« 夕日ヶ浦温泉→出石カニツアー | トップページ | 鼻の先にあるもの »

2017年1月29日 (日)

京の古道-鞍馬街道をゆく-

Dsc04544
スポニチの「京の古道-鞍馬街道をゆく-」に参加しました。
叡山電鉄の一乗寺駅近くの一乗寺公園でMAPを受け取りスタートです。

Dsc04550
北大路通を進み

Dsc04558
高野川沿いに一旦下ります。
飛び石は亀の形。

Dsc04560
下鴨神社の糺の森の前を通り

Dsc04574
今度は賀茂川の河川敷を歩いて北上します。
鞍馬街道の始まりまでウォーミングアップがてら?回り道。
京都マラソンが近いからかランナーがたくさん走っていました。

Dsc04577
出雲路橋が本日のタイトルである鞍馬街道の起点鞍馬口です。
京から出る街道の起点は○○口と名付けられており、ここは京にある七口の内の一つ。
それでこの付近にある市営地下鉄の駅名は鞍馬寺から遠いにもかかわらず鞍馬口駅となっているのですね。
鞍馬街道は平安時代から貴船神社・鞍馬寺への参拝路として利用され、室町時代には軍事街道として、現在でも物資の輸送路として重要な道だそうです。

Dsc04583
下鴨中通を北上します。

Dsc04584
京都府立大学の前を通り

Dsc04590
すぐ隣に京都コンサートホールがあります。
クラッシックコンサート専用のホールだそう。(そんなにニーズあるのかな)
この周辺は植物園があったりとちょっとした文化ゾーン。

Dsc04591
そんなこじゃれた北山辺りを抜けます。

Dsc04603
深泥池を過ぎると急な登り坂が現れて切通しのある峠を越えます。
ここが本日の一番の難所。

Dsc04655
峠を越えると圓通寺です。
せっかくなので拝観します。

Dsc04641
元々は後水尾天皇の幡枝離宮を1678年に寺に改めたもの。
比叡山を借景にした名勝庭園で有名です。

この借景を守るために京都市によって条例が制定され周囲の建物の高さ制限や屋根の形まで決めらているそう。

Dsc04661
比叡山を横目に見ながら岩倉の町を歩き

Dsc04666
畑の向こうに見えるのは京都精華大学。
漫画家の竹宮恵子さんが学長です。

Dsc04676
長代川の遊歩道を歩きます。

Dsc04681
陸に上がると以降この辺りからずっと緩やかな坂道。
街道沿いという雰囲気です。

Dsc04686
暫く進むと小町寺です。
こちらは京都では珍しく拝観無料のお寺で、更にウォーカーの為に休憩・昼食ポイントとして境内を開放してくれるという親切なところ。

Dsc04697
小町寺という名前の由来は(正式名称は穂陀洛寺)絶世の美女で知られる小野小町の終焉の場所だったことから。
小野小町の慰霊塔や小野小町老衰像(汗)もあります。

「花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に」と歌い美貌を誇った小野小町が晩年この地に居を定め、水鏡に映った己の老婆となった身に衝撃を受けたり最後を迎えて野ざらしで骨となった地だそうです。
(昔は風葬・鳥葬だったそうで)

Dsc04715
更に鞍馬街道を進むと雪が多くなってきました。
京都市内で熊が出るんですね~(^^;)

Dsc04730
叡山電鉄の二ノ瀬駅下がゴール。
本来は鞍馬寺門前を経て鞍馬駅前がゴールでしたがこの先は積雪が多く道が狭くなっているので二駅手前までコースが短縮されました。

Dsc04734
一旦ゴールした後、せっかくなので本来のゴールまで歩きます。
一割くらいの参加者が同じように延長戦を歩いていました。
それに叡山電鉄は鞍馬駅が始発で、そこからなら確実に座れそうだし(爆

Dsc04736
この周辺でいくつか見られた御幣。
神社への道しるべなのかはたまた結界なのか、このスタイルは初めて見ました。

Dsc04747
どんどん雪が増えて足元も雪解け水でびしゃびしゃ。

Dsc04748
貴船口駅近くにある貴船神社一の鳥居です。

Dsc04752
歩道は積雪で埋まっていて車道を歩く状態。

Dsc04757
鞍馬川に沿って歩きます。

Dsc04774
大雪から2週間たってもこの状態なので鞍馬・貴船はかなり積もったのでしょうね。

Dsc04787
鞍馬街道の終着点である鞍馬寺門前です。
流石にここから登って拝観する気力はないので門前で記念撮影。去年登ったし。

Dsc04791
門前の茶屋で名物?の牛若餅を。
ふわふわなお餅です。

Dsc04796
叡山電鉄鞍馬駅でゴールです。
目論見通り座って帰れました(^^)v

Dsc04794
おまけ

鞍馬駅前の天狗像は先日の大雪で鼻がもげてただいま治療中。
絆創膏を貼られていますw

door to doorで24,757歩、16.09kmのウォーキングでした。
鞍馬まで徒歩で行けるんですねえ!

|

« 夕日ヶ浦温泉→出石カニツアー | トップページ | 鼻の先にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕日ヶ浦温泉→出石カニツアー | トップページ | 鼻の先にあるもの »