« ぴいたは虹の橋を渡りました | トップページ | 11/17 寝たきりに »

2019年11月20日 (水)

11/16 立ち上がれなくなる

朝ぴいたの様子を見に行くと、いつもなら顔を見た途端に近寄ってきて激しくご飯をねだるのですが今日は横たわったまま。
四肢を掻いて起きようとするものの起き上がれません。
近年段々脚がおぼつかなくなっていて流石に老いが見えていたのですが、自力で立ち上がれないのは初めて。
その姿に「遂に来る物が来た…」と思いました。

手を添えて起こしてあげるととりあえず立ってゆっくり移動できます。
食欲はいつも通り旺盛でペレットと牧草を完食、ただ踏ん張りがきかないので毛繕いが上手く出来ない様子です。

そのまま経過を見守りましたが、夜には手を添えても立ったままの状態を維持できず寝たきりになりました。
相変わらず食欲はあり、顔の近くにペレットと牧草、キャベツを置くと顔だけをあげて完食。

動物病院に行くかどうかですが、朝の状態を見て注射や点滴で劇的に回復するとは思えませんでした。
そして弱っているうさぎにとって病院に行くだけでもストレスで、見知らぬ人(獣医)に体をいじられて針を刺され(注射)たりする事は恐怖以外の何物でも無いと思うのです。
過去に骨折で病院に行った時に獣医から、うさぎは被食動物なので診察中に恐怖で死んでしまうことも良くあると聞きました。
ましてやぴいたは高齢、人間なら90歳以上です。
痛い思いをさせて無理に延命せず、このまま自宅で見守ろうと判断しました。

|

« ぴいたは虹の橋を渡りました | トップページ | 11/17 寝たきりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぴいたは虹の橋を渡りました | トップページ | 11/17 寝たきりに »