« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月30日 (水)

シャキッと

0530a
ぼんやり気味だったぴいたが復活しました。
この2~3週間、反応が薄くて動作ものろのろしていたので心配していたのです。

0530b
シャキッと元通りに。
思い当たる節はありませんが、高齢うさなのでこういう事もだんだん増えていくのかもしれません。

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

サーフタウン「いすみ」潮騒と古刹巡りハイキング→御宿

001
JR東日本の駅からハイキング「サーフタウン『いすみ』潮騒と古刹巡りハイキング」に参加しました。
外房線の太東駅からほど近いスーパーの前で受付です。
難読漢字の多い千葉ですが、いすみは夷隅、駅名はたいとうです。

027
スタート早々に駅ハイ特典のあるパン屋さんでパンを購入して食べ歩き。

032
苗が成長し始めた田んぼの横を通り

046
梨畑の横を抜けます。
いすみ市は梨も名産の様です。

056
玉崎神社です。
807年に物部氏が創建の古刹でパワースポットなのだそうです。
茅の輪があったのでちょっと早い気もしますがぐるぐると潜りました。

069
鷺のコロニーのある池を過ぎて

073
太東ビーチに至ります。
近づくにつれ軒先にウエットスーツをかけた家やアパートがちらほら。
太東ビーチのすぐ北の釣ヶ崎海岸は2020年東京オリンピックのサーフィンの会場なので、サーファーが借りる家や民宿、別荘などが増えているようです。
今日のコース上ではこじゃれたペンションや別荘があちこちに建っているのを見かけました。

110
海岸まで行くとサーフィンの競技会が行われていました。

131
太東ビーチの横は太東漁港。

140
港の横にある崖を登ります。

162
展望台からは太東ビーチが一望。
画面の上部右側が釣ヶ崎海岸でオリンピック会場になるようです。

因みにこの展望台周辺は広場になっていて津波など有事の際の避難先になるようですね。

170
国道沿いを歩きます。
サーフショップも目につきます。

191
再び海沿いを歩いて津々ヶ浦の夫婦岩(雀島)。
妻が小さい…。

205
飯縄寺です。
808年の創建、このお寺には源義経が京都から奥州に向かう際に立ち寄ったという話です。

221
このお寺の見どころは波の伊八と言われる彫刻家が残した数々の彫刻。
本堂内部は撮影禁止ですが、天狗と牛若丸など素晴らしい彫刻や天井の墨絵の龍など見どころが多かったです。

228
JR東日本も境内の修復に協力しているそうで、駅ハイ参加者は拝観料無料で瓦煎餅など特典がありました。

264
再度海沿いに向かって太東海浜植物群落です。
日本で最初の国の天然記念物に指定された場所で海浜独特の植生が残っています。

325
咲いていたのはハマヒルガオ、スカシユリ、ハマエンドウ、チガヤなど。

343
目の前には青い空と海が広がっています。

379
その太東海浜植物群落のすぐ横にあるガレージを改装したカフェのランス・ヤードでランチを。
オーナーさんの数々の本気の趣味が凄い。

384
お店を辞してゴールに向かう途中でキジに遭遇。

402
芦原の広がる湿原もあり色々な鳥の声が聞こえていました。

411
国道と夷隅川を渡って

420
住宅街を抜けて

423
ゴールの長者町駅です。

428
ついでと言ってはなんですが、ここまで来たので御宿にある夫の両親のお墓にお参りしてきました。
というか、本当はこちらがメインでちょうど近くのウォーキングがあったので参加した次第です。

door to doorで31,102歩、20.21kmのウォーキングでした。
今回も寄り道・延長しまくりで距離が伸びました。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

騎馬武者行列

030
この週末は千葉ではレッドブルエアレース(これは家からも見えて音が凄い)やファンタジー・オン・アイスなどビッグイベントが行われていますが、私は馬を見に行きます(^^)

