« 初売り2020 | トップページ | ぴいたの四十九日 »

2020年1月 2日 (木)

博物館に初もうで

Img_5490 
東京国立博物館に行ってきました。
年明けは毎年恒例「博物館に初詣」というイベントを開催中で正月らしい生け花や催し、展示がされています。

Img_5494 
早速入場すると今年は混んでいます!
高御座が展示されている時期なのでそれに合わせて来館者も多いのでしょうか。
因みに余裕があれば観ようかと思っていましたが、高御座待ちが90分(!)と言うことで今回は諦めました(^^;)
京都御所でリフォーム前の高御座は観ていますし。

Img_5497
長谷川等伯の松林図屏風前もこんな感じ(汗

Img_5517
気を取り直して本日の目的の「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」展へ。
毎年年始は干支に関する展示です。

Img_5523
鼠水滴に

Img_5524
鼠蒔絵印籠

Img_5525
意匠は鼠ではありませんが、鼠色縮緬地萩流水烏帽子鞍模様の振袖。

江戸時代に鼠色の衣類が流行したそうです。

Img_5550
外に出て黒田記念館へ。
本日は年に30日程しかない特別室が開いている日なのです。

Img_5556
こちらには黒田清輝の代表作が殆ど収められています。
有名な「湖畔」は実物を観るのは初めて、油彩ですが水彩画のようなタッチ。

Img_5552
「舞妓」

Img_5554
「智・感・情」

以上全て重文。
 
Dsc_0004 
食事をして帰宅しました。

|

« 初売り2020 | トップページ | ぴいたの四十九日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初売り2020 | トップページ | ぴいたの四十九日 »