« 漱石山房記念館 | トップページ | なかよしにんじん »

2019年4月21日 (日)

新緑の戸山公園・神田川と薬王院ぼたん散策

006_1
西武鉄道の「新緑の戸山公園・神田川と薬王院ぼたん散策」に参加しました。
西武のウォーキングは久しぶりです。

西武新宿駅前でMAPを受け取りスタートです。

010_1
職安通りを歩いて大久保のコリアンタウンをかすめます。
時間的に早いので人はまだ少ないです。

020_1
戸山公園へ入ります。
江戸時代は尾張徳川藩の下屋敷で江戸有数の大名庭園だったもの。
明治維新後は陸軍の練兵場になり終戦後は集合住宅と公園になっています。

039
大名庭園時代の築山が今は箱根山として残り、山手線内最高峰の山となっています。
大きな築山ですね~。
そこを登山、今はつつじが綺麗です。

046_3
道路沿いの斜面ではムラサキハナナが花盛り。

060
穴八幡宮の前を通り

066_1
早稲田大学の大隈講堂前を折れます。

069_1
花桃並木の続く早大通りを歩いて、この後近くにあるぐるっとパス対象施設の漱石山房記念館に寄り道(別途UP)。

090_1 
コースに復帰して神田川遊歩道を進みます。

095
遊歩道沿いに椿山荘の庭園があるのでちょっと寄り道します。
江戸時代は上総久留里藩の下屋敷で明治時代に山縣有朋が「椿山荘」と名付けた邸宅を構えた場所。
今は結婚式場として有名ですが、庭園を一般に公開しているのが良いですね。

114 
目白台地の崖線や傾斜を利用した庭園です。
広いので回りやすい部分をサクッと拝見。

109_1
庭園内には色々な見どころや趣向がありますが、この石仏は京都伏見の石峰寺の五百羅漢の一部がこちらに移されたもの。
この羅漢石は伊藤若冲の下絵によるものです。
石峰寺は伊藤若冲の墓があり、竹林の下に五百羅漢があります。
京都時代の最終盤に訪れて拝見したので懐かしい。

158_1 
椿山荘を出てコースに戻り今度は肥後細川庭園です。
名前の通り肥後細川藩の下屋敷跡が公園になっています。
入り口を入ったらシャガが花盛りです。

175
こちらも目白崖線の湧水を利用した池泉回遊式の庭園です。
つつじと咲き始めた藤の花が鮮やか。

197
神田川沿いを離れてハナミヅキの咲く都電沿いを歩き

212
つつじの続く大正製薬本社前を歩き

222
今度は西武新宿線沿いを進みます。

239
最後のポイントの薬王院です。
鎌倉時代の創建、本山である奈良の長谷寺から牡丹を譲り受けて以来牡丹や花の名所となっているそうです。

306
今は牡丹は1,000株程植えられているそうで丁度花盛り。

353
恒例の色とりどり画像です。

254  
とても良く管理されていて見事な牡丹でした。
これが無料公開なのは嬉しい。

372
下落合駅でゴールです。
寄り道ばかりしていたのでゴールが撤去中でギリギリセーフ(汗

385_2
高田馬場まで足を延ばして栄養補給です。

door to doorで28,157歩、18.3kmのウォーキングでした。

|

« 漱石山房記念館 | トップページ | なかよしにんじん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漱石山房記念館 | トップページ | なかよしにんじん »