« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

都会の公園を歩き、初夏の訪れを感じよう

003
西武鉄道主催のウォーキング「都会の公園を歩き、初夏の訪れを感じよう」に参加してきました。
いやー人の事は言えませんが、ゴールデンウィークだというのに(だから?)参加者が多かったです。
季節に応じたコースが考えらえているし休日のレジャーはウォーキングイベントという人は結構いるのかも。

スタートは難易度の高い(笑)池袋駅西武南口です。

011
スタートするとすぐに自由学園明日館。
フランク・ロイド・ライトの設計で重文です。
ハンカチの木の花が咲いていました。

022
次は目白庭園。
国際化の進む豊島区で日本の伝統文化を感じる場をということで造られた日本庭園です。
小さいながらも本格的で風情のある庭園です。

029
暫く歩くとびっくりするようなお屋敷が並んでいます。
どうやら徳川ビレッジという超高級住宅街でした。
門扉には金色の徳川の紋が入っています。
都心にこんな一角があるとは…(@@)

055
次は目白の森です。
マンションが建つ計画を地元住民の運動で公園化したそうです。
これまた都心とは思えない自然が残っています。

068
目白通りを進み

079
昭和の巨匠漫画家たちが共同生活していたトキワ荘があったトキワ荘通りです。
トキワ荘は今はありませんが、縁の場所にトキワ荘お休み処という施設がありました。
ここは最近できたばかりの様で、グッズやコミック等々売っていました。

マンガの聖地トキワ荘があったからか今でも西武沿線に漫画家が多く住んでいるようです。
一説には日本の漫画家の4割が西武沿線住人とか?

081
更に進むと電車のある建物が、どうやら鉄道模型のKATOという会社でした。
ショールームがあり、男の子や元男の子が喜んで遊んだり選んだりしていましたよ。
ここがコースに入っている辺りがゴールデンウィークの家族向けな感じですね。

099
次は哲学堂公園です。
ここは早春にも来ましたが、その時は良く見て回れなかったので今回はじっくり哲学な部分を見て回りました。

118
「絶対城(図書館)」「 宇宙館(講義室)」「無尽蔵(陳列所)」など、建物の命名や、万物に対する捉え方も興味深かったです。
建物のデザインも個性的。

174
付近の公園の一角には絵古田・沼袋古戦場の碑が。
この辺りは室町時代の古戦場だったようです。

178
次は絵古田の森公園。
広い公園の周りには大きな病院や福祉施設がいくつも並んでいて、更に新築工事中でした。

188
立ち寄りポイントには入っていませんでしたが、正覚院という庭園が綺麗なお寺があったので寄ってみます。
牡丹が花盛りでした。

227
今度は練馬駅に向かいます。
正面の高い建物は地上21階地下3階の練馬区役所。
区役所でこんなに立派なのは凄いわー(^^;)

233
一旦練馬駅を越えて白山神社の大けやきです。
藤の花が綺麗だったので一緒に写してみました。

247
そして最後は平成つつじ公園です。
丁度つつじ祭りが開催中。

258
屋台で何か買おうかと思っていましたが、余りの人の多さと行列にスゴスゴと退散(汗

262
そして練馬駅に戻ってゴールです。

door to doorで19,213歩、11.527kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

みなかみ町 名胡桃城址とガラス工場散策

104
前日に引き続きJR東日本駅からハイキングの「みなかみ町 名胡桃城址とガラス工場散策」に参加しました。

鉄道会社主催なので本来なら電車で移動するのが筋ですが、二人で埼玉の自宅から群馬にあるスタート地点の上毛高原駅まで移動するのなら車の方がコストが半分以下。
ということで、早朝に出発して上毛高原駅近くの有料駐車場に車を停めてスタート地点のみなかみ町観光協会に向かいます。

MAPと完歩記念の缶バッジを先に貰いスタート。

113

出発して早々に最初のポイントである小川城址に到着。
室町時代から戦国時代に存在した城跡。
空堀などが良く残っていました。
各種の花木が植栽され、主郭は牡丹園になっていました。

181
付近の農道からは残雪の谷川連峰が綺麗に見渡せます。

301
小川城址から次のスポットである名胡桃城址まではちょっと遠くて小一時間てくてく。
更に本日のコースはアップダウンが多くて結構足に来ました(^^;)

そんなこんなで名胡桃城址に到着。
こちらも花が綺麗な城址です。

253
現地のボランティアガイドさんに案内して頂き、この城の意義や地形を上手く活かして築かれた事などが良くわかりました。
このお城は花も綺麗でしたが、景色も良かったです。

329
折り返してアップダウンの道を越えて今度は茂左衛門地蔵尊奥の院です。
江戸時代に領主の暴政を直訴しようとして処刑された名主の杉木茂左衛門が捕まった場所に建ちます。
こちらは今では桜の名所の様子です。

350
坂を下って黒岩渓谷を渡り

361
雰囲気のある街並みを通り

363
今度は先程訪れた杉木茂左衛門の地蔵尊。
立派に祀られて地元からの慕われ振りが伝わります。
直訴の結果、領主は改易になったので茂左衛門らの犠牲は無駄では無かったことでしょう。

現代では陛下に直訴しちゃった国会議員がいますが(^^;)、千葉にも直訴・処刑された名主の佐倉宗吾の宗吾霊堂(駅もあり)があったりと直訴はご法度の時代には相当な覚悟だったのでしょうね。

371
地蔵尊から下って利根川を越えます。
雪解けシーズンとあって急流です。

380
更に小一時間歩き、月夜野びーどろパークです。
ここは何度も訪れているのでさらっと見学、駅ハイ参加特典で体験工房の割引チケットがあるので次回訪れた時に使いたいと思います。
こちらで馬柄コップを購入。

393
最後のポイントである道の駅矢瀬親水公園です。
道の駅でお土産を購入、この後ゴール前の最後の激坂を登るので重くない物を探しました。

407
そして漸くゴールの上毛高原駅へ戻ってきました。
いやー今日のコースは景色は良いけどアップダウンが多くてくたびれました~(汗
前日から連荘でウォーキングというのもあるのかも?

420
本日のお土産は馬柄コップと群馬名物こんにゃくと月夜野はりんごの産地なのでりんごバターにしました。
馬柄コップが1個なのは以前に同じコップを買っていまして使い勝手が良いので追加購入です。

歩きなので軽いものを心掛けましたが、結構重たかったかも(^^;)

034
その後車をピックアップして水上へ移動、水上周辺は桜が満開。

062
そして食事と温泉でマッタリ。
ウォーキングの疲れをとり帰途に着きました。

door to doorで22,491歩13.494kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

駅開業110周年!両国・亀戸江戸下町めぐり

008
JR東日本の駅からハイキング「駅開業110周年!両国・亀戸江戸下町めぐり」に参加しました。

スタートは両国駅を出た所にあるホテルの1Fにある両国観光案内所です。

015
最初のスポットは回向院。
江戸時代の明暦の大火の犠牲者を葬ったのが始まりでその後、災害の犠牲者、刑死者、無縁仏なども埋葬、人間以外にペットの墓もあるそうです。

江戸時代に境内で行われた勧進相撲が今の大相撲の起源だそうです。

041
次は両国公園の中にある勝海舟の生誕の地。
ちょっと地図がわかり難くて迷いました。

060
赤穂浪士の討ち入りで有名な吉良邸跡。
吉良邸の跡地の一部を公園として保存しています。
みしるし洗いの井戸がありましたよ(((^^;)

065
周辺には相撲部屋があちこちにあって各々の部屋に個性がありました。
こちらは春日野部屋。
大型のマンションタイプが珍しい。

071a
両国国技館の前を通過して

080
旧安田庭園です。
江戸時代の本庄松平氏の大名庭園に始まり、その後安田財閥の祖である安田善次郎の所有を経て現在は墨田区立公園です。

124
東京都慰霊堂です。
関東大震災と東京大空襲の際の犠牲者が収められています。
恥ずかしながらここにこういう施設があるのを知りませんでした。
お堂が修復工事中なので花壇を。

139
江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎生誕の地は現在ではあられ屋さんになっていて、前にある通りは北斎通りと名付けられています。
ここでお土産にその名も北斎揚げを購入。

149
大横川親水公園です。
元々あった大横川の殆どを埋め立てて親水公園として整備したもの。
全長1800mにも及ぶ細長い公園で近隣住民の憩いの場となっています。
ここをスカイツリーに向って歩いてゆきます。

192
ちょっと小腹が空いたのでスカイツリーの直下で煎餅を買って一休み。

207
スカイツリーとソラマチに到着。
そういえばスカイツリーってまだ上ったことがありません(^▽^;)

205
駅ハイ参加者特典でソラマチ5Fにあるすみだまち処産業観光プラザでドリンクが100円で飲むことが出来ます。
当然わざわざ5Fまで行って飲みました~。
GWとあってソラマチは混雑していました。
ここで北斎の馬柄御手拭を購入。

241
次は亀戸天神社です。
江戸時代からの藤の名所で、この日は丁度藤まつりが開かれていました。
藤の花も丁度見頃。

264
藤も見事でしたが、とにかく人出が凄かったです!(@@)
藤の花を見るのも撮るのも天神さまに参拝するのも境内を移動するのもすし詰めで大変~。
一体どの位の人がいたのやら…?

349
香取神社です。
スポーツの神様として信仰されていて、勝負に勝つ勝守りが人気があるそう。
八重桜がまだ綺麗に咲いていました。

365
亀戸梅屋敷です。
江戸時代に亀戸に実在し浮世絵にも描かれた亀戸梅屋敷をモチーフにした商業施設。
心惹かれましたが、もうラスト近くで疲れていたのでここは素通り(スミマセン)

368
亀戸駅の駅ビルアトレ亀戸がゴールです。

372
駅ハイお馴染みの缶バッジと完歩記念は東京のコースなのに何故かチーバ君のピンバッジ。
このコースの企画がJR東日本の千葉支社だからだそうです。

376
ランチはアトレ亀戸の中で。
駅ハイ参加者特典でドリンクがサービスされました(^^)

389
本日のお土産。
葛飾北斎の馬御手拭と北斎揚げです。

door to doorで26,474歩15.884kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

衣替え

0423a
花冷えになったり初夏の陽気になったりとなかなか衣替えに手が付けられませんが、ぴいたはそんな事におかまいなくせっせと牧草を食べています。

0423g
そろそろ毛皮の衣替え(換毛)かな~。

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

バルテュス展

013
東京都美術館で始まったばかりの「バルテュス展」に行ってきました。

014
「賞賛と誤解だらけの」というだけあって画題がスキャンダラス。
お得意のポーズが片胸を露わにした立膝の少女ですから~~~。
片胸を露わというのは「愛人・娼婦」の寓意だったと思うのですが、それが少女で立膝ですからねぇ(汗

恵まれた環境で育ち才能があっても絵を売る為には目立つ特長が必要だったのか、画題に対する拘りは良くわかりましたが確かに誤解を受けそうな絵の数々です。

しかし、やはりそこはお城に住む貴族で更に超ハンサムなバルテュスだからこそ芸術として評価されるわけで、ジャバザハットの様なオヤジが描いていたら問題外だったかもーと思いました(^^;)
でも芸術性と才能は伝わりましたよ。

展示にバルテュスのアトリエが再現されていたり最後のコーナーに篠山紀信の撮影した晩年のバルテュスのポートレートの数々と愛用品がたっぷりあってバルテュスの人となりを出来るだけ紹介したいという夫人の想いが伝わりました。
いやぁバルテュス、90歳を過ぎてもダンディ、羽織袴も騎士の正装と同じ位素敵に着こなしていました。

026
お土産はクリアファイルと気に入った「眠る少女」のポストカード。
しかし~ダブルファイルは無駄に高い上に使いにくいから嫌いです(><)
普通のクリアファイルにしてほしい~。

グッズ関係も展示と同様に充実していました。
お馴染みのステーショナリーやTシャツ、バッグ、食器、食品関係の他にファッション関係や絵具の顔料まで。
変にタイアップで水増ししていない所も良かったです。
後は節子夫人作の絵本や着物本や令嬢がデザインしたアクセサリーも。
展示もお土産も夫人入魂の展覧会ですね。

特筆すべきは晩年バルテュスが絵を描く為に撮ったポラロイドの写真集で一冊10万円以上もするのに2日目にして既に完売していました。
何冊用意されいたんだろうか、もし10冊完売なら100万円以上かぁ~といらぬ事を考えたり。

024
美術展の後のランチは上野駅の中でガッツリステーキ御膳です。

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

芝桜と12年に1度の秩父札所総開帳めぐり

012
5社相互直通運転開始1周年記念ウオークの第2弾「芝桜と12年に1度の秩父札所総開帳めぐり」(長い…w)に参加してきました。
出発は横瀬駅です。

いやぁ週末の西武秩父線の車内はリュック背負った人であふれているのですね~。

057
最初にメインスポットの羊山公園(芝桜の丘)です。
今年は雪が多くて寒かった影響か開花が遅くまだ2分咲き位、見頃前なので入場料も無料でした。

112
でも部分的にはこんな感じで満開(^^)
多分今週末~来週末位が全体の見頃じゃないかと。

144
次は街中に降りてきて「ちちぶ銘仙館」です。
秩父は銘仙の産地として知られていてその紹介と展示がされていました。
ここは予想外に良かったです。

156
かつての工場の様子や原材料、体験教室などなど。

164
手織りで銘仙を織る様子も。
近所だったら体験教室に通ってみた~い!

