« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

琵琶湖疏水から南禅寺・哲学の道へ

Dsc05524
京阪電車とJR西日本共催の「琵琶湖疏水から南禅寺・哲学の道へ」に参加してきました。
珍しくJR西日本が絡んだウォーキングイベントです。

山科駅から少し歩いた東山自然緑地でマップを受け取りスタート。

Dsc05527
琵琶湖疏水沿いに歩きます。
工事中らしく水位が低いです。

Dsc05535
天智天皇陵を過ぎ橋を渡って右側に移り

Dsc05548
永興寺横から山道に入り登りが始まります。

Dsc05556
沢が流れていて結構な山道。
日光あたりを思い出します。
京都はちょっと入ると自然が一杯ですね~。

Dsc05583
足元が悪い坂道をひたすら登ります。
が、一本道で縦列でゆっくり登るので案外楽ちん。

Dsc05585
最後の急坂を登りきって七福思案処へ至ります。
休憩スポットですが、混んでいるので進みます。

Dsc05592_2
登りきったら今度は下り。
下りの方が危ないので慎重に、そろそろウォーキング用ストックが欲しくなってきました。
もって行くのが面倒ですが(^^;)

Dsc05596
岩から水が染み出ているところに石碑がありました。
水場の様子。

Dsc05602
こちらは駒ヶ滝です。
滝行の為の更衣室完備。

Dsc05603
最勝院奥ノ院です。

Dsc05607
更に階段を下りて

Dsc05621
水路閣に出ました。
流石に今の季節は落ち着いています。
じっくり観るなら今の季節に限りますね~。

Dsc05627
ここからは京都観光の王道コース。
南禅寺三門。

Dsc05628
紅葉のころとは別世界な永観堂。

Dsc05646
哲学の道沿いに歩きます。
桜の季節は混みそう~(汗

Dsc05653
銀閣寺前で左折し今出川通へ。

Dsc05661
京都大学の前を通り

Dsc05667
東大路通を下り(右は京大病院)

Dsc05674
平安神宮に到着。
岡崎公園で水分補給をして一休み。

Dsc05687
白川沿いに進みます。
手前の細い橋は比叡山の千日回峰行を終えた行者が京に入洛する時に最初に渡る橋だそう。
つまり厳密にはこの橋の向こう(右側)が洛中という事になるのかな。

Dsc05699
祇園の巽橋です。
ここもオフシーズンは落ち着いていますね。

Dsc05702
観光客の舞妓さんもいました(^^)

Dsc05711
三条駅前の商業施設KYOUENでゴールです。

door to doorで23,339歩14kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2016年2月27日 (土)

北野天満宮

015
梅が見ごろという北野天満宮へ行ってきました。
こちらは駐車場が無料なんですね~、京都に来てから初めてかも>無料駐車場

018
境内の梅は正に見ごろ。

168
天満宮なので沢山の合格祈願の絵馬が下がっています。

Dsc_0038
宝物殿では宝刀展が開かれていました。
重文の鬼切丸(髭切)はゲームの刀剣乱舞のキャラだそうで刀剣女子が多数w
ちょっと前迄刀剣はマニア向けでしたが、ゲームの影響って凄いですねぇ。

Dsc_0082
宝物殿は携帯・スマホのみ撮影可能。
どんどん呟いてねって事ですね。

こちらの宝物殿は展示ケース含めて木造で大変雰囲気が良いです。

069
梅園に入ります。
こちらも見ごろ。

073
梅園の入場料には茶菓子がついています。
梅茶が美味しかったのでお土産に買いました。

078
こんな感じで梅を愛でながら一服。

082
上七軒団子も追加。
秀吉が気に入ったという逸話が残っていて上七軒花街の紋章にもなっています。

109
梅園はなかなか広くて

138
豊臣秀吉が築いた御土居(洛中を囲う土塁)が現存していてその段差を利用した部分もあります。

京都は秀吉の足跡が濃厚。
あちこちの寺社で「応仁の乱で荒れ果てた境内を豊太閤が復興し」というフレーズに出会います。

178
境内に出店している茶屋で名物の長五郎餅を。
この餅は秀吉の北野大茶湯の際に考案されて以来名物となったそうです。
爽やかな餡が美味しい。

196
帰りに上七軒花街をぶらぶら。

217
〆は餃子屋さんでラーメン餃子です。

225
本日のお土産

クリアファイルと梅茶

| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

葉大根

0224a
プランターで育てている葉大根ですが、今年は不作だったので撤収して全てぴいたに謹呈。

0224b
もっと上品に食べてくださーい。

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

寒春の京都洛北めぐり

Dsc05238
スポニチ主催の「寒春の京都洛北めぐり」に参加してきました。
京都マラソンと同日の為、コースが一部変更になりタイトルも変わったそうです。

一乗寺駅から程近い辻児童公園からスタート。

Dsc05247
今日のコースは緩い山腹を横断するイメージなので坂を昇ったり降りたりの連続です。

Dsc05265
最初のポイント金福寺。
松尾芭蕉や与謝蕪村、「花の生涯」の村山たか女に縁の寺でそれぞれに関わる品や遺跡などがあります。

Dsc05285
境内からは愛宕山を中心に嵐山方面と手前は洛中が良く見えます。

Dsc05311
更に細い道の住宅街を抜けて

Dsc05325
宮本武蔵が吉岡一門と決闘をした一条寺下り松です。
こういう場所だったんだ~。

Dsc05327
近くの交差点はこんな感じで立て看板だらけ。
各々が設置しているのでしょうか(^^;)

Dsc05331
更に進むと名物の雲母漬けのお店があったので購入。
京都は漬物の名店が多いです。

Dsc05342
緑の中を進み

Dsc05358
曼殊院門跡です。
国宝・重文指定の文化財を多く有します。
門跡寺院なので格が高く皇族やローマ法王がいらしているそう。

Dsc05364
名勝指定の庭園はもちろん仕事人小堀遠州作庭。
モミジが多いので秋がとても綺麗そうですが、この時期は空いていて良いですねぇ。

ところで国宝の黄不動の原本は京都国立博物館に寄託されていて複製が展示されているのですが、コピー然としているのでもう少し気合の入った複製にしたほうが…。

Dsc05370
音羽川沿いに下り

Dsc05373
門の閉ざされた修学院離宮です。
こちらは事前に宮内庁に見学申し込みをしなくてはなりません。
後水尾上皇が舅の徳川家の財力をふんだんに使って造営したという離宮、いつか観てみたいです。

Dsc05385
赤山禅院です。
京都御所の表鬼門に位置し都を鎮守しています。

Dsc05405
拝殿の屋根の上には御所を守る鬼門除けの猿がいます。
いつもながら京都のウォーキングは見所が多くて制限時間を気にしながら回ります。

Dsc05407
修学院離宮の一部である林を抜けて

Dsc05443
三宅八幡宮です。
八幡宮といえば鳩、こちらは狛犬ではなくて狛鳩です。
鳩餅を買って一息いれました。

Dsc05438
境内には鳩もいました。
餌付けされているのかな。

Dsc05451
更に住宅街を抜けて

Dsc05457
床紅葉で有名な実相院です。
ただいま京都文化博物館での「実相院展」開催中のため拝観停止中。
まぁこちらにはやはり葉のある季節に来たいですよね。

Dsc05474
岩倉川沿いに歩き

Dsc05479
可愛らしい叡山電鉄沿いを進み

Dsc05498
宝ヶ池に到着。

Dsc05503
宝ヶ池公園内のいこいの森がゴールです。

Dsc05512
本日のお土産

雲母漬と赤山禅院の厄除けの猿ストラップです。

door to doorで27,175歩16.30kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

三寒四温

217a
初夏のように暖かくなったり再び氷点下の朝になったり、三寒四温というには極端な温度変化の今日この頃。

013
そろそろぴいたも換毛準備でしょうか?

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

月の蔵人

029
伏見にある「月の蔵人」に行ってきました。
ここは月桂冠の経営するお店です。

006
酒蔵を改装した店内は落ち着いた雰囲気。
月桂冠のお酒がずらっと並んでいます。

017
食事もお手ごろ価格で美味しい。
初めに運ばれてくるお豆腐(左上)が一押しだそうです。

018
利き酒セットは右のお酒を左三つの杯からどれかを当てるという趣向。
あたると利き酒セットの料金が無料になるという太っ腹企画です。
見事当てました~(^^)

ただ飲むだけではなくて、味わって飲むきっかけになりますね。

023
デザートは酒粕入りのアイス。
ほんのり甘いです。

031
蔵造りの続く道をそぞろ歩いて帰りました。

037
駅には伏見のお酒の樽が並んでいます。
全部制覇したーい(^^)

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

浜坂→湯村温泉カニツアー

020
岡山時代に西日本では冬になると日本海側にカニを食べに行く習慣があるということを知りました。
カニは鮮度が命と言う事と松葉ガニが水揚げされる日本海の港が日帰りで行けるというのが理由でしょう。

という事で京都駅発のバスツアーに参加しました。

京都・兵庫の県境あたりを車窓から。

030
最初の休憩は西紀SA。
名物という黒豆パンを買って車中で食べました。
午後には売り切れるそうです。

042
次は道の駅但馬のまほろば。
ネギが名物、その他の野菜類も豊富でした。
道の駅のお買い物は楽しいですね~(^^)

053_2
日本海が近づくにつれて外は雪が。
この日は気温が高かったので溶けかけていました。

073
浜坂に到着。
食事会場は水産会社の3階食事どころです。

077
日本海が見える部屋が食事会場。
部屋に入った順に案内されます。

098
カニのさばき方をレクチャーされて食事開始です。

094
浜坂産の松葉かにのタグ付。
無言で解体しながら夢中で食べます。
身離れが良くて美味しかったです♪
日本酒が良く合いますw108
窓の外は冬の日本海らしくどんよりしています。
海は穏やか。

116
店頭では生簀にかにが売ってましたよ~。

129
浜坂を後にして湯村温泉に向かいます。
薬師湯で入湯。

【湯村温泉 薬師湯】

入湯料:400円
ロッカー:あり(無料)
ドライヤー:あり(有料)
備考:石鹸・シャンプー類無し(販売有り)、ケロリン

151
湯村温泉といえば「夢千代日記」。
大昔のNHKのドラマ人間模様で放送しました。
私は再放送で見たクチ、早坂暁×NHKのドラマはいいドラマが多かったです。
今でも「夢千代日記」でそれなりに集客力があるというのが凄い。

160
卵を買って温泉卵を作ります。
3個150円と良心的、お野菜もあります。

176
作った温泉卵はバスの中で食べました。
美味しく出来ました(^^)

184
帰りは道の駅ようか但馬蔵ともう一度西紀SAへ寄ります。

187
今度は黒豆もなかを。
しっかりアイスに黒豆が入っていました。

渋滞も無く予定よりも早く京都駅に到着、バスツアーは時間の制約がありますがラクチンですね。

205
本日のお土産

各地で買った名物の食品類です。

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

伏見稲荷

028
夫が思いがけず早く帰ってきたので、伏見稲荷に行ってきました。
平日ですが、多くの観光客で賑わっています。

044
伏見稲荷は日本で一番外国人観光客の人気が高いらしいです。
確かに平日な事もあって日本人より外国人の方が多い感じ。

049
全国各地で神馬チェックをしていますが、こんなに立派な神馬は初めて見たかも…。

056
いよいよ千本鳥居を登ります。
千本鳥居と言われていますが、山全体では一万本くらいあるそうです。

066
このへんが良く紹介されているあたり。
登り始めて割りとすぐなので、着物姿で記念撮影している観光客も沢山います。

069
奥社奉拝所に来ました。
絵馬が狐面、各々描いて下げています。
色んな狐がw

071
おもかる石。
重さを予想しながら願いをかけた後持ち上げて、予想よりも軽かったら叶うらしいです。
予想よりも重かった(^^;)

088
熊鷹社です。
途中には色んな社があります。

097
境内案内図。
現在地は赤丸です。

120
数え切れないほどの鳥居が奉納されていますが、気になるお値段はこんな感じ。
大きさと場所によって違うようです。

112
四つ辻に来ました。
ここは伏見の町が望めます。

111_2
こういう茶店が所々にあって、参拝グッズや各種お土産、飲食料等が売られています。
因みにこの茶店は某俳優さんのご実家だそうです。

118
あちこちに塚が祭られていて大小の鳥居と御狐さんが沢山。
どんどん登ります。

119
三ノ峰の下社。

130
二ノ峰の中社。

137
山頂の一ノ峰の上社です。

161
下りにかかります。

166
伏見稲荷には行場の滝も沢山あります。
その一つの薬力の瀧。

184
その神水で茹でたという卵が売っていたので食べました。
効果があるでしょうか?(^^)

201
眼力社に無料のおみくじがあったので引いてみました。
夫は大大吉、私は大吉。
京都の神社のおみくじは気前がいい印象w

207
眼力社の狐の手水です。

221
四つ辻に戻り別ルートで再び登ります。

225
御幸奉拝所です。
日当たりのいい明るい奉拝所です。

234
急坂を下り、白瀧です。
ここは土禁で扉がありました。
再び急坂を登ります。。。

260
三度四つ辻に戻り、登りとは別ルートで下ります。
麓に近い霊場。
不動明王がいたりあからさまに仏教なんですが鳥居と同居しています。

278
縁結びの荒木神社。
奉納された三位一体の口入人形が並んでいます。

283
こちらは末廣大神の福かえる。
狛かえるも揃っていました。

伏見稲荷はお山全体に見所が多くて、確かに外国人好み。
サクッと一周で2時間、13,000歩位でした。
じっくり探索したら半日かかるかも?
24時間歩けるそうです。

328
その後、ちょっと移動して「鳥せい」で食事しました。
ここも平日なのに多くの人で賑わっていて人気があるようです。

352
本日のお土産

手ぬぐい二種、絵馬、ストラップ。
「祢ざめ家」のおいなりさん。

| | コメント (0)

待ちきれない

0210a
寒さ厳しき折柄ですが、本日もぴいたは食欲旺盛!
牧草をケージに入れるのを待ちきれません。

0210b
健康なのはいい事ですが、ちょっとは待てないものですかね~。

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

爪切り

0203b
早いもので、もう爪切りの日です。
本日は、前脚は仰向けで、後脚を切っているところで我に還られたのでそれ以降は抱え込んで切りました。

0203c
切り終った後に毛づくろいするぴいた(^^;)
飼い主だって爪切りは好きじゃないんだよ~。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »