« 何となくですが | トップページ | 11/16 立ち上がれなくなる »

2019年11月20日 (水)

ぴいたは虹の橋を渡りました

1118j
ぴいたは16日(土)に立ち上がれなくなり、18日(月)の朝に11歳6ヶ月で虹の橋を渡りました。

2008年7月に我が家に来て以来、飼い主家の都合で神奈川→埼玉→京都→千葉と引っ越し何度も環境が変わりましたが逞しく生き抜いてくれました。
自爆で骨折した事はありましたが病気一つせず、好き嫌い無く何でも食べて留守番も得意。
流石に年々衰えは見えましたが直前まで元気にご飯を食べて跳ねていました。
長い間飼い主夫婦を癒やしてくれて感謝しています、これからは月で私たちを見守ってくれると思います。

ぴいたの供養の為と何がしかの参考になればと、忘れない内に最後の日々について書いていきたいと思います。

|

« 何となくですが | トップページ | 11/16 立ち上がれなくなる »

コメント

お知らせにびっくりしました。

足腰が弱っても食欲旺盛だからまだまだ元気でいられるのかと…
どんどん弱っていく姿を見ているのは、さぞお辛かったと思います。

確かに、立てなくなってからがあっという間だったと思いますが、
長い苦しみにならなかったのはよかったのかもしれません。
もともと野生動物はそうやって自然に死を受け入れていくのかも。
ぴいたくんも、最期まで大事にしてもらって幸せだったと思います。

寂しさは募ると思いますが、心身ともにお疲れが出ませんよう
くれぐれもお大事になさってくださいね。

投稿: しぶや | 2019年11月21日 (木) 16時44分

>しぶやさん
私もびっくりしました。
近年足腰が弱ってきても基本元気だったので…。

うさぎは被食動物なのでギリギリまで具合が悪いところを周りに見せないそうで、今回それを身をもって思い知らされました。
直前まで普通に食べて普通に跳ねていたので。
倒れてからも食欲は旺盛だったのです。

おっしゃるとおり苦しみが長引かなかったのはぴいたにとって良かったと思います。
飼い主的には「これから介護生活になるのかな」と心の準備をしていたのですが…。
展開に心がまだ追いついていませんが、ぴいたは最初から最後まで飼い主の手をかけない飼い主孝行のうさぎでした。

投稿: REIKO | 2019年11月22日 (金) 14時34分

食欲旺盛で医者いらず!
長生きで大往生✨
手厚く世話をされて幸せな一生だったと思います
しばらくは さみしさが募るとおもいますが、どうかご自愛くださいね
ぴいた君のご冥福をお祈りいたします
タイタイの目標は ぴいた君です

投稿: ムー | 2019年11月23日 (土) 12時04分

>ムーさん
お悔やみをありがとうございます。
思えばぴいたは飼い主に優しい手のかからないうさぎでした。
飼い主と一緒にいろんな土地のいろんな家で過ごした思い出がたくさんあります。
ムーさんともお会いしましたね(^^)
タイタイくんも元気で長生きしてね。

投稿: REIKO | 2019年11月24日 (日) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何となくですが | トップページ | 11/16 立ち上がれなくなる »