« 歴史と文化のまち竹の塚ぐるり散策 | トップページ | 2011年 ぴいた3歳 »

2019年12月18日 (水)

2010年 ぴいた2歳

20102
冬枯れでも暖かい日にはうさんぽへ。

20103
落ちている枝を見つけて齧ったり

20101 
爪切りはすっかり(飼い主も)慣れました。
でも爪が黒くて血管が見えにくいのでちょっと切り難いです。
たま~に失敗して流血も(汗

2010
膝の上にのせて撫でると気持ちよさそうにウットリ。

2010c
春、自宅前の公園は桜で花盛り。
部屋の窓から良く見えます。

2010b1 
ぴいたを連れていつもの公園に花見も行きました。

2010a
男の子ですが、タンポポが似合います(^^)

2010b
しかし、「花より団子」でタンポポをむしゃむしゃ食べるのでした。

2010b4
この時が永遠に続いて欲しかったなぁ。

2010d
5月、ぴいたは2歳になりました。
誕プレはもちろんブロッコリー丸ごと(^^)

|

« 歴史と文化のまち竹の塚ぐるり散策 | トップページ | 2011年 ぴいた3歳 »

コメント

はじめまして
こちらのブログは、私がウサギ(ネザーです)を飼い始めた2011年頃からずっと拝見しておりました。
ぴいた君、残念でしたね。急に弱ってしまったようで、弱い姿をギリギリまで飼い主さんに見せたくなかったのでしょうか。
ぴいた君のご冥福を心よりお祈りいたします。

私のウサギも二年前に月に帰ってしまいました。
業者に頼み、出張してきて車の設備で火葬してもらいました。
また飼いたい気持ちもありますが、亡くしてしまった時の悲しみを思うと・・・。大切な家族の一員でした。

ブログ主様も早く心の傷が癒えますように。
また、この先も旅行などの楽しいブログを期待しております。

投稿: よっぷ | 2019年12月18日 (水) 23時58分

>よっぷさん
はじめまして、お悔やみをありがとうございます。
以前からご覧になってらっしゃったのですね、ありがとうございます。

よっぷさんのウサギさんも月に帰られましたか、残念ですね。お悔やみ申し上げます。
小さな命ですがやはり確かに家族の一員ですよね。
我が家でも想像していたよりも喪失感が大きくて我ながら驚いています。

ぴいたは寄る年波は感じられましたが、それでも直前まで普段通りだったので展開についていけませんでした。
そして立てなくなって介護の日々が続くのかと思ったら余りにも急に月へと行ってしまって…。
きっと仰るとおり弱ったところは見せたくなかったのだろうなと思いました。
何処までも飼い主に手間をかけさせないうさぎでした。

もうしばらくは追悼記事が続きますが、どうかお付き合いくださいね。ありがとうございます。

投稿: REIKO | 2019年12月19日 (木) 15時48分

一緒に過ごした幸せな時間…心の中の記憶は永遠ですよね。
タンポポぴいたくん、ほんとに可愛いです
そしてぴいたくんと言えば、やっぱり丸ごとブロッコリー!

投稿: コチャピ | 2019年12月19日 (木) 23時15分

>コチャピさん
思い出の中ではぴいたは永遠に生きています。
ウサコちゃんも(^^)
ぴいたは何でも食べましたが、ブロッコリーは葉から茎から花蕾まで丸ごと大好きでした(^^)

投稿: REIKO | 2019年12月20日 (金) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史と文化のまち竹の塚ぐるり散策 | トップページ | 2011年 ぴいた3歳 »