« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月28日 (土)

マグリット展→上野

035
「マグリット展」を観に国立新美術館に行ってきました。

マグリットの初期から晩年まで131点を世界中から集めた大回顧展です。
代表作も沢山で充実の内容。
ひとつひとつ考えながら観て回るので時間もかかります(^^;)

抽象画というととっつきにくいのですが、マグリットの絵は美しく繊細で素晴らしい。

012
入口からマグリット風。
まだ開催初期なので客の入りもほどほど、客層は普段の美術展より若め。
カップルも多く、デートに最適という感じでしょうか。

019
グッズショップはこんな感じ。
マグリットのシンボルの一つ、山高帽の紳士のイメージ。
店員さんも山高帽をかぶっています(^^)

グッズに向いている作風なので、つい買ってしまいたくなるようなものが多いです。
が、今回の展覧会はオリジナルグッズは無く、全てベルギー直輸入のグッズ。
お洒落なのですが、高い!(^^;)
そしてお決まりのクリアファイルがありません。
いつもクリアファイルに展覧会の資料を挟んで保存しているので残念無念です。

174
本日のお土産

クリアファイルが無い鬱憤をポストカードで…という訳でもありませんが、ポストカードを10枚も買ったのは初めてですw

因みにTシャツもベルギー直輸入なのでヨーロッパサイズ。
広げて確認して普段よりワンサイズ下を購入しました。

024
ランチはいつものB1のカフェテリアで。
ルーブル美術館展も開催中なので混雑していました~。

060
次は上野に移動。
花見をしながら上野公園を縦断します。
晴天の桜の見ごろとあって凄い人です!

081
だいたい7~8分咲き位でしょうか。
週末にも満開ですね。

107
お目当ては国立西洋美術館常設にこの程新規で展示されたフェルメール(帰属)の「聖プラクセディス」です。

108
フェルメール(帰属)というのはフェルメールの作品と言われていますが異論有りという事。
今回西洋美術館で展示されるのは右のフェリーチェ・フィケレッリ(イタリア)の作品の模写をフェルメールがした作品(左)らしいです。
でも私見ですが左の方が綺麗。

実際に見た感じでは、確かに色遣いがフェルメールっぽい。
フェルメールの初期の宗教画と近い感じがします。
因みに使われている絵具はイタリア絵画ではなくオランダ・フランドル絵画に典型的なのものだそう。

この作品を(多分)日本の人が手に入れて国立西洋美術館に寄託されたということです。
日本の美術館にフェルメール帰属作品が常設展示されるとは素晴らしい。
絵のサイズも大きくて良いですね。
西洋美術館には早くグッズを作ってほしい(^^)

113
国立西洋美術館の常設は基本、撮影OKなのもいいですね。
展示替えや貸し出しでお目当ての作品が無い時もありますが、今回は観たい絵が殆どあって大満足でした。

151
またのんびり桜を見ながら帰りました。
人もいっぱい、報道関係もいっぱい、外国人観光客もいっぱいの上野でした。

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

今日もブロッコリー

0325a
他の野菜もあげているのですが、UPする日は何故かブロッコリー。
もちろんヒヨドリの食べ残し(^^;)

0325b
これもノコギリで収穫しました。

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

ボッティチェリとルネサンス展

003
Bunkamuraザ・ミュージアムで始まった「ボッティチェリとルネサンス」展に行ってきました。

ボッティチェリの作品を中心に、ルネサンスに貢献したメディチ家の富の象徴であるフィオリーナ金貨から始まり、メディチ家の盛衰に関する展示、ルネサンスを終焉へと向かわせたサボナローラetc.テーマをフィレンツェに絞る力の入った展覧会でした。

ボッティチェリの作品は宗教画が中心ですが、この辺りは2013年の日本におけるイタリア年でルネッサンス絵画の展覧会を纏めて見ていたのや続く2014年のウフィツィ美術館展、ドラマ「ボルジア」で予習(笑)しているのですんなり入れます。

ドラマでも描かれていましたが、芸術世界にとってサボラローラの罪は重いですね~。
この展覧会でもボッティチェリの初期から全盛期、サボナローラの影響を受けて華やかさが消えた作品への変遷が良くわかります。
素晴らしい展覧会でした。

095a
本日のお土産

クリアファイル(ダブルファイルなのが…)と絵葉書(今回の展示にあるのは上2点)
以前から読みたかった塩野七生の「ルネサンスの女たち」とフィオリーナ金貨のチョコです。

