« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

下町風俗資料館~上野動物園~国立科学博物館~「台北國立故宮博物院」展

010
本日のぐるっとパスは東博で開かれている「台北國立故宮博物院」展と合わせて上野巡りです。
行列情報によると「台北國立故宮博物院」展は平日でも2~3時間待ち、土曜日には4時間待ちまで行ったとか。
行列のピークは開館直後から夕方らしいので、先に他の施設を回って夕方に東博(期間限定で夜間延長開館中)に向かう事にしました。
しかし歩きまくる施設が多くて夕方まで体力気力が残っているかが一抹の不安(^^;)

さて、最初に「下町風俗資料館」です。

021
展示は七夕の設えになっていました。
短冊とペンが備えてあって願い事を書けるようになっています。
ということでさっそく願い事を笹の葉に結び付けました。

2Fでは「三浦屋と江戸風俗人形」の企画展示(ここだけ撮影禁止なので画像なし)がされていて檜細工師の三浦宏さん作の建物に人形作家の辻村寿三郎さんの花魁たちに江戸小物細工師の服部一郎さんの雅な小物たちで、お江戸の廓が格調高く風流に再現、細工が細やかで素晴らしく見入ってしまいました。

別途実際の花魁の写真も展示されていましたが、あのような満艦飾の格好では一人ではとても歩けませんね。
美しい着物も重たげな飾りも華麗な手かせ足かせなのかもしれません。

007
外へ出て不忍池の蓮を見ながら上野公園を歩き

036
次は「恩賜上野動物園」です。

039
食事の時間では無かったのでやる気の無いパンダ

069
動かない鳥で有名ですが、この日は結構アクティブだったハシビロコウ

102
広いからサクっと見るだけのつもりだったのに最奥地の両性爬虫類館まで観て回って結局フルコース(^^;)

131
シロクマは可愛い顔をして何かアピってます。

143
人が多いのと丁度昼時だったので食事難民になりそうになりながらも軽食コーナーでやっと昼食。
暑かったので冷やしうどんがありがたかった~。

160
お次は「国立科学博物館」です。
ここも広い(^^;)

190
とても全部は見切れないのでシアター36○と今日は地球館を見る事にしました。

179_2
1Fの系統広場の展示が特に気に入っています(^^)

205
予定のコースを見て回ってしかし流石に疲れたのでメインの東博に向かう前にカフェテリアで休憩、一息入れます。
科博だけあって色んな恐竜のマフィンがありました。

210
建物を出ると何やら雲行きが怪しくなってきて空が光って雷が!
雷鳴のとどろく中、足早に東京国立博物館に向かいます。
ここもぐるっとパス対象施設ですが割引率が悪いので(^^;)前売り券で入場。
ゲートで手荷物チェックを受けます。

展覧会名に「國立」を抜いたバージョンのポスターなどがあったとかで直前になって展覧会の開催自体が危ぶまれた(もっと早くクレームをつければ良かったのに)「台北國立故宮博物院」展です。

会期は6月24日から9月15日までですが、翡翠彫刻の至宝「翠玉白菜」が展示されるのは6月24日から7月7日の2週間と短いのです。
当然来場者もその時期に集中する訳で。

216
展示は本館「翠玉白菜」と平成館「國立故宮博物院」でその他ののお宝展示の2か所に分かれています。

雨がポツポツ落ちてきた敷地内に入るとずいぶん短くなったものの白菜の方はまだ110分待ちの行列とのこと。
先に平成館の方を見る事に。

220
丁度平成館に走り込んだところで外は豪雨になりました。セーフ!(^^;)
こちらも混んでいますが、入場規制をする程ではありません。

(日本軍の)戦火を逃れて中国本土から台湾へ渡った中国皇帝の秘蔵のコレクションからなる展覧会です。

流石に素晴らしいお宝ばかり、しかも結構数も多くて繊細なものばかり、双眼鏡を駆使しつつ2時間かけてじっくり見学。
価値ある書や凄すぎる刺繍、美しい青磁、などなど多数ありましたが、とにかく印象に残ったのは皇帝の玉(翡翠)に対する強い拘りでした。
日本も三種の神器の内一つは巨大な翡翠の勾玉らしいですが。。。

超細かい細工物が多いので単眼鏡・双眼鏡必携です。
それから来場者は中国の人がとても多かったです、もしかして4割位はそうかも?