190
お次は今年12年に一度の総開帳中の秩父札所めぐり。(のさわり)
秩父札所は全部で34か所ありますが、今回は秩父駅周辺の4か所を巡ります。
スタンプラリー的な事が好きなので34か所回ってみたいけど最後の方が難所なので悩み中なのです。

話は戻って札所13番の慈眼寺です。
その名の通り「め」にご利益のあるお寺でメグスリノキのお茶を振る舞って頂きました。

このあとのどのお寺もそうでしたが、総開帳中とあってツアーバスで詣でる人々もいて境内は賑わっています。

199
次は札所14番の今宮坊です。
かつては神社の境内にあった観音堂が神仏分離により独立したそう。

222
次は札所16番の西光寺です。
霊場巡りや酒樽大黒など見どころが多いお寺でした。

236
ご住職は両手で絵や文字を書ける方の様子で実演していました。
同じ字ならともかく両手で違う字をすらすら書くのは凄い。

264
次は武甲酒造。
秩父の老舗造り酒屋さんです。

246
酒蔵で試飲・試食+直売をしていたので飲み比べて一番スッキリ飲めたその名も「秩父しばざくら」を購入。

270
秩父まつり会館を通過して

278
秩父の総社、秩父神社です。
ここは社殿に彫刻がこってりと彫られていて華やか。

284
彫刻の一つ名工左甚五郎の「つなぎの龍」。
龍を鎖でつないで水害を防いだという伝説があります。

296
再び札所巡りで札所15番の少林寺です。
白漆喰で覆われた本堂に季節の花々が映えていました。

322
最後にレトロな建物が多く残る番場通りを通り

329
お肉屋さんで秩父名物の一つトンカツを買って食べ歩き。
分厚くてジューシーです~。

338
西武秩父駅前がゴール。

360
完歩の記念品は5社合同のオリジナル手ぬぐい。
便利に使いまーす。

352
ランチは電車の時間までの時間調整を兼ねて、これまた秩父名物のそばを頂きました。

361
お土産は武甲酒造のしばざくらと秩父神社のお守りと神馬根付、手織りコースターに銘仙の小袋。
秩父はアニメ「あの花」の聖地なのであの花ラッピングの秩父名水ボトルです。

door to doorで17,892歩10.735kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

イースター・バニー

0417a
イースターエッグを作ったついでにイースターバニーを作ってみました。
もちろんモデルはぴいた(のつもり)

紙粘土+絵具の工作って多分子供の頃以来ですが、イメージしたものを形作るって難しい~sweat01
卵すら形を作るのに四苦八苦しました(^^;)

0417f
ぴいたと並べてみました。
どう?似てる?

0417b
「ぼくの方が可愛いよ!」と言ってそう(汗
勝気そうな雰囲気は似てるんじゃないかと。
しかし、難しいですね>うさぎ

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

小淵沢外乗

017
このブログには私単独のネタは書かない事にしているのですが、今回は外乗ネタなのでUPします。

乗馬友達と外乗に行く事になり、どこにしよう~と考えて小淵沢で桜を愛でつつ馬に乗る事にしました。
小淵沢と言えばもちろん「森の四季」です。

平日なので中央道もスカスカ~。

020
途中のPAで適宜休憩。
釈迦堂PAの後ろの花いっぱいの斜面を登ると…

027
桃畑が広がっていました。
今まさに桃の花の見頃です!

030
甲府盆地は桃の花で文字通り桃色に染まっていました。
あれが全部桃の実になるんですね~。

147
外乗は午後からなので、神代桜で有名な実相寺に向かいました。
神代桜以外にもたくさんの桜があって満開です~。
青空に背景の山と桜と手前の水仙と、夢のような光景です。
そして、月曜日なのに観光客もいっぱい!