グッズの種類は多くはありませんが、良いラインナップでした。

010
ランチは展覧会の記念メニューの仔牛と生ハムのインポルティーニ。
イタリアっぽいメニューなんですが、スープが何故かボルシチ(^^;)

037
その後はブラブラ歩いて渋谷区ふれあい植物センターに行きました。
「植物男子ベランダー」の多肉愛の劇場のロケ地なので行きたかったのです(^^)

| | コメント (2)

2015年3月18日 (水)

D2オリジナル牧草

0302a
ホームセンター(ケイヨーD2)でオリジナル牧草が売っていたので買ってみました。
1kgで498円とお手頃価格、食用・床材兼用タイプです。

0318b
香りはまぁまぁ、ロングチモシーとありますが、それ程ロングではありません。
その分捌きやすいですが。

0318a
来るもの拒まずのぴいたなので床材兼用でも問題なく食べます。
500gで498円のプレミアムタイプも機会があったら試してみます。

| | コメント (2)

2015年3月14日 (土)

青梅・吉野梅郷~ふるさとの香り感じる春の小径~

010
JR東日本の駅からハイキング「青梅・吉野梅郷~ふるさとの香り感じる春の小径~」に参加してきました。

電車を5本乗り継いで(^^;)日向和田駅に到着。

017
受付は日向和田駅から10分ほど歩いたところにある西東京農協グリーンセンターです。
自分でナンバーと名前を記入して自分でMAPと缶バッジを取ってスタートです。

022
吉野梅郷は梅の名所で知られていましたが、梅の病気により昨年すべての梅の木が伐採されてしまいました。
街のあちこちに伐採の跡が散見されて物悲しい…。

026
最初のスポットは青梅市梅の公園です。
ここも今は梅を見ることはできません。
梅以外の木はありますが、寂しいですね~。

以前訪れた時はこんなに見事だったのに…。

033
蝋梅が咲き残っていたのが救い。
3年後から少しづつ梅を植えて復活を目指すそうです。

031
こちらでは絵葉書の配布と甘酒のおもてなしがありました。

036
天沢院です。参拝
以前はこちらから梅の公園を見渡せて絶景でした。

047
次は青梅きものの博物館です。

駅ハイ特典で割引だし見学しようかと思ったのですが、受付の方が不在でした。
残念。

048
途中の空き地。
ここも梅林で、売店が出て賑わっていたと思います。
街のあちこちでこんな梅の跡が沢山見られます。
思い入れのある梅を切られた住民の方の無念は如何ばかりか…。

053_2
梅の木の下で咲いていたクリスマスローズも今では直射日光の下で咲いています。

050
ということで本日のコースは梅の名所の痕跡巡りになっています。

鎌倉の梅跡。

057
岩割の梅跡。

066
元々こちらのお宅は梅以外も植物が豊富で特に山茱萸が沢山植わっていました。

074
鎌倉街道を下っていって

078
ハクモクレンの大木で知られる即清寺です。参拝
花はもうちょっと先の様です。

088
チェックポイントの吉川英治記念館。
駅ハイ特典で割引になります。
こちらも80本の梅の木を伐採したとか…、それでも見事なお庭でした。

095
こちらが吉川英治の書斎。

記念館には絶筆など貴重な資料が展示されていました。

122
大聖院です。参拝

ここはちょっとわかり難くて迷いました。

127
多摩川を中学生の通学用の橋、好文橋で渡ります。
通学用ですが、結構立派な橋ですね。

135
去年オープンした旅館おくたま路です。
元々何かの施設があったっぽい感じ。(国民宿舎とか?)

140
こちらで昼食をとって休憩。
駅ハイ特典で20%割引でした。
温泉も割引で入れるようですが、地元の温泉の回数券を消化しなくてはならないので(^^;)

145
終わりかけのロウバイの道を通り

149
ゴールの西東京農協グリーンセンターです。
ゴールも自分でチェック。
こちらでちょっと農産物を買い物しました。

151
駅までの道の途中にある紅梅苑。
吉川英治の奥さまが開いた和菓子・喫茶処です。

155
名物の紅梅饅頭でお茶を頂いて一服しました。

door to doorで22,121歩、12.672kmのウォーキングでした。

あれだけ見事だった街中の梅の木が失われてしまったのは本当に残念、いつかまた復活した姿を見に行きたいです。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

2週間ぶり

0311a
そういえば先週はぴいたの記事をUPし忘れていました。
飼育記事がメインのブログの筈なのに(汗

収穫後のブロッコリーが本日のおやつ、ヒヨドリに食べられて葉の部分は少な目です。

0311b
株元が固くてノコギリで収穫しました(^^;)
齧り木代わりに最適でしょう。

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

早春の都心「神田川」を渡り歩く

003
JR東日本の駅ハイ「早春の都心『神田川』を渡り歩く」に参加してきました。
朝から雨交じりのお天気ですが、途中に用事があったので参加することに。
しかし受付ではこんな天気でも参加者が結構来ていました。

飯田橋駅で受付後、MAP缶バッジパンフレットにアンケートを答えて北陸新幹線のクリアファイルを頂きました。

014
傘をさしてスタートです。
今日のコースは橋を何度も往復しながら神田川を隅田川との合流地点まで下ります。

最初に牛込橋、飯田橋を渡って、船河原橋で折り返し

016
外堀通り沿いに歩きます。
この辺りの遊歩道は河原っぽいデザイン。

017
遊歩道沿いの椿の花。

021
途中のポイント小石川後楽園は先日行ったばかりなのと雨なのでいきなりパス(^^;)
小石川橋を渡り三崎橋。

023
後楽橋を渡ると正面はJRAのWINS後楽園。

027
東京ドームシティの横を通ります。

034
神田川沿いの緑地で河津桜が満開でした。

046
東京都水道歴史館で参加者特典の東京水を頂いてしばし休憩。

049
お茶ノ水橋の袂では紅梅が咲いていました。
結構雨降っています。

060
聖橋を渡って下の道に降ります。

064
昌平橋を渡り

160
マーチエキュート神田万世橋。
最近この辺りを歩くコースが多いですねぇ。

072
マーチエキュート内のラーメン屋さんでランチ。
本店はミシュランに載っているおしゃれラーメン屋さんです。

078
万世橋を渡ると正面は秋葉原電気街。
雨は止んだようです。

085
入口が難易度高い、神田ふれあい橋を渡ります。

088
この辺りに来ると神田川にはたくさんのカモメが泳いでいます。

099
柳原通りを通って問屋街を歩き

103
浅草橋です。
この辺りはアクセサリーのパーツショップ街と問屋街。

107
橋の袂には寒緋桜が咲いていました。

116
神田川最下流の橋である柳橋です。
ちゃんと柳もありました(^^)

119
この辺りは船宿と屋形船がいっぱいです。

122
隅田川に合流し、両国橋を渡ります。
奥にはスカイツリー。

130
隅田川テラスに降りて、暫く隅田川沿いを歩き

137
国技館前で岸に上がります。

139
両国駅に着いてゴールです。
この後用事を片づけるために浅草橋~秋葉原と折り返して歩きました。

door to doorで19,984歩、11.990kmのウォーキングです。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

グエルチーノ展

007
上野の国立西洋美術館で始まった「グエルチーノ展」に行ってきました。
日本ではあまり知られていない画家ですが、イタリア・バロックを代表する画家だそうです。

グエルチーノの作品を多く収容するチェント市立絵画館が2012年5月の地震により大きな被害を受け、その震災復興事業として開かれる展覧会でもあります。

作品は油で40点、40点と言っても宗教画が中心なのでとても大きな絵ばかりで見ごたえがあります。
そして作風もドラマチックでいて写実的(しかし巧みな美化)と好みのタイプ、ドラマチックな雰囲気はエル・グレコと似ていますがエル・グレコ程モチーフがデフォルメされていません。

展示方法も赤と青の背景(宗教画の衣装のお約束の色)に照明も凝っていて良かったです。
日本人の苦手な宗教画+無名とノーブランドなのでまだあまり混んでいないのですが、震災復興ですし素晴らしい絵(しかも大きい)のでもっと人が来ると良いなと思います。

009
グッズショップはこんな感じ。
空いているので快適にお買いものできます(^^;)

グッズの種類は定型ですが、絵葉書は余白も無いし気に入りました。

020
本日のお土産

いつもの様にクリアファイルと絵葉書。

015
ランチは美術館の中の「すいれん」で。
期間限定のスープスパです。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »