« 色づき始め | トップページ | 松尾大社→鈴虫寺→苔寺→浄住寺 »

2016年11月 3日 (木)

城南宮 曲水の宴

020
城南宮で曲水の宴があったので行ってきました。

019
普段は有料の神園が曲水の宴当日は無料開放です。
作庭は中根金作。

014
因みに城南宮神園は茶室で頂くお茶を巫女さんが運んでくださる様です。
お茶は各地で頂きましたが、このスタイルは初めて見ました。

026
曲水の宴は平安の庭で行われます。
紅葉は色づき始め、ツワブキが花盛りでした。
城南宮は梅が有名ですが、一年中綺麗そう。

035
始めに琴が奏でられ

045
雅楽を演奏しながら歌人・朗詠者・楽人などが入場します。

因みに拝観者多数、前の方に座りたい場合はかなり前に来る必要がありそう。
京都らしく和服の方も多かったです。

193
歌人は狩衣の公卿が5名、小袿の女官が2名です。
(歌人に扮するのは各地から参加の和歌の専門家)

神官が本日の歌題が書かれた紙を拝見させます。
歌題は「野分」。
野分とは秋草を吹き散らす強い風の事。

062
歌題を拝見し終わり、歌人達は曲水の所定の位置に移動します。

091
雅楽で今様歌を奏す中、白拍子が舞います。

094
水干の童子が羽觴(うしょう)という鴛をかたどった盃台を曲水に流します。

103
流れる最初の羽觴は見送り、次の羽觴を取り上げ盃に満たされた酒を飲み干し、空いた盃に菊の花を入れて戻します。

146
公卿は自分で取りますが、女官は巫女が手伝います。

149
こんなかんじで羽觴が曲水を流れます。

152
楽の流れる中、各人羽觴の酒を頂きながら歌を詠みます。

154
短冊の裏は色紙が貼ってある様子。

135
童子が歌人達から集めた和歌を朗詠者が披講します。
輪唱もあって雰囲気満点。

187
宴が終わり歌人は元の位置に戻り、その後参宴者が退場し曲水の宴が終了です。

209
その後、拝観者も曲水に人型を流して厄を祓うことが出来ます。
有料ですが、300円と良心的。

曲水の宴の拝観が無料だし城南宮は駐車場も無料とかなり良心的。
神園入場料位取ってもいいのではと思います。

お金のことはさておき雅なひと時を過ごせた曲水の宴でした(^^)

241
本日のラーメンは弁慶ラーメンです。
こってり具合が京都風。

|

« 色づき始め | トップページ | 松尾大社→鈴虫寺→苔寺→浄住寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色づき始め | トップページ | 松尾大社→鈴虫寺→苔寺→浄住寺 »