« 三井記念美術館→国立映画アーカイブ→相田みつを美術館 | トップページ | 中川船番所資料館→東京都現代美術館→深川江戸資料館→清澄庭園→芭蕉記念館→ミュゼ浜口陽三 »

2020年7月10日 (金)

アーティゾン美術館

Img_7567
ぐるっとパス巡りの途中でアーティゾン美術館に寄りました。
こちらは予約制ですが、東京駅周辺美術館共通券だと予約不要です。

因みにコロナの影響で出光美術館が年内の共通券の対象展覧会が全て中止されてどうなることかと思いましたが、なんと2020年12月末までの有効期限が2021年12月末まで一年延びるという神対応!有り難いです。

企画展は最初に「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子ちゅうがえり」です。

Img_7571
野性味溢れる作品とメルヘンチックな作品が同居。

Img_7581
バラエティー豊かな作品群です。
因みにこれは刺繍とパッチワークの作品。

Img_7586
次の企画展は「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展Cosmo-Eggs|宇宙の卵」です。
映像と音と造形のコラボレーション展示…ですが、不調法な私には難解です(^^;)

Img_7601
次は「石橋財団コレクション選」でホッと一息。
特集コーナーで「印象派の女性画家達」。

Img_7603_20200714160601
印象派のマドンナ、ベルト・モリゾの作品。

Img_7614
新しく纏めて収蔵されたパウル・クレーのコーナー。
収集家から手に入れた24作品と他から手に入れた1作品、合計25作品の展示です。

こちらの美術館は撮影可能ですし、建物もコレクションも素晴らしい美術館です。

|

« 三井記念美術館→国立映画アーカイブ→相田みつを美術館 | トップページ | 中川船番所資料館→東京都現代美術館→深川江戸資料館→清澄庭園→芭蕉記念館→ミュゼ浜口陽三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三井記念美術館→国立映画アーカイブ→相田みつを美術館 | トップページ | 中川船番所資料館→東京都現代美術館→深川江戸資料館→清澄庭園→芭蕉記念館→ミュゼ浜口陽三 »