230
平成館から出ると白菜の行列は30分との事、これなら楽勝♪
既に本館の建物外に行列は無く、白菜の展示してある部屋の中のみの行列、実際には並び始めて20分程で白菜にご対面することができました。

本館1F大階段の裏側にある特別5室が展示場、階段の左側から入って右側から出ます。
この特別5室はモナリザなど気合の入った展示物の時に使われる特別な部屋だそうです。
今回も広い部屋に贅沢に翠玉白菜1個だけが展示されていました。

並んでいる間も遠くからチラチラ白菜が見えるのでここでも双眼鏡が大活躍。
白菜前はパンダ方式で一列目は歩きながら、その後二列目に回って好きなだけじっくり見る事ができました。
翡翠の大きさ、色合いを活かしたデザイン、イナゴ・キリギリス付きの細工もさることながら翡翠自体も質が高く美しい~ライトを受けてキラキラ輝いています。
糸魚川の海岸での翡翠拾い以来、翡翠好きになったのでいつかは見たいと思っていた「翠玉白菜」をこの目で見る事が出来て感無量です。
もちろん本日のアクセサリーは翡翠づくし(^^)

234
本日のお土産

お決まりのクリアフォルダー(透明なので紙を挟んでいます)と仕事を選ばないキティちゃんが(イナゴ・キリギリスつきの)白菜を被っているマスコット。
人と熊のボールチェーンと蓄光の白菜ストラップです。

お土産は平成館・本館の両方に売り場がありましたが、ストラップやマグネット色々やステーショナリー類やマスキングテープ、白菜の傘や白菜クッション(--;)、Tシャツ、エコバッグ、判子、お茶etc.。
日本展限定としてキティコラボ色々と食品系。
種類は豊富でしたがお手頃な白菜系お土産は売り切れ・品薄が多かったように思います。

平成館1階のホールには別途陶器や貴石アクセサリーのお店が臨時出店していてこちらはちょっとお高め。
故宮のお宝にインスパイヤされた花瓶や食器が色々あり、陶器の白菜アクセサリー(イヤリングとペンダントがありました)は翡翠じゃないので1万円台でした。

今回展示はもとよりお土産も気合が入っていて見るだけでもお腹一杯、余力があったら常設展示も…と思っていましたがとてもそんな気力が残っていませんでした。

建物を出ると雨はあらかた止んで小雨に、ヘトヘトになりましたが充実感のある一日になりました。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、下町風俗資料館が300円、恩賜上野動物園が600円、国立科学博物館が620円で合計1,520円。
累計で6,740円です。

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

贅沢おやつ?

0625a
先日ご紹介したヘイキューブもとい、ミルキューは、ぴいたは気に入っているものの原料がアルファルファということで日常的に与えるにはカロリーオーバー気味。

0625b
一週間に一度の贅沢おやつとして与える事にしました。

| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

人間ドック→パナソニック汐留ミュージアム~日本科学未来館~リスーピア

005
本日は年に一度の人間ドックの日。
早朝から新宿まで出向き、朝の歌舞伎町の横をビビりながら(汗)そそくさと通り過ぎてクリニックへ。

毎度のお勤めの検査を済ませて仕出し弁当の昼食を採った後は、せっかくの貴重な休日なのでぐるっとパスの旅に出ます。
バリウムを飲んだのでちょっと大変ですが(^^;)

017
新橋に移動してパナソニック汐留ミュージアムへ。
企画展は「フランス印象派の陶磁器」、陶磁器メーカーを経営するアビラント家のコレクションから、19世紀末の印象派の筆致の陶磁器と、同じ時代に日本絵画を手本にした陶器からなる展示で、ルノワールやシスレーなど印象派の絵画も参考出品されています。

今回は3か所、決まった角度が撮影可になっていました。

014
日本の絵画を手本にした陶器は、洋風解釈の染め付け風になっているのが何ともユニーク(^^)
漢字も写してあるのですが、記号になっていて読めないw
でも独特の味があります。

印象派風の陶器も、これまた素敵。
陶器にこってりと油絵具で描いたかのように色が踊っています。
こんな陶器があるんですね。

印象派の展覧会は沢山ありますが、こういう一味変わった企画も面白いです。

041
次はゆりかもめに乗って日本科学未来館へ。
最新の科学技術の紹介、というコンセプトの科学館らしいです。
人気は映像シアターとアシモだそうです。

058
この手の施設にはぐるっとパスで何か所か行きましたが、ここは新しいだけあって洗練されています。
そしてお金もかかってますねー。
交通アクセスが良いとは言えないと思いますが、結構多くの人が来ていました。
外国人観光客が多いのも意外。

075
ふたたびゆりかもめに乗って国際展示場の前にあるパナソニックセンター東京のリスーピアです。

理科と数学をテーマにした体感型ミュージアムだそうです。
入場すると端末を受け取って次々とデータを受け取り理数の知識を得て、それぞれの知識に沿ったゲームなどを体験します。

この、理数のテーマのゲームがなかなか面白かったです。
いやー理数って学生時代苦手だったのすがこういう風に勉強すれば面白かったかも。

本日のぐるっとパスで無料になった施設はパナソニック汐留ミュージアムが800円、日本科学未来館が620円、パナソニックセンター東京リスーピアが500円で合計1,920円。
累計で5,220円です。

| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

新畳

0618a
じめじめした天候なのでせめて足元はさらっとしてもらおうと、新しい畳に交換。
いつものようにへっぴりごしで点検します。

0618b
こっちもクンクンペロペロ

0618c
ご納得いただけたようです。

| | コメント (0)

2014年6月15日 (日)

井の頭自然文化園~山本有三記念館~三鷹市美術ギャラリー

013_3
今日は午後から三鷹で用事があるので、午前中は吉祥寺~三鷹周辺のぐるっとパス施設を回ります。

始めに吉祥寺駅からほど近い井の頭自然文化園。
ペンギンが涼しげ。

021
戦後初めて来日したぞうで、日本最高齢のはな子がいます。
いろんな物で遊んでいました。

065
園内は結構広いし敷地外に分園もあるし、真面目に散策したら一日がかりになるのでかいつまんで。

敷地内に北村西望の作品が並ぶ彫刻園があるのですがその一部を見学。
長崎の平和祈念像で有名ですが、騎馬像と武将の銅像が沢山あって萌えました(^^)

ここは派手な動物はいませんが、良い施設ですね。

087
井の頭自然文化園から10分位歩いて今度は三鷹市山本有三記念館です。
今の企画展は「山本有三と国語 やさしいことば やさしい文」
展示もありますが、ここは建物の見学がメイン、庭も良い感じです。

098
玉川上水沿いに続く風の散歩道を歩いて

103
三鷹駅近くの三鷹市美術ギャラリーです。
企画展は「マリー・ローランサン展~女の一生~」。
ぐるっとパスで巡る様になって各所で随分マリー・ローランサンは見ましたが、殆ど絵が被らないのは幸い。

マリーの人生の転機ごとに纏めた展示で、成る程作風がずいぶん変わっています。

116
本日のお土産

女性好みのラブリーなこの作風が元はブラック風のキュービズムなんですから。
彼女が描くと宮廷の貴婦人も衣装が舞台女優です。

110
ギャラリーの入っているビル内で昼食を食べて解散、用事へと向かいました。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料は、井の頭自然園が400円、三鷹市山本有三記念館が300円、三鷹市美術ギャラリーが600円で合計1,300円。
累計で3,300円です。

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

アクセサリーミュージアム~五島美術館

189_3
今年もぐるっとパスを始めます。
今日から2か月間このチケットの奴隷ですー(笑)
増税後も値上がりしなかったのですね、偉い!

147
最初はアクセサリーミュージアム。
美しいアクセサリーとマッチした設えに癒されます。

企画展は「美しいファンシーエッグ~ロマンティックな卵たち」。
ロマノフの卵で有名なファンシーエッグの日本でのパイオニアわたべ和美さんの作品展でした。
元になった各種の卵の見本もあって、壊れやすい卵の華麗な変身が素晴らしかったです。

150
次は自由が丘から大井町線に乗って上野毛へ移動、五島美術館です。
企画展は「近代の日本画展」。
ざっくりした題でしたが、近代の日本画家の手による動物や植物の絵と後半は横山大観の作品で構成されていました。
日本画の動物は愛らしい(^^)

180
展覧会を見た後は、庭園を散策。
新緑と紫陽花が綺麗でした。

本日のぐるっとパスで無料になった入場料はアクセサリーミュージアムが1,000円、五島美術館が1,000円で合計2,000円。
今日一日で元を取りました(^^)

| | コメント (0)

東急沿線目黒川ウォーキング

005
東急・東武合同開催の「東急沿線目黒川ウォーキング」に参加してきました。
先日「東急はウォーキングイベントが滅多にない」と言ったら早速レア(?)な機会が(^^;)

三軒茶屋駅で受付後スタート。

009
暫く246沿いを歩きます。上は首都高。
今日は集団がなかなかバラけなかったですねー。

015
昭和女子大学の前を通り

021
最初のポイント世田谷公園です。

022_2
紫陽花が綺麗でした。

047
中目黒駅を越えて本日のメインの目黒川沿いの遊歩道を歩きます。

061
春には桜の名所で有名、遊歩道沿いにはカフェや雑貨屋などが並ぶオサレスポット。
しかし、目黒川は臭いがちょっとかなりクサい…。
昔は首都圏は川も海も汚かったけど規制が進んで最近ではどこも割と綺麗になったのに。

せっかくの桜の名所だし、最近はクルージング(えー(^^;))もあるというし、この辺って一応高級住宅街だし、ここは最先端の技術で綺麗にしましょうよ~(汗
でも当日、近隣住民グループの方(子供も)が川掃除をしていてホント頭が下がりました。

077
目黒川を離れて次のスポットは大鳥神社です。
1200年余りの歴史があり目黒区内最古の神社だそうです。
こちらで参拝。

081
次のスポットは目黒不動尊。
目黒の地名はここが由来だと言います。
こちらでも参拝。

いやー先週は大雨続きだったのに良いお天気、日差しが眩しい。

108
最後のスポットは林試の森公園。
旧林野庁林業試験場の跡地を公園化して12万㎡も広さがあるとか。

122_2
林業試験場だっただけあって、内外の色んな樹木が沢山植わっています。
やはり緑の中は日差しが遮られて風が通るから体感温度がかなり違いますね。

134
学芸大学駅に到着でゴール…の筈ですが、ゴール受付の長ーい行列(^^;)
並ぶのが日陰で良かった。

191
完歩の記念品は東急のゆるキャラ(いつの間にw)のるるんのポストイットです。

144
お昼は学芸大学の駅前通りですき焼き丼。
香ばしくて美味しかった~。

door to doorで27,286歩16.371kmのウォーキングでした。
この後ぐるっとパス巡りの旅に出たので歩数は多目になってます。

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

どうみてもヘイキューブ

001
うさぎの福袋に入っていたおやつのひとつ「ちびまるくんのミルキュー」。
ストレス解消を兼ねたおやつだそうです。

0611b
原料はアルファルファ、どうみてもヘイキューブ(馬の飼料)ですねw
うさぎの食べ物は馬の飼料の転用が多い感じ。
ペレットも似たようなものかな。

0610a
あげると時間をかけてカリカリ食べています。
うさぎには丁度良いですが、ハムスターには大きすぎるような…(^^;)

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

梅雨入り

006

本日関東地方が梅雨入りしたそうです。

0604a

ここのところ真夏並みの暑さと日差しだったのでありがたや~(^^)
梅雨入りを嬉しく感じたのは初めてかも?

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

小淵沢外乗ふたたび

309

またもや小淵沢に外乗に行ってきました。
朝は前回に懲りたのでちょっと早めに出発したら中央道は全く渋滞が無く早々に到着。
外乗は午後からなので、時間調整をしようと清里へ。

039

外乗前なので体力を消耗しない時間調整、と言いながら階段を上って

044

美し森に来ました。
快晴なので絶景です。

323

展望台から、正面奥は富士山。
日本で1位2位3位の高い山が見えるそうです。

075

遊歩道を散策します。
湿原があってクリンソウが咲いていました。
デジ一を持ってくれば良かった(汗

100

お決まりのソフトクリームです。

122

甲斐大泉の馬具屋さんでお買い物をして

129

小淵沢IC近くのお蕎麦屋さんで昼食。

184

お馴染みの森の四季で外乗しました。
いつもの外乗記は近日中にup予定。

178

外乗中に鹿の群れにも遭遇しました(^^)

271

外乗の後は馬場横でさくらんぼ狩りを楽しませてもらいました。
自然のままなので実は小粒ですが甘いです♪

284

本日の温泉は甲斐大泉温泉パノラマの湯。
小淵沢周辺の温泉はあちこち行きましたが、ここが一番かなぁ。

【甲斐大泉温泉パノラマの湯】

入湯料:720円
ロッカー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)
備考:源泉かけ流し、シャンプー&リンス、ボディーソープ

289

夕食は再び清里に戻って萌木の村で

293

名物のカレーを食べました。
本当はビアホールなのですが車なのでビールはお預け(^^;)、その代りお土産に買いましたよ。

301

往路は順調だった中央道、復路は…渋滞でしたー(><)
事故渋滞で25km、中央道の渋滞は停まる渋滞なのが嫌ですー!

渋滞さ中に寄ったPAが悲壮感漂っていたのが…(^^;)
駐車場やトイレや店内が混んでいるのは当たり前として、自販機の飲料が軒並み売り切れ、休憩している人たちも「家まであと40kmかぁ」とかぐったりしているし。

307

本日のお土産

馬柄バッグとシュシュ、地ビールです。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »