« 騎馬武者行列 | トップページ | シャキッと »

2018年5月27日 (日)

サーフタウン「いすみ」潮騒と古刹巡りハイキング→御宿

001
JR東日本の駅からハイキング「サーフタウン『いすみ』潮騒と古刹巡りハイキング」に参加しました。
外房線の太東駅からほど近いスーパーの前で受付です。
難読漢字の多い千葉ですが、いすみは夷隅、駅名はたいとうです。

027
スタート早々に駅ハイ特典のあるパン屋さんでパンを購入して食べ歩き。

032
苗が成長し始めた田んぼの横を通り

046
梨畑の横を抜けます。
いすみ市は梨も名産の様です。

056
玉崎神社です。
807年に物部氏が創建の古刹でパワースポットなのだそうです。
茅の輪があったのでちょっと早い気もしますがぐるぐると潜りました。

069
鷺のコロニーのある池を過ぎて

073
太東ビーチに至ります。
近づくにつれ軒先にウエットスーツをかけた家やアパートがちらほら。
太東ビーチのすぐ北の釣ヶ崎海岸は2020年東京オリンピックのサーフィンの会場なので、サーファーが借りる家や民宿、別荘などが増えているようです。
今日のコース上ではこじゃれたペンションや別荘があちこちに建っているのを見かけました。

110
海岸まで行くとサーフィンの競技会が行われていました。

131
太東ビーチの横は太東漁港。

140
港の横にある崖を登ります。

162
展望台からは太東ビーチが一望。
画面の上部右側が釣ヶ崎海岸でオリンピック会場になるようです。

因みにこの展望台周辺は広場になっていて津波など有事の際の避難先になるようですね。

170
国道沿いを歩きます。
サーフショップも目につきます。

191
再び海沿いを歩いて津々ヶ浦の夫婦岩(雀島)。
妻が小さい…。

205
飯縄寺です。
808年の創建、このお寺には源義経が京都から奥州に向かう際に立ち寄ったという話です。

221
このお寺の見どころは波の伊八と言われる彫刻家が残した数々の彫刻。
本堂内部は撮影禁止ですが、天狗と牛若丸など素晴らしい彫刻や天井の墨絵の龍など見どころが多かったです。

228
JR東日本も境内の修復に協力しているそうで、駅ハイ参加者は拝観料無料で瓦煎餅など特典がありました。

264
再度海沿いに向かって太東海浜植物群落です。
日本で最初の国の天然記念物に指定された場所で海浜独特の植生が残っています。

325
咲いていたのはハマヒルガオ、スカシユリ、ハマエンドウ、チガヤなど。

343
目の前には青い空と海が広がっています。

379
その太東海浜植物群落のすぐ横にあるガレージを改装したカフェのランス・ヤードでランチを。
オーナーさんの数々の本気の趣味が凄い。

384
お店を辞してゴールに向かう途中でキジに遭遇。

402
芦原の広がる湿原もあり色々な鳥の声が聞こえていました。

411
国道と夷隅川を渡って

420
住宅街を抜けて

423
ゴールの長者町駅です。

428
ついでと言ってはなんですが、ここまで来たので御宿にある夫の両親のお墓にお参りしてきました。
というか、本当はこちらがメインでちょうど近くのウォーキングがあったので参加した次第です。

door to doorで31,102歩、20.21kmのウォーキングでした。
今回も寄り道・延長しまくりで距離が伸びました。

|

« 騎馬武者行列 | トップページ | シャキッと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 騎馬武者行列 | トップページ | シャキッと »