« ブロッコリーの季節です | トップページ | 武蔵野の原風景、昔と今をたずねる »

2014年10月18日 (土)

都内急坂ランクイン「のぞき坂」と都会のオアシス「おとめ山公園」をめぐる

007
西武鉄道のウォーキング「都内急坂ランクイン『のぞき坂』と都会のオアシス『おとめ山公園』をめぐる」に参加してきました。
今日は午後から用事があるので寄り道はせずサクッと歩きます。

高田馬場駅で受付、MAPを貰ってスタート。

015
神田川沿いを歩きます。
水は意外に?綺麗で鴨も泳いでいました。

020
遊歩道のハナミズキが色づいています。

025
明治通りと都電荒川線の間を歩き

032
車道としては傾斜・長さ共に都内随一というのぞき坂を登ります。
確かにこれはかなりの激坂。

043
登り切って振り返った所で新宿の街を一望。
この辺りのマンションから見た夜景は綺麗でしょうね。

049
千登世橋を渡り目白通りを進みます。
下は先程歩いていた明治通り。
のぞき坂でこの高低差を登った事になります。

055
学習院大学の前を通り

057
目の前は目白駅。

058
緑の小道を山手線沿いに南下

060
おとめ山公園です。
おとめ山は乙女山ではなく御留山(御禁止山)と書き、江戸時代は徳川家の狩猟地で一般人の立ち入りが禁止されていたことからこの名前があるそう。

071
園内には東京の名湧水57選に選ばれた湧水が流れています。
この水でホタルも飼育されていました。
こんな都心でホタルとは…。
この公園は隣接地が手に入ったとかで只今拡張工事中。

105
今度は妙正寺川沿いに歩き

108
林芙美子記念館で曲がって四の坂を登ります。
時間があれば見学をしたのですが…。

111
とにかく坂だらけです。

143
哲学堂公園の中を通ります。ここは唯心庭。
世界の根源は精神であるとする唯心論を象徴した場所らしい。
これまた時間が無いので今回は建物は見学せず通過のみ。

148
桜並木の中野通りを歩き

155
住宅街をぐるっと巡り、童謡「たき火」の発祥の地です。
作詞者の巽聖歌が当時周辺に居住していたそうです。
♪かきねのかきねの曲がり角♪の、けやき屋敷。

158
一般のお宅ですが、今でも垣根に囲まれ、けやきの大木があります。
確かに落ち葉たきができそう。

163
新井薬師前駅でゴールです。
今日は寄り道をしなかったので早く着きました。

169
駅前のラーメン屋さんでランチの後解散です。

door to doorで20,253歩、12.151kmのウオーキングでした。

|

« ブロッコリーの季節です | トップページ | 武蔵野の原風景、昔と今をたずねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブロッコリーの季節です | トップページ | 武蔵野の原風景、昔と今をたずねる »