« 野鳥と新緑の溢れる都会の自然、つつじ山とバラ園を満喫!春の葛西ウォーク | トップページ | 案の定 »

2019年5月 1日 (水)

令和初日は皇居へ

030_1
本日5月1日は新天皇即位の日。

即位を祝していくつかの美術館が入場無料になります。
どこに行こうか考えましたが、企画展含めて無料の国立近代美術館に決定しました。
常設展ならぐるっとパスで行けますし。

最初につつじが見ごろの皇居東御苑に入ります。
看板は以前はなかったような?観光客にもわかりやすいように設置したのかな。

069_2 
つつじが見ごろ。
流石に見事です(^^)

039_1
雨予報の筈がお天気も快晴!

035_1
二の丸雑木林も新緑が気持ちいい。
鳥の囀りも賑やか、東京のど真ん中とは思えません。

108_1 
雑木林の足元では様々な野草の花が咲いていました。

126_2
百人番所の刈り込みが!(^^)

129_1
東御苑の休憩所の自販機。
譲位の改元はおめでたい感じがして良いですね。

137
せっかくなので二重橋でも撮ろうかと皇居前広場に向かうと、あちこちの門から黒塗りの車がひっきりなしに出入り。
警備も凄いです。

142 
どんどん人々が皇居前広場に向かっています。びっくり。

163
二重橋前はびっしり人が並んでいます。
意外と親子連れや若い人が多かったです。
離れていますがやや小高い場所に位置取りました。

183
待つ事暫し、正門から新天皇陛下の御料車が出てきました。
皆さん背伸びしてスマホやデジカメを差し上げてヒートアップ!

188a
青▲の上が天皇陛下、これが精一杯ですっ(^^;)

188
上の元画像はコレ。
左中段やや下を拡大しました。
雰囲気は感じられたので満足ですw
報道陣も撮影が大変そうでしたよ。

206
新天皇即位を寿いだ後は漸く本題の国立近代美術館へ。
常設は後日来るとして企画展の「福沢一郎展」です。
シュールレアリズムを日本に紹介した前衛美術家だそうです。

212_1
撮影可だったのはこの作品。
90度横にしてステンドグラスにしたものが東京駅にあります。
そういえば見覚えがあります。

時代によって作風がかなり変遷していましたが、一貫してある程度の大きさの作品が多数残されていて、評価を得続けていたか経済的に恵まれていたのだと思いました。

217
続いて「杉浦非水展」です。
近代日本のグラフィックデザインの礎を築いた人物です。
非水の作品とコレクションした大量の資料を展示。

膨大な資料に圧倒されます。マメな方だったのですね~。
非水の作品は見覚えのあるものが多いですね。

257
工芸館に移動して「The 備前」です。
その名の通り備前焼の展覧会。
岡山時代に備前焼の里の伊部に訪れたことがあるので親しみがあります。

261_1
備前焼と言えばこういうのがスタンダードですが

270
近年はこういうのも人気があるそうです。

218 
ついでに(?)国立公文書館にも寄りました。
こちらは元々無料の施設です。

234_1
改元に当たり「平成」の原本が特別に展示されていました。
記念撮影もできます。

245_1 
「平成」の典拠になった「史記」も展示。
矢印の所に「内平外成(内平かに外成る)があります。

238
「令和」は流石に原本はありませんでした。
将来的にはこちらに収められるのでしょうね。

247
こちらが「令和」の典拠の万葉集。
左側二行目に「初春令月、気淑風和(初春の令月、気淑く風和ぎ)」とあります。

287_1
夜食は改元でもいつも通り。

306_1
本日のお土産

公文書館で平成のクリアファイルと皇居の前の毎日新聞本社前で売っていた平成特集版です。

無料になった入場料は福沢一郎展が1,200円、杉浦非水展が500円、The備前展が900円。

当初は近代美術館の無料入場目的でしたが、何だか改元の日に相応しい一日になりました。

|

« 野鳥と新緑の溢れる都会の自然、つつじ山とバラ園を満喫!春の葛西ウォーク | トップページ | 案の定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野鳥と新緑の溢れる都会の自然、つつじ山とバラ園を満喫!春の葛西ウォーク | トップページ | 案の定 »