« 三井家が伝えた名品・優品第2部 | トップページ | 古代オリエント博物館 »

2020年8月14日 (金)

ピーター・ドイグ展

Img_0470
続いて国立近代美術館に「ピーター・ドイグ展」を観に行ってきました。
近代美術館も日時指定の予約制ですが、前売りチケットや招待券を持っていると不要です。

Img_0487
ピーター・ドイグ展は全作品撮影可。
一部作品撮影可は増えましたが、全作品可なのは気前が良いですね。

Img_0484
ピーター・ドイグは今回初めて知りましたが、不思議な画風の画家です。
幻想絵画というか、色使いは綺麗なのですがちょっとぞくっとする絵が多いのです。
油絵ですが水彩画のよう。

Img_0490
大きな作品が多いのでインパクトがあります。

Img_0497
最後のコーナーはピーター・ドイグが町の上映会の為に描いた映画告知ポスター。
ご存じの映画がピーター・ドイグの手にかかるとこうなるのかと。
日本映画もチラホラありました。

Img_0501
続いてMOMATコレクション展へ。
工芸館が金沢へ移転したからか工芸作品も展示されていました。

Img_0508
近代美術館の夏といえば戦争絵画。

Img_0512 
ミニ企画展は「北脇昇 一粒の種に宇宙を視る」。

Img_0513
北脇昇は京都で活躍した前衛画家だそうです。
前衛絵画はやや苦手ですが、この作家の作品は理論的でわかりやすく感じました。

|

« 三井家が伝えた名品・優品第2部 | トップページ | 古代オリエント博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三井家が伝えた名品・優品第2部 | トップページ | 古代オリエント博物館 »