128
これが樹齢2000年という神代桜です。
ちょっと痛々しい姿ですが、それでも懸命に咲く姿に感動~。

158
桜に感動していたらランチの時間が無くなったので、スーパーの弁当でささっと済ませて午後からは森の四季で外乗。
お天気が最高で爽快(^^)

206
日陰にはまだ雪が残っていました。
小淵沢はまだ春が始まったばかりです。

いつもの外乗記は近日中にUP予定。

247
外乗後はお決まりの温泉でマッタリ。
本日は森の四季の最寄りの温泉「つたの湯」にしました。

帰りの高速もスカスカで順調に帰宅。
花+馬で充実した楽しい一日でした~(^^)

| | コメント (0)

2014年4月12日 (土)

高麗郷を巡る巾着田菜の花ハイキング

003
JR東日本と西武鉄道共同開催の「高麗郷を巡る巾着田菜の花ハイキング」に参加してきました。

スタートはJR高麗川駅。

001
駅前ロータリーにはチャンスン(朝鮮の将軍標)と多分地元名物の彼岸花がデザインされたモニュメントが立っています。

010
行列に並んで受付後、地図と何故かポケットティッシュを受け取ってスタート。
春めく高麗の里を歩きます。

014
高麗川にかかる出世橋を渡って

036
最初のポイント高麗神社へ到着。
高麗王若光を祀る寺院で出世明神としても知られる神社です。
政治家の献木の多さに目を引かれます。
高麗由来の神社として韓国俳優も来るそうです。

072
次はお隣にある聖天院。
高麗王若光の墓がある寺院。
庭園が美しいお寺です。

100
更に田園地帯を進み

104
桜の花びらの中を泳ぐオタマジャクシ。
オタマジャクシを見たのはかなり久しぶり~。

129
あいあい橋を渡ると巾着田です。

142
巾着田入口には牧場が

151
最近馬養分不足につき、さっそく放牧中のポニーと触れ合います。

203
巾着田は菜の花で覆われていました。
ちょうど花盛りの様です。

187
巾着田では菜の花まつりが開催されていました。
ゆるキャラのくりっかーとくりっぴーも登場。
地元特産の栗と顔はカワセミ、頭には彼岸花ですね。

177
屋台も沢山並んでいます。

185
ステージイベントをみつつ、お昼は高麗鍋+サイボクのポークソーセージステーキと飯能鍋+みそ付けまんじゅうにしました。
美味しかったです。

227
最期のスポットは高麗郷古民家。
江戸時代に名主を務めた旧家の住宅が保存公開されています。

238
こちらでは美味しい狭山茶が振る舞われました。

261
西武の高麗駅がゴール。
こちらにも駅前にチャンスンがそびえています。

278
完歩の記念は駅ハイお馴染みの缶バッジと巾着田(彼岸花の時期は有料)の入場券でした。
入場券は何気に嬉しかったです(^^)

door to doorで18,970歩、11.382kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2014年4月10日 (木)

春ですねぇ

0410a
春らしくこのところ気温の変化が激しくて飼い主は着るものに悩んでしまうのですが、ぴいたは一年中毛皮一本。
またそろそろ毛皮を薄く(換毛)するのかな?

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

春・花三昧・公園三昧!~桜並木を訪ねて~

002
西武鉄道主催の「春・花三昧・公園三昧!~桜並木を訪ねて~」に参加しました。
スタートは武蔵関駅。
ウォーキングイベントに参加するようになると、初めて降りる駅が増えます。

014
歩き始めてほどなく、最初の桜並木は西武新宿線沿いの桜です。

015
満開の桜が青空に映えます。

033
武蔵関公園に到着。
池の周りを桜が縁取っていました。

045
水面に落ちた桜の花びらの中を泳ぐ鴨たち。

064
更に桜並木は続き。

067
街中でも桜の天井が続きます。
ちょうど桜並木を繋ぐウオーキングコースになっているのですね(^^)
タイミングがバッチリで良かった~。

081
NTTの研究開発センターを過ぎ

101
次の公園は武蔵野中央公園です。
花見をする人で賑わっています。

094
花壇ではチューリップも咲いていました。

104
千川上水を通る頃には雲が出て

105
武蔵野大学の前を通過。

106
桜咲く玉川上水を過ぎて

134
小金井公園に着いた途端に雨が!
花見客たちも急いで雨宿りをします。

雨が降る予報じゃなかったので傘を持ってこなかった~sweat01

143
幸いなことに10分位で雨は止みました。ほっ
これからは雨予報がなくても準備しておこう(^^;)

167
カワセミ発見!
遠いのでボケボケです(^^;)
綺麗な背中を見せて欲しい~!

175
最後の桜並木は小平グリーンロード。

192
ゴールは花小金井駅です。
行くところ行くところで満開の桜を満喫しました。

199
ランチは花小金井駅近くのイタリアンレストランで。
ピザが美味しかったです~。
ドリンクバーのジュースにカシスやアセロラがあったのが嬉しい。

door to doorで、20,309歩12.185kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »