« 大嘗宮と皇居東御苑 | トップページ | 2008年 ぴいた0歳 »

2019年11月30日 (土)

歴史と自然のまち松戸「千多堀」ハイキング

Img_3638
JR東日本の「歴史と自然のまち松戸『千多堀』ハイキング」に参加しました。
松戸駅で受付後MAPを受け取りスタートです。

Img_3642
駅前の通りを歩き始めます。

Img_3645
程なくして坂を登ると戸定が丘歴史公園です。
徳川最後の将軍徳川慶喜の弟、徳川昭武の屋敷跡で明治以降の近代徳川家の住居と庭園が公開されている唯一の場所です。

Img_3741
屋敷に入り庭園部分も期間限定で降りられます。

Img_3737
庭園は紅葉が綺麗。

Img_3753
1884年築の屋敷です。
所々に葵の意匠が散りばめられています。

Img_3802
庭園からは富士山も見えますが、後から出来たタワマンに邪魔されていますね~。

Img_3830
公園内には戸定歴史館があり、徳川昭武の遺品や慶喜伝来の品などを展示。
今の企画展は「1867年万博使節団の明治~サムライたちの選択」、激動の時代に懸命に生き抜いてきた昭武主従の記録でした。

Img_3854 
歴史館の周辺は紅葉真っ盛り。

Img_3888
売店で戸定あんぱんを、徳川葵を象ったあんぱんで「つぶあん」「抹茶あん」「コーヒーあん」が入っています。

Img_3895
戸定が丘歴史公園を出て坂を下り、再び登ります。
この周辺は丘陵地なので今日のコースは坂を登ったり下りたりが続きます。

Img_3906
松戸中央公園です。
旧陸軍工兵学校の跡地で当時の正門などがそのまま残っています。
千葉は割合軍事施設が多いですね。

Img_3919
松戸街道を進み

Img_3921
道を折れて住宅街へ

Img_3930
更に細い道に入り神明神社です。
神明神社とは江戸時代に新田開発の際に盛んに創建されたものでこちらもその一つ。
この周辺は1673年に松戸新田が開かれたそうです。

Img_3940
更に住宅街の中を登ったり降りたり

Img_3946
新京成線の松戸新田駅の横を過ぎます。
駅名にも残っているのですね。

Img_3956
更に進み千多堀湧水広場です。
住宅街の中に残された山林に囲まれた遊水池にある公園。
ここで一休み。

Img_3974
山林の中に入ります。
畑の上の紅葉が綺麗。

Img_3994
山林を出て武蔵野線沿いに歩き

Img_4011
21世紀の森と広場の中にある松戸市立博物館です。
今回は時間の関係で外観のみ。

Img_4037 
21世紀の森と広場は千多堀一帯の湿地帯や森林と言った昔からある自然を生かして整備された公園です。
東京ドーム11個分の広さの園内には様々な施設があり市民憩いの公園です。

Img_4058
今は紅葉真っ盛り。

Img_4103
東屋でしばし紅葉を楽しみました。

Img_4141 
森のホール21を横目に見て公園を出て

Img_4145
さくら通りを降りて

Img_4150
新八柱駅でゴール。

Img_4159 
お疲れご飯は新八柱駅近くで中華。

Img_4164
最寄り駅に戻ると駅のホームから富士山が見えました。

door to doorで27,389歩、17.8km」のウォーキングでした。

|

« 大嘗宮と皇居東御苑 | トップページ | 2008年 ぴいた0歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大嘗宮と皇居東御苑 | トップページ | 2008年 ぴいた0歳 »