« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月25日 (火)

ぴいたの百箇日

0225a
早いものでぴいたの百箇日を迎えました。
お供えはもちろんブロッコリー。
花を絶やさないようにしています。

Img_6549 
一区切りとしてぴいたの飼育グッズ類を処分しました。
年期の入ったケージ類やぴいたの引っ越しの時にいつも使っていた2007年スタバ福袋の袋も。
右上はぴいた用に導入した空調機、フィルターを交換する時期も来たので一緒に処分しました。

| | コメント (4)

2020年2月23日 (日)

1千本の梅香漂う「坂田城跡 天空の梅まつり」

Img_7858
JR東日本の「1千本の梅香漂う『坂田城跡 天空の梅まつり』に参加しました。
横芝駅前の横芝駅前情報交流館「ヨリドコロ」で受付後、MAP等を受け取りスタートです。

Img_7863 
早速歩き始めます。

Img_7865
始めに八坂神社です。
こぢんまりとした社ですが京の八坂神社の流れを汲み、夏には盛大に祇園祭が行われるようです。

Img_7867
更に歩き

Img_7873
金比羅神社です。
こちらも讃岐のこんぴらさんから。
坂田城主の祈願所だったそうです。

Img_7887
坂田池です。
水面には水鳥が一杯。
向こう岸に見えるのがこれから向かう坂田城跡です。

Img_7895
グラウンドを抜けて

Img_7903 
成田空港から近いので坂田城跡の上を飛行機が低空で飛びます。

Img_7904 
階段を登って城内へ。

Img_7922
空掘や曲輪の跡が残る良城です。

Img_7909
こちらも去年の台風で随分木が倒れた様子。

Img_8005
坂田城跡は生産用の梅が植えられています。
丁度花盛り。

Img_7959
菜の花も見頃です♪

Img_7997 
梅林の広場では梅まつりが開かれていました。

Img_7987 
横芝名物のネギを焼いたものなど地場の農産品などが並びます。

Img_7999 
梅入りの甘酒を。

Img_8007
お天気も良く花のタイミングもバッチリでした。

Img_8040
梅まつり会場を後にして坂田城内を散策。
かなり広い城跡で見応えがあります。

Img_8043
坂田城内で採れた梅製品が販売される梅のお店です。

Img_8049
坂を下りて

Img_8065
坂田池沿いの河津桜並木を歩きます。

Img_8073
住宅街を歩き

Img_8079
四所神社です。
901年創建の古社。

Img_8081
駅前商店街を抜けて

Img_8082
横芝駅でゴールです。

Img_8090
お疲れご飯は、駅ハイ特典で10%オフのお店で。
千葉産のいもぶたです。
分厚いけれど柔らかい。

Img_8108_20200225152001
本日のお土産

坂田城の梅干し大小と苺農家の直売所で購入の苺など。
今年は台風の影響などで苺が少ないらしく購入も競争率(と価格)が高かったです(^^;)
午後だったのもあって何カ所か廻った最後の農家でやっと買えました…。
例年楽勝で買えるのに。

door to doorで17,019歩、11.06kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

チャーリーズエンジェル

640b_20200225060001
「チャーリーズエンジェル」を見てきました。
往年のTVドラマシリーズで何度も映画化されています。
ストーリーは言わずもがなですが、謎の富豪チャーリーの美人探偵(エンジェル)達が今回は新開発されたIT製品と開発者を巡る事件を追います。

640a_20200225060001
新しいエンジェル達は可愛いし、ガールズトークな場面もあったりチャリエンらしく場面ごとにくるくる変る衣装とファッションも目の保養。
三人+ボスレーも美人だし。

しかし今作はちょっと女性の主張が強すぎます。
私が見ても鼻につくのでチャリエンの主要視聴者であると思われる(旧世界な)男性陣には如何ばかりかと…。
寧ろ男性よりも女性に見て欲しいのかと。
登場するのは優秀な女性陣とダメダメか悪い男性陣しかいないという単純すぎる二面化。

640_20200225060001
しかしそういう所を無視すれば、普通に楽しめる作品です。
随所に往年のファン向けのサービスもありますし、ラストのカメオ出演ラッシュは嬉しい。

個人的に一つ突っ込ませて頂くと、作中イスタンブールの競馬場から脱出する勝負服に身を包んだエンジェルが引き馬されている競走馬を奪って疾走するシーンがあるのですが、競走馬の設定なのに鞍がウエスタンなんですね~。
最初は鐙が長いな、と思って見ていたのですがウエスタン鞍なので馬上の勝負服と激しくミスマッチ(^^;)
せっかく競馬場の馬たちがアラブで異国情緒があったのにそこはちょっと雑でしたね。

今作は一応新シリーズの開始という位置づけですが、次回作あるかなぁ?

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

見えてくる光景-コレクションの現在地

Img_7750
長らく新築工事で休館中だったアーチゾン・ミュージアム(旧ブリジストン美術館)に行ってきました。
建て替えラッシュの日本橋~京橋周辺ですが、こちらも凄いビルが建ちました。

Img_7832
企業美術館ではありますが、建て替えでスタイリッシュな本気の美術館に変身。
ブリジストン美術館からアーチゾン・ミュージアムに改名と聞いた時は「わかりにくいしいっそ石橋美術館でもいいのではー」と思ったのですが、訪れて隅々にまで気合いの入った造りを見てその命名に納得。
アーチゾンとはART(美術)とHORIZON(地平)を合わせた造語だそうです。

Img_7751
現在の企画展は「見えてくる光景-コレクションの現在地」と題して開館記念として大盤振る舞いのベスト・セレクション展となっています。
因みに一部を除いて基本的に撮影可となりました。

更にアーチゾン・ミュージアムとなって時間予約制の入場になったのですが、東京駅周辺美術館共通券だと予約が不要でいつでも入場できるのです。
東京駅周辺美術館共通券、お得ですよ~。
1月から発売していますが既に完売場所も出ています。

Img_7757
早速入場します。

Img_7759
ルノワールのシャルパンティエ嬢に

Img_7769
モネの黄昏、ヴェネツィア

Img_7765
お馴染み、セザンヌの山など

Img_7762
新蔵品のカサットの日光浴も印象派の優品が多いのですが

Img_7767 
こちらはなんといっても青木繁の代表作が揃っていることです。
有名な海の幸(重文)や

Img_7824
わだつみのいろこの宮(重文)も。
他にも青木繁作品がかなり揃っています。

Img_7772
他にもピカソや

Img_7776
現代アートや

Img_7821
彫刻類などなど

Img_7798
200点以上の大満足の展覧会でした。

Img_7838 
アートでお腹一杯になった後は天丼でお腹一杯に。

Img_7854
本日のお土産

ミュージアムショップもグッズ類が豊富で結構お手頃。
寝そべるぱほりんは東京駅にあるNHKショップのガチャで(笑)

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

2019年 ぴいた11歳

201901
真冬でもぴいたは元気。

201903
飼い主のお裾分けでりんごも。
何でも食べます。

201904 
うさぎ福袋に入っていたにんじん型のおもちゃには無関心、寧ろ邪魔そうに避けられちゃいました(^^;)
ぴいたは食べ物はOK、おもちゃ系は興味なし!は一貫していました。

201905a
5月、ぴいたは11歳に。(まだにんじんがあるし;)

食欲は旺盛ですが、今まで場所を決めていたトイレの場所が適当になりました。
これは人間同様痴呆の症状という事なのでしょうか。
とにかく藁マットの手入れと交換を頻繁にするようになりました。

201905b
夏が近づくと今年も激しい換毛が…。
ぴいたは毛球症やうっ滞になった事は無いのですが、高齢と言う事もあるので新規に予防を兼ねて換毛期にはヘアボールリリーフを導入しました。
これは食いつきが大変良かったです。
チューブを見せるだけで飛びついてきました。

201907
夏にはスッキリ。
(爪切り前なので睨んでいます)

201909
10月の消費税増税に備えて今回も飼育グッズを買い溜め。
しかし、買い溜め分は結果的にはぴいたの為には使われず、丸々動物愛護団体に寄付することになりました。
でもどこかのうさぎさんの役には立ったと思われるので無駄にはならなかったかな…と。

201909a
秋を迎えると段々痩せてきた感じです。
触ると背骨がゴツゴツしていました。

201910c
でも食欲は旺盛。
このままヨボヨボと12歳を迎えられると思っていました。
でも…

201911 
11月16日、ぴいたは立ち上がれなくなり2日後の11月18日早朝に11歳6ヶ月で虹の橋を渡りました。
死因は恐らく老衰。
数日前から覇気が無い感じはしていましたが、直前まで普通通りに過ごして食欲も旺盛、倒れてからも亡くなる数時間前まで食べていました。

何となく最後は介護生活になるのかと想像していたのがあっという間に逝ってしまって展開の早さに気持ちがついて行きませんでしたが、ぴいたの辛い時間が短く最後も眠るように逝ったのだけは救いです。
生きている時も病気知らずで食べ物のえり好みもせず留守番上手で飼い主に手間をかけないうさぎでしたが、虹の橋を渡る時もささっと渡って行ってしまいました。
もうちょっとだけ飼い主の手を煩わせて欲しかったな…。

画像は元気だった最後の画像です。(11月14日)
振り返って見ると2歳頃に体力的なピークを迎え、5~6歳を過ぎると毛並みなどが徐々に艶を失い、10歳を越えると急角度に衰えた感じです。

最初は四十九日までに振り返り終えたいと思っていましたが、思い出画像を辿っている内に時間がかかりなんとかぴいたの百箇日前には終えることができました。
長い間お付き合い頂きありがとうございました。

| | コメント (3)

2020年2月19日 (水)

2018年 ぴいた10歳

201801 
正月に手に入れたうさぎ用福袋に入っていたおやつをあれこれ試します。
乾燥りんごに

201804
これはフルーツ入りクッキー。
気分転換には良いかな?

201804a
でもやっぱりチモシーが好き!

201805
5月、ぴいたは10歳に。
最初の目標はペットショップの店員さんから言われた購入当時の寿命の5~6歳、次は大台の10歳を迎えることでした。
しかし、この頃から段々足元に衰えも見えてきました。

201807a 
この年の夏の換毛はとても激しくて…

201808a
換毛最盛期はボッコボコになってしまいました(汗

201809a
秋になるとスッキリ!

201810a 
ぴいたは大根も好物。
この日は飼い主はおでん。

201810b
鍋の日のぴいたのおやつです。

| | コメント (2)

2020年2月15日 (土)

鋸南 頼朝桜と春の里山をめぐる

Img_8992
JR東日本の「鋸南 頼朝桜と春の里山をめぐる」に参加しました。
保田駅前にある保田駅前観光案内所で受付後MAPを受け取りスタートです。

Img_9001
早速歩き出します。
鋸南は去年の台風で一際被害が大きかったところで、まだところころでブルーシートが被せられた家や復旧作業中の場所が見られます。
しかし観光客は戻っている様であちらこちらで見かけました。

Img_9010 
保田川沿いを歩きます。
頼朝桜がちょうど見頃。

Img_9099
頼朝桜とは河津桜の事で、源頼朝が戦に敗れて現在の鋸南町に逃れ、再起を図ったという事から名付けられています。

Img_9030
昨年の台風で倒れた桜もあったらしく所々に新しい苗木が植え付けられていました。

Img_9042
ここは、今季の駅からハイキングのパンフレットの表紙の場所ですね。

Img_9053
権現橋を渡って進み更に天王橋で渡り返します。

Img_9061
鋸南町保健福祉センターです。
復旧作業の拠点の一つになっている模様、様々な作業車や道具が置かれていました。

Img_9077
カーネーション団地です。
鋸南町ではカーネーションの切り花栽培が盛んと言うことで温室が並んでいました。
こちらも台風でガラスが割れた温室がありました。
割れて飛び散ったガラスを取り除く作業が大変と思われます。

