« 東京まちさんぽ 東池袋駅~西新宿駅 | トップページ | 横浜線開業110周年記念!菊名沿線ハイキングと寺社仏閣めぐり »

2018年10月28日 (日)

ルーベンス展

071
国立西洋美術館で開かれている「ルーベンス展」に行ってきました。

バロックの巨匠ルーベンスをメインにその周辺の画家や彫刻などの展覧会です。
ルーベンスは好きな画家ですが、作風もテーマもコッテリ濃厚。
それが延々と並ぶ様は壮観でしたが、連続鑑賞するとやや胸焼け感が…(汗

画題が神話や宗教と日本人には馴染み難く「グエルチーノ展の様にもしやガラガラ?」と危惧しましたが、そこは流石に巨匠ルーベンスということか館内はかなり混んでいました。

155
お土産は定番のクリアファイルやポストカードなど

グッズショップも気合が入っていて種類が豊富でした。

152
今回の展覧会では名作アニメの「フランダースの犬」とコラボ。
美術展のコラボは「コレ誰向け?」という謎コラボが多いと思うのですが、今回は正解かと。

美術展に来る年齢層にとっては「ルーベンス=フランダースの犬」という刷り込みが子供時代にされていますからね~。
ということでまんまと購入、クリアファイルの裏側はネロとパトラッシュが見ながら昇天したルーベンスの絵です。丸い缶はリップクリーム。

007
西美は企画展のチケットで常設展も鑑賞できるので続いて入ります。
常設と言ってもそこらの企画展よりもハイレベルで点数も多いのです。
撮影も一部を除いて可。

フェルメール帰属の「聖プラクセディス」もこちらにあります。
フェルメールかどうかはっきりしていませんが、やはり良い絵だと思います。

009
新収蔵作品もいくつか

クラーナハの「ホロフェルネスの首を持つユディト」

031
ドガの「舞台袖の3人の踊り子」など何点かありました。

041
「ルーベンス展」に続き常設展でも更にお腹一杯になりました(^^)

080
上野公園を歩いていると不忍池の横でシタマチハロウィンが開催。

083
屋台があったり記念撮影コーナーがあったりと賑わっていました。

098
一角ではコンサートも。
珍しく撮影可でした。

111
アメ横もハロウィンな雰囲気。

119
一息入れて帰宅しました。

|

« 東京まちさんぽ 東池袋駅~西新宿駅 | トップページ | 横浜線開業110周年記念!菊名沿線ハイキングと寺社仏閣めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京まちさんぽ 東池袋駅~西新宿駅 | トップページ | 横浜線開業110周年記念!菊名沿線ハイキングと寺社仏閣めぐり »