« 皆既月食 | トップページ | ウフィツィ美術館展 »

2014年10月11日 (土)

小さい秋を見つけてみませんか。

014
JR東日本の期間設定駅ハイ「四ツ谷駅・信濃町120周年、千駄ヶ谷駅110周年、新大久保駅100周年記念 小さい秋を見つけてみませんか。」に参加してきました。またタイトルが長い…w
この企画は上智大学散歩サークルの学生さんが考えたコースだそうです。

ということで四ツ谷駅で受付後MAPと缶バッジを受け取って最初のポイントは上智大学の聖イグナチオ教会。
教会の内部は撮影禁止なので外から。
久しぶりに教会で礼拝。

023
ソフィア通りの横の土手に登ります。
実は江戸城の外堀の跡で遊歩道になっているのでした。
この辺りは良く歩きますが知らなかった~。
堀の中は上智大学の運動場になっていました。

030
外堀の遊歩道から降りるとH.ニューオータニ。

035_2
ニューオータニを右折して暫く歩くと迎賓館の日本庭園の門。

040
迎賓館の前を通り

272
運動会開催中の学習院初等科の前を右折して

276
靖国通りにぶつかると正面には防衛省。
敷地は広いし建物がやたらに建っているし、胸壁も高い。
有事の際には砦になりそうな、というかきっと砦なんですね。
他ならぬ防衛省だからそりゃそうですね。

059
津の守坂を登ります。
この津の守坂は後で見る「高須四兄弟」が産まれた摂津守高須藩上屋敷があったことから名づけられたそうです。

063
新宿区立新宿歴史博物館です。
ここはぐるっとパスの対象施設なのですが、まだ一度も訪問できていません。
せっかくなので見学を、と思ったらこの日は地元のお祭りのお蔭で入場無料でした。ラッキー

流石に新宿区はお金持ちの様で立派な施設でした。
常設展はミニ江戸東京博物館という感じ。
企画展は「高須四兄弟」、去年の大河で登場した松平容保をはじめ幕末に活躍した事で名高い高須四兄弟の展覧会です。

戦国末期の浅井三姉妹と同じ位数奇な運命を辿った高須四兄弟が新宿区産まれというのは知りませんでした。

085
またまた坂を登ったり下りたりを繰り返して(都心は坂が多い=3)須賀神社です。参拝。
四谷の鎮守だそう。
この辺りは神社仏閣が沢山ある住宅街でした。

321
更に慶應義塾大学医学部のテリトリーを通ります。
新旧色んな建物が立っていました。
これはその中でも古い部類の建物、戦前からの建物で空襲の跡が残っているそう。
まだ現役の校舎の様です。

118
無名橋を渡ってJR中央線と首都高を渡り

123
神宮外苑へ。
毎年ハウスファミリーウォークの神宮大会の集合場所になる聖徳記念絵画館です。
今年のハウスファミリーウォーク神宮大会はデング熱の影響で中止になってしまって残念無念。

130
坂道を登って更に左側の坂を進み

337
鳩森八幡神社です。参拝。
境内に富士塚があったので登りましたが、もちろん富士山は見えません(^^;)
子供の頃、富士塚で遊んでいたので富士塚を見ると登らずにはいられません(笑)

151
再びJR中央線を越えると新宿御苑です。
が、デング熱の影響で残念ながら閉園中~。
しかし、今日のコースは見どころが多いので全部見学していたらとても時間内にゴールできそうにないかも(汗

156
外苑西通りを通っていると「伝 沖田総司逝去の地」の小さな説明板が。
この説明版以外に何も無いです。
ファンが多いから顕彰碑位建っても良さそうなのに。

163
新宿通りから伊勢丹前で曲がって明治通りに入り

167
新宿総鎮守の花園神社です。参拝。

380
次は歌舞伎町にある稲荷鬼王神社。ここも参拝。
鬼の王様の神社?
今日は参拝が多い~。

386_2
コリアンタウンに入って妻家房キムチ博物館です。
キムチの種類と歴史を紹介するミニ博物館で色んなキムチも売っていました。
ここは駅ハイ特典で10%オフなのでお土産に購入。

201
久しぶりのコリアンタウンは馴染みのお店が減って人通りも少なくなっていました。
普通に人は来ていますが、ピーク時は歩くのも大変な程でしたから。
なんとなく中高年が減った感じです。

221
久々にサムギョプサルでランチ。

238
あちこちお店を覗いたりしてやっと新大久保駅でゴールです。
制限時間の16:00をちょっと過ぎちゃったけど特にゴールチェックは無いし。

243
本日のお土産

上のキムチ三種はキムチ博物館で。
下は韓国スーパーのチョンガーネで韓国食品色々。
右の韓国海苔はチョンガーネの駅ハイ特典、シートマスクは1,000円以上購入のオマケです。

door to doorで21,713歩13.027kmのウォーキングでした。
距離はともかく意外にアップダウンが多かったです。

|

« 皆既月食 | トップページ | ウフィツィ美術館展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皆既月食 | トップページ | ウフィツィ美術館展 »