« 爪切り | トップページ | 萩尾望都ポーの一族展 »

2019年7月27日 (土)

三井記念美術館→国立映画アーカイブ→相田みつを美術館

005_20190729173001
本日のぐるっとパスは日本橋~東京駅周辺。
最初に日本橋の三井記念美術館です。

009_20190729173001 
企画展は「日本の素朴絵」。
日本に古来から伝えられた数々の「ゆるい、素朴な」造形物や絵画を展示。
素朴絵が頂点を極めた(という表現が笑いを誘います)室町時代には絵巻に添えられた流麗な文字と素朴絵の対比が際立っています。
親子連れでも楽しめそうな夏休みに相応しい展示ですね。

015_20190729173001
オリンピックまで一年を切り、日本橋の街はすっかりオリンピックムード。

014_20190729173001
ランチに蕎麦を頂いて

016_20190729173001
メトロリンクで室町まで移動。
国立映画アーカイブです。

017_20190729173001
ここの常設展には朝ドラの「なつぞら」で触れられていた「白蛇伝」のポスターや絵コンテが展示されています。

020_20190729173001
企画展は「映画イラストレーター宮崎祐治の仕事」。
映画をイラストで説明する事は今では良く見られますが、この方はその草分け。
数々の原画やポスターを展示。

074_20190729173001
銀座に寄り道(別途UP)して、東京駅にほど近い相田みつを美術館です。

今の企画は「一生勉強 一生青春」。
こちらは何と言っても意外と人が来ていることです。
みつをのお言葉のシャワーに癒されたい人は多いのでしょうね。
館内がちょっとリニューアルしたみたいです。

101_20190729173001
本日のお土産

みつをの日めくりカレンダーは買いつくしたので次はお言葉集に移行する模様。

本日のぐるっとバスで無料になった入場料は、三井記念美術館が1,300円、国立映画アーカイブが250円、相田みつを美術館が800円で計2,100円。
累計で8,150円です。

|

« 爪切り | トップページ | 萩尾望都ポーの一族展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爪切り | トップページ | 萩尾望都ポーの一族展 »