュック背負った人であふれているのですね~。

057
最初にメインスポットの羊山公園(芝桜の丘)です。
今年は雪が多くて寒かった影響か開花が遅くまだ2分咲き位、見頃前なので入場料も無料でした。

112
でも部分的にはこんな感じで満開(^^)
多分今週末~来週末位が全体の見頃じゃないかと。

144
次は街中に降りてきて「ちちぶ銘仙館」です。
秩父は銘仙の産地として知られていてその紹介と展示がされていました。
ここは予想外に良かったです。

156
かつての工場の様子や原材料、体験教室などなど。

164
手織りで銘仙を織る様子も。
近所だったら体験教室に通ってみた~い!

190
お次は今年12年に一度の総開帳中の秩父札所めぐり。(のさわり)
秩父札所は全部で34か所ありますが、今回は秩父駅周辺の4か所を巡ります。
スタンプラリー的な事が好きなので34か所回ってみたいけど最後の方が難所なので悩み中なのです。

話は戻って札所13番の慈眼寺です。
その名の通り「め」にご利益のあるお寺でメグスリノキのお茶を振る舞って頂きました。

このあとのどのお寺もそうでしたが、総開帳中とあってツアーバスで詣でる人々もいて境内は賑わっています。

199
次は札所14番の今宮坊です。
かつては神社の境内にあった観音堂が神仏分離により独立したそう。

222
次は札所16番の西光寺です。
霊場巡りや酒樽大黒など見どころが多いお寺でした。

236
ご住職は両手で絵や文字を書ける方の様子で実演していました。
同じ字ならともかく両手で違う字をすらすら書くのは凄い。

264
次は武甲酒造。
秩父の老舗造り酒屋さんです。

246
酒蔵で試飲・試食+直売をしていたので飲み比べて一番スッキリ飲めたその名も「秩父しばざくら」を購入。

270
秩父まつり会館を通過して

278
秩父の総社、秩父神社です。
ここは社殿に彫刻がこってりと彫られていて華やか。

284
彫刻の一つ名工左甚五郎の「つなぎの龍」。
龍を鎖でつないで水害を防いだという伝説があります。

296
再び札所巡りで札所15番の少林寺です。
白漆喰で覆われた本堂に季節の花々が映えていました。

322
最後にレトロな建物が多く残る番場通りを通り

329
お肉屋さんで秩父名物の一つトンカツを買って食べ歩き。
分厚くてジューシーです~。

338
西武秩父駅前がゴール。

360
完歩の記念品は5社合同のオリジナル手ぬぐい。
便利に使いまーす。

352
ランチは電車の時間までの時間調整を兼ねて、これまた秩父名物のそばを頂きました。

361
お土産は武甲酒造のしばざくらと秩父神社のお守りと神馬根付、手織りコースターに銘仙の小袋。
秩父はアニメ「あの花」の聖地なのであの花ラッピングの秩父名水ボトルです。

door to doorで17,892歩10.735kmのウォーキングでした。

|

« イースター・バニー | トップページ | バルテュス展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イースター・バニー | トップページ | バルテュス展 »