« 奇跡の芸術都市バルセロナ展 | トップページ | 2018年 ぴいた10歳 »

2020年2月15日 (土)

鋸南 頼朝桜と春の里山をめぐる

Img_8992
JR東日本の「鋸南 頼朝桜と春の里山をめぐる」に参加しました。
保田駅前にある保田駅前観光案内所で受付後MAPを受け取りスタートです。

Img_9001
早速歩き出します。
鋸南は去年の台風で一際被害が大きかったところで、まだところころでブルーシートが被せられた家や復旧作業中の場所が見られます。
しかし観光客は戻っている様であちらこちらで見かけました。

Img_9010 
保田川沿いを歩きます。
頼朝桜がちょうど見頃。

Img_9099
頼朝桜とは河津桜の事で、源頼朝が戦に敗れて現在の鋸南町に逃れ、再起を図ったという事から名付けられています。

Img_9030
昨年の台風で倒れた桜もあったらしく所々に新しい苗木が植え付けられていました。

Img_9042
ここは、今季の駅からハイキングのパンフレットの表紙の場所ですね。

Img_9053
権現橋を渡って進み更に天王橋で渡り返します。

Img_9061
鋸南町保健福祉センターです。
復旧作業の拠点の一つになっている模様、様々な作業車や道具が置かれていました。

Img_9077
カーネーション団地です。
鋸南町ではカーネーションの切り花栽培が盛んと言うことで温室が並んでいました。
こちらも台風でガラスが割れた温室がありました。
割れて飛び散ったガラスを取り除く作業が大変と思われます。

Img_9086
更に進んで鶴ヶ浜八幡神社です。
歩いている途中で屋根が飛んだ寺社をいくつか見たのですが、こちらは無事だった様です。

Img_9133
再び保田川沿いを歩きます。

Img_9153
今年は暖冬だったからか頼朝桜と水仙の花の時期が合ったようですね。

Img_9160
まだブルーシートの家も見かけました。

Img_9166
菜の花を見ながら歩き

Img_9174
斜面には水仙の花。

Img_9181
ファミリーファーム保田ではいちご狩りができます。

Img_9185
道の駅保田小学校です。
台風で被害を受け、まだ修復中でしたが多くの観光客が来ていました。

Img_9186
今の時期は切り花が一杯。

Img_9208
元名花街道を歩きます。
花街道の名の通り道沿いは色々な花が。

Img_9217
汐止橋です。
土木遺産に指定されています。
石積みのアーチが美しいですね。

Img_9227
保田駅に戻ってゴールです。

Img_9229
鋸南に来たのでばんやへ。
台風後の11月に来たときは空いていましたが、ほぼ元通りに混んでいました。
入店待ちの人々が外に。
こちらも台風で大被害でしたが徐々に復旧が進んでいるようです。

Img_9251
30分ほど待ってやっと店内へ。
遅めのランチにありつけました。

Img_9271
本日のお土産

鰺の干物と園芸用のくんたん、スターチスの花束です。

door to doorで17,732歩、11.52kmのウォーキングでした。

|

« 奇跡の芸術都市バルセロナ展 | トップページ | 2018年 ぴいた10歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奇跡の芸術都市バルセロナ展 | トップページ | 2018年 ぴいた10歳 »