« カッパカントリー黄桜酒場 | トップページ | 久しぶりに雨 »

2015年9月23日 (水)

琵琶湖からのせせらぎ疏水沿いを三条から大津へ

001
転居などで中断していましたが、半年ぶりにウォーキングを再開します。
健康の為もありますが、未知の場所を知るのにもウォーキングイベントは結構役立ちます。

ところでJR西日本は駅ハイが殆ど無いのですね~、半年に期間設定が4コースとか無きに等しい…。
私鉄系は開催場所の範囲が広くて(西は兵庫県から東は愛知県まで)電車での移動時間と交通費が嵩む、歩く距離も比較的長い、と結構関東とはウォーキング事情が違うようです。

再開一本目はスポニチ開催の「琵琶湖からのせせらぎ 疏水沿いを三条から大津へ」です。
京都から琵琶湖って歩けるの?が第一の感想です、受付は三条河原。
三条河原って処刑場…(^^;)まぁ京都でそれを言っていたらキリが無いですが。

005
三条大橋には幕末の池田屋事件の時についた刀跡が残っています。
池田屋跡はちょっと離れているのですが、こんな場所までとは激しい斬り合いだったのが偲ばれます。

010
地図と参加証代わりのリボンを受け取りスタートです。
本当に琵琶湖まで歩くのですね~。

017
鴨川沿いを暫く歩き、二条から地上を歩きます。

026
岡崎公園です。
京都市美術館では「ルーブル美術館展」と「マグリット展」の行列が…。
東京展の時も思いましたが、どうして混みそうな展覧会を一緒に開催するんでしょうかね(^^;)

031
京都市美術館沿いを彼岸花が咲いていました。
ここから疏水を辿って歩きます。

035
疏水の向こうに見えるのは京都市動物園。

038
蹴上インクラインへ向かいます。

042
インクラインとは、かつて流通に使われていた琵琶湖疏水で落差のある場所を船を台車に乗せて運ぶ為の軌道です。今は産業遺産・史跡として残されています。

よって、ゆるい傾斜がずーっと続き、登ります。
本日のコースはアップダウンが多かったです。

054
インクラインを登り切ると蹴上浄水場があります。
ゴールデンウィークにつつじが咲いていた斜面も今は緑。

056
九条山を越えます。

068
斜面を登り再び疏水沿いを歩きます。
散歩に良い感じの道、イノシシ・マムシに注意だそうです(汗

077
疏水沿いから見た山科の街並み。
疏水は高い場所を流れているのがわかります。

084
秋の花の咲く一角。
シカ除けの柵がありました。
京都の丘陵地は自然が豊かなのですね~。

091
滋賀県に入り、緩い坂を登ります。
気温が高めでセミまで鳴いていました。

101
本日最大の難所(?)小関越えです。
旧東海道の峠越えでもあります。

103
ゼイゼイ…坂道は大の苦手なので休み休み登ります。
前日は深夜に電話がかかって来て寝不足だったので尚更きつかったですー。
後半に来ての坂道はしんどい…。

113
坂道を登り切ったら今度は下りです。
せっかく登ったのに(--)
道沿いに咲くツリフネソウ。
よく湿原などで見かけますが、こんなに群生して咲いているのを見たのは初めて。

117
まさかとおもったら、また登ります(泣

123
そして登り切ったら階段を延々と下ります。

124
長かったアップダウンを終えて長等公園で一休み。

128
長等公園を出ると大津の街が広がっていました。
ずっと緑の中を歩いてきたのでちょっとびっくり。

135
商店街を抜け、大津祭曳山展示館でゴールです。

138
ゴール後、曳山展示館内を見学。
祇園祭とスタイルが似ていますね。

151
大津の古い街並みを見たり

142
大津城址(モニュメントのみ)を見たり

147
せっかくなので琵琶湖まで行きました。
海の様に広い~。
京都から琵琶湖って近いのですね。

door to doorで25,653歩15.39kmのウォーキングでした。

|

« カッパカントリー黄桜酒場 | トップページ | 久しぶりに雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カッパカントリー黄桜酒場 | トップページ | 久しぶりに雨 »