今年は千葉を築いた千葉氏一族の千葉常胤公生誕900年という事で、それを記念して千葉市の中心部で騎馬武者行列が行われました。

千葉氏は守護大名・戦国大名となった一族で、係累は全国に広がっています。
今回の騎馬武者行列には縁の一つの相馬氏から相馬野馬追の12騎が人馬と共に参加です。

046
千葉市の中心街を騎馬武者が進みます。

084
沢山の観客が集まっていました。

097
進行の関係で行列が止まるとこんなシーンもありましたが、そこは人馬とも熟練しているので大丈夫。

119
甲冑も馬具も流石に本格派。
特に兜の前立てが一人一人違って凝っていました。

148
ひと時の戦国絵巻です。

161
続いてメイン(?)の千葉氏縁の自治体の首長の行列です。
みなさんびしっと乗ってらして感心しました。
どこから集めたか馬も皆良かったです。

岩手県から一関市市長

163
前は宮城県から湧谷町町長
後ろは福島県から南相馬市副市長

172
岐阜県から郡上市市長

173
佐賀県から小城市市長

175
千葉県から酒々井町町長

179
千葉県から多古町町長

182
千葉県から東庄町町長

184
大トリは地元の千葉市市長でした。
踵下げて手を振って余裕、馬に慣れているのかな?
31歳で市長に当選、三選目のお若い市長です。

193
首長の行列はこのまま千葉神社に参拝へと向かいました。
ミニ時代祭の様ですね。

225
騎馬武者一行は中央公園で相馬野馬追の紹介と展示。

275
最後は馬運車に乗り込んで去ってゆきました。
お疲れ様~。

289
本日の頂き物

相馬野馬追のパンフレットと手ぬぐいです。
いつか泊りがけで相馬野馬追に行きたい!

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

Happy Birthday!

0521a
ちょっと遅れましたが、5月20日はぴいたの10回目の誕生日です。
プレゼントに好物のブロッコリーを謹呈。

うさぎの10歳は人間だと諸説ありますが76歳~92歳だそうです。
幅がありすぎますが80歳くらいで何れにせよ御長寿うさぎです。
最近は随分おっとりしてきました。

転勤もいつも一緒で環境もコロコロ変わるのに体調を崩さないぴいたには感謝です。
本当に手がかからない飼い主孝行なうさぎなのです。

0521b
ついでにわらまっとと巣箱も交換しました。

| | コメント (4)

2018年5月20日 (日)

豊島区の文化と歴史にふれながらバラを満喫!よくばりハイキングコース

Dsc03606
JR東日本の駅からハイキング「豊島区の文化と歴史にふれながらバラを満喫!よくばりハイキングコース」に参加しました。

駅ハイの受付は池袋駅西口ですが、受付前に東口へ寄ります。
池袋駅東口にはビックカメラ本店とLAVI(ヤマダ電機)本店がガチンコで建っていて、しばしば価格comの最安値よりもお安くしてくれます。
こちらでウォーキング用のコンデジを購入、今使っているコンデジのレンズに傷が入っていて気になっていたので。
今回は旧コンデジで撮影です。

Dsc03612
池袋駅西口側に回り受け付けは東京芸術劇場です。
MAPを受けとりスタート。
埼玉県民だったことがあるので池袋はしょっちゅう行きましたが、西口って殆ど来たことがありません。
多分今回で3回目くらい。

Dsc03619
スタートして程なく池袋北口側の歓楽街のど真ん中を通ります。
いやぁ、凄いですね~。
最近はチャイナタウンとしても有名、こちらがゴールだったら中華料理も良かったかも。

Dsc03620
池袋平和通まで進み、右手前のビルの間の小路に入ると

Dsc03633
池袋の森です。
林政学者だった方の屋敷跡を豊島区が買い取って区民の森にしたそうです。
目白の森と同じパターンですね。

歓楽街にあるとは思えない自然で大木が多く池にはおたまじゃくしが沢山泳いでいました。
この公園の凄い所は無駄の許されない場所にこのような自然が残っているという事だと思います。

Dsc03652
更に進み首都高池袋線の先の住宅街に入ると鉄道系の学校がありました。
高校と短大があり、デザインの違う校舎がいくつも建っています。

Dsc03653
校舎の一角に蒸気機関車がありました。
他にも丸ノ内線の古い車両も。

Dsc03671
次は氷川神社の池袋富士塚です。1912年築造。
駅ハイは各地の富士塚詣でが多い感じ。

Dsc03694
東武東上線とJR埼京線を越えて大正大学です。
エントランスには沢山の鉢バラが並んでいます。

Dsc03701
大正大学のすがも鴨台観音堂が次のスポット。
登りと下りが交わる事のない、いわゆる栄螺堂です。
これで3つめの栄螺堂参拝。
全国には8つの栄螺堂が現存するそうです。

Dsc03708
校舎の一角で「ユルリ島の野生馬」という写真展がありましたので鑑賞。

北海道の根室沖にあるユルリ島ではかつて使役用に馬が持ち込まれて飼育され、その用途がなくなった後は島で野生化、最大で30頭程が生息していたものが近親交配を防ぐために牡馬を制限して徐々に減少、今では三頭の牝馬が残るのみだそうです。
この馬たちを依頼を受けた写真家が記録し続けていてその写真展です。

厳しい自然の中に人の手によって持ち込まれ、人の手によって滅んでゆく馬たちの静寂に満ちた記録です。

Dsc03748
大正大学を出て直進すると巣鴨地蔵通り商店街です。
いわゆるおばあちゃんの原宿です。

活気のある商店街であちこち買い食い(^^)

Dsc03758
巣鴨といえば赤いパンツですね。
パンツだけじゃなくてシャツや靴下などもありました。
お土産などで人気があるみたいです。

Dsc03769
コース外でしたがせっかく巣鴨に来たのでとげぬき地蔵尊こと高岩寺に。
病気治癒の御利益があるそうです。
それで巣鴨はおばあちゃんの原宿になったのですね。

Dsc03817
本日の駅ハイの主題は都電のバラ。
コースの中間地点を過ぎてやっと登場しました。
バラと都電のコラボを狙います。

Dsc03784
各種のバラが色とりどりに咲いていました。
今年は全体に花が早いのでバラも見ごろ後半でしたが、来週もまだ残っていると思います。

Dsc03833
新しく公開されたフランス文学者だった鈴木信太郎の邸宅跡は本日休館、残念。
ちょっと楽しみにしていたのですが、また次回。

Dsc03848
再び首都高を潜って雑司ヶ谷霊園の横を通り

Dsc03857
横道に入って旧マッケーレブ邸も本日休館(^^;)
第三日曜日は鈴木信太郎邸と同じく休館の様です。
豊島区で現存最古の洋風木造建築だそうです。

Dsc03871
昔ながらの商店街のある住宅街を抜けて

Dsc03877
雑司ヶ谷鬼子母神堂です。
池袋周辺のウォーキングでは御馴染みです。

Dsc03884
江戸時代から続く駄菓子屋さんは未だ健在です。
ラムネで一息。

Dsc03890
次は学習院大学です。
普段は門前を通るだけですが、今回のウォーキングでは構内の企画展を見学できます。
が、またしても本日は展示が休みの日(^^;)
せっかくなので構内を軽く散策することにします。

Dsc03908
緑に覆われた斜面を下った最奥地に馬術部がありました。
学習院の馬たちには桜の名前がつきます。
高等部も共通なので天皇陛下もここで乗られたのですね、厩舎作業はどうだったのだろう…?

Dsc03911
学習院を出てほど近くにある切手の博物館です。
駅ハイ特典で入場料が半額(^^)

日本と世界の切手に関する博物館で、定期的に企画展示がされています。
こちらの特徴は展示と同じ位(それ以上?)の力を入れて切手の売買スペースがあることです。
昔切手収集が流行しましたが、今でもユーザーがそこそこいる様子。
切手ヲタ必見。

Dsc03920
目白駅でゴール。

Dsc03923
水分&栄養補給は目白駅近くのお店で。

Dsc03948
本日のお買いもの

次回からウォーキングに使用するデジカメと巣鴨でおせんべい

door to doorで32,237歩、20.95kmのウォーキングでした。
見学場所と寄り道が多かったので歩数が伸びました。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

東京まちさんぽ 後楽園駅~錦糸町駅

Dsc03470
東京メトロの「東京まちさんぽ 後楽園駅~錦糸町駅」に参加しました。
後楽園駅で受け付け後、MAPとヘルシアを受け取ってスタートです。

Dsc03473
地上に出て歩き始めます。
家を出る頃には雨がポツポツ落ちていましたが、いつのまにか晴れました!(そして暑い!)

Dsc03485
東京ドームとドームシティを後にして

Dsc03493
日本サッカーミュージアムです。
日本サッカーの歴史を物語る数々の品が展示されているそうですが、ここでお財布を忘れたことに気づきました!
SUICAがあったので電車賃は大丈夫ですが、有料施設に入れないし食事もできないしお土産も買えない(><)

Dsc03502
気を取り直して、都心のウォーキングでは高確率で来る神田明神です。

Dsc03504
名店神田川の横を過ぎて

Dsc03508
天神下で春日通りに折れて上野方面へ

Dsc03516
御徒町駅を過ぎます。

Dsc03518
御徒町と言えばジュエリータウン、お財布を忘れたのが痛恨(><)
石を買って行きたかった。
まぁこの辺りしょっちゅう来ていますが…。

Dsc03526
鳥越神社です。
こちらの御神輿は都内随一の重さを誇っているそうです。

Dsc03529
そろそろ紫陽花も色づいてきました。

Dsc03534
隅田川テラスを歩きます。

Dsc03541
釣り船なども出ているようです。

Dsc03551
隅田川から離れ浅草寺方面へ。
賑やかと思ったら今週は三社祭なんですね!
どうりではっぴ&着物姿が目につくと思いました。

Dsc03554
仲見世通りもすし詰めです。

Dsc03561
境内ももちろんぎゅうぎゅう。

Dsc03566
祭囃子に

Dsc03568
屋台も並んでいます。
境内を通るのも大変でした(^^;)

Dsc03575
浅草寺を後にしてスカイツリーを正面に言問橋を渡ります。

Dsc03586
スカイツリーです。
そういえばお店には入ったことがありますが、まだツリーに登ったことがありません。

Dsc03587
四ツ目通りを延々歩き

Dsc03588
錦糸公園を過ぎて

Dsc03596
錦糸町駅でゴールです。
何故かよりみちさんぽのバッジが配られていました。
(前回余ったのかな?)

Dsc03603
本日の頂き物

door to doorで25,175歩、16.36kmのウォーキングでした。

| | コメント (2)

2018年5月16日 (水)

爪切り

0516c
ちょっとタイミングが遅くなりましたが、恒例の爪切りです。
今回は全て仰向けで切れました。

0516d
このまま寝ちゃう?
放置していたら正気になって逃げられました(^^;)

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

百花繚乱列島-江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり-

009
千葉市美術館に「百花繚乱列島-江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり-」を観に行ってきました。
江戸時代後半に活躍した各地方の絵師の作品を(江戸時代の)国別に展示して観るという趣向です。

専業の絵師だけではなく、藩主や武将、住職などなど本業の傍らに描いた作品も。
知られざる作品が発掘され、所蔵作品展の「千葉が生んだ浮世絵の祖 菱川師宣とその時代」と合わせてたっぷり200点近くが並びます。
ということで相変わらず千葉市美術館の展覧会はボリュームたっぷり、見ごたえがあります。

見ごたえのあるいろいろな作品がありましたが、特に専業の絵師ではない藩主たちの作品が興味深かったです。
趣味や手慰みとは思えない本格作品が並んでいて驚き、その中で「西郷どん」で先日退場した島津斉彬公の「牡丹図」は丹念に描かれた牡丹と平面的に描かれた花瓶が対照的、途中で花瓶部分の描写は投げ出したのか…?(^^;)
並んでいる他の殿様たちの作品が素晴らしかっただけにこの絵の前でしばし考え込んでしまいました。

それにしてもやはり和物の作品鑑賞は京都在住の経験が活きます。
中には京都時代の家の隣にあるお寺の(江戸時代の)僧侶の作品もありました。

030
絵画鑑賞後は食のうまいもんへ。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

涼しい

0509c
暑くなったと思ったらいきなり涼しくなりました。
関東は北東気流で突然冷えますね。

0509b
うさぎはこのくらいの気温の方が快適です。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

発酵の里こうざき なのはな畑めぐりハイキング

Dsc03167
JR東日本の駅からハイキング「発酵の里こうざき なのはな畑めぐりハイキング」に参加しました。

千葉県の北端に位置する神崎は利根川の豊かな水源と豊かな土地から発酵・醸造文化が豊富だそうです。
その土地柄を巡るハイキングです。
ウォーキングで巡っていると今まで訪れたことが無い場所に行くことになるのが面白いです。

出発点は成田線の下総神崎駅。

Dsc03168
駅前のYショップが受付なのがユニーク。
MAPを受け取りついでにドリンク購入してスタートです。

Dsc03172
横断橋を越えて駅の反対側に渡ります。
田んぼが広々と。カエルの声がします。

Dsc03177
田んぼや畑が続きますが、園芸農家も。
こちらは切り花用のハウスでしょうか。

Dsc03197
GW中だからかあちこちで田植えやあぜ道の草刈りをしていました。

Dsc03205
成田線を再び越え、丘の上に登ると古墳や貝塚があります。
こちらは西の塚貝塚、日本で一番古い貝塚だそうです。

Dsc03213
古墳や貝塚を取り囲むように遊歩道があります。
遊歩道を一旦下って

Dsc03228
真っ赤な仁王門を潜って神宮寺です。

Dsc03241
再び遊歩道を登り

Dsc03248
中ノ城古墳下から見ると農地が広がっています。
関東平野という眺め。

Dsc03254
農地まで下りると麦畑が広がっていました。

Dsc03286
更に畑の中を進みます。
終盤近い菜の花畑や

Dsc03295
カエルの声の響く田んぼ

Dsc03271
沢山のヒバリが鳴く麦畑

Dsc03314
こうざき天の川公園です。

Dsc03306
なんじゃもんじゃの花が咲く並木道が続いています。

Dsc03315
道の駅の発酵の里こうざきは、その名の通り発酵がテーマです。
駅ハイ特典の甘酒飴を頂きました。
コースの半ばですが重たいお土産も購入、斤量UP(^^;)

Dsc03341
一角で錦鯉の品評会が行われていて、錦鯉の無料配布もありました。
今は転勤族なので魚は飼えませんが、子供の頃は錦鯉を飼っていたので興味津々です。

Dsc03363
道の駅のレストランで、発酵食品でランチを。
豚の味噌麹焼き、麹が効いて美味しかったですよ。

Dsc03375
道の駅を出て利根川の堤防を延々歩きます。

Dsc03380
神崎大橋から見た坂東太郎=利根川。
対岸は茨城県です。

Dsc03387
利根川を離れて河岸通りへ。
老舗そうなお店が並ぶ商店街です。

Dsc03390
酒蔵の寺田本家を過ぎて

Dsc03407
神崎の森を登ると神崎神社です。
右側の大クスは水戸光圀公が「この木は何というもんじゃろうか」と自問自答したことから通称でなんじゃもんじゃの木と呼ばれる天然記念物で神崎の町のシンボルだそうです。
それで神崎のあちこちに本物のなんじゃもんじゃの木が植わっているのですね。

Dsc03413
更に進み神崎酒造を過ぎて

Dsc03422_2
文化ホールと福祉施設のある神崎ふれあいプラザを抜けて再び下総神崎駅に戻りゴール。

Dsc03461
本日のお土産

発酵の町ということで日本酒とお味噌を購入しました。

door to doorで21,790歩、14.16kmのウォーキングでした。

初夏の青空と風の中で爽快なウォーキングになりました。

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

GWですね

0502a
世の中ではGWまっただ中ですが、我が家ではGWは関係なく通常運転です。

0502b
いつもどおりぴいたと戯れるGWです(^^)

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »