« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日)

首都圏の緊急事態宣言が解除

Img_6637
漸く首都圏の緊急事態宣言が解除されました。
とはいうものの特に生活が大きく変ることも無く自粛は継続。
でも今週は、我慢の限界になっていた美容院に久しぶりに行ったり、宣言解除で庭園部分のみ公開が復活した近場の植物園にウォーキングがてら徒歩で行ってきました。

一年で一番華やかな初夏の花やバラは一週間程ピークが過ぎていましたがまだまだ綺麗。
久しぶりに(近所ですが)観光気分を味わえました。

Img_6624
◇各種イベントの中止
緊急事態宣言が解除にはなったものの、各種のイベント関係は中止、延期が決定。
ウォーキングイベントも6月一杯までは全て中止が決定。
夏場は元々殆ど無いので事実上秋までウォーキングイベントは開催されないと言うことになります。

美術展関係もコロナとオリンピック延期もあって展覧会の中止、延期が続々と発表されました。
その中でも国立西洋美術館で展示準備がされたまま開幕されずに会期末を迎えそうになった「ロンドン・ナショナルギャラリー展」は開催期間が変更になって開幕日は未定のままではありますが、秋(10月18日)までの会期に。これなら見られそう。

個人的に他に手持ちがあって気になっているのは東京駅周辺美術館共通券の対象施設。
東京ステーションギャラリーは来週からの再開が決まりましたが、三井記念美術館はオリンピック関係の展覧会を開催延期して7月1日から再開予定、アーティゾン美術館はモネ展を来年に延期して再開未定、三菱一号館美術館も再開未定。
以上の美術館は再開未定でも何とか見られそうな希望がありますが、出光美術館に至っては共通券の対象展覧会が三展全て開催中止になりました。
これはいくら何でも救済措置があるのでは?と思うのですが、出光美術館には問い合わせ用メールが公開されていないので今のところアナウンス待ちです。

当面はウォーキングイベントも未定、ぐるっとパス2020も発売未定、各種美術展も開催未定な物が多く、我が家の二大余暇のウォーキングと美術館めぐりの予定が立たない今年は、再開しつつある庭園系をめぐりながら開催決定の展覧会をボチボチ拾いつつ新しい生活様式とやらを練る必要がありそうです。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

自粛は続くよ

Img_6150
そろそろ緊急事態宣言が解除された地域が多いのですが、こちら千葉はまだ続くようです。
県内の新規感染者も入院中の患者も減ってきたのですが、東京の隣という地域柄、東京と一蓮托生の様子。

緑が濃くなって花も咲き、一年で一番自然が華やかなシーズンで勿体ない、というか各種バラ園や植物園なども一番の稼ぎ時に閉園継続しなくてなはらないのは経営は大丈夫なのかと心配になります。
せめてもと公園の花を散歩中に楽しんでいます。

自粛生活の中でも自宅の周辺の散策と発見は続いていて、新しいコースを見つけるとこんな生活も無駄ではなかったかなと。

Img_6276 
◇父の転院
入院中の実家の父の転院が新型コロナの影響で難航していましたが、感染者の減少に寄ってか転院先の新規入院受け入れも再開された様で3ヶ月ルールギリギリで無事に決まりました。

転院先も同じ神奈川県内の病院で、まずは実家に行き母と合流してから病院へ向かい退院手続きを取り入院費の精算、病院が手配した介護タクシーに乗り込みます。
そこで父と3ヶ月振りに対面、新型コロナの影響で今全国の病院の多くでお見舞い禁止になっていて私たち家族もずっと父に会う事ができませんでした。
介護タクシーで転院先の病院に到着したら、入院手続き、病院薬局に手続き、主治医と面談、父を新しい病室へ移動、医療相談員との面談、病院経理との面談と手続き…と全てを終わらせてから実家に母を送り届けた上で千葉の自宅へ(^^;)

肉体的にも精神的にもハードな一日でしたが、新型コロナの影響で千葉から実家への往復の電車共座ることが出来たのは幸いでした。
(因みに両方の病院とも入り口で検温されましたが、値が随分違っていたのはきっと時間差があったからと思うことにします(^^;))

転院先の病院は綺麗で快適そうな環境でこちらは3ヶ月ルールは適用されないそうで一安心ですが、もちろんまだまだ新型コロナのお陰で面会禁止。
これが早く解除されて自由にお見舞いが出来るようになればと。
とにもかくにも新型コロナが落ち着くのを願うしかないですね。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

ゴールデン・ウィークは例年通り?

Img_5954
ゴールデン・ウィークに突入しましたが、今年は例年とは違って自粛ウィークとなりました。
しかし我が家のゴールデン・ウィークは例年通り(?)、特に連休も無く淡々と週休2日なだけですので普段通りとも言えます。
それでも外出は散歩と週に一度の買物のみで遠出が無いのが違いますが…。

画像はご近所散歩をするようになって存在を初めて知った家から徒歩圏の小さな森。
宅地に向かない傾斜地の森が公園として保存されています。
馬に乗って外乗したくなるような森です。

Img_5980
◇県外ナンバー
自粛生活が続く中、観光地を訪れる県外ナンバーの車に厳しい目が向けられると聞きます。
転勤族の我が家の車はもちろん?県外ナンバー。
本来は転居すると車のナンバーもご当地に変更するものですが、手間もお金もかかるし変えても数年で転居するのでいつも新車登録のままになっています。

ということで先代の車は千葉のナンバーでご当地ナンバーだったのは1年8ヶ月、以後は岡山、神奈川、埼玉と8年弱の県外ナンバー、今の車に至ってはご当地ナンバーだったのはたったの2ヶ月(^^;)、埼玉のナンバーで京都、千葉と移り住んでおります。
関東のナンバーで西日本に住んでいると非常に悪目立ちしてしまうので、近所の観光地に行っても「あんな遠くから来てる」と指さされたり。

今はナンバーの近隣県ですが、こんなご時世なので県外ナンバーの車だと例え公園でも駐車が躊躇われます。
まぁ今では公園の駐車場はほぼ閉鎖されているので車で行くこともないのですが…。
そういうこともあって散歩の場所は自宅から徒歩圏に限っています。

◇買物
我が家は基本は宅配生協と近所のスーパーで買物をしています。
外出自粛や巣ごもり生活になって世間全体が自宅での飲食が増え、生活圏のスーパーは普段とは違う客が増えたり買物が集中したり。
宅配生協も当初はせいぜいマスクが抽選や欠品になっている程度でしたが、徐々に巣ごもり生活の影響が現れて注文が増加、更に生協会員が増えたそうで注文数が急増、徐々に欠品が増えて今週来た欠品報告メールでは全体で300品以上の欠品に。

こうなってしまうと注文したものが当てになりません。
保険として少し余分に注文するようになるので、結果として益々注文集中による欠品が増えるという…。
仕方が無いのでスーパーでの買物が増えていくのですが、回り回って流通が乱れますよねぇ。
恐らく生協側も品数を絞ったりしてコントロールするようになるのではと予想しますが、現状注文が当てにならないのはちょっと困りますね。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »