« SOMPO美術館 | トップページ | コクワガタがやってきた »

2020年8月 8日 (土)

パナソニック汐留美術館→浜離宮庭園→旧芝離宮庭園

Img_0201
本日のぐるっとパスは汐留方面。
始めにパナソニック汐留美術館です。

企画展は「和功絶佳 令和時代の和工芸展」。
近年明治時代の超絶技巧の工芸が注目されていますが、こちらは令和時代に注目の若手作家の超絶技巧の工芸展です。

Img_0218
深掘隆介の金魚は既にかなりメジャーですね。
立体的で本当に金魚が入っているような絵です。

Img_0220
金魚のフンまで描かれていてリアル。

Img_0230
戴金ガラスの山本茜の作品。

Img_0241
テキスタイルデザインや陶芸も

Img_0245
伝統的手法をベースに現代的な超絶技巧の工芸展でした。
撮影可なのも嬉しい。

Img_0256
外に出てほど近い浜離宮庭園です。
この季節に来ることが多いので定番の黄花コスモス越しのビル群。

Img_0275 
ここの庭園は規模が大きいですね。
流石に徳川将軍家の別邸です。

Img_0284
続いて今年からぐるっとパス入りした旧芝離宮庭園です。
庭園好きですが浜離宮に隣接していて見漏らしたかこちらには初めて入ります。
山手線浜松町駅の目の前にあるというロケーション。

Img_0295
浜離宮に比べるとこぢんまりとしていますが、小山や島など変化のある庭園です。

本日のぐるっとパスはパナソニック汐留美術館が1,000円、浜離宮庭園が300円、旧芝離宮庭園が150円の計1,450円。
累計で16,600円です。

|

« SOMPO美術館 | トップページ | コクワガタがやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SOMPO美術館 | トップページ | コクワガタがやってきた »