« 2017年6月 | トップページ

2017年7月19日 (水)

梅雨明け

0719b
漸く関東地方も梅雨明けしました。
空梅雨でしたが、千葉は水源がほぼ県内で荒川水系とは事情が違って渇水ではないらしいです。
因みに水源コストの関係か上下水道料金も今まで住んだ土地の中では一番安い、水道料金高めの京都や岡山と比べると半額以下です。

0719c
僕の飲む水の量は節水できないよ!

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

みたままつり

093
ぐるっとパス巡りを終えて九段下に移動、今度は靖国神社のみたままつりです。
先週ウォーキングで来た時にポスターがあったので来てみました。
神門には大きな七夕飾りの様なものが下がっています。

188
みたままつりは英霊のみたまへの感謝のまつりだそうです。
まずは参拝。

112
みたままつりでは多くの著名人による雪洞が献納されています。
元総理はもちろん

108
多くの画家、漫画家やイラストレーターなどの芸術家や

110
有名人や

118
スポーツ選手などなど個性ある沢山の雪洞を回って鑑賞するのも楽しみの一つ。

122
能楽堂でも色んな芸能団体が奉納しています。
訪れた時はジャズの演奏が奉納されていました。

156
遊就館では

133
各地から奉納の灯篭も展示

137
ゼロ戦もあります。

128
軍馬や軍犬、伝書鳩の像も。
馬の像の下には人参と水が供えられていました。
説明板は蹄鉄が台になっています。

148
のどが渇いたので行列に並んで

149
かき氷を。

204
だんだん日が暮れてきて明かりが灯ってきました。
石灯篭もこういうモチーフなのね。

161
境内には沢山の献灯が灯っています。
これは小型の物。

234
参道には大型の献灯が並んでいます。

224
御神輿も奉納されます。
こちらは大妻女子大学の御神輿。
担ぎ手はもちろん女子大生!

279
こちらは地元の御神輿。

293
大村益次郎像の下に円形のやぐらが組まれて盆踊りも。
大村益次郎もビックリ!

308
踊れる人も踊れない人もどんどん輪に入って参加していました。

338
以前は祭りにつきものの屋台が並んでいたようですが、風紀が乱れるので数年前に廃されたそうです。
その分献灯が映えて健全なお祭りでした。
明かりがインスタ映えするからか若い人が多かったです。

340
〆は居酒屋で水分補給。
今日はかなり歩き回りました。万歩計を持って行けば良かった(^^;)

| | コメント (0)

静嘉堂文庫美術館→五島美術館→アクセサリーミュージアム→郷さくら美術館→戸栗美術館→松濤美術館

007
本日のぐるっとパスは東急沿線方面を回ります。

最初に今年からぐるっとパスに入った静嘉堂文庫美術館です。
国分寺崖線沿いの斜面に位置する美術館で三菱財閥二代目の岩崎弥之助の残した古美術コレクションからなります。

最寄駅の二子玉川駅からは徒歩20分程と微妙な距離感、しかも住宅街の中なのでちょっと分かり難い、しかしウォーカーたる者タクシーには頼れませんので猛暑の中せっせと歩きます。
敷地に入ってからは林の中緩やかな坂道を登ります。
アプローチがちょっと大変で美術館自体がこじんまりとしているし、ここは来る人を選ぶかもしれませんね。

005
コゲラが木を突いていました。

013
漸く美術館に到着。
今の企画展は「~かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展」

所蔵の香炉の展示と合わせて静嘉堂の目玉、曜変天目茶碗も公開。
繊細な細工の各種の香炉も良かったのですが、初めて稲葉天目を目にしたので感激しました。
意外に小ぶりなんですね。星空の様な曜変が美しかったです。

024
二子玉川から上野毛へ移動、五島美術館です。
東急電鉄の創始者である五島慶太のコレクションからなります。
企画展は「料紙のよそおい」、古筆を様々な手法で装飾したものを展示。
聖武天皇(真面目な筆遣い)や聖徳太子(達筆)の筆もありました。

先に訪れた静嘉堂文庫の香合展と対になる展示ですね。

022
いつもは付属庭園も散策するのですが、流石に今日は猛暑なのとハードスケジュールなので自粛。

026
上野毛駅の近くで昼食&休憩。

033
祐天寺へ移動してアクセサリーミュージアムです。
時代を表すアクセサリーを美術品やインテリアと共に展示、私がぐるっとパスを購入する目的の一つである美術館です。
アクセサリーも素敵ですが、展示されている美術品がとても好み!(^^)

036
企画展は「コドモ×おようふく~お母さんの手作りこども服」。
家族とのコミュニケーションツールとして手作り子供服を展示。
因みに秋からの企画展は西陣織の帯地などをビーズや天然石で装飾したバッグの展示でお勧めだそうです。

042
中目黒に移動して、桜の名所の目黒川の傍にある

044
こちらも近年ぐるっとパス参加になった郷さくら美術館です。
福島の実業家による美術館で、近代日本画のコレクションからなります。
名の通り、桜の絵が中心の様子、企画展は「夏のかほり展-日本画を見る」です。

絵と共に使われている絵具の材料や題材になっている場所なども記述されていて興味深かったです。
夏に見るにはぴったりの清涼感のある日本画が並びほっと一息つけました。

049
渋谷駅へ移動、渋谷駅になぜか京都で見慣れていた京阪のポスターが。
京阪のホームに舞妓さんがいるポスターです。
渋谷には外国人観光客が沢山来るから宣伝でしょうか?

052
スクランブル交差点ではおのぼりさんらしく撮影~w

058
汗をかきかき渋谷の坂を登って戸栗美術館です。
山梨の実業家によって旧鍋島藩の屋敷跡に建てられた東洋の陶器を収集した美術館です。

暑さと疲れがピークでこちらのロビーでしばし休憩、落ち着いた後鑑賞しました。
企画展は「17世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅰ-展」、初期の素朴な古伊万里から発展してゆく過程の展示。
焼きものですが見ていて清涼感がありほっとしました。

059
松濤の超高級住宅街を通り

061
松濤美術館です。
こちらも近年ぐるっとパスに参加した美術館です。

067
企画展は「クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム― PHANTŒM MUSÆUMS」。
アメリカの映像作家、一卵性双子のクエイ兄弟の作品の展覧会。
丁度当日から↑の「ストリート・オブ・クロコダイル」の撮影が可能になったという事です。

クエイ兄弟はカルト的人気があるそうで意外に来場者が多かったです。主に若者層。
作品はホラー寄りの幻想的な映像。
いつも思いますが、ぐるっとパスで回ると予想外の世界に出会いますね。

347
お土産は稲葉天目のクリアファイルと郷さくら美術館の展示品のポストカードと手ぬぐい。

本日のぐるっとパスで無料になった施設は、静嘉堂文庫美術館が1,000円、五島美術館が1,000円、アクセサリーミュージアムが1,000円、郷さくら美術館が500円、戸栗美術館が1,000円、松濤美術館が1,000円で合計5,500円、累計で7,180円です。
今日は良く頑張りました!

この後更に靖国神社のみたままつりに行きましたが別記事でUPします。

| | コメント (2)

2017年7月12日 (水)

梅雨はどこへ?

001
ここのところ連日のように快晴&猛暑です。
セミも鳴いているし梅雨明けで良いのでは?
ところで関西ではクマゼミが多かったのですが、関東ではやはりアブラゼミですね。

0712a
ぴいたへの暑中見舞いにブロッコリー(芯)を謹呈。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

江戸東京博物館→アミューズミュージアム→ほおずき市

175
3年ぶりにぐるっとパス(東京)を始めます。
関西に住んでいる間に対象施設や割引範囲が変更になっていたり、以前は埼玉から訪れていたのが今度は千葉からと方向が変わったのでルート取りを練り直さねばなりません。
とりあえず2か月間はぐるっとパスの奴隷ですw

009
両国駅で降りて最初に江戸東京博物館です。
江戸、東京の歴史と文化に関する都立博物館ですが、東京都のお金持ち振りが伝わる施設でもあります。

011
入場すると結構な人出、以前よりも人が来ている感じです。
家族連れと外国人観光客が多いです。

019
丁度津軽三味線の演奏が行われていました。

023
最近展示物の改装があった様子で、以前とは半分くらいの展示が変わっていました。
より観光客向けになった感じ。

026
企画展は「発掘された日本列島2017新発見考古資料」。
全国で発掘発見されている考古学資料の内、近年特に注目された出土品を広く一般に展示するというもの。
江戸でも東京でもありませんが、ある程度人が集まってこういう展示ができる場所があるのは強みですね。

040
浅草に移動、抜けるような青空です。
吾妻橋が赤の塗装なのは正解だと思う。

046
アミューズミュージアムです。
民俗学の所蔵品を中心に無名の職人や一般女性の手仕事による布もの工芸品を展示。
芸能プロダクションのアミューズが運営。

051
和物の民芸品などをモダンに展示しています。

054
今年度の企画は「BORO美しいぼろ布展~ボドコ、生命の布~」。
青森では古い布や着物を継ぎはぎして寝床に敷いたりお産の際に使用したと言い、何世代にも渡る血と汗と涙が染み込んだ生命の布ボドコの展示です。

確かに普通の博物館ではこういった一般の土俗的な展示物は見られないので、アミューズミュージアムのモダンな演出はアイディアかも。

066
ついでと言っては何ですが、お隣の浅草寺へ。
丁度7月9日と10日はお参りすると四万六千日分の御利益があるという縁日。
ということで凄い人出!

069
行列に並んで無事、四万六千日分のお参り完了!

080
縁日なので境内には屋台も出ています。

088
夏着物や浴衣姿の人も多い。
浅草はちょっと京都みたいです。

122
四万六千日はほおずき市の日でもあります。
ほおずきには薬効があるという民間信仰がほおずき市が立った始まりだそう。

124
沢山のお店が出店していますが、飾りは若干違うものの価格は統一されています。
スタンダードなのはこういう鉢物。
ほおずき市では青ほおずきを売るのが正調の様子。

061
こういう切り枝のものもあります。
飾り用なので実も大振り。

136
お手頃に記念にするにはこういうバラの物もあります。

160
猛暑の一日の〆は浅草の小料理屋で。

177
本日のお土産

ほおずきの鉢(風鈴付き)とほおずきストラップ。

ぐるっとパスで無料になった入場料は江戸東京博物館が600円、アミューズミュージアムが1,080円、合計1,680円です。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

東京まちさんぽ 飯田橋駅~水天宮前駅

Dsc06979
東京メトロ主催のウォーキング、東京町さんぽに参加しました。
今回は飯田橋駅から水天宮前駅までを歩きます。

飯田橋駅で受け付け後MAPと協賛会社からヘルシアウォーターを頂きます。

Dsc06981
地上に上がり神楽坂を登ります。
いきなりの坂道(><)でも後から考えると元気のある最初の内で良かったかも。

Dsc06984
神楽坂の善國寺です。
1595年創建、お寺ですが山門が鳥居の様で個性的。

Dsc06992
神楽坂を登り切りしばらく進んで別の坂を下りて外堀通りを歩きます。

Dsc06998
新見付橋を歩いて江戸城外堀とJR中央線を渡ります。

Dsc07014
靖国神社に来ました。
この辺りはまだ余裕があったのでいつも通り見学という名の寄り道をしています。

Dsc07009
1869年創建、軍人と軍属を祀る神社です。
ウォーキングなどで何度も来ていますがここは独特の雰囲気ですね、意外と外国人観光客もいます。

Dsc07018
北の丸公園の横を進み

Dsc07029
靖国通りを進んで神保町の古書店街です。

Dsc07031
学士会館の前を通り

Dsc07037
再び内堀沿いの戻ります。
久しぶりに二の丸庭園を見たかったのですが、炎天下を歩いて歩数を増やす余力無し。

Dsc07040
永代通りに折れて大手町のオフィス街を進みます。

Dsc07043
余り休憩する場所はなかったのですが、日陰を見つけて水分補給と塩分補給。
この季節は蒸した熱さで堪えます~。

Dsc07044
JR山手線の高架下を潜り

Dsc07048
日本橋を通過。
中央奥が日本橋、、右のビルはCOREDO日本橋。

Dsc07052
兜町の証券街を進み

Dsc07054
亀島橋からスカイツリーが見えます。

Dsc07059
永代橋を渡ります。
あ、暑い(汗

Dsc07062
永代橋から見た月島あたり。

Dsc07067
深川に入ると松尾芭蕉の縁の場所が点在しています。
ここは松尾芭蕉の「おくのほそみち」への旅立ちの地という採茶庵跡。
採茶庵がコンクリ&サッシ窓というのが何とも。管理はしやすいですね。

Dsc07069
萬年橋を渡って

Dsc07088
水天宮ですが、拝観の余力はなく遠目の撮影のみ。
他にもここまで見どころがいくつかありましたが余力無く、後半はひたすらゴールを目指して見学無し(^^;)

Dsc07083
地下に降りて水天宮前駅の構内でゴールです。
今回は素晴らしい快晴(炎天下)&蒸し暑さと休憩に適した緑陰が少なかったのできつかったです。
でも達成感はありました!

Dsc07091
本日の記念品

茅場町のクリアファイルと東京メトロオリジナルのラップです。

door to doorで27,934歩、18.157kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

眉毛の季節

0705a
ぴいたに眉間にしわじゃなくて眉毛が。

0705b
換毛前線が進んでいます。

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

中華街→元町

011
横浜の実家家族が我々が関東に戻ったという趣旨の歓迎会を開いてくれて、中華街へ行ってきました。
転勤が多いのでしょっちゅうですが、きっかけを作って皆で集まるのは良いことですね。

017
お店はいつもの萬珍楼。

022
アラカルトで10種類くらい色々。
御馳走様です(^^)

048_2
食後は久しぶりの中華街なので観光がてらブラブラ。
中華街はどんどん観光地化されていますね。

050
関帝廟です。
三国志の関羽を祀った廟で、関羽は商売の神という一面もあり、関帝廟は世界各地の中華街にあるそうです。

064
ディティールが凄く賑やか!

071
続いて媽祖廟です。
神力を持つという実在の女性である媽祖が死後に護国救民の神として崇められ、世界各地の華僑に信仰されているそう。
横浜媽祖廟は2006年に建てられたもの。

076
廟内に媽祖が祀られています。

082
その後元町へ回ってチェック。
気に入った家具があったのでチャーミングセールで再訪予定(^^)

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