« 小さい秋を見つけてみませんか。 | トップページ | ブロッコリーの季節です »

2014年10月12日 (日)

ウフィツィ美術館展

005_2
東京都美術館で始まった「ウフィツィ美術館展」に行ってきました。
フィレンツェの名門メディチ家が収集した美術品が中核のウフィツィ美術館からルネサンス黄金期の全75作品です。
メインはボッティチェリの作品群で工房作も含めると9作品。

フィレンツェとメディチ家についてはヨーロッパドラマ「ボルジア~欲望の系譜」で扱っていたので時代背景と人物について予習はバッチリ。
ドラマでは主人公のチェーザレ・ボルジアの学友で甘ちょろいキャラだったジョバンニ(のちの教皇レオ10世)の肖像画があったり、フィレンツェを宗教改革したサヴォナローラによりルネサンスの華やかさが失われたとの説明などドラマで扱っていた部分とリンクした所もあって興味津々。

宗教画と神話の絵が殆どですが、どの作品も中世の古い絵ながら状態も良く色鮮やかで美しく、見ごたえがありました。

004
当日、東京都美術館の中庭で某俳優さんがテレビ撮影していました。
美術番組かな?

138
本日のお土産

いつもの様にクリアファイルと絵葉書。

グッズ関係はとても普通。
定番品に加えて、タイアップのgentenの皮バッグ、イタリア関係の品などでした。
失礼ながらgentenのバッグ、売れるのでしょうか?
デザイン的にちょっと使いにくい気がします。
展覧会が終わっても店舗に置いておけそうな感じではありますが。

018
展覧会の後は上野駅でランチを食べて帰宅しました。

|

« 小さい秋を見つけてみませんか。 | トップページ | ブロッコリーの季節です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さい秋を見つけてみませんか。 | トップページ | ブロッコリーの季節です »