« 2017年7月 | トップページ

2017年8月14日 (月)

山形旅行二日目

Dsc07169
朝食はバイキング、眺めの良いレストランでした。

041
チェックアウト後、山形から南下して上山城です。
1535年に築城され、現在の天守はコンクリの模擬天守ですが、庭園と相まってなかなか見栄えがします。
内部はよくある郷土資料館になっていますが、これがなかなかの充実ぶりで見ごたえがあります。
恐らく立地している上山温泉街のここが観光の中心となるのでしょう。

019
天守最上階からの眺め、柵はまぁコンクリ城ですから頑丈で合理的と解釈します。
もちろんエレベーター完備。

049
城下には武家屋敷街も残っています。

064
現在でも実際に居住しているお屋敷も。
茅葺屋根や文化財を維持するのは大変な努力でしょうね。

077
続いて、上山温泉街を散策。
大型の旅館もあり結構な規模の温泉街です。
山形新幹線のかみのやま温泉駅もあります。

066
よくある話ですが傷ついた鶴が肢を浸して癒していたことが由来の温泉で、こちらが源泉。
足湯もあります。

温泉の由来は傷ついた鶴とか鷺とか鹿が多いですよね。
一番よく聞くのが鷺、珍しいところでは狼とか。
犬・猫・猿とかは聞かないなぁ。猿が入る温泉はありますが。

084
散策途中にあった下大湯に入湯。
その昔、沢庵禅師もここに入って癒されたそうです。

【上山温泉 下大湯】

入湯料:150円
ロッカー:有り
ドライヤー:無し
備考:石鹸類無し、洗髪料金別(100円)、かけ流し、ケロリン

095
上山温泉街を後にして再び南下。

135
米沢に到着、まずは上杉伯爵邸です。
大正時代に米沢城二の丸跡に上杉伯爵の屋敷として建てられたもの。
現在は上杉鷹山ゆかりの「かてもの」という食事ができる施設となっています。

108
昼食は献膳料理、郷土料理で解説も添えらえています。

上から、米沢牛の芋煮、ぶどうの寒天、鯉のことこと煮
紫蘇巻き、冷汁、塩引寿司
うこぎご飯、おみ漬け+味噌汁

162
食後は米沢城を散策です。
1238年に築城、現在では上杉神社があり城らしさは掘位ですが、伊達政宗がここで生まれ、その後上杉家の居城となって人気武将縁の城という事でか訪問者はびっくりするくらい多いです。

158
城内には石碑や銅像が沢山。
上杉鷹山の銅像は二つ(+上杉伯爵邸にも更に一つで計三つ)あり一番立派、次いで米沢城には居住したことがありませんが上杉神社の御祭神の上杉謙信の像や大河ドラマに合わせて作られたと思われる上杉景勝と直江兼続が並んだ像も。
米沢城で生まれ、前半生をここで過ごした伊達政宗はなぜか銅像がありません。

166
宝物殿の稽照殿に入ります。
上杉家の宝物が納められていますが、上杉謙信の愛用の品々や各地にあるレプリカ愛の兜の本物はこちらにあり必見です。

196
散策後はうこぎソフトで一息。
ほんのりヨモギっぽい味です。

179
米沢城の堀では蓮が花盛りでした。
米沢城はフラットなお城なので一般の観光客が散策しやすいでしょうね。

211
続いて小野川温泉へ向かいます。
小野小町が父を訪ねて京から東北へと旅した際に発見したというのがその由来。
女性が温泉を見つけたという由来は珍しい。
また、伊達政宗も湯治したという温泉です。

200
田んぼアートを行っていたので見学に。
若き日の伊達政宗だそうです。

217
続いて温泉へ。
川沿いに露店風呂のみがあり初夏には蛍も舞うそうです。

【小野川温泉 小町の湯】

入湯料:200円
ロッカー:棚のみ
ドライヤー:無し
備考:石鹸類無し、源泉かけ流し、ケロリン

222
温泉街中心にある方にも。
こちらは小野川温泉のシンボルの様子。

【小野川温泉 尼湯】

入湯料:200円
ロッカー:棚のみ
ドライヤー:無し
備考:石鹸類無し、源泉かけ流し、ケロリン

224
休憩がてら山形名物の玉こんにゃくを

Dsc07177
米沢のホテルにチェックインして夜食は米沢牛です(^^)

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

山形旅行一日目

Dsc07109
今年の夏休みは山形へお城と温泉巡りの旅です。
混雑を避けるために朝4:00に家を出発、往路は東北道で向かいます。
夜明けは埼玉-群馬県境当たり。
今更ですが、東北道は殆どトンネルが無いのですね、確か最初のトンネルは福島に入ってから。

007
交通量はそこそこあるものの順調に進み、最初の目的地の山寺(立石寺)に到着。
860年の創建の本来は悪縁を切るお寺だそうですが、松尾芭蕉が
「閑さや 巌にしみ入る 蝉の声」を詠んだ場所として有名です。

014_2
こちらが根本中堂。
比叡山延暦寺から分灯された不滅の法灯があります。

035
石段はここからが本番、約1,000段あるそうです。
蝉の鳴声が巌に沁みます~。

054
1,000段というと気が遠くなりますが、途中に色んなものや御堂があるのえ退屈しません。

069
崖に架かる修験用の御堂?

074
奥の院に到着。
ここに至るまで何か所も御朱印を頂ける場所があって小銭がすっからかんです(^^;)

078
岩に穿たれた穴に三重塔が。

095
奥の院から少し進むと経堂。
この眺めが良く紹介されている風景。

099
その先の五大堂が展望台になっています。

106
五大堂からの眺め。
仙台と山形を結ぶ仙山線が見えています。

129
下山して山寺を見たところ。
山腹に諸堂が張り付いていて三徳山三佛寺に似ています。
山寺の参道は比べ物にならないくらい整備されていますが。

136
山寺直下にある後藤美術館です。
山形出身の実業家の後藤氏が収集したコレクションを展示。
主にバルビゾン派の絵画とアールヌーボーのガラスコレクションからなります。

バルビゾン派の癒し系の絵画群と優雅でロココな王朝絵画がとても良かったです。
ここはお勧め。

127
お土産は定番のクリアファイルとポストカード。

138
果樹畑の続く道を見ながら山形中心地へ。

Dsc07118
山形名物、冷やしラーメンで昼食。
氷が投入されておりトマトやキュウリがトッピングされています。

147
山形城へ向かいますが、手前にある最上義光記念館で最上氏の資料を拝見。
「独眼竜政宗」では悪役っぽい最上義光ですが、実際は最上家全盛期を築いた郷土の英雄です。

155
続いて1356年築城の山形城です。
48城目の100名城訪問になります。

168
1991年に木造復元の二の丸東大手門櫓。

206
本丸も復元が進み、城に無関係の現状の建物も順次移築予定で城内整備が進んでいます。

208
最上義光の銅像。
これはカッコいい!今まで見た騎馬像の中で一番カッコいいです!!
こんな大きな銅像が二本足で立つポーズも凄いし、何より馬の姿が美しい。
もちろん義光の姿も勇ましいですよ。

Dsc07125
観光を終えて蔵王に向かって

Dsc07128
【蔵王温泉大露天風呂】

蔵王温泉を代表するお風呂、露天と温泉が直接注ぎ込む川も適温で入れます。
湯船は男湯の方が大きいのですが、眺めは源泉が見える女湯の方が良いです。

入湯料:550円
ロッカー:有り(100円)
ドライヤー:無し
備考:源泉かけ流し、石鹸類無し

Dsc07145
再び山形市街に戻ってホテルにチェックイン。
夕食は居酒屋で芋煮や山形牛など山形の郷土料理を頂きました。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

台風一過

007
長寿台風5号が過ぎて夏らしい青空が広がっています。
暑い~朝からエアコンが大活躍。

0809a
せっせと食べて夏バテ予防!

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

下町風俗資料館→上野動物園→東京都美術館→東京芸術大学奏楽堂「憂飼」

003
久しぶりのぐるっとパス巡りです。
本日は上野、最初に下町風俗資料館。
1980年に開館した、古き良き下町風俗を展示する資料館。

013
今の企画展は「下町の学び舎」、夏休みらしく昔の学校の風景を展示しています。

031
外に出ると不忍池は蓮が花盛り。

036
先月完成したばかりの弁天門から上野動物園に入ります。

053
普通とは逆ルートなので序盤はとても空いています。
いつもなら疲れて流している両性爬虫類館もじっくり。
こんな大きなワニがいるとは気づきませんでした。

056
凄い色のカエル、毒ガエルだそうです。

067
今日は結構動いていたハシビロコウ。

071
炎天下で日光浴をするカバ。

084
ゾウは食事中。

092
逆ルートで回ったのでパンダがラスト。
赤ちゃんパンダが公開されたら激混みになるんでしょうね。

121
お次は東京都美術館。
ぐるっとパス対象で無料なのは「杉戸洋とんぼとのりしろ」展です。

作品は序盤はカラフルな家の絵が続き、続いて色を生かしたタイル作品など。
色遣いがやさしく単純化されたモチーフが多かったので和む作品群でした。
窓から差し込む光の具合で作品の印象が変わるという事で、日を換えて見に来ることが出来るようチケットを渡されました。

126
館内のレストランで遅めの昼食をとって休憩&時間調整をして

139
隣接する東京芸術大学内の奏楽堂にコンサートを聴きに行きます。
流石芸大、大学付属とは思えないほど立派なホールです。

141
プログラムは「憂飼(うしかい)」。
夢枕獏の書き下ろしで七夕伝説をモチーフに、音楽とスポーツと科学が織り込まれた作品。

オーケストラ演奏のオペラに加えて舞台に登場するバトミントン選手の動きをwifiやbluetoothで飛ばしてピアノの自動演奏をおこなったり、スネアドラムの自動演奏、エアースカウターを装着したオーケストラの奏者が舞台を縦横無尽に歩いたりと新しい技術も駆使。
更に和太鼓も加わって和洋中折衷、ストーリー展開は夢枕獏らしい内容で「陰陽師」好きだったのでニヤリとする場面が多かったです。

このプログラムは一日限りの上演でネットで先着順の申し込みの上で無料なのですが、無料とは思えないほど贅沢な内容で、ラストに向けて盛り上がるボレロに感動しました。

146
コンサートの後にロビーで紹介されていたエアースカウター。
これを頭に装着すると左目の目の前の小さなモニターに楽譜が流れるというものです。

155
観光客でごった返すアメ横を抜けて

156
高架下の居酒屋で水分補給(^^)

本日のぐるっとパスで無料になった施設は、下町風俗資料館が300円、上野動物園が600円、東京都美術館が800円、累計で8,880円です。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

夏はどこへ?

003
梅雨明け宣言が出たとたんにどんより続きの毎日。
梅雨明けまでは猛暑の連続だったのですが…。
こういう涼しい時期があるから関東の夏は結構楽なのだとわかりました。
西の夏は猛暑&豪雨が続いてずーっと蒸し暑く、一息つける低温の日がありません。

0802a
ぴいたの換毛もひと段落の様です。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