« 11/17 寝たきりに | トップページ | 11/19 ぴいたの葬儀 »

2019年11月21日 (木)

11/18 さよならぴいた

日付が変わる頃からぴいたの呼吸が弱くなって行き、脚が細かく震えています。
柔らかい毛を撫でながらぴいたとのお別れが近づいているのがわかりました。
そして夜明け頃に呼吸が停止。
立てなくなってから終わりまでの早さに唖然、まさかこんなにお別れが早いなんて心がついて行きません。
でも鼻も胸も動かないし暖かかったぴいたの体がどんどん冷えていきます。

現実を受け入れて葬儀の準備をしなくてはなりません。
慌てて検索したところペットの遺体の処理方法はいくつかあって

1.直接土に埋める
 →ハムスターやカブトムシはこの方法にしました
2.自治体の環境事務所に依頼
 →可燃物と一緒に焼却、手数料500円遺骨の返却なし
3.民間のペット葬儀社に依頼
 →価格は若干張りますが、うさぎは直接埋めるには大きいしゴミと一緒は嫌なのでこちらに決定

市内にあり人間の葬儀社が経営しているペット葬儀社に決定。
でも葬儀社に電話をしてしまうとぴいたとのお別れが確定してしまうようでなかなかかけられませんでした。

葬儀プランもいくつかあって

1.個別火葬
 →完全予約制で立会い、収骨、遺骨を自宅に連れ帰り可能
2.合同火葬
 →ある程度数が揃ってからまとめて火葬と埋葬、立会い、収骨、連れ帰り不可

とあるので個別火葬で遺骨は持ち帰る事にしました。
火葬料金はサイズと重さで決まり、うさぎは個別火葬代19,800円。
これに骨壺+カバーセット(うさぎは三寸で3,300円~種類色々)と希望する人は専用の棺(うさぎは7,150円)がかかります。
埋葬は合同埋葬(うさぎは11,000円)と1年更新の個別の納骨堂(ロッカー式で12,650円~/年)がありますが、ぴいたは自宅に連れ帰るのでこれはなし。

ペット業界も至れり尽くせりなんですね。
人の葬儀と一緒で悲しい中色々なことを考えなくてはならないので慌ただしい。
手配が終わってから供えるブロッコリーとお花を買いに出かけました。

|

« 11/17 寝たきりに | トップページ | 11/19 ぴいたの葬儀 »

コメント

今はペットでもこういった葬儀があるのですね。

確かに、大事にしてきた家族ですから、無機物のようにゴミ扱いされたくないですよね。
それにビジネスライクに処理したくないし。
お金がかかっても、気持ちが落ち着く方法をとるのがよいと私も思いました。

しかし寂しいですね。秋の深まりとともに逝ってしまう、というのはますます…

それでも大往生だったと思います。
ぴいたくん、幸せだったと思います。
お辛いと思いますが、笑って思い出せる日が来ますように。

投稿: しぶや | 2019年11月21日 (木) 16時54分

>しぶやさん
そうなんですよ、ちょっとびっくりしますが何から何まで人間並みです。
今のペット業界はかなりの巨大産業ですね。

私も一寸悩んだのですが、田舎の大きな土地があるなら土葬も有りかと思いますが、万が一動物に掘り返されるのも嫌ですしね。
火葬は浄化とも言いますし、こういう手順を踏むとペットといえども長く一緒に暮らしたので飼い主側も気持ちの整理になるなと思えました。

あちこち飼い主都合で転居して環境もコロコロ変ったのに長生きしてくれて本当にぴいたはタフなうさぎでした。
今頃は月でこちらを見守ってくれていると思います。

投稿: REIKO | 2019年11月22日 (金) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/17 寝たきりに | トップページ | 11/19 ぴいたの葬儀 »