« 大堀川の自然を感じ、素朴な街並みを楽しむハイキング | トップページ | 老いは足から? »

2019年11月 2日 (土)

ネイチャーミュージアム!天空の石切り場を廻る鋸山絶景ハイキング

Img_1183
JR東日本の「ネイチャーミュージアム!天空の石切り場を廻る鋸山絶景ハイキング」に参加しました。
鋸山と後半訪れる鋸南町は先日の台風で特に被害が大きかった所で気にかかっていました。

浜金谷駅からほど近い鋸山案内所で受付後、MAPを受け取りスタートです。
本日は見所が多く画像が多めです。(これでも絞りました)

Img_1198
鋸山登山道につきました。
本来は三つある登山道の内左の車力道から上り真ん中の鋸山裏登山道から降りるコースでしたが、倒木被害の為左右の道は閉鎖中、今回は真ん中の鋸山裏登山道から上ります。
おそらく真ん中の道だけはこの日のために急いで復旧したのかと。
そして、裏登山道の名がある通り、ウォーキングというよりは軽登山でした(^^;)

Img_1205
いきなり直登階段が続きます。

Img_1250
岩場の様な所も、というか岩場の方が多かったかも。
ちょっとだけ鳥取の三徳山三佛寺を思い出しました。
鋸山登山道の方が角度は緩やかですが修験道な雰囲気が似ています。

Img_1259
登り道の所々で振り返ると青い海が見えます。

Img_1293
鋸山も台風15号の暴風被害が大きくて登山道の横でも倒木被害が。
登山道の上は残骸が片付けられています。

Img_1310
どんどん登って行きます。
坂路は苦手なんですよ~(汗

Img_1368
登山道脇には所々山野草が咲いていてくじけそうな心を励ましてくれます。

Img_1377
崩れた尾根道も応急処置がされて安全に通れるようになっていました。感謝!

Img_1430
岩の回廊が現れてきました。
鋸山は房州石という砂質凝灰岩の産地でその採石跡が鋸の様に見えるのでその名で呼ばれています。
(正式な名は乾坤山)

Img_1455
石切り場跡です。
切り立った岩が迫力~。

Img_1539
更に登ります。

Img_1553
観音洞窟と呼ばれるところ。
採石跡が神殿のよう。

Img_1571
切り通し状にになった石の回廊を抜けます。

Img_1636
急傾斜の石段を登り

Img_1669
東京湾を望む展望台です。
右下は金谷の街並み対岸は三浦半島。
空気が澄んでいれば左側に富士山が見える筈ですが、この日は地上が若干霞んでいました。
360度迄は行きませんが340度位は展望できて絶景です。
たくさん画像を載せたいところですが泣く泣く割愛。

Img_1704
せっかく登ってきましたが再び降りて緑の回廊を抜け

Img_1735
別方向に登って行きます。
今日のコースは坂道・階段を登ったり降りたり…。

Img_1758
ラピュタの壁と呼ばれる所です。
切り立った壁から青い海が見えます。

Img_1762
更にどんどん登って~

Img_1793_20191105112801
日本寺に到着しました。
725年開基の古刹で、鋸山の南側一帯が寺域となっています。
岩に穿たれた百尺観音です。

ここまで来れば車で登れる表登山道やロープウェイで登って来る観光客が多く見られます。
ここから後半は駅ハイの正規コースを外れて散策します。

Img_1792_20191105112801
上を見上げると地獄のぞきが、ここを目指して登ります。

Img_1822_20191105112801
地獄のぞきです。
採石で切り取られてオーバーハング状になった岩から下をのぞきます。
横から見ると余計に怖い(^^;)
ここも絶景です。

Img_1868_20191105112801
南側を見ると鋸南町。
やはりブルーシートに覆われた屋根が見られます。

Img_1876_20191105112801
登ってきた北側。
中央部分の帯状に茶色い部分は倒木地帯です。
暴風が吹き抜けた部分なのでしょう。

Img_1919
日本寺は広く見所が多いのですが、今回は倒木被害で閉鎖部分もあり、また体力の余裕が無いので御朱印を頂ける大仏広場を目指して降りて行きます。
途中の西国観音。

Img_1925
階段をひたすら降り続けます。

Img_1958
降りて降りて大仏広場まで来ました。
階段の連続で足が笑っています~~~。

Img_1974 
更に表参道側に降りて行きます。
薬師本殿。

Img_1969
参道脇も避けられた倒木が置かれています。
余り報道されていませんが鋸山全体もかなり酷かった様子。

Img_1982
緑の苔が美しい石の参道。
これも房州石なのかな。

Img_1987
源頼朝が武運を祈願した折に手植えをしたという樹齢800年を超える大蘇鉄。

Img_2008
1700年に建立の観音堂も被害を受けているようです。

Img_2061
日本寺の境内を出て海沿いの国道を歩いてゴールを目指します。

Img_2068
変化に富んだ海岸を見ながらテクテク。

Img_2107
金谷漁港に着いて金谷観光案内所でゴール!
後半は全く駅ハイのコースを無視してしまいました(^^;)
登山道はちょっときつかったですが変化のある道や風景が楽しく歩きがいがありました。

Img_2183 
車に乗り隣の鋸南町へ。
保田漁港直営で人気のばんやへ。
海沿いなので被害が酷いです、今は部分的に営業再開中。

Img_2148
生簀からあげられる新鮮な魚貝料理を頂きました。
お味の方は相変わらずです(^^)

Img_2189
続いて道の駅保田小学校です。
廃校した小学校が道の駅になってここも人気の施設ですが、商業施設が被害に遭って仮設の売り場で営業再開中です。
レストランや宿泊施設やお風呂は無事だった様です。

報道を見ていると民家の被害が目立ちますが、等しく被害を受けている訳では無く風の通り道によって被害があるところと全く無事なところとずいぶん違いました。
車から見た限りでは海沿いで眺めが良い立地の商業施設や豪華別荘は軒並み被害を受けた様子。
民家は元より集客できる重要な観光施設(鋸山・日本寺・ばんや・保田小学校など)が早く立ち直ると良いのですが。

Img_2199
本日のお土産

door to doorで19,509歩、12.68kmのウォーキングでした。

|

« 大堀川の自然を感じ、素朴な街並みを楽しむハイキング | トップページ | 老いは足から? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大堀川の自然を感じ、素朴な街並みを楽しむハイキング | トップページ | 老いは足から? »