Img_9086
更に進んで鶴ヶ浜八幡神社です。
歩いている途中で屋根が飛んだ寺社をいくつか見たのですが、こちらは無事だった様です。

Img_9133
再び保田川沿いを歩きます。

Img_9153
今年は暖冬だったからか頼朝桜と水仙の花の時期が合ったようですね。

Img_9160
まだブルーシートの家も見かけました。

Img_9166
菜の花を見ながら歩き

Img_9174
斜面には水仙の花。

Img_9181
ファミリーファーム保田ではいちご狩りができます。

Img_9185
道の駅保田小学校です。
台風で被害を受け、まだ修復中でしたが多くの観光客が来ていました。

Img_9186
今の時期は切り花が一杯。

Img_9208
元名花街道を歩きます。
花街道の名の通り道沿いは色々な花が。

Img_9217
汐止橋です。
土木遺産に指定されています。
石積みのアーチが美しいですね。

Img_9227
保田駅に戻ってゴールです。

Img_9229
鋸南に来たのでばんやへ。
台風後の11月に来たときは空いていましたが、ほぼ元通りに混んでいました。
入店待ちの人々が外に。
こちらも台風で大被害でしたが徐々に復旧が進んでいるようです。

Img_9251
30分ほど待ってやっと店内へ。
遅めのランチにありつけました。

Img_9271
本日のお土産

鰺の干物と園芸用のくんたん、スターチスの花束です。

door to doorで17,732歩、11.52kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

奇跡の芸術都市バルセロナ展

Img_8917
東京駅の中にある東京ステーションギャラリーの「奇跡の芸術都市バルセロナ」展に行ってきました。

スペインのカタルーニャ自治州の州都バルセロナとそこで活躍した作家の芸術の展覧会です。

Img_8926
ピカソやミロ、ダリなど近代アートがメインですが、それ以前の作家の作品も豊富に。
絵画作品だけでは無く、バルセロナといえばガウディですが、流石に建築物はもってこれないのでガウディ作の扉や家具、バルセロナの作家の工芸品などなど様々なアートが展示されていました。

Img_9274
本日のお土産

定番のクリアファイルとポストカードです。

| | コメント (0)

狩野派 画壇を制した眼と手

Img_8903
出光美術館で始まった「狩野派 画壇を制した眼と手」を観てきました。
撮った画像がこれだけ(汗

室町時代から江戸時代にかけて400年もの間日本の画壇に君臨した狩野派の作品の展覧会です。
狩野派というと武家好みの豪壮華麗で派手派手な作風がイメージされますが、そういうものばかりでは無く水墨画のような作品や、京風の作品もあり様々な作風があるのだなと思わされました。

| | コメント (0)

東京まんなか散歩 早春の千代田区めぐり

Img_8776
JR東日本の「東京まんなか散歩 早春の千代田区めぐり」に参加しました。
飯田橋駅で受付後MAPを受け取りスタートです。

Img_8788
すぐに東京大神宮です。

Img_8791
縁結びの御利益で知られていて、平日ですが多くの女性が訪れていました。

Img_8795
目白通りを進みます。

Img_8799
千代田区観光協会の中にある千代田区観光案内所です。
ここは千代田区役所の目の前で後ろに北の丸公園が控えていますが、観光案内所の場所としてはイマイチかも。
都心をウロウロしている私でも今回の駅ハイで初めて来ました。
東京駅近辺の方が役に立つのでは…。

Img_8805
水仙越しの清水濠の向こうに北の丸公園が見えます。
木々でよく見えませんが石垣の上に建つのは皇宮警察の官舎。
馬の香りもするので皇宮警察の厩舎もあるようです。

Img_8821
清水門(国重文)から北の丸公園に入ります。
この門は初めて潜りました。
気のせいか若干荒れ気味、目立たない場所ですが仮にも江戸城なのに…。

Img_8831 
北の丸公園に入ると清水門近くのマンサクが満開。

Img_8874 
河津桜も咲き始めていました。

Img_8884
北の丸公園を出て本来のコースは皇居東御苑内を歩くはずですが、本日は休苑日なのでお堀に沿って歩きます。

Img_8894
和田倉噴水公園です。
上皇陛下の成婚記念で造られた大噴水を中心にした公園。

この後出光美術館に寄り道しましたが別途UPします。

Img_8906
東京駅です。
今度は東京駅内部の東京ステーションギャラリーに寄り道しますが、これも別途UPします。

Img_8930 
大手町のビル街を抜けて

Img_8939
隣町なのにガラッと雰囲気の変る神田西口通りを抜けます。

Img_8942
神田駅前で折れて山手線沿いに歩きます。

Img_8946
先週も来たマーチエキュート神田万世橋(画像省略)を過ぎて靖国通りを進みます。

Img_8949
スポーツ用品店街を抜けて

Img_8953
神田神保町の古書店街を進みます。
しかし「神田」と名の付くところが広大で…、千代田区ならぬ神田区状態では(^^;)

Img_8961
神田神保町といえばカレー屋さんということで、ここで遅いランチ。
この辺りのカレー屋さんは丸ごとのジャガイモがデフォ。

Img_8970 
再び飯田橋に戻ってゴールです。
寄り道が多かったので遅くなりました。

door to doorで26,826歩、17.43kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

2017年 ぴいた9歳

201704a
今年も種まきレタスをぴいたに。
気候と環境に寄りますが、上手く育つと飼い主共々本当に助かります。
特に冬~春は害虫が付かないのでお勧めです。

201704b 
近くは良く通っていましたがきっちり参拝していなかった岡崎神社へ。
こちらもうさぎ神社で有名です。

201704c
手水や狛兎、おみくじ等々うさぎが一杯です。

2017a 
4月、京都に別れを告げて今度は千葉へ転勤。
今回も一緒に新幹線に乗ります。
飼い主都合に振り回されてぴいたは都合三回目の引っ越しで四回目の住まいです。

2017a2
今度の家は千葉の高台にある11階建ての分譲マンションが賃貸に出された部屋。
高台で11階建てなので夏になると毎週のように周辺のあちこちで開催される花火が見えます。
温暖な千葉でマンションなので冬でも暖房要らずの環境です。

2017b
ぴいたのケージは書斎の一角に収まりました。

201705b
5月、ぴいたは9歳に。

201707 
換毛期の訪れは額の眉毛が知らせてくれます。

2017c
秋には換毛期が過ぎてスッキリサッパリ。

201710a
大根葉も好物です。

| | コメント (2)

2020年2月 8日 (土)

抱湖園さくらまつりハイキング

Img_8205
JR東日本の「抱湖園さくらまつりハイキング」に参加しました。
内房線(ですが外房)の和田浦駅からほど近い道の駅和田浦WA・O!でMAPを受け取りスタートです。
本来はここで最初のスポットシロナガスクジラ骨格標本を見るはずですが見そびれたのでゴール後に見ます。

Img_8242
和田浦には(旧暦の)元旦の朝に咲くことから元朝桜とも呼ばれる寒桜が多く植えられています。
スタートしてすぐにも元朝桜の並木がありました。
沢山のメジロが蜜を吸いに来ていました。

Img_8270
花嫁街道を辿って山に向かいます。

Img_8286
山の中に入ると木々が倒れた所が散見されます。
和田浦も去年の台風で被害を受けた所があるようです。

Img_8292
養蜂場がありました。
ミツバチが沢山飛んでいます。

Img_8304
どんどん登っていくと沢が見えてきました。

Img_8322 
今度は木製の階段を降りて行きます。
今日のコースはそこそこアップダウンがありますね。

Img_8339 
黒滝です。
落差は15mということです。

Img_8358
今度は谷間を辿って

Img_8385
緑の中を登ります。

Img_8399
海の方へ戻り

Img_8433
元朝桜が多く咲く高台へ。

Img_8466
更に高いところに登って抱湖園です。
花作りで成功した間宮七郎平という人物が自ら造った花木園です。
台風被害の為か若干荒れ気味。

Img_8463
元朝桜の原木もここにあり、ちょうど満開。

Img_8524 
再び山から下ります。
周辺の元朝桜も満開&メジロとミツバチが一杯。

Img_8538
和田浦は花作りが盛んで道沿いに多くの栽培温室があります。

Img_8552
暫く歩いて浜千鳥の歌碑です。
作詞家の鹿島鳴秋が療養中の娘を連れて度々和田町を訪れ、後に家族で移り住んできました。
童謡「浜ちどり」はその娘を偲んで作詞されたと言うことです。

Img_8589
ここでお昼時になったのでランチ。
和田町は関東唯一の捕鯨基地で鯨が名物なのです。
昔は給食で出ていた鯨、久しぶりに食べました~。
給食よりも柔らかくて美味しかったです(^^)
手前は鯨の竜田揚げ、上にちらっと写っているのは酢豚ならぬ酢鯨です。

Img_8601_20200212162001
海沿いの外房黒潮ライン沿いに歩きます。
菜の花が咲いて千葉らしい風景。

Img_8619
橋の欄干に藁で編まれた蛇が絡んでいました。
これは辻斬りの蛇というそうで、1月25日に毎年作られる地域を守る魔除けだそうです。
いわゆる道切で、千葉の一部では藁の蛇なんだそうです。(初めて見ました)
ここ和田町では南国らしく目は柑橘、舌はアロエの花、耳にはビワの葉を刺していると言うことです。

Img_8636 
水仙の花も満開。

Img_8664
海沿いに降りて和田浦海水浴場です。

Img_8642 
青い海でサーファーが波を待っていました。

Img_8676 
海沿いに建つ竜宮社です。
海上安全・縁結び・大漁祈願・商売繁盛の祠で、初日の出でも賑わうそうです。

Img_8695
和田漁港です。
全国に5カ所ある捕鯨基地の一つで関東では唯一の所。
年間26頭のツチ鯨が水揚げされるそうです。

Img_8702
漁港ではカモメが干している魚を欲しそうにしていますが網が被せられて食べられません(^^;)

Img_8715
高台に登って小浦神社です。
ここは非常時の避難場所にもなる様子。

Img_8717
小浦神社から見た和田漁港と街並み。

Img_8728
和田の街中を歩いて

Img_8731
和田浦駅でゴールです。

Img_8737
道の駅和田浦WA・O!に戻ってシロナガスクジラ骨格標本を見ます。
これはレプリカですが大きさがわかります。

Img_8746
隣には鯨資料館がありました。
鯨と捕鯨に関する様々なものが豊富に展示されています。

Img_8754
道の駅和田浦WA・O!で駅ハイ特典でソフトクリームを割引で。
地元産ハチミツ味を選びました。

Img_8760 
お土産は地元産の切り花です。

door to doorで21,348歩、13.87kmのウォーキングでした。

快晴で暖かく気持ちの良いウォーキングになりました。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

くぬぎ山から球春のファイターズ鎌ケ谷スタジアムを訪ねる

Img_7667
新京成電鉄の「くぬぎ山から球春のファイターズ鎌ケ谷スタジアムを訪れる」に参加しました。
くぬぎ山駅の備え付けスタンドからMAPを受け取りスタートです。
今日のコースは2年くらい前にほぼ同じ道のりを逆に歩きました。

Img_7670
国道沿いを歩きます。

Img_7674
梨御殿の門前を過ぎて

Img_7897
大町自然公園内を歩きます。
谷津の自然を生かした公園です。
中央辺りの白いのは鷺。
野ウサギもいるそうです。

Img_7698 
湧水が流れていて様々な魚が泳ぎます。

Img_7928
ピンボケですがカワセミもいました。
小魚を捕るために飛び立つところで羽を広げています。

Img_7924
バラ園でひなたぼっこをしている猫たち。

Img_7753
途中に市川市の植物園の温室があったので入ります。

Img_7792
無料の植物園ですが良い温室です。

Img_7947
更に有料の市営動物園に入ります。

Img_7973
シセンレッサーパンダです。
元気いっぱいに走り回っていました。

Img_8019
キツネザルの親子が団子になって温もっていました。

Img_8061
オランウータンもいます。

Img_8100
動植物園を出て梨畑の間を進み

Img_8104
駒形大神社です。

Img_8108
更に大きな農家が連なる道を進み

Img_8110
新川橋を渡ります。

Img_8115
J:COM北市川スポーツパーク内に入ります。
2年ほど前に開設された市川市の市民公園でテニスコートやジョギング・ウォーキングコースがあります。
ネーミングライツでこの名前になっています。

Img_8118
鎌ケ谷市に入ります。

Img_8124
本日のチェックポイントのあるファイターズ鎌ケ谷スタジアムです。
日本ハムファイターズのファーム球場でここから巣立った有名選手のバナーが並んでいます。

Img_8149
住宅街を進み、東中沢ふれあい緑道を歩きます。

Img_8162
貝殻山公園です。
前回来たときは紅葉真っ盛りでしたが、今は葉が落ちて冬景色。

Img_8172
市街地を歩き

Img_8176
鎌ケ谷市役所前を過ぎて

Img_8178 
新鎌ケ谷駅でゴール。
新京成と東武と北総線の三線が通り、新京成の駅は最近高架になった様です。

Img_8182_20200210155201
新鎌ケ谷駅構内の7-11で完歩記念バッジとペットボトルを頂きました。

Img_8184
お疲れご飯は中華です。

door to doorで29,682歩19.29kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

2016年 ぴいた8歳

2016a 
外は寒くてもサークル内で遊びます。

2016b
今年の野菜栽培は不調、それでもせっせと食べてくれます。

2016d
牧草は300g×10個セット送料込みで注文していましたが、じわじわと価格が上がってきたので同じお店の同じ牧草でパック詰めされていない牧草5~6kgを一気に注文することにしました。
送料はかかりますがパックされていない分キロ単価は安くなります。

2016e
牧草はこんな感じでケージの横に立てかけます。

2016c
牧草は大好き、モリモリ食べます。

2016f
5月、ぴいたは8歳に。

2016g
ケージの隙間から頬をはみ出してウトウト。

2016h
京都の兎の寺社の一つ三室戸寺。
これは狛兎で兎が持っている球の中に手を入れて中に入っている卵形の石を立てることが出来ると願いが叶うというものです。
三室戸寺は花の名所(紫陽花・つつじ)なので何度も行きましたが、いつも兎の前に行列があって撮影できずやっと撮れました。

2016i
因みに三室戸寺は紅葉も綺麗。
2016年の私的な紅葉ベストワンの寺社です。(前年は比叡山と平等院でした)

2016j
シニア兎になって若い頃に比べるとうとうとしている時間が増えたと思います。

| | コメント (2)

2020年2月 1日 (土)

早春の江戸・東京めぐり

Img_7433
JR東日本の駅ハイ「早春の江戸・東京めぐり」に参加しました。
御茶ノ水駅から少し歩いた東京都水道歴史館で受付です。

Img_7440
早速歩き始めます。
良いお天気です。

Img_7468
湯島天満宮です。
梅が2部咲きくらいでした。
受験シーズまっただ中とあって多くの参拝者が訪れていました。

Img_7485
次はアーツ千代田3331です。

Img_7497
廃校になった中学校の校舎を改装したアートセンターです。
名前の3331は江戸一本締めの手拍子から。

Img_7514
展示会やワークショップが行われていて賑わっていました。

Img_7523
蔵前橋通りを進み

Img_7531
おかず横丁です。
周囲の町工場で働く人々がおかずを求めて集まることからこの名があるそうです。
周辺はオフィスビルが建ち並んでいますが、ここだけ昭和レトロな商店街です。

Img_7545
その名の通りおかず屋さんもあります。
ショーケースもレトロ。

Img_7555 
鳥越神社です。
境内は節分の準備がされていました。

Img_7562
蔵前橋で隅田川を渡ります。

Img_7574_20200204164201
旧安田庭園です。
ここはぐるっとパスでも来るので年に何度通る事か…。
いや、無料の良い庭園ですね(^^)

Img_7579
両国国技館の前を通る時に国技館に入る阿炎関に遭遇。(近すぎて髷が切れちゃいました;)
この日は豪風の引退式だったようです。
鬢漬け油の良い香りが辺りに漂います。

Img_7587
今度は新大橋で隅田川を渡って戻り

Img_7600
甘酒横丁を通ります。
明治座の門前市と行ったところでしょうか。

Img_7603
もちろん甘酒を頂きます(^^)

Img_7613
人形町を通り

Img_7620
万世橋を渡って秋葉原へ

Img_7624
マーチエキュート神田万世橋を横目に見て

Img_7646
秋葉原駅でゴールです。

Img_7637
お疲れご飯はパーコー麺。

Img_7663
本日のお土産と頂き物

おかず横丁での買物のおかずと味噌に、東京水は参加者特典です。

door to doorで26,157歩、17kmのウォーキングでした。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »