« たまには違うアングルで | トップページ | うさぎの防災グッズチェック »

2018年6月17日 (日)

新緑あふれる王子・駒込の自然と文化にふれあう

002
JR東日本の駅からハイキング「新緑あふれる王子・駒込の自然と文化にふれあう」に参加しました。
王子駅で受け付け後、MAPを受けとりスタートです。
そういえば王子駅で降りるのは初めて。

009
前半は王子駅周辺をぐるっと回ります。
王子駅を出てすぐに音無親水公園を通ります。

016
斜面を登り王子神社です。
王子の地名の元になった神社だそうです。

030
一旦、石神井川沿いを歩いてから中央公園に入ります。
戦前は軍の施設で戦後は米軍に接収され、返還後は区立公園となっています。
建物は東京第一陸軍造兵廠時代からのもので現在は映画やドラマのロケに良く使われるそうです。

048
公園を出て更に進み、今度はこれも戦前の赤レンガ倉庫を移築改装・増築した区立中央図書館。

053
激坂の三平坂を下りて

077
名主の滝公園です。
江戸時代の王子の名主が造って一般に開放した庭園で斜面を利用した四つの滝が落ちる池があります。
太っ腹な名主様ですね~。

113
次は王子稲荷神社。
本家の伏見稲荷のおもかる石と同じような願掛けの石はパワースポットとして人気だそうです。
伏見稲荷のおもかる石より重い!

126
王子駅前に戻り、複合施設の北とぴあです。
プラネタリウムや各種ホールやトレーニングスタジオ等々が入っています。

147
最上階の展望ロビーからの眺望は抜群。
王子駅は鉄道路線が集中しており、色々な列車が通り過ぎて行くのを眺めることができます。

152
装束稲荷神社です。
関東八ヵ国の稲荷の使いが王子稲荷神社への参拝前にここで装束を改めたことからこの名があり、その様子が歌川広重の浮世絵にも描かれたそうです。

装束稲荷神社の正面にある狐のお面等を扱うお店の品ぞろえが凄い。
これまた本家の伏見稲荷のお土産屋さんよりも狐のバリエーションが豊かかも。

186
次はベーカリー明治堂という老舗のパン屋さん。
駅ハイで一般のお店がポイントになるのは珍しい。
こちらでパンを購入して2階の喫茶で一息。

212
再び出発して、お札と切手の博物館です。
広大な国立印刷局王子工場の一角にある世界のお札や切手の博物館です。
ビデオ映像の一万円札の製造の様子がスペクタクル!(^^;)

453
飛鳥山の麓には紫陽花が植えられています。
虹色とはこのような花色でしょうか。

480
延々と紫陽花が続き見事でした。
人がいないところをUPしていますが、狭い通路は人で一杯、あちこちで記念撮影大会でした。

504
飛鳥山公園に登ります。
江戸時代に徳川吉宗が桜の名所として造成を行ったところで、明治時代には日本で最初の公園の一つに指定。

多くの親子連れが憩っていました。
SLもあるのですが、丘の上に持ってくるのは大変だったのでは?

510
飛鳥山公園の中には三つの博物館などがあります。
これらはぐるっとパスで見学できる施設なので今回はパスします。
(今日のコースは見学するところが多くて時間も厳しいし)

515
本郷通りを進みます。
グリーンベルトの様にあるのは一里塚。
道の真ん中に残っているのは珍しいと思ったら渋沢栄一が用地を買収して保存したらしいです。

565
旧古河庭園です。
まだバラが咲いていました。
こちらは何度も来ていますが、久しぶりに入園。

631
洋館とバラの庭園のコラボが有名ですが、実はメインの庭園は日本庭園です。
洋風庭園と日本庭園のコントラストが見事。
秋にも来てみたいです。

687
バラ味のシューアイスで一息。

784
更に進み次は六義園です。
江戸を代表する大名庭園で特別名勝。

こちらも何度か来ていますが、この季節は初めて。

838
今は紫陽花の季節で普通の紫陽花もありますが、大名庭園らしく和の紫陽花も多く植えられています。

734
和な大道芸も披露されていました。

876
駒込駅でゴール。
今日は見どころが多くて遅くなりました。

870
栄養補給は駒込駅近くの餃子屋さんで。

879_2
本日のお土産

王子稲荷で狐の縁起物です。

door to doorで28,272歩、18.37kmのウォーキングでした。

|

« たまには違うアングルで | トップページ | うさぎの防災グッズチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには違うアングルで | トップページ | うさぎの防災グッズチェック »