« 秋香る 松戸の水辺散策と戸定邸を訪ねて | トップページ | 大好物 »

2018年11月11日 (日)

ムンク展

007
東京都美術館で始まった「ムンク展」に行ってきました。
今の上野公園はいつにも増して大型展だらけ。
「フェルメール展」「ルーベンス展」「ムンク展」「大報恩寺展」「デュシャン展」などなど。
とても一気に見れないので分散鑑賞。

おまけに上野動物園のシャンシャンや各種催しなどで公園内は人でいっぱいです。

015
さて、ムンク展ですが混んでいます!
東京都美術館で入場待ちするなんてもしかして2012年の「真珠の耳飾りの少女」以来?

子供連れや普段美術展に来ない様な層もチラホラ、去年の上野の森の美術館の「怖い絵展」に通じる雰囲気があります。
フェルメールやルーベンスを知らなくてもムンクの「叫び」を知らない人は少ないのかも?
「叫び」のコンテンツとしてのパワーを思い知らされました。ビックリ

034_2
肝心の展覧会の内容ですが、予想以上に良かったです。
ムンクの作品のみで101点と大充実。
初期の写実的な作品から晩年の作品まで揃い画業を通じてムンクの一生を辿ることができます。

写実的な作品群、死と病な作品群、愛憎ドロドロな作品群(結構来ていたお子様向けにはどうなんでしょうか(^^;))、晩年の救われる様な明るい作品群と変遷をじっくりと鑑賞。
「叫び」はもう来ないかも?とも言われていますしお勧めの展覧会です。

記念撮影コーナー↑もあり、一緒に叫んで撮影できます(^o^)

054
グッズコーナーは恐ろしいくらい充実していました。
「叫び」って商品化しやすいのですね。
こんなにグッズが充実している美術展は初めてかも。
そして飛ぶように売れていました。

でもブレずに(?)定番のクリアファイルとポストカードに

055
ムンク展はなぜかポケモンとコラボしているのです。
それを目当ての来場者も多そう。
可愛いのでつい購入。

046
一息ついて帰宅しました。

|

« 秋香る 松戸の水辺散策と戸定邸を訪ねて | トップページ | 大好物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋香る 松戸の水辺散策と戸定邸を訪ねて | トップページ | 大好物 »