« 東京まちさんぽ 京橋駅~京橋駅 | トップページ | 梅雨入り »

2018年6月 3日 (日)

岡本神草の時代展

040
千葉市美術館に「岡本神草の時代展」を見に行きました。
京都から始まった巡回展で千葉が最後で東日本唯一の展示です。

岡本神草を中心に同じ時代の京都画壇の作品を展示、モチーフは殆ど舞妓・芸妓です。(ある意味凄い)
はんなりとして鮮やか、妖しくも神秘的な作品が並びます。

岡本神草は寡作で完成品が少ない作家ですが、その殆どを展示。
また完成品に至る習作や未完成品も展示されています。
大きな作品が多いのに習作に至るまで良く残っていたと思っていたら、同門の妻・若松緑の実家関係者が保存していたそうです。
夫婦とも早世してしまい、たった2年ほどの結婚生活だったのに習作に至るまで大切に保存していたというのは京都という土地柄でしょうか。胸を打たれます。

未完の作品群の中でも特に「花見小路の春宵」は完成品をみてみたかったという可愛らしい作品でした。
それにしても、未完の作品数が多いというのは、描き込みの細やかさもさることながら飽きっぽい方だったのでしょうか(^^;)
しかし、一つの作品に至る試行錯誤や描写の濃密さ、着物や簪など印刷では表現できない部分なども素晴らしかったです。

088
本日のお土産

チケットフォルダーも良いのですが、クリアファイルが欲しかったです。

079
食事はお肉をガッツリ。

|

« 東京まちさんぽ 京橋駅~京橋駅 | トップページ | 梅雨入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京まちさんぽ 京橋駅~京橋駅 | トップページ | 梅雨入